ひっそり と スピリチュアル し てい ます。 「ひっそりとスピリチュアルしています 」 Kさんの話のご紹介

不思議なようだけど「導かれているんだな。」と感じるのはすべては霧島神宮から始まったからです。

ひっそり と スピリチュアル し てい ます

ああ、こんな事もあるよねぇ、と読ませていただきました。 私たち、というと一般論になってしまうので、あえて、私は、と書かせていただくと、私は、いろんな過去世と未来の理由で、いま、この現世にいます。 私なりの理由が(たぶん、いくつか)あってパワースポットに行ったり、占いをしたりしていますが、すべての方が、スピリチュアルに関わることが、必要な事だとは、思えません。 でも、もし、なんでここ(この世)にいるんだろう、と思うような時、そんな時は、つらい時期にきまっているのですが、(楽しい時、絶好調な時は、そんな事、感じもしません)信仰なり、スピリチュアルなりで、目にみえる事象を、ウラからみる、別の目でみると、わかる事もあると思います。 「わかる」という事は、「癒される」事にも通じます。 ついでに、ウラの意で、占いです。 (ごめんなさん、調べてません。 笑) 友人を亡くしてしまった。 つらい。 既存の信仰、例えば、仏教なりキリスト教なりも、そんなつらい時期に、いろんな答えをもっています。 仏様は、お浄土で迎えていただいてます。 主はいつも、おそばにいます。 安心して。 だから、スピリチュアルでなくてもいいのです。 友人を亡くしてしまった。 つらい。 スピリチュアルな答えの一例では、でも、今、そばにいてあなたのそばにいるよ。 見守っているよ。 そういわれると、優しい気持ちになるのです。 ところが、スピリチュアルという分野では、亡くなった友人は、そばにいるよ、といいながらも、ちょっと不安なこともあります。 以前、有名なスピリチュアルな方の言葉を利用した、良くないセールスもあったようです。 それは、既存の宗教でも同じなのですが、割合としては、まだ、穏やかだと思うのです。 例えば、瞑想。 あるいは座禅。 一人でもできるのですが、わりといろんなビジョンが見えます。 でも、そこに第三者がいて、座禅修行で指導されていれば、魔境にはいらないようにするような安全装置があります。 入りそうな者を警策でたたいたり、「こんなビジョンが見えた、おお私はすごい」 と思っても、「それがどうした」と問答されます。 そこは、すごいなあ、と思います。 スピリチュアルについては、私は、いろんなスピリチュアルな分野を知っておけば、自分なりの「これは、アヤシイぞ」という安全装置ができてくるように感じます。 だから、いろんな人にあってみたり、いろんな所へ行ったり、本なり、ブログなりを経験するようにしています。 筆者の桜井識子さんは、介護のお仕事をされながら、いろんな経緯があって、スピリチュアルなブログを書かれています。 その経緯の一端は、この本に書かれています。 このなかには、神社への参拝や、縁のある亡くなった方や、あるいは、成仏できない方とのやりとりもあります。 実はこの本は「すべてがその通り」だとは、私は、思いませんでした。 かといって、「全部ウソ」とも思いません。 それは、赤いりんごをみても、美しいと感じるか、美味しそうと感じるかの違いのように、彼女のこの世にいる理由と、私の理由が違うからでしょう。 だから、へー、そうなの? ああ、そういう事もあるよね、わかるわかる、と読みました。 もし、興味のある方は、そのくらいの良い意味での、ユルさで読んでみたらいかがでしょうか。 また、スピリチュアルな本については、ひとつじゃなくて、いくつか読むのをおすすめします。 桜井識子さんは、彼女なりの理由でこの現世におられて、彼女なりのやり方で、スピリチュアルに関わっておられます。 この世で、このような形で、菩薩行をされるお仲間がおられると思うと、とても嬉しく思いました。 介護職をされているのも、菩薩行のひとつかもしれません。 (あるいは、全く別の理由がある方もいます) この本の話ではないのですが、仕事ではなく、病院か介護が必要な場所に行く時で、ご自身は元気で、付き添いや、お見舞いに行かれる方で、わりと感じやすい方は、しっかりガードしてから行ってくださいね。 それから、守護霊さんという存在を思い出させていただきました。 ありがとうございました。 ひっそりとスピリチュアルしています.

