ジムニー エンジン オイル。 ジムニーのオイルが物凄く減るのでSOD

【解説】JB23ジムニーのエンジンオイル交換方法と必要工具

ジムニー エンジン オイル

平成5年式JA11を中古5万キロで8年前に購入して現在13万キロです。 車に詳しくないのですが、定期的にスズキのお店に見てもらったりして、現在まで調子よく走ってくれていました。 今年の3月に友人の紹介で初めてスズキ以外のお店に車検を出しました。 その際オイル交換もしてもらったのに、5月半ばにエンジンオイルがスッカラカンになり、ガソリンスタンドでオイル交換してもらいました。 あまりになくなるのが早いなとまた1ヶ月後見てみると、またスッカラカン…。 これはおかしいんだろうとスズキのお店で見てもらい、どれぐらいで減るのか調べるためにオイルを入れてもらったのですが、500キロで半分以下になっている状態です。 オイル漏れとかはないようで、ガソリンと一緒に燃やしているのでは、とスズキで言われ、もしそうならエンジン乗せ換えしかないと言われました。 20〜30万円くらいかかるそうなのですが、本当ですか? エンジンを乗せ換えても次はブレーキ、ミッション…次々来ますよと言われています。 まだ乗りたいからお金かけでも直してあげたい思いと他ジムニー乗り換えで悩んでいます。 ご意見お聞かせくださいませ JA11Vに14年乗ってます。 14万kmで1度エンジン&タービン(どちらもリビルト)積み替えて現在254000Kmです。 積み替えしてから11万kmなのでそろそろ同じ様にオイルの減りが早くなってきてます。 たいがい13万km位がエンジンのOH時期のようです。 のんたんさんの意見に激しく同意です 手を入れずノーマルで乗っているなら別のジムニーに乗り換える手もありますが、愛着のある ならエンジン積み替えをお勧めします。 エンジン自体は12〜3万程度ですが載せ換え工賃があるので20万位はかかるでしょうね。 でも20万では中古でもたいした は買えないですからね ディーラーではなく専門ショップが良いですけどね。 私は3回目の載せ換えを考えています。 リビルトでも走りは新車同様になりますよ、交換した後は高速で140km以上自力でだせましたから 前回、OHエンジン&リビルトタービン(工賃込み)で30万位でした。 まぁこれは本当のことですよね。 でも11クラスの年式であればトラブルは避けられないと思うので 愛着優先で修理をするのは悪くない選択ですよねw。 個人的には、ディーラーであれ専門ショップであれ、人次第だと思います。 ディーラーでも「ジムニーオヤジ」と呼ばれるような方wは各県に一人はいると思うので、半端なショップに任せるくらいならそういう方のお世話になるのも手かと思います。 載せかえ費用ですが、ウチの場合は…12CにK6Aを載せるため配線類の問題もあるので22の事故車まるごとと輸送費、エンジン脱着と他工賃、改造審査書類と費用一切で50万くらいでした。

次の

ジムニーJA11のエンジンオイルに関して

ジムニー エンジン オイル

普通は5w-30の方が、高温耐性が強いですよ。 絶対ではないですが。 ) 実は5w30とかの数字は、ある種の目安的数字で、個別オイルで実際の粘度は違いますよ。 例えば、エネオスのファインでは、10w-30の数字は、10. 1、5w-30は10. 7です。 つまり通常は温度耐性は5wの方が強いのです。 絶対ではないと言うのは、こういった部分は添加剤によります。 普通は5w-30の方が値段が高いので、添加剤を入れる原価的余地があるのです。 10w-30で、高温耐性が強い物はありますけど、そういった物は結構値段がしますよ。 ですので5w-30でも安物は駄目です。

