母子 4 人 殺人 放火 事件。 愛知豊明母子4人殺人放火事件!犯人は誰?|世界の歴史

《福島・いわき母子4人殺害 事件》『皆であの世に…後悔はない』検察は被告の男に懲役10年を求刑

母子 4 人 殺人 放火 事件

8キロ、南北に通じる県道瀬戸大府東海線(57号線)の西側に位置する閑静な住宅街。 当初はただの民家火災と思われていたが、遺体の損傷状態及び周辺に灯油が撒かれていた痕跡などから、何者かが侵入して4人を殺害した後に火を放ったと判明。 【事件概要】 2004年9月9日(木)午前4時5分頃、加藤博人さん(当時45歳)宅で火災発生。 近所に住む加藤さんの兄が火災に気付き、加藤さんの会社に電話。 加藤さんは前日23時頃、「損益計画書の締め切りが10日のため残業をする」と自宅に電話。 (日を跨いで残業をしたのは初めて) ・犯行は30分ほどの間に行われ、妻利代(としよ)さん(当時38歳)、長男佑基君(15歳)・長女里奈さん(13歳)の遺体は2階の寝室で蒲団が掛けられた状態で、次男正悟君(9歳)は1階の居間で発見された。 出血及び外傷性ショック死とみられる。 尚、遺体の肺から微量の煤が検出されていることから、一連の犯行はごく短時間のうちに行われたことが分かる。 《凶器&証拠品など》 ・現場からは凶器は発見されなかった。 ・マッチの空き箱や燃えカスとともに、灯油をしみ込ませた新聞紙が散乱していた。 ・被害者宅周辺や道路からは血液反応は出ていない。 ・玄関や勝手口の他、1階の窓はすべて鍵がかかっていた(高熱のため鍵が変形し、確認できない窓もあった)。 2階の長男の部屋だけは網戸だけだったため侵入することは可能であったが、梯子が架けられたなどの形跡は見つからなかった。 ・夫博人さんは鍵を持ち歩く習慣が無かったため、深夜に帰宅した時は勝手口の傍に隠してある合鍵で出入りしていた。 ・当日は車庫内の所定の場所(物置)に勝手口の鍵が隠されていた。 ・事件の前年、2003年7月下旬午後8時半頃、妻利代さんが地域の夜間パトロールに出ている時に、何者かがドアを無理矢理こじ開けようとするという出来事があった。 ・ドアこじ開け事件の後、利代さんは自宅の様子を伺う不審者の存在を周りに漏らしていた。 ・用心のために数年前から芝犬(ジャッキー)を飼っていたが、ふだんよく吠える犬が当日は吠えなかった。 ジャッキーは消火活動の間、首輪をはずされた状態で利代さんの愛車エスティマの下に隠れ、震えながら燃え上がる家を見ていたという。 ・事件当日の午前4時頃、被害者宅から女性の悲鳴が聞こえたという証言があった。 ・加藤博人さん(当時45歳)は大手自動車メーカーの子会社の自動車部品メーカー勤務。 高級クラブに頻繁に通うなど、金遣いが荒く、なじみの店に愛人がいたと言われている。 女性自身は事件には関わっていない) ・利代さんは子どもたちの教育費のため、自動車製造工場の事務や中京競馬場などで精力的に働いていた。 周囲は自動車関連会社、工場が多い。 コメント一覧 15• 2020年03月31日 22:29• 当時の柴犬は、16年経った現在は、生きてますか?もしも、生きているなら、犯人は吠えないんですよね?犯人か、普通の人なのか?柴犬の反応でわかるのでは? 犯人かも知れない車の地方ナンバーや、色が解っているならば、膨大な時間がかかるけど、当時の車の所有者リストなどがあれば、絞れてくるはず。 今は嘘発見器など、かなり優れたものがあるのなら、時間と動力も大変だが、一つ一つ洗いざらい確実に犯人に近づけるのではなかろうか?• 2019年07月31日 06:29• >病み営業さん コメント確認いたしました。 当サイトは別件(吉川友梨さん事件など)でも当局と連絡をとりあっていますが、愉快犯的なガセネタや妄想、単なる推理、伝聞、真犯人による情報かく乱や陽動作戦の可能性ありと考えられるコメントは取り次がない方針です。 2019年07月25日 21:11• >「病み営業」さんへ これまで数回にわたって提供してくたさった情報(推理?)のソースが確認できませんので、現在コメントはすべて非公開とさせていただいています。 