季節の挨拶 7月。 7月ですが梅雨明けしていない場合の挨拶ってどう書くべきか?

【時候の挨拶】7月上旬/中旬/下旬の季節の挨拶と季語は?手紙の書き出しも

季節の挨拶 7月

・小暑の候、小暑の折、小暑のみぎり:7 月上旬 ・仲夏の候、仲夏の折、仲夏のみぎり:7 月上旬 ・梅雨明けの候、梅雨明けの折、梅雨明けのみぎり:7 月上旬 ・盛暑の候、盛暑の折、盛暑のみぎり:7 月上旬 ・星祭の候、星祭の折、星祭のみぎり:7 月上旬 ・盛夏の候、盛夏の折、盛夏のみぎり:7月 上旬 ・大暑の候、大暑の折、大暑のみぎり:7 月上旬~下旬 ・夕立の候、夕立の折、夕立のみぎり:7 月上旬~下旬 ・白雨の候、白雨の折、白雨のみぎり:7月上 旬~下旬 ・驟雨の候、驟雨の折、驟雨のみぎり:7月上 旬~下旬 ・炎暑の候、炎暑の 折、炎暑のみぎり:7 月上旬~下旬 ・炎昼の候、炎昼の折、炎昼のみぎり:7月 中旬~下旬 ・酷暑の候、酷暑の折、酷暑のみぎり:7 月中旬~下旬 ・極暑の候、極暑の折、極暑のみぎり:7 月中旬~下旬 ・三伏の候、三伏の折、三伏のみぎり:7 月中旬~下旬 ・厳暑の候、厳暑の折、厳暑のみぎり:7 月中旬~下旬 ・灼熱の候、灼熱の折、灼熱のみぎり:7月 中旬~下旬 ・炎熱の候、炎熱の折、炎熱のみぎり:7月 中旬~下旬 ・烈暑の候、烈暑の折、烈暑のみぎり:7月 中旬~下旬 ・甚暑の候、甚暑の折、甚暑のみぎり:7月 中旬~下旬 ・猛暑の候、猛暑の折、猛暑のみぎり:7月 下旬 ・薫暑の候、薫暑の折、薫暑のみぎり:7月 下旬 上記は 7月の季節の挨拶文に使える時候と 適した時期のまとめ一覧表です。 続ける文章は親しい方への挨拶文でも 公式の改まった挨拶文でも使えるものです。 ・ 初夏の候、お元気にご活躍のこととお喜び申し上げます。 ・ 大暑の候、貴社いよいよご盛栄のこととお慶び申し上げます。 ・ 暑中お伺い申し上げます。 ・ 小夏の候、暑さに負けずご活躍のことと拝察致します。 ・ 仲夏の折、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 ・晴天が続く 盛夏のみぎり、ご健勝で暑さを乗り切っていらっしゃることと存じます。 ・ 梅雨が開けいよいよ夏本番を迎えるこの頃、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 ・ 炎暑の候、貴社一段とご繁盛の段大慶に存じます。 ・ 盛暑の折、貴殿には一段とご活躍とのことと拝察いたしております。 ・ 暑中お見舞い申し上げます。 ・ 酷暑の候、貴社におかれましては一層のご発展のこととお慶び申し上げます。 ・時折の 驟雨が涼をもたらす炎暑のみぎり、皆様いかがお過ごしでしょうか。 ・ 夏木立の緑濃く、木漏れ日も輝くころとなりました。 ・青空に 入道雲がわき、夏真っ盛りとなりました。 ・色とりどりの 七夕飾りに、夏の訪れを感じる季節になりましたが、お変わりありませんか。 ・ 炎暑しのぎがたいこのごろですが、お元気でお過ごしのことと存じます。 ・ ほおずき市も近づき、夏祭りも盛んな季節となりました。 ・ 花火の音が聞こえる季節となりましたが、お変わりありませんか。 ・ 戻り梅雨のようで、ここ数日ぐずついた日が続いていますが、~。 ・ 土用の入りも近づき、蒸し暑い夜が続いていますが、~。 ・ 夏休みに入り、子どもたちが元気に遊ぶ声が聞こえる今日この頃ですが、~。 上記は 7月の季節の挨拶文に使える 書き出し文例 のまとめ一覧表です。 7月から連想される植物や食べ物、 行事などの単語を自由に盛り込んで、 読み手に時節が頭に浮かぶような 書き出しにしても素敵です。 ・猛暑の折、どうかくれぐれもご自愛ください。 ・暑さ厳しき折ではございますが、どうかますますご壮健に。 ・夏風邪などお召しになりませんよう、どうかお体をおいといください。 ・心ばかりのお中元の品を別送いたしましたので、どうかご笑納ください。 ・夏休みの帰省を首を長くして待っています。 ・盛夏の折柄、皆様のますますのご健勝をお祈り申しあげます。 ・時節柄夏負けなどなさらないよう、ご自愛のほどお祈り申しあげます。 ・暑さはこれからが本番です。 体調管理には充分気をつけて下さいね。 ・まずは暑中のお見舞いまで申し上げました。 ・今年は梅雨明けが遅い分、暑さが長引くそうです。 おたがい体調管理に気を付けましょう。 ・ご健勝にて夏を乗り越えられますよう、お祈り申し上げます。 ・ことしは例年にない暑さだそうですから、お体にはくれぐれもお気をつけください。 ・本格的な夏を迎えました。 皆様のご健康を心よりお祈りいたしております。 ・周りの樹木の緑も色濃くなってきました。 夏休みには一緒に出かけましょう。 ・熱帯夜がつづき寝苦しい日々、クーラーでお身体を冷やしすぎませんよう。 ・暑いさなかでございますので、外出の析にはなにかとご注意くださいますように。 ・食欲も減退する暑さがつづきますが、健康管理にはご注意下さいね。 上記は 7月の季節の挨拶文を使った 結びの例文のまとめ一覧です。 結句で季節の挨拶文を使う場合、 それに続く組み合わせでは 相手の方を思いやるような文章を 続けるようにしましょう。

