お 嬢 と 番犬 くん ネタバレ 13。 「お嬢と番犬くん:18話」最新話ネタバレと感想!食えないタヌキの目論見とは一体…!?

お嬢と番犬くん【18話】最新話のネタバレと感想!平和な文化祭準備から一転!

お 嬢 と 番犬 くん ネタバレ 13

もくじ• お嬢と番犬くん【第16話】最新話のネタバレ 怪しまれる一咲と啓弥 教室で二人きりな一咲と啓弥の元へ、田貫がスマホを取りに戻ってきた。 田貫は一咲たちのやり取りをこっそり見ていたようで、二人はデキているのかと聞いてきた。 一咲は芝居の練習をしていただけと答えるも、田貫は信じてくれず、一咲との距離を詰めてくる。 その二人の間に、田貫の机の中から彼のスマホを取り出した啓弥が割って入った。 一咲が言っていることは本当だと言う啓弥。 その目からは何も読めない。 田貫はその場を引くことにした。 一咲も田貫もOKを出し、その案で制作に進むこととなる。 一咲はクラス一丸となって、一つの作品を作り上げることにワクワクしていた。 そんな一咲へ、ロミオの衣装を啓弥が着ている姿が見れなくて残念かと、田貫がちょっかいをかけてくる。 一咲は平常心を保とうとするも、啓弥に片想いをしていることを田貫に見抜かれ、茹でダコの如く顔を真っ赤にしてしまう。 一咲は田貫の腕を掴み、本人には内緒にしてほしいとお願いする。 そんな一咲と田貫のやり取りを、衣装の採寸中だった啓弥がじっと見ていた。 芝居の練習の邪魔をしないという約束を一咲としたことを後悔しながら。 啓弥は、採寸中の女子生徒たちから、一咲と田貫のことをあのままでいいのかと尋ねられるも、何がと、とぼけるのだった。 けれど、啓弥は機嫌が悪く、一咲の愚痴を適当に流す。 啓弥は、田貫に心を許すなと、一咲に警告するのだった。 啓弥のどこが好きなのかと田貫に問われた一咲は、啓弥の好きなところを一つずつ言葉にしていく。 言葉にするたび、どんどん啓弥への好きが溢れ出てしまう一咲。 一咲は田貫の隣で、ほんのりと頬を赤く染める。 それを見た啓弥。 血管が切れる音がした。 啓弥は田貫の前に立ち、冷たい目で見下ろす。 そして、たまたま手に持っていた演劇用の剣を、田貫めがけて振り下ろしたのだ。 吹っ飛んでいく田貫。 隣にいた一咲も突然のことに唖然とする。 生徒たちが田貫くんの名を叫び呼ぶ声ではっと我に返った啓弥は、今の演技はどうだったかとごまかすのだった。 啓弥は、我慢の限界を超えたからと、素直に白状する。 そして、約束したのにと怒る一咲に構わず、足を胡坐に崩し、今日まで我慢したのだから労ってほしいと要求してきたのだ。 一咲は、啓弥がどういう人物なのか知っていながら、何もフォローしてあげなかった自分にも非があるのかもと思い直し、彼の前でしゃがんで目線を合わせる。 そして一咲は労いのキス……ではなく、ぽんぽんと頭を撫で、啓弥の苦労を労ってあげた。 それじゃないとでも言いたげな表情の啓弥。 啓弥は一咲を引き寄せ、自分の膝の上に乗せて抱き締めた。 彼女の匂いを堪能し、顔を上げる。 啓弥に下から見つめられた一咲は、珍しく自らの意思で啓弥の頭を撫でるのだった。 もう一度クラスメイトに謝ろうと、二人は屋上を後にする。 そんな二人の甘い時間を、陰に潜んで盗み見している男がいた。 田貫は、一咲と啓弥が両想いだと確信し、ニヤつく。 けれど、ふとその表情を消す。 お嬢と番犬くん の過去のあらすじまとめはこちらになります。 それだったらおすすめの方法があるよ!紹介するね! あらすじをお話しましたが、やはり漫画は絵を見ながら読むのが面白いですよね。 以前は漫画村のような違法のサイトがありましたが、今はなくなってしまいました。 しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。 こちらにおすすめなサービスを紹介しますね。 サービス名 無料ポイント 無料で読める冊数 600ポイント 今すぐ1冊分が読める 600ポイント 今すぐ1冊分が読める 最大900ポイント 待てば2