当局のかたに報告のうえ連携したいと思いますので、ご連絡先をお知らせください。 当サイトのスタッフがまず対応させていただきます。 以上、よろしくお願いいたしします。 2018年11月04日 23:39• わかりやすい事件ですね。 未解決事件でも こういった犯人や目的がバレバレの事件に関しては 別ジャンルとして扱うべきだと痛感しました ・未解決事件!(本物) ・未逮捕事件(犯人確定しているが逮捕困難な事案) 室蘭行方不明とかこの事件とか 世田谷一家とかスーパーなんぺいとか。 むしろ未解決より未逮捕事件のが多い笑 これって単に警察組織の腐敗でしかないよね みんな 飛松五男(元刑事)の組織暴露本とかをちゃんと読んだ方がいいよ。 父親が警察官である僕的に一番強く言っておきたいこと。 日本の警察はフィリピンやタイの警察となんら変わらないレベル。 中国の警察よりレベル的には劣ると思う。 アジア最高の警察組織はシンガポール。 圧倒的。 2017年04月13日 21:46• 保険金はかけられていたのですか?• 2017年04月10日 04:07• 男性:頭部を一撃(バールのようなもの) 女性:複数の刺し傷によるショック性出血死 (利代さんの肺から煤が検出されていることからしばらく意識があった。 ) 何故利代さんをそのまま殺害せずに意識がある状態で放置したんですかね? 次男が1人居間に倒れていたと書かれている内容を見たことがあるので気付かれずに犯行を行なったとは言い難い気がします。 (9歳ぐらいのこどもが深夜帯に1人居間にいるのも不自然かなと?) それに。 犯行で使用されたサバイバルナイフがあればわざわざ頭部を殴打する必要性はなさそうですけどね。 なんとなくですが、頭部の殴打に使用した凶器はサバイバルナイフでも可能だと思います。 刃渡り約20㎝のサバイバルナイフならそこそこの大きさと重量があると思いますし。 持ち手の部分にはサバイバル専用という事もありハンマーの役割も持てるように作られているものがあるので使い方次第では人を殺害出来る殺傷力はありそうな気がします。 2016年09月19日 07:15• が、あくまでも確実な証拠がない限り、真犯人を名指ししてしまうことになるリスクは避けなければならないと思っています。 コメントが非公開になっているのはそういう意味であるとご理解いただけると幸いです。 2016年08月24日 15:26• 2016年08月24日 07:43• 慰安婦捏造の吉田清治もそうですが、外国の組織に借金をして金融犯罪に至る、または政治的な謀略に関わるというケースは多いですね。 私の勝手な見立てですが、物盗り目的でもなく、子供を含む一家を皆殺しにしているところを見ても実行犯は日本人ではないと思います。 仮に依頼殺人だとすると、一家4人を殺すことで何かしらの利益がある人間は誰かと推理していくと分かりやすいかもしれません。 2016年08月24日 07:03• この一家惨殺放火事件は来月で12年。 時効はありませんので真犯人は永遠に罪の意識に苛まれることになります。 真犯人が日本にいるかどうかは分かりませんが、共犯者?は香港あたりの犯罪組織(14Kとか)と関係があるような気がします。 2015年12月25日 19:30• 匿名様 情報ありがとうございます。 早速訂正させていただきました。 亡くなられた利代(としよ)様、及びご遺族の皆様に深くお詫び申し上げます。 2015年12月25日 18:06• 奥さんの名前はとしよさんだった気がします。 2015年10月03日 06:30• いくつかの偶然が重なり、かつ状況が出来過ぎていて、これがミステリー小説だとしたらすぐに犯人が分かってしまいそうな事件です。 何か決定的な証拠が出てくるとか、犯人たちが仲間割れをするとかの展開を期待したいところです。 それにしても愛知県は一家ごと被害に遭ってしまうという未解決事件が多いように思います。 2015年10月02日 23:09• うーむなんとも不可解な事件ですね• 2015年09月09日 00:10• 事件発生から11年経つんですね。 重要参考人のアノ方はいまどうしてるんでしょうか。