次の

スズキジムニーのオイル交換時期は?オイル量やオイル粘度も調査

ジムニー エンジン オイル

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。 一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。 このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。 もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。 相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。 私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。 新型ジムニーシエラとは? まずジムニーシエラを語る上でかかせないのは、ジムニーと言う存在です。 ジムニーは雪道や山道などの悪路を走る車として、1970年に初代モデルが発売されました。 元々は土木・建設の現場で測量や林業のパトロール、山間部の商品運搬などで活躍する 「プロの道具」として高い評価を得てしました。 しかしその高い悪路走破性能は、一般の方々のニーズも満たし、アウトドアを楽しめる車としても広がっていきました。 その後更なるトルク&パワーアップが図られた2代目は、プロの方や一般の方も含めて多くのユーザーを獲得し、記録的な販売台数を残すまでと成長しました。 そして1998年、 現在のジムニーシエラの元となるジムニーワイドが発売されるのです! 1300ccの普通車のエンジンを積んだ ジムニーワイドは、 2002年に「ジムニーシエラ」に改名 されます。 ジムニーシエラは、ジムニーよりグッと張り出したタフなタイヤまわりで、 大人の落ち着きさえ感じさせるスポーティーでワイルドな車として、ジムニーに負けず劣らずの人気を得ていくのです! 今までのゴツゴツとした「いかにもオフローダー」と言ったデザインと違い、洗練を加え、 都会のド真ん中でも全く違和感のないスマートなスタイルになったことも、当時は衝撃的でした。 では、皆さんも気になっていると思いますので、ジムニー・ジムニーシエラ、実際の規格の違いをみておきましょう! ジムニー ジムニーシエラ 全長 3,395mm 3,600mm 全幅 1,475mm 1,600mm 全高 1,680mm 1,680mm 乗車定員 4人 4人 排気量 660cc ターボエンジン 1,330cc NAエンジン 軽自動車と普通乗用車の違いを見てからですと、ジムニーとジムニーシエラの差はあまり感じられないですね(笑) 比較すると全長で205mm、全幅で125mm、ジムニーシエラの方が大きいだけですからねっ! それもそのはず、大雑把に言うと、軽のジムニーのバンパーを大きくし、車輪を張り出し、大きなエンジンを積んだのがジムニーシエラなのです。 だから、 室内空間の広さはどっちも同じ! 基本のボディが同じですから、当然です。 しかし! ジムニーは「小さいこと」が美点なのです! 小さくて、どんな山道でも入ってゆけるのがジムニーの存在価値です。 そして、それはジムニーにしかできないことなのです。 ジムニーシエラは、このような特質を活かしつつ、• タイヤの張り出しを大きくしたため、悪路はもちろんのこと高速道路での安定性が良い• 排気量が大きいため、エンジンに余裕があり、音も静か• 普通乗用車の規格で余裕を持って造れるため、安全性能が良い などの特徴があり、クルージングも視野に入れたオールマイティーな車となっています。 しかし、「小さいこと」がジムニーの美点ですから、さらに車幅の狭い軽規格のジムニーも、必要な人にとっては、それ以外には考えられない「道具」として、圧倒的な支持を得ています。 両車、きちんと棲み分けができているというわけです。 とオイル では、ジムニーシエラの オイルについてお伝えさせて頂きます! 皆さんはエンジンオイルを定期的に交換しますか? 色々な方の話しを聞きますと、「 オイル交換なんて車検の時にしかしない」や、「 ガソリンスタンドで勧められたらやる程度」など、自主的に行っている方は少ないように思います。 ここではそもそも車のオイルって何? という根本の部分から、オイル交換の時期や価格などをお伝え出来ればと思っています。 エンジンオイルとは、 「エンジンの中に入れるオイル」ということです。 ではこのエンジンオイルがどういった役割を果たしているのか?それは大きく分けると、次の5つになります。 この5つの役割を順を追ってみていきましょう! 防錆(ぼうせい) ・エンジンのパーツはほとんどのものが金属でできています。 「潤滑」はエンジン内の金属製品をスムーズに動かすことが出来るように、文字通り「潤滑油」の役目をしてくれます。 ・エンジン内ではピストンが上下運動を繰り返していますが、部品同士の間にわずかでも隙間があると、エンジンがうまく機能しません。 エンジンオイルはこの隙間を 「密封」する効果があります。 エンジンオイルが古くなると粘度が弱くなり、この密封効果が薄れてしまいます。 定期的に交換することが必要なのは、このことからもおわかりでしょう。 ・エンジンのピストン運動は摩擦によって熱を生み出し、内部が高温となってしまいます。 この時に熱を吸収し、エンジンを冷やす役割を果たしてくれるのが 「冷却」です。 オイルは、1か所にとどまっているのでなく、エンジンの中を循環しているのです。 ・エンジンは 摩擦などによってスラッジと呼ばれる汚れが発生します。 これを放っておきますと、エンジンの動きが悪くなったり、最悪の場合はエンジンが始動しなくなってしまいます。 そういったこと防ぐために 「洗浄」が必要となってきます。 これも エンジンオイルの役目です。 ・エンジンは摩擦によって生じる高温と、外部の気温差によって水分が発生しやすい環境となっています。 これがエンジン内で発生すると、サビの原因となってしまいます。 エンジンオイルは 水分の密着を防ぎ 「防錆」 の効果を発揮してくれます。 エンジンオイルの選び方 エンジンオイルの重要性が分かったところで、エンジンオイルには色々な種類がある、ということをお話ししましょう。 エンジンオイルは大きく2つに分けられます。 低粘度のオイル(サラサラ系)と、 高粘度のオイル(ネバネバ系)です。 ネバネバと言うよりも、ドロっとしているイメージですね。 それぞれの特徴は以下のようになります。 メリット デメリット 低粘度 ・始動が良く燃費向上に貢献 ・エンジン保護性能が低い 高粘度 ・エンジン保護性能が高く、静か ・低粘度より燃費が悪い 車種ごとに適正なエンジンオイルがあり、これは取扱説明書で確認することが出来ます。 エンジンオイルの種類によって、車の性能までも変わってきてしまうなんて驚きですよね。 ではジムニーシエラにはどんなエンジンオイルが適しているのでしょう。 ジムニーシエラはこのエンジンオイルと相性抜群 ジムニーシエラのHPを見てみますと見慣れない数字が並んでいます。 ジムニーシエラ SAE粘度 【0W-16】 【0W-20】 【5W-30】 ジムニーシエラでは、こちらの規格のエンジンオイルが推奨されています。 この中でも 【0W-16】 はジムニーシエラとの相性が良く、 燃費性能に優れているのでオススメとされています。 SAE粘度とは・・・ 潤滑油の粘度を定めた規格となっています。 最初の数字は低温時の粘度を意味しており、この数字が小さければ小さい程寒さに強く、エンジンの始動性が良いことを示しています。 あとの数字は高温時の粘度を意味しており、この数字が大きければ大きい程熱に強く、エンジンの保護性に優れていると言われています。 もうここまで抑えておけば理論武装もバッチリ! もちろん、エンジンオイルの交換方法はジムニーシエラに限っての話しではなく、車ならどんな車種でも基本は同じになってます! 業者にお願いする• 自分で行う 実際には、自分でオイル交換する人は一部のマニアの方だけだと思います。 業者にお願いする方法が一番速く・確実にオイル交換できます。 オイル交換をしてもらうには、ディーラー、カー用品店、ガソリンスタンド、自動車整備工場などがあります。 時間は30分前後を見ておけば、済ませてくれるでしょう。 気の利いたお店では、 豊富な雑誌が読み放題! ジュースも飲み放題! また、オイルには高いものと安いものがあり、悩まされるところですが、プロは、 安くてもいいから、きちんと交換時期にマメに交換することの方が大切だ、とよく言います。 そういう場所じゃないのだけど・・・(涙) <ジムニーシエラ>エンジンオイルの交換費用は? 毎回のオイル交換にかかる費用は外せないポイントですよね. どこで交換しますか? いざ、エンジンオイルを交換しよう! と、思った時、皆さんはどこにお願いしますか? それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう! しかし 他に比べてちょっと割高! という点と、 いちいち予約をしなければならない点がデメリットとなります。 カーショップ・ガソリンスタンド どちらもディーラーとは違い、 自分好みのオイルに交換をすることが可能です! また空いているときなら 予約なしでも交換をしてくれる事も大きなメリットですね。 価格もディーラーと比較すると2-4割程安くなることもあり、ディーラーにこだわらなければ大きなメリットとなりそうです。 デメリットとすると 作業される方によって知識の差がある場合があることです。 わたしはどこかお気に入りの店を決めておくわ レッツオイル交換 交換時期が来て、お店が決まれば、あとは交換をお願いするだけです! オイル交換 フィルター交換 ジムニーシエラ 3,4リットル 3,6リットル ジムニーシエラではエンジンオイルを交換する際に3,4リットル必要になってきます。 