新潟大学前駅 歯科。 あらし歯科口腔外科クリニック(新潟市西区/新潟大学前駅)|ドクターズ・ファイル

新潟大学前駅のクリニック・病院一覧(全81件、口コミ23件)

新潟大学前駅 歯科

ネット予約画面で予約ができない日時でも、お電話にてご予約できる場合がございます。 お電話でお問い合わせ下さい。 薬で治す歯周内科的治療法 これまでとはまったく異なった考え方で、薬で歯周病の症状を改善する治療法です。 どんな患者さんにも、簡単で良い結果が生まれる方法はないかと、多くの歯科医師が知恵を出し合った結果生まれたのが薬で歯周病の症状を改善する治療法なのです。 歯科における2大疾患「虫歯」と「歯周病」は細菌感染症です。 歯周病の治療といえば、歯磨き指導と歯石除去がどの歯科医院でも基本的な治療とされていました。 しかし基本的治療をしても、一生懸命歯磨きしても、歯肉の腫れや出血・口臭に悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられることも事実です。 ところが、簡単に薬で歯周病の症状を改善する方法がみつかったのです。 原因である菌を特定し、薬でその菌を退治する事ができるようになったのです。 当院では治療前に顕微鏡検査を行い、口腔内の菌の状態を観察します。 歯周病の原因菌がお口の中にいるかどうかを、位相差顕微鏡で確かめ、必要な薬剤を選択します。 菌の種類は約300~400種類。 菌がいた場合は除菌の説明をさせていただきます。 【顕微鏡検査について】• 顕微鏡検査で確認できない歯周病菌もあります。 総合的に判断し、必要な場合はPCR検査(遺伝子検査)をお勧めしています。 顕微鏡検査、PCR検査において、1~2割は正確な数値がでないことがあります。 【内科的治療について】• 軽度の歯周病の方はお薬の効果を実感しにくい場合もありますが、臨床的には改善が認められることが多いです。 歯周内科治療によってお薬を飲めば歯周病が治るわけではありません。 歯周内科治療において1~2割の方にはお薬が効かない場合もあります。

次の

メイプル歯科クリニック

新潟大学前駅 歯科

小児科• 皮膚科• 婦人科• 産婦人科• 耳鼻いんこう科• 整形外科• アレルギー科• 泌尿器科• 肛門外科• 胃腸内科• 気管食道内科• 胸部外科• 形成外科• 血液内科• 呼吸器内科• 呼吸器外科• 心療内科• 消化器内科• 脳神経内科• 心臓血管外科• 消化器外科• 小児外科• 循環器内科• 腎臓内科• 精神科• 糖尿病内科• 内分泌内科• 乳腺外科• 脳神経外科• 美容外科• ペインクリニック内科• 放射線科• 麻酔科• リハビリテーション科• リウマチ科• 老年内科• 歯科 何度もお世話になっていますが、毎回こちらの話もきちんと聞いてくれ、説明や見立てがシンプルで的確だと思います。 内視鏡や耳垢除去の技術も上手で、生後8ヵ月の子供が最初耳垢を除去されてることに気付かず泣きませんでした(途中からは気付いて泣きましたが)。 余計な検査や次回の受診を促すこともありませんし、淡々と穏やかに説明する感じで、人によっては冷たさを感じるかもしれませんが、私は説明も簡潔的確で診療時間が無駄に長引くこともなくて良いと思います。 こちらが質問すればきちんと答えてもくれます。 だからこそ混んでも回転はそれなりに早いと思います。 院内も新しく綺麗で清潔感もあり、キッズスペースもあります(今はコロナウイルス対策で、キッズスペースのおもちゃ等は片付けてあります。 絵本は置いてあります。 ホームページで待ち人数の確認もでき、再診であればWeb受付ができます。 事務の方や看護師さんも対応も感じが良いです。 休診日• ,Ltd. googletagmanager. html?

次の

新潟大学前駅のクリニック・病院一覧(全81件、口コミ23件)

新潟大学前駅 歯科

ネット予約画面で予約ができない日時でも、お電話にてご予約できる場合がございます。 お電話でお問い合わせ下さい。 薬で治す歯周内科的治療法 これまでとはまったく異なった考え方で、薬で歯周病の症状を改善する治療法です。 どんな患者さんにも、簡単で良い結果が生まれる方法はないかと、多くの歯科医師が知恵を出し合った結果生まれたのが薬で歯周病の症状を改善する治療法なのです。 歯科における2大疾患「虫歯」と「歯周病」は細菌感染症です。 歯周病の治療といえば、歯磨き指導と歯石除去がどの歯科医院でも基本的な治療とされていました。 しかし基本的治療をしても、一生懸命歯磨きしても、歯肉の腫れや出血・口臭に悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられることも事実です。 ところが、簡単に薬で歯周病の症状を改善する方法がみつかったのです。 原因である菌を特定し、薬でその菌を退治する事ができるようになったのです。 当院では治療前に顕微鏡検査を行い、口腔内の菌の状態を観察します。 歯周病の原因菌がお口の中にいるかどうかを、位相差顕微鏡で確かめ、必要な薬剤を選択します。 菌の種類は約300~400種類。 菌がいた場合は除菌の説明をさせていただきます。 【顕微鏡検査について】• 顕微鏡検査で確認できない歯周病菌もあります。 総合的に判断し、必要な場合はPCR検査(遺伝子検査)をお勧めしています。 顕微鏡検査、PCR検査において、1~2割は正確な数値がでないことがあります。 【内科的治療について】• 軽度の歯周病の方はお薬の効果を実感しにくい場合もありますが、臨床的には改善が認められることが多いです。 歯周内科治療によってお薬を飲めば歯周病が治るわけではありません。 歯周内科治療において1~2割の方にはお薬が効かない場合もあります。

次の