負け られ ない オセロ。 オセロの必勝法オセロの必勝法教えて下さい。負けられ戦いがそこに...

パートナーを信じられない「オセロ症候群」の特徴と治療法 | 心理学タイム

負け られ ない オセロ

ちなみにAIZINEの母体のお多福ラボでも将棋のAI(人工知能)開発をしています。 そんなニュースを聞いていると、「AI(人工知能)って人間よりも強いのでは?」と不安がる方も多いはず。 ところがそんな中で、なんと 「世界最弱のオセロのAI(人工知能)」が登場しました!社が開発したは3477勝1134616敗187引分(2019年8月21日現在)とのこと。 実際に開発者がこんなツイートをしています。 世界最弱のオセロAI作りました すでにたくさんの方にプレイされて、いまの戦績は5勝2110敗4引き分け! 負けられるなら負けてみてくれ! — 吉田 拓真 TakuAtCoder1 圧倒的に負けてばかりなのに、 自ら負けにいくって一体どういうことなんだろう?そもそも、 オセロAIはそんなに弱いのか?など気になりますよね。 はやっ! あっという間に私の完封勝ちになりました。 とはいえ、 やっぱりあっさり勝ってしまうともの足りなく、やっていくうちにさらに「負けたい!」という願望がむくむくと出てきました。 こうなったら、意地でもオセロAIに負けてやる! 最弱王決定戦・オセロAIvs私〜3回戦〜 ということで、「勝ちに行く」ではなく 「負けに行く」勝負、3回戦。 「負けられるなら負けてみてくれ!」と言われたなら、今回は「あえて自ら負けに行く」スタイルで行きましょう。 つまり提示されたガイドの中でも、 一番取れる数が少ないところを狙う見込みです。 この赤線で囲われた部分のことです なぜこのマスは危険なのかというと、 その後四隅のマスやその周辺で相手が石をおいたら、確実にひっくり返されるためです。 (わかりやすく言うと、自ら一人で100人いる敵陣に突っ込んでいく感じです)確かにその後ひっくり返して取り戻せる確率が低そうです。 もちろんオセロAIがとっている戦略はこれだけではなく、まだまだたくさんありますが、このような工夫をしながら、オセロAIが自分の打てる場所を減らしていくことで「負ける」方に進んで行くのです。 さあ、負け方の原因がわかったところで最後の試合をしてみましょう。 最弱王決定戦・オセロAIvs私〜5回戦〜 さて、最後の試合も「序盤から攻める」などの負けパターンを使って戦ってみましょう。 負けの道を極めたオセロAI、恐るべし・・・! 世界最弱のオセロAIは全日本チャンピオン以上に「弱かった」! さて、これだけ戦ってきて結果はすべて 「私の圧勝・オセロAIの負け」となりました。 やはり「世界最弱」を名乗っているだけあって、負け方をわかっていてすごいですよね。 でも、そもそもボードゲームって普通では「勝ち」を目指すのに、なぜこのAI(人工知能)は「負け」にこだわるのか、詳しく見ていきましょう。 開発したAVILEN社の吉田拓真さんがオセロのAI(人工知能)を開発する最初のきっかけは、 囲碁のAI(人工知能)「AlphaGo」でした。 「AlphaGo」が学習を続けて人間のチャンピオンに勝ったというニュースは、実際にAIZINEが編集部のテツヤやつっちーがその衝撃を記事にしています。 そこで 「自分も同じものを、オセロで作りたい!」と考えプログラミングを勉強するようになりました。 とはいえ、それなら 「オセロに勝ちまくるAI(人工知能)」を作ればいいのでは?と考えますよね。 吉田さんが「わざと負けようとするオセロAI」を作るきっかけとなったのは、Youtube・ニコニコ動画の「」を見たことでした。 この動画ではAI(人工知能)が勝つ試合が多かったので、吉田さんが 「自分の手でもっと弱いAIを作ろう!」と考えて生まれたのが「最弱オセロAI」でした。 最弱オセロAIは、 通常のAI(人工知能)とは逆に「石を少なくとったほうが勝ち」というルールのもとで学習を続けつつ、私たち人間の打つ先まで読むことができるようになりました。 逆にいうと他の人が3000回もこのオセロAIに「負けている」だなんて、私たち人間もすごいですよね・・・! さて、今回は「世界最弱のオセロAI」と戦ってみました。 この試合から• オセロAIはやっぱり最弱だった(5戦5勝)• オセロAI「負け方」を極めているため、こちらが負けに行こうとしても難しい• オセロAIは全日本オセロチャンピオンが負けに行こうとしても負けない• オセロAIは「全力で負けに行くオセロAIの動画を見て、これならさらに弱いものを作ることができる」という理由で生まれた• 一見すると弱いオセロAIも、「石を少なく取る」「私たちの手の内を読む」などで学習を続けている ということがわかりましたよね。 世界最弱、と言ってもただのヘタレのような負け方ではなく、 「計算して負けていく」という姿勢がなんだか面白い感じがします。 また、「オセロ弱いんだよね・・・」と感じている皆さん、ぜひオセロAIに挑んでみて「どっちが弱いか」という競争をしてみるのもありかもしれません。 頭のいい人は「オセロの負け方」から学んで自分のオセロの戦い方に活かすこともできるでしょう。 とはいえ、「弱い」オセロAIは今後も負け記録を伸ばしていくに違いありません。 どんどん「弱く」なっていくオセロAIにも期待が高まりますよね!.

