もののあはれ エモい。 本居宣長のもののあわれ論:「石上私淑言」

日本の「美意識」や「美の概念」説明できますか?「あはれ」「侘び寂び」「かわいい」などを紹介 │ 太鼓日和|和太鼓が打ちたくなるWebマガジン

もののあはれ エモい

一部、新聞などでは「エモいとはヤバいの代用としての新しい若者言葉」と紹介されていましたが、それも正しくありません。 「エモい」は新語というわけでもなく、すでに1980年代から使われている言葉です。 エモい=うまく説明できないけれどなんかいい 「エモ」とは「エモーショナル」の略ですが、もともとは、音楽のジャンルの一つである「イーモウ(Emo)」からきており、メロディアスで哀愁的な音楽性と切ない心情を吐露する歌詞が特徴的なロックミュージックを指します。 基本的には「心が動いた」「心に刺さった」という感動的な意味合いで、「なんか、うまく説明できないけど良い」という論理的なものを超越した情感でもあります。 この連載の一覧は 「エモい」を、おそらく日本で一番よく使っているのは、現代の魔法使いことメディアアーティストの落合陽一さんです。 彼によれば、「エモいとは、ロジカルの対極にあるもの。 ありのままに見て、そして感じることとでも言えばいいでしょうか。 さて、今回はこの「エモい」がソロ社会での消費のカギとなるお話をしましょう。 かつて、大量生産・大量消費時代には、統一性・標準性がある商品を大衆みんなが所有すること自体に価値がありました。 「モノ消費」の時代です。 ブランド品を持ち、いいクルマに乗るのは、ある意味ひとつの自己表現でもありました。 それが1990年代後半、携帯電話やネットの普及に伴って、自己表現的な消費から徐々にコミュニケーションのための消費という形へ変化していきます。 いわゆる「コト消費」と言われる体験価値の時代です。 体験価値というと、旅行やテーマパークなどの非日常体験をイメージされる方も多いですが、決してそうではなく、消費の目的がモノの所有から、その使用によって得られる体験価値へとシフトしていったという意味です。

次の

中学生の古文 「をかし(おかし)」と「あはれ」の違い|極上の受験勉強法

もののあはれ エモい

高校入試の古文で最もよく意味を問われるのが「をかし(おかし)」と「あはれ」です。 どちらも心が強く動いた時、感動した時に発する言葉ですが、意味や使い方に違いがあります。 まず「をかし」について述べます。 「をかし」は「面白い」とか「趣がある」と訳しますが、この面白いは、おかしくて笑ったときの面白いとは意味が違います。 知的な楽しさでの面白いです。 頭脳が「なるほど!ほう、これは面白い!」と判断し、心がわくわくした時に使うのが「をかし」です。 たとえば、一休さんのとんち話で「この橋、渡るべからず(この橋を渡ってはいけない)」という立札が橋のたもとに立ててあったとき、一休さんが橋の中央を堂々と渡り、それをとがめられて「端を渡ってはいけないとあったので、橋の真ん中を渡りました」と答えたときの「なるほどなあ!」と感心する面白さです。 また、をかしの代表的な文学として清少納言の「枕草子」があります。 枕草子には「いとをかし」のフレーズが随所に出てきます。 有名な「春はあけぼの」の段 夏は夜。 月の頃はさらなり。 闇もなほ、蛍のおほく飛びちがひたる。 また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。 雨など降るもをかし。 秋は夕暮れ。 夕日のさして山の端いと近うなりたるに、烏の、寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。 まいて、雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。 日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。 この文章にも、「をかし」が何度も出てきます。 これを現代語に訳すときは「面白い」という意味よりも、「情趣がある」とか、「趣がある」と訳すのがしっくりいきます。 清少納言は、「蛍」「夏の夕立ち」「秋の雁」を、季節を象徴する風物詩的なものとして受け止めています。 季節を象徴するそれらのもと、季節に彩られた自然や風景全体とのつながりに知的な楽しさを見出し、「をかし」と表現しているのです。 次に「あはれ」について述べます。 「あはれ」は「しみじみとした趣がある」と現代語に訳すのが一般的です。 現代語では「あわれ」といえば、「かわいそう」の意味になります。 古文の「あはれ」も「かわいそう」の意味もありますが、「しみじみとした趣がある」という意味になることのほうが多いです。 「をかし」も「趣がある」と現代語に訳すのですが、「をかし」と「あはれ」で「趣がある」という心の状態は異なります。 「をかし」の「趣」は「なるほどな!」という頭脳を働かせての楽しさですが、「あはれ」の「しみじみとした趣」というのは、「心が揺さぶられ、感情が動くさま」のことです。 「心情に働きかける趣」が「あはれ」なのです。 「あはれ」について、さらに詳しく説明しましょう。 私たちは、何か予期せぬものを見たり聞いたり、あるいは経験した時、あまりの思いがけなさに感情が強く動きます。 そのとき思わず、口について出る言葉が、「あはれ」なのです。 あまりの思いがけなさに感情が強く動いたとき、その心の動きを表すのが「あはれ」であるため、「あはれ」は、実にたくさんの意味を持つことになります。 たとえばどこかに旅行に出かけたとき、思いがけず満開の桜の花が咲き誇る公園を見つけたとしましょう。 こんな時に、口をついて出ることばが「あはれ」なのです。 また、幼い子が、辛い顔をして泣いているのを見かけたとします。 私たちは、心配でいたたまれなくなり、なんとかしてあげたいという気持ちになります。 この時の感情も「あはれ」なのです。 美しい女性に偶然出会い、すぐさま恋に落ちたとします。 このときの感情も「あはれ」です。 ある人の不幸な身の上話を聞き、不憫に思い、もらい泣きをしたとします。 このときの感情もまた「あはれ」です。 このように「あはれ」は、同情であれ、美しさであれ、見事さであれ、何らかの感情が思いがけず強く動いたときに使う言葉です。 そのため、「あはれ」は、さまざまな現代語に訳すことができます。 あはれは、文脈に応じて、「感動する、かわいそうに思う、悲しく思う、素晴らしいと思う、恋をする、美しいと思う」などと訳すことができるのです。 先ほど引用した清少納言の「春はあけぼの」の段を読めば、「をかし」と「あはれ」の違いが理解できると思います。 「烏の、寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。 」は、夕暮れ時、数羽のカラスが寝どころに急いで帰っていく姿に、思いがけず心が深く動くような感動をしたということです。 清少納言は蛍や夏の雨には頭脳を働かせての情趣を感じ、夕暮れの烏には心に響くようなようなしみじみとした趣を感じたのです。 また、「あはれ」の文学で代表的なものは紫式部の「源氏物語」です。 源氏物語は一言でいうと恋愛小説です。 恋愛というのは頭脳でするものではなく、心でするものです。 心が強く動くのが恋愛です。 ですから「あはれ」という語が多いのも納得でしょう。 あはれの文学とは、感動の文学というところでしょう。 最後にまとめると、「をかし」は頭脳の働きとともに湧き起こった感動や趣で、「あはれ」は、自分でも思いがけず、感情がひとりでに動いたときの、心に湧き立った感動です。