次の

7月ですが梅雨明けしていない場合の挨拶ってどう書くべきか?

季節の挨拶 7月

時候の挨拶 7月の梅雨入り前の時期 「走り梅雨(はしりづゆ)」 梅雨入り前の5月-6月ごろ、梅雨のように雨が降ることがあります。 これを走り梅雨(はしりづゆ)や迎え梅雨(むかえづゆ)と呼びます。 季語としては6月初旬の言葉ですが、5月の中旬頃から梅雨入りするまでを目安に使うことができます。 例文:雨が降って寒い日が続く、という意味で 「走り梅雨が続いておりますが、お変わりありませんか。 」 「お体を冷やさないようお気を付けください」 北海道では梅雨はありませんが、やはり5月下旬から6月上旬にかけて一時的に気温が低い時期があります。 これを、ちょうどライラック(リラ)の花が咲く時期であることから「リラ冷え」とよびます。 「リラ冷えの町」というと札幌のことを指します。 「梅雨入り」 梅雨に入った初めの頃は「梅雨入り」が使えます。 梅雨入りは気象庁がほぼ毎年発表しており、夏の始まりでもあります。 「梅雨入りとなり、しと降る雨が続いております。 」 梅雨入りすると、肌寒い日が続く時期もあります。 これを梅雨寒(つゆざむ)といいます。 「入梅(にゅうばい)」 「入梅」という字を見ると「梅雨入り」と同じ意味のように考えてしまいそうになりますね。 梅雨入りと同じ意味として使うこともありますが、6月11日ころを雑節で「入梅」とよびます。 これは田植え時期の目安の一つとなる暦上の節目です。 以上の言葉は梅雨入り以前の時期を目安に使う言葉なので、7月よりも前に使うことがおすすめです。 時候の挨拶 7月 梅雨明け前に使える言葉 梅雨入り~梅雨明けまでの、最中の挨拶です。 五月雨 梅雨そのもののことを「五月雨(さみだれ)」といいます。 旧暦で5月頃であることから「五月雨」といいます。 また、麦が実をつける頃であることから「麦雨(ばくう)」という言い方もあります。 「梅の雨」という言い方も、梅雨そのものを指します。 青梅雨 青梅雨(あおつゆ)も梅雨そのもののことです。 葉を茂らせた草木に降る雨の様子を指すことで、俳句の季語などに用いられます。 空梅雨(からつゆ) 空梅雨とは、梅雨の期間中ほとんど雨が降らない状態を表す言葉です。 梅雨の時期の雨の量が少ないと、水不足で農業や工業の水が不足したりすることもあります。 晴れた日が続くことから「照り梅雨(てりつゆ)」ともいいます。 例文:「空梅雨の青空が続いております。 いかがお過ごしでしょうか」 梅雨の中休み 梅雨の半ばの時期に、一時的に天気が回復して晴れの日が続くことがあります。 この期間のことを梅雨の中休み(つゆのなかやすみ)とよびます。 「梅雨の月(つゆのつき)」・「梅雨の星(つゆのほし)」 梅雨の時期、雨の合間の夜空に見える月や星のことを指しています。 雨雲の合間から見える程度のこともあれば、晴れた夜空に浮かぶ姿も風情があるものですね。 例文「梅雨の月が冴え冴えと見えますね。 」 五月晴れ(さつきばれ) もともとの意味は梅雨の合間にみられる晴れ間のことです。 この五月とは旧暦の五月のことなので、現在では6月に当たります。 ただ、最近では気象庁では「五月晴れ」は新暦(今のカレンダー)での5月の晴れた空のことを表し、もともとの旧暦5月の晴れのことは「梅雨の合間の晴れ」と呼ばれています。 男梅雨・女梅雨 弱雨がしとしとと長く続くような降り方を「女梅雨」(おんなづゆ)、 雨が降るときは短期間に大量に降り、降らないときは晴れる、という降り方を男梅雨(おとこづゆ)と呼ぶ言い方もあります。 送り梅雨 梅雨が終わりに近づくと、 この時期には雷をともなった激しい雨が降ることが多くなります。 積乱雲(入道雲)もみられ、この時期の激しい雨を送り梅雨(おくりづゆ)や荒梅雨(あらづゆ)、暴れ梅雨(あばれづゆ)と呼びます。 雷のことは「梅雨雷(つゆかみなり)」といいます。 気温も高くなり、細菌やカビなどに注意が必要な時期でもあります。 例(結びの文で)「送り梅雨が続く中、お健やかにお過ごしください。 」 時候の挨拶 7月 梅雨明け後の手紙の挨拶 梅雨が終わり、いよいよ夏を迎える時期です。 梅雨の期間の終了が発表されることを梅雨明け宣言といいます。 「梅雨明け十日」 梅雨明け後から8月上旬くらいまでは天気が安定することが多く、「梅雨明け十日」といいます。 この時期は猛暑に見舞われることもあります。 例文:「梅雨明け十日の暑さが続いております。 」 梅雨の終わり 梅雨の終わりを「梅雨明け」といいます。 梅雨明けのことを「出梅(しゅつばい)」ともいいます。 梅雨明けした後もぐずついた天気となり、雨が続いたり、晴れた後に再び雨が降ることがあります。 これを帰り梅雨(かえりづゆ)や返り梅雨、戻り梅雨(もどりづゆ)と呼びます。 梅雨とつくが7月以外の時期の言葉 菜種梅雨 菜種梅雨は、3月から4月にかけての菜の花が咲くころに降る雨のことです。 梅雨のように何日も降り続くことは少ないのですが、曇りや雨の日が続くことがあります。 すっきりしない天気が多い時期は菜種梅雨(なたねづゆ)と呼んで、春の梅雨として表すことも多いです。 近年は、暖冬傾向や温暖化の影響などもあり、2月下旬ころからこのような天気がみられる傾向もあります。 筍梅雨 筍梅雨(たけのこづゆ)は、筍が出てくる4月から5月にかけて降る雨です。 秋雨(あきさめ) おもに8月後半頃から10月頃にかけて、長雨が降り続く時期を「秋雨」といいます。 「秋霖(しゅうりん)」や、すすきの時期でもあることから「すすき梅雨」などとも呼びます。 すすき梅雨 すすき梅雨は秋雨の事を指します。 さざんか梅雨 おもに11月下旬から12月上旬にかけての、連続した雨が降る時期があり、「さざんか梅雨」といいます。 これは山茶花(さざんか)が咲くころに降ることからこう呼ばれています。 まとめ 7月の時候の挨拶や季語として、梅雨に関する表現をご紹介しました。 手紙や文書、お便りなどのご参考になれば幸いです。