次の

世界最弱のオセロAI負けるのが難しすぎwwプレイはこちら!

負け られ ない オセロ

現時点でオセロに必勝法はありませんが、初級者同士の対局なら下記に紹介する幾つかの考え方やコツを理解すれば勝率がかなり上がるはずです。 オセロは最終的に石の多いほうが勝ちとなるゲームですが、序盤から石を取りすぎると自分から打てる場所が限られてしまうため、相手が有利になりやすいです。 序盤はむやみに石を取らず、相手の石を分断するような打ち方を心がけてください。 これを「中割り」といいます。 そこで同じ色が5個並んだ形を「ウィング」といいます。 ちなみに同じ色が6個並んだ形を「山」、内側に同じ色が2個ありその両側を別の色で挟んでいるような形を「爆弾」といいます。 この形が翼ですね。 これだと右の角を取らせても右から2番目に入り込んで残りの7個を取ることができます。 ただし局面によっては角を取られたうえに隙間にも入れないということもありますので、きっちり先を読む必要があります。 オセロは打てる所がなくなればパスせざるを得ませんが、逆に打てる所がある限りパスはできません。 打ちたくない場所に打たなくても済むように、自分と相手の余裕手を数えておき、両方から打てる場所から先に埋めていきます。 終盤になるとあちこちに空き地ができますが、桝目が奇数の空き地には先行し、偶数の場所は後回しにします。 このような考え方を「偶数理論」といいます。 以上、いずれも基本的な考え方で、これを守れば必ず上手くいくというものではありませんが、打ち方の指針とすれば闇雲に打っているよりは勝率が上がるはずです。 序盤の定石やもっと詳しいテクニックなどを知りたいなら、下記のサイトがかなり充実しているのでお薦めします。 オセロの本もいろいろありますが、どれか一冊ということなら比較的新しくて価格も手頃な、村上健著の「強くなるオセロ」をお薦めしておきます。

次の

「わざと負けようとしても無理」と話題 プロも挑戦する“世界最弱のオセロAI”、生みの親に聞く開発の裏話 (1/2)

負け られ ない オセロ

ツリー• 読み込み中... なんかいいな 楽しく頑張ってる人がいるんだな• 3 ID:KXARNh• 読み込み中... 余裕で勝ってしまった… 悔しいのに嬉しいようななんとも言えない感情。 強いオセロにはぼろ負けしたけど!• 4 ID:RVe4ug• 読み込み中... やってみたけど、本当に負けられない。 負けるのも難しい• 5 ID:juXy8P• 読み込み中... 誰でもできるってのがいいね。 やってみよ。 6 ID:xSKZMU• 読み込み中... 角を取らないように取らないように…取れてしまうんだなぁ• 7 ID:6Ubve3• 読み込み中... 置かされてる感がすごい… どう足掻いてもいっぱいめくれるところに誘導される• 8 ID:aMKfei• 読み込み中... むっずかしwww辺と角を取らないように取らないようにしても取らされるw• 9 ID:kfWOn8• 読み込み中... なんだろうこの全力でおバカやる感じw 目的は変だけど、技術面ではしっかり作ってる感が楽しい。 しっかし…負けようとして負けるのも難しいもんなんだな…。 10 ID:kfWOn8• 読み込み中... もうあえて取らざるを得ないように持っていかれますよねw すごいなこれ。 11 ID:D8SU5h• 読み込み中... 「絶対に負けられない戦いがここにある!」ってやつかw• 12 ID:cFugX2• 読み込み中... オセロ最弱人間だから気持ちよく勝たせて頂いたんだけど、オセロ最弱っていう私のアイデンティティまでもが機械に取られるのか…• 13 ID:sXIRBo• 読み込み中... ルール逆にしたらこれすごい強いってことになるよね• 14 ID:WxyPuf• 読み込み中... その発想はなかった• 読み込み中... 人間の底力見せてやるぜ! 奥義、不戦敗だ!! すごいね技術。 16 ID:62SBea• 読み込み中... わかる。 初めて勝ったのに複雑な気持ちになる…• 17 ID:SUxO7U• 読み込み中... 不正解を導くAIって実は物凄い高性能なんだよね。 すごいなあ。

次の