次の

母子4人殺人・放火事件 未解決のまま15年 誕生日に命を奪われた二男「けいさつかん」が将来の夢だった 愛知・豊明市 : 中京テレビNEWS

母子 4 人 殺人 放火 事件

愛知・母子4人殺害放火事件 愛知・母子4人殺害放火事件 【事件概要】 04年9月9日午前4時25分、愛知県豊明市の加藤博人さん(当時45歳)宅で火災が発生した。 まもなく鎮火したが、残業中だった加藤さんをのぞく一家4人が遺体で発見された。 調べによると、家に侵入した何者かが一家を惨殺した後、火をつけたものと見られる。 加藤さんは小牧市にある大手自動車会社の子会社である自動車部品メーカーに勤めている。 妻・利代さんとは職場結婚で、結婚後に利代さんは会社を辞めたが、ここ数年は精力的に競馬場や会社の事務のアルバイトに出ていた。 【事件当日】 2004年9月8日夜、この日加藤さんは会社で残業していた。 午後11時に加藤さんは自宅に電話に入れている。 やがて日付が代わる。 それまでこんな時間まで残業していたことはなかったが、下半期の利益計画書を締切が10日だったため加藤さんは同僚とともに夜通しで作成にあたらなければならなかった。 9日午前4時5分頃、加藤さんの自宅で火災が起こる。 加藤さんは近所に住む兄から家の火災を知らせる第一報が会社に届き、同僚に「家が燃えているから戻る」とパソコンを起動したまま飛び出していった。 5時半過ぎ、火がほとんど消えかけた頃、加藤さんが作業着姿のままフラフラした足取りで自宅に戻ってきた。 加藤さんは変わり果てた家を見て「子どもはー、子どもはー」「利代ー」などと泣き叫んだ。 加藤さんは家族を助けようとまだ煙のたちこめる家の中に入ろうとしたが、消防団員や兄らに制止された。 まもなく1階の居間で正悟君が、2階の各寝室で利代さんと里奈さんと佑基君が遺体となって発見された。 【殺害】 事件後まもなく、これがただの火災でないことが判明。 加藤さん一家の母子4人は殺害されたのちに火をつけられたことがわかった。 この事件の不審な点として、一家の男女がそれぞれ別々の凶器で殺されていたことがある。 利代さんと里奈さんはともに刃物で刺されており、里奈さんは背中を中心に顔や頬など十数ヶ所、里奈さんは肋骨が折れるほど上半身を何度も刺されていた。 いずれも執拗とも思えるほど繰り返し刃物を振り落としている。 一方、佑基君と正悟君は鈍器で撲殺されていた。 バールのようなもので頭部を一撃されていたという。 4人とも抵抗した形跡は見られず、就寝中に襲いかかったと見られる。 現場からは凶器は発見されず、庭や周囲の道路からもルミノール反応は出なかった。 このため犯人は殺害後、加藤さん宅内で着替えた可能性もある。 遺体の肺からは微量のすすが検出されており、これは放火した後も家族に息があったことを意味する。 犯人はおそらく、一家惨殺後に間髪入れず大量の灯油でを撒き火をつけたと見られている。 襲われた4人が息絶えるまでに吸い込んだすすの量は、1階の正悟君がもっとも少なく、2階の佑基君が一番多かった。 このことから正悟君が真っ先に襲われた可能性が高く、続いて利代さん、里奈さん、佑基君の順に死亡したとみられる。 不明なのが侵入経路で、この夜は2階の佑基くんの窓が網戸だった以外はきちんと施錠されていた。 だが前述の通り、2階の佑基君宅から侵入したのなら、1階の正悟君が真っ先に殺された点で矛盾が生じる。 加藤さんは家の鍵を持ち歩く習慣がなく、深夜に帰宅した時は勝手口の傍に隠してある合鍵で出入りしていた。 だが、事件当日も鍵はそのままの状態で隠されていた。 自宅にあった貴金属や通帳、カード類は残されており、物盗りが目的ではなさそうだ。 犯人は凶器や放火の準備もしていることから、複数による殺害目的の犯行と言う見方が強い。 一家は数年前、「物騒だから」と番犬に柴犬の「ジャッキー」を飼いはじめた。 だが事件当日、ジャッキーが吠える声を聞いた人はいない。 消火活動の間、利代さんの愛車「エスティマ」の下に隠れて、ふるえて燃える家を見ていたという。 【なぜ一家が狙われたのか】 03年7月下旬午後8時半頃、に何者かが加藤さん宅のドアを無理やり開けようとする出来事があったという。 当時、地域の夜間パトロールに出ていた利代さんの携帯電話に自宅にいた正悟君から「誰かがドアをがちゃがちゃしてる」と連絡が入った。 利代さんは「開けちゃダメ」と話し、パトロールをつづけた。 この事件の後、利代さんが今年に入っても自宅の様子をうかがう不審者の存在を周りの人に漏らしていた。 利代さんは次第にそうした不審な人物に用心深くなり、家の施錠はきちんとしていた。 事件当日には消防団員や近所の住民が普段は見かけない尾張小牧ナンバーでハイエースのスーパーGL(モスグリーンカラー)を見かけた。 また午後4時ごろには加藤さん方から女性の悲鳴が聞こえたという証言もあった。