次の

季節の挨拶7月 7月の挨拶文や手紙の書き出しまとめ

季節の挨拶 7月

主な季語としては、 ・梅雨明け ・向暑 ・仲夏 ・盛夏 ・炎暑 ・猛暑 ・大暑 ・酷暑 ・極暑 などがあります。 基本的には、どれも夏の暑さを表現するもので、 同じ7月でも時期やその年の暑さの具合によって使い分けるのが理想です。 たとえば。。。 とにかく猛烈な暑さだというなら猛暑や酷暑、極暑などが適しています。 梅雨が明けたばかりなら梅雨明けという言葉が適当ですよね。 しかし未だ季節は梅雨の真っ只中である場合ですと、 ・梅雨 ・長雨 ・梅雨晴れ ・空梅雨 といった季語が使われるのが一般的です。 ただ、梅雨を表現する季語は 梅雨明けという言葉以外は正式には6月の季語に該当します。 その意味では7月の時候の挨拶としては不向き。。。 となります。 基本的に7月は7月の時候の挨拶を書くもの。 そこで暑い夏に向かう頃という意味である「向暑」という季語を使います。 「向暑」ですが、 このあたりは6月に季語としても挙げられてもいます。 向暑の候、向暑の折、向暑のみぎり、といった感じです。 季語の後には時候の挨拶が入り、 「向暑の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」 と続きます。 ビジネスメールなどでよく見る文章だと思います。 時候の挨拶は文字通り季節感を出すことがとても重要で、 その後に相手を気遣う言葉が続きます。 季節を表すフレーズによって、 相手が風景を思いい浮かべ季節感を共感することができます。 そのため季語はしっかりと把握しておかなければなりません。 時候の挨拶が終わったら本題に入りましょう。 「梅雨時期なら長雨の折、くれぐれもご自愛下さい」 「梅雨冷えの折、 皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 」 といった感じの挨拶が最適です。 基本的には時候の挨拶と一緒で、 季語を入れつつ相手を気遣うことがポイントです。 ですが、こちらも季節的にきごが使いにくい場合は、 「時節柄、ご自愛専一にご精励ください」 などという感じでも構いません。 逆にこれらが書けていないと マナーのなっていない手紙になってしまうので注意しましょう。 これは手紙だけではなく、 メールでも使える挨拶ですからビジネスシーンでもよく使います。 7月は暑中見舞いを送る時期ということもあって いつも以上に取引先や上司、お世話になった人などへ手紙を送る機会が増えます。 7月の時候の挨拶だけでも 書けるようになっておくと社会人としてなにかと便利です。

次の