次の

「エモい」女の子がフィルム写真に萌えるワケ

もののあはれ エモい

【目次】「エモい」ってなに?言葉の意味や使い方を解説 「エモい」ってどういう意味? 若い人を中心にインターネットやSNS、会話の中で使われている「エモい」という言葉。 「聞いたことはあるけど、どんな意味があるのかは知らない」という方もいるのではないでしょうか。 「エモい」とはもともと、音楽ジャンルの1つである「エモ(Emo)」「エモーショナル・ハードコア」や、それに由来するファッション・文化などの様子の俗称でした。 「エモ」は英単語の「emotional(エモーショナル)」が由来となっています。 「emotional」は、「感情に動かされやすい」「感情的な」「情にもろい」「感激しやすい」「感情に訴える」「感動的な」「感情の」「情緒の」などの意味を持っている英単語です。 現在、若い人を中心に使われている「エモい」は、「感情がなにかに動かされた状態」「感情が高まり、強く訴えかける心の動きがある」ことを意味する形容詞として使われています。 人によって若干解釈が異なる言葉でもありますが、「エモい」はロジカルの対極にある「一見無駄に感じられるもの」で、「もののあはれ」や「いとをかし」のようなものと解説する人もいます。 「エモい」の使い方 「エモい」は感情が動いたことを表す言葉として使われていますが、感情が動いたことを表す形容詞は「嬉しい」「悲しい」「さみしい」「楽しい」「辛い」など多くあります。 「エモい」の場合はそのどれにもあてはまらず、「気持ちをストレートに表現できない時」や「哀愁を帯びた様」「センチメンタルな場面」「情緒的な場面」などで使われることが多いです。 例えば、シーン別で言うと下記のように使われます。 センチメンタル・情緒的なことを表す on Feb 11, 2019 at 8:12am PST 瓶を通して綺麗な夕焼けを見ている風景を撮影した写真です。 夕日の写真だけでもエモさがありますが、瓶を通して光の屈折などが入って歪んだ画を見るのもエモいと感じる人はいるようです。 【画像】桜並木を歩く女の子 春に咲き誇る桜の花を見上げながら並木道を歩く姿は、季節感を感じられるだけでなく、前向きさや新たな始まりを感じられます。 太陽光の明るさと、透明感のある写真も、エモさを感じられる要素かもしれません。 季節感を感じられる写真だと、夏の海や秋の紅葉、冬の雪景色なども、写真の撮り方によってはエモさを感じられるものとなりそうです。 【動画】iPhoneの一生 大学生として上京してしまう女子高生の娘さんが、思い出の朝食メニューを母親のために手作りする動画です。 朝食を母親に出しながら、今までの18年間の感謝や新しい生活へ向けて決意を語る様子など、涙腺が思わず緩くなってしまうエモさです。 進学や就職などで地元を離れて新生活を始める人にはぐっと来てしまう動画かもしれません。 おわりに 「エモい」という言葉の意味やどのように使われているのか、またエモい動画や画像をご紹介していきました。 気持ちが動かされた時、高ぶった時、趣を感じた時などに使われるのが「エモい」という言葉です。 友達や家族が「エモい」を使っていたら、どんなことやものに心を動かされたのか、詳しく話を聞いてみると面白そうですね。

次の