次の

ひっそりとスピリチュアルしています

ひっそり と スピリチュアル し てい ます

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• ウェブストアに9冊在庫がございます。 (2020年06月27日 03時59分現在) 通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。 入手できないこともございます。 【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。 尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。 コツコツ実践すれば神仏の愛情をどんどん受け取れる。 書籍化第1弾。 目次 第1章 スピリチュアルな幼少体験 第2章 神々の眷属 第3章 お稲荷さん 第4章 異次元体験 第5章 幽霊はあなたの隣にいる 第6章 やっかいな霊たち 第7章 神仏は清らかさを好む 第8章 神様に可愛がられている自分に気づく 第9章 尊い神仏たち 著者等紹介 桜井識子[サクライシキコ] 神仏研究家、文筆家。

次の

ひっそりスピリチュアル★第禄巻 桜井識子オファルブログ〜さくら識日記〜 [sc]

ひっそり と スピリチュアル し てい ます

私はご存知のようにスピリチュアルな話が好きなので、 そういうブログを、会社の休み時間などにスマホで読んだりしています。 怪しい?うちの職場は他の人と重ならないように休むので基本1人なんですよ~。 今回はスピリチュアルなブログのご紹介ではありますが、 内容は、介護職をなさっている管理人さんの職場でのいい話です。 --------------------------------------------- 入所者のKさんは認知があり、同じ質問を繰り返します。 「私、いつまでここにいるんですか?」 「娘はどうしてるんですか?」 「娘に電話して下さい」 質問が一巡するころには、最初の質問を忘れて、 認知症でコントロールがきかないし、 眉間にシワを寄せて、延々と質問を繰り返すのです。 スタッフのほとんどが、このKさんのことが苦手です。 管理人さんは、Kさんの不安な表情を見て思いました。 不安を口にしている間は、ずっと不安な感情になっているわけで、 それを聞き続けるということは、つまり、不安を長引かせる、 もしくは強く不安にさせてしまうのではないか? --------------------------------------------- そしてKさんの訴えを一回目だけ聞くことにし、2巡目に入る前に うまく話題を変える対応に変えてみました。 「さっぶー! 今日は寒いですね~、雪が降りそうですね。 東北の方は雪がすごいんでしょうね~」 Kさんの故郷は金沢で、雪やスキーの話で盛り上がり、 普段の不安な表情でなく笑顔が広がりました。 スタッフさんの間でKさんは介護を避けたい人なので、 後輩の管理人さんの担当になることが多く、 Kさんとはいろいろな話で盛り上がり、笑顔を引き出せたそうです。 実はKさんは、陽気な一面を持っていらしたんですね。 --------------------------------------------- ある時、「私の主人、どうしてるのかしら?」が一番目の質問でした。 亡くなってますが、認知症なので理解していません。 会話の青字が管理人さんです。 「お仕事してらっしゃるんじゃないですか?」 「働き者なのよ、うちの主人」 「Kさんに楽をさせてあげようと一生懸命働いてらっしゃるんですね」 「そうなのよ~」 「男にはしっかり働いてもらって、女は女同士、ここでのんびりしましょ」 「いいのかしら、そんなんで」 「いいんです。 女は子育てを頑張ったんですから、 ここらへんでのんびりさせてもらいましょうよ」 「そうね。 私、3人も子供育てたから」 「3人はすごいですよね! 私なんか1人でいっぱいいっぱいでしたよ」 「あら、私だって3人も産む気はなかったのよ~。 でも出来ちゃったのよ~」 会話ははずみ、Kさんは大笑いしたそうです。 --------------------------------------------- このことから、管理人さんは、不安は口にすればするほど、 解消されるどころか、ますます大きくなり強くなると確信します。 そしてこれは、他のことにも通じる法則ではないかと考えます。 例えば、人の悪口を言っている間、腹が立ったその出来事を追体験し、 嫌いな相手の顔を思い出し、ムカつく感情を上塗り上塗りして 濃くしていくわけです。 ストレス解消のための悪口なのに、 実は、逆効果なのではないか? そこで管理人さんは実験してみました。 本気で腹が立った時、グチを聞いてもらっていましたが、 それをやめてみました。 喉まで出かかっても我慢しました。 感情が溜まってしまうのでは? と思っていましたが、逆でした。 悪口を言わなければ、追体験しないので、一回こっきりです。 しかもグチを言っていた時間分、まったく違う話をするので、 グチっていれば腹を立てていたであろう時間も、 違う話が気分転換となったそうです。 --------------------------------------------- Kさんは管理人さんが入社した頃は、一切笑わないし、 不安な質問ばかり繰り返す人でしたが、 今は冗談も言うし、大笑いもするようになっています。 対応するスタッフによっては、今でも不安な質問を繰り返しているので、 優しく聞いてもらえる心地よさに甘えてしまうのかもと言うことです。 管理人さんは、「理性でコントロールが出来ない認知症の人だからこそ、 眉間にシワを寄せたまま生活しないですむよう、 スタッフが工夫してあげるべきなんだな、と思った事例でした。 」と 締めくくっておられました。

次の