次の

愛知豊明母子4人殺人放火事件!犯人は誰?|世界の歴史

母子 4 人 殺人 放火 事件

Contents• 今回は、2004年の9月に 愛知県豊明市で起きた、 お母さんと子供たち3人が殺されてしまった、いたましい事件のことをお話ししていきたいと思っています。 この事件には、 いくつかの謎が残っていてとても気になるんです! いまだに 未解決の事件です。 事件の詳細やいまだに捕まっていない犯人はいったい誰なのかについて調べたこと、私なりに考えた事をお話ししていきます。 愛知県豊明市殺人放火事件の経緯! 2004年9月9日、愛知県豊明市沓掛町の 民家で火災があり、火はすぐに消し止められましたが、 母親の加藤利代さん(38歳)と長男(15歳)、長女(13歳)、次男(9歳)の4人が亡くなりました。 当初は、民家火災で事件性はないと思われていましたが、その後の調べで 灯油をまいた跡や母子の遺体に損傷があったことから、愛知県警察はすぐに 殺人放火事件の特別捜査本部を設置しました。 当日、 父親の博人さん(45歳)は、残業で家にはいませんでした。。。 前日の夜11時頃に、博人さんが家に電話をした時は、 特に異変は感じなかったそうです。 9月9日の午前4時25分頃に、近隣住民から 119番通報がありました。 焼け跡から発見された4人の遺体には、損傷があり、また遺体には抵抗した痕跡がなかったので、 寝ているところを襲われたようでした。 そして、 肺にたまったすすの状況から放火後も生きていた可能性が非常に高くなりました。 もう一つ、肺の中のすすの状況から次男、母親、長女、長男の順で死亡したこともわかりました。 これがわかっても、恐いだけのような気がしますが。。。 灯油のまかれた範囲は遺体周辺と広範囲になりますが、 被害者宅には灯油はありませんでした。 灯油は犯人が持ち込んだものとみられ、被害者宅からは、 散乱したマッチの燃えかすや灯油がしみ込んだ新聞紙が発見されました。 犯人は、火をつけて逃げる時間をかせいだ可能性も考えられますが、被害者宅の庭や周辺、犯人が逃走したと思われる道路などからは 血液反応は出ませんでした。 殺害時に返り血を浴びた犯人が、 着ていた衣類を現場で一緒に燃やした可能性もあるということです。 2階で発見された 母親、長男、長女の遺体には布団がかけられていました。 よく、遺体に布や布団などをかけて 顔を見えなくしているときは、被害者の知人の可能性が高いとテレビで、元警察OBがコメントしていました! なぜか、 次男だけは1階の居間で発見されています。 出火は午前4時過ぎで、犯行は30分ほどで短時間で行われたものと見られています。 午前4時頃、 ギャーという女性の悲鳴を近隣住人が聞いたという報道もありました。 強盗殺人の可能性は? 貴金属類や通帳などを触った形跡はなく、被害者宅から見つかった財布には現金が入っていませんでしたが、犯人によって抜き取られたかどうかは 不明です。 報道では、 燃え残った現金が発見されたという情報もありました。 なので、 強盗殺人の可能性はとても低いと思います。 犯人の侵入経路がわかっていない! この事件では、 犯人の侵入経路が正確にはわかっていません。 被害者宅の玄関や勝手口、1階の窓は すべて鍵が閉まっていました。 ただし、高熱で変形してしまい確認が出来ない窓もあったそうです。 唯一、 2階の長男の部屋は網戸だったので入ることは可能でしたが、2階に上がるためのはしごをかけた跡や、 犯人の侵入した形跡は見つからなかったそうです。 車庫内の所定の場所に勝手口の鍵が隠されていましたが、これは残業で帰宅時間が遅くなる父親が妻に置いておくように頼んだものでした。 旦那さん、どうして鍵持ち歩かないのだろう? この鍵は、同じ場所から発見されているので 犯人が侵入時に使用したかは不明だそうです。 被害者の性別によって殺害方法が違う! 母親と長女は、刃渡り約20センチの サバイバルナイフで顔や背中などを執拗に刺されていました。 一方、長男と次男は 金属製のバールのようなもので撲殺されています。 犯人は、なぜわざわざこんな面倒なことをしたんだろう。。。 怨恨?犯人の執拗な殺し方! 長男と次男は、バールのようなもので殴られたことで 頭に数センチの陥没骨折がありました。 何度も殴られた形跡はなく、 一撃だったようです。 それぞれ、 急性くも膜下出血、脳挫傷が死因です。 母親と長女ですが、 顔や背中など10ヶ所以上刺されていて、母親には肺に達するまでの深い傷があり、長女は刺されたときの強い衝撃でろっこつが折れていました。 死因は、 出血性および外傷性のショック死とみられています。 犯人は誰?1年前から不審者が・・・! 事件が起きる1年ほど前の 2003年7月頃、加藤さん宅の玄関のドアを、むりやりがちゃがちゃ開けようとする 不審者に次男が気づいて、外出中の母親に連絡しました。 2004年に入ってからも、加藤さん宅をジロジロ見ている 不審者が目撃されていました。 愛知県豊明市の母子四人殺害放火事件、事件発生当初はすぐにでも犯人が捕まるという雰囲気でしたが、警察の初動捜査の誤りがこんな結果になっています。 — 青木正雄 ouendan10 また、消火作業をしていた地元の消防団員が現場付近で、 不審車両を目撃していました。 尾張小牧ナンバーのトヨタ・ハイエースのスーパーGLで、運転していたのは、30代から40代くらいの男性ということです。 残る疑問。 なぜ犬だけが。。。 被害者宅では、犬を飼っていました。 この犬は普段よく吠えるのに、事件発生時、 犬が吠えるのを聞いた住人はいません。 そしてこの犬は、 火災のときにはなぜか首輪が外されていて、被害者宅の車の下に隠れて、生きていました。 愛知豊明母子4人殺人放火事件!犯人は誰?まとめ 今回の事件は、 謎の多い事件ですね。 犯人の侵入経路もわからず、次男だけ1階で殺されていて、普段よく吠える飼い犬が吠える声を誰も聞いていなかっただけでなく、犬の首輪が外されていたということです。 もっと不思議に思ってしまうことは、 この事件があった半年後の2005年3月11日に遺族である父親が、仕事がらみの詐欺容疑で逮捕されたことです。 家族を亡くしてまだ半年の人が、こんなことをする気力があるんだなと思ってしまいます。 事件発生から5年後、家は取り壊されたそうです。 亡くなった4人の為にも、 早く犯人が捕まって欲しいですね。

次の