フィルター交換 エレメントの交換 について は前述しています、 この量を元に計算すると、それぞれおおよそこのぐらいの価格になります。 交換するエンジンオイルの品質によっては、カーショップ・ガソリンスタンドでもディーラーと同様の価格になってしまうことなんかもあります。 工賃はそこまで価格に開きはありませんが、 やはり使用するエンジンオイルによる部分が大きいですね! 一般的に カーショップやガソリンスタンドでは1リットル辺り約1,000円のエンジンオイルが使われることが多いです。 一方 ディーラーでは1リットル2,000円~3,000円程度のエンジンオイルを使用することも珍しくありません。 もうこの点につきましては、皆さんの価値観によって変わってしまいます。 以上のような結果となりました。 エンジンオイルを交換する作業工程 作業工程に興味のある方は、次の動画が参考になるでしょう。 自分でしない場合でも、どんな作業なのか知っておいてもよいと思います。 エンジンオイルを自分で交換するには? 揃えなければならないものが色々あります。 オイルチェンジャー 手動式• オイルジョッキ• カースロープ• レンチなどの工具類• オイルトレイ• 耐油手袋• 道具入れ そしてこの一式を揃えると・・・ おおよそ30,000円前後かかります。 「あっ、意外と安い! 」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか? しかしこの30,000円! どの位の期間で初期費用がペイできて、いつからお得になるのかと言うと、・・・ 自分で交換をして元をとるまで・・・条件によりますが、おおよそ5-10年位かかります。 さらに、古いオイルを処分するには、業者に引き取ってもらわなければならない、などの問題もあります。 自分でエンジンオイルを交換する場合、費用はオイル代の3,000円前後となるでしょう。 燃費の悪化• エンジントラブル• 異音の発生 最初の方でもお伝えしました通り、 エンジンオイルは人間で言う所の「血液」です。 放置しておきますと、 循環作用が低下することでエンジンの動きが悪くなり燃費が悪くなってしまったり、 劣化することで洗浄作用が悪くなり、エンジン内の不純物を取り除くことができなくなってしまいます。 またエンジンオイルの効果でも述べた通り、 摩擦を緩和することができなくなってしまい、耳障りな異音が鳴ってしまうこともあります。 そして最悪の場合は、エンジン自体が壊れてしまうこともあるのです。 こうなってしまうと、出先ではレッカー車を呼んで費用が余計にかかってしまったり、せっかくの外出も楽しめなくなってしまいます。 こういったことを起こさないためにもエンジンオイルの交換は必要なんですよね! 目安は15,000kmまたは1年? ちょっと衝撃的な映像であったと思いますが、こうなる前に適切なタイミングでエンジンオイルを交換してあげることが必要不可欠です。 」とか、「 10,000km走るまでは交換しなくて大丈夫だよ! 」など、さまざまな情報があると思います。 車の使用状況や、エンジンオイルの品質等々、こちらもさまざまな条件によって異なるのですが、一般的に言われている交換のタイミングをご紹介致します。 距離 期間 軽自動車 10,000km 6か月 軽自動車(ターボ車) 5,000km 6か月 普通乗用車 15,000km 1年 普通乗用車(ターボ車) 5,000km 6か月 「距離」と「期間」とありますが、この数字はどちらかが早く来たタイミングで交換をしてあげた方が良いと言う目安の表になります。 普通乗用車では、 「3か月しか経っていないけれど15,000km走ってしまったら交換」 「1,000kmしか走ってないけれど、1年経ってしまったら交換」と、言った具合になります。 人によって交換するタイミングに違いが出てきてしまうのは、こういった車種による違いが原因の1つとして考えられるかもしれませんね。 実際にジムニーシエラの取扱説明書を見てみますと・・・ 世間一般的に言われている数値と、ジムニーシエラが公表している数値がキッチリと合っていますね! やはりこの数値を元にエンジンオイルの交換を検討した方が良さそうです! 15,000km走行するとエンジンオイルの酸化防止剤の効き目が薄れてしまい、その後エンジンオイル自体が劣化していくと言われています。 ですので、車を本当に大切にされているオーナーさんは、目安の半分程度で交換される方もいらっしゃるようです! エレメントとフラッシングもお忘れなく 最後のキーワードとして、エンジンオイルの交換の際に切っても切り離せないものがあります。 それは「 オイルエレメント」と「 エンジンフラッシング」です。 オイルエレメント 「 オイルエレメント」、この通称「 エレメント」と呼ばれるものは、エンジンオイルの汚れを綺麗にしてくれる言わば 「濾過(ろか)フィルター」で、エンジンオイルを綺麗に保ってくれる存在なのです。 こちらのエレメントも交換せずにいると、濾過(ろか)機能が低下していきますので、エンジンオイルが汚れていってしまい、燃費が悪くなるどころか、エンジンの寿命も縮めてしまい、最悪の場合はエンジンが焼き付き使い物にならなくなってしまいます。 エレメントは、 エンジンオイルを交換する2回に1回交換をするのが適切とされています。 エンジンフラッシング 「 エンジンフラッシング」は、エンジン内に蓄積した スラッジ(汚れ・金属のカス)を取り除き、洗浄することです。 ある程度はエンジンオイルの効果によって、取り除かれるのですが、それにも限界があります。 そこでこの「エンジンフラッシング」の登場です! こちらは1万km毎に行った方が良いと言われる場合もありますが、エンジン内が汚れていない場合はその効果が期待出来ませんので、エンジンオイルを交換する際に逐一確認をした方が良さそうです! 速度などが表示される「メーターパネル」で 赤く囲ったマークが表示されたら、すぐに専門の業者に見て頂くことをオススメします! 「オイルの減少」、「オイルポンプの破損」、「故障」等、何かしらの問題が発生しているサインの可能性がありますので、こちらもご注意下さい。 赤いランプには注意するようにするわ シビアなコンディションでの運転 オイルの品質や運転の状況によって、交換の時期は異なると既にお伝えしてありますが、具体的にはどういった事を指すのでしょうか? こちらを見ていきましょう! 1回の運転の走行距離・時間が短い• アクセルを強く踏む高負荷運転 ・1回の走行時間は3-5分など、短い時間を頻繁に運転される方はエンジンオイルの 交 換の時期を早めた方が良さそうです。 理由としましては、3-5分程度の運転では エンジンが十分に温まらず、水分が進入しやすく、蒸発しにくいので、オイルの劣化が進んでしまいます。 ・またアクセルを強く踏み、エンジンに負荷をかけ過ぎてしまうと、 エンジンが高温になり過ぎ、熱によりエンジンオイルの劣化が促進されてしまいます。 高速道路や急な坂道・山道などを頻繁に運転される方は注意した方がいいかもしれません。 運転免許証を取る際に教習所でも習ったけれど、日頃のメンテナンスの重要性を再認識したわ! まとめ 以上をまとめてみると、次のようになります。 ジムニーとジムニーシエラには大きな違いがある• エンジンオイルによって車の性能も変わる• それぞれの車種に相性の良いエンジンオイルがある• エンジンオイルは定期的に交換する• エンジンオイルの交換は自分で行うことも出来る• エンジンオイルの交換費用は業者によって違う そして、オイル交換の結論は、以上の情報をもとに、賢くオイルの交換業者を選ぶ、ということになります。 ここまでお付き合い頂き、本当にありがとうございます! こちらの記事を読まれた方が興味をもった関連記事はコチラ 新車をお得に買い換えるコツ! 34万円UP 新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか? ちょ、ちょっと待って! それ、損しているかもしれません! 自動車をお得に買い換えたいなら、まずはを試すべきです。 私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、 ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。 34万あれば、 ワンランク上の自動車を購入したり、 ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。 コツは複数の買取業者を争わせることです。 どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。 僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。 そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。 新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。 さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。 ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。 一括査定を利用したほとんどの人が 平均20万以上お得に愛車を手放しています。 そのために使った労力は、 たった5問程度の 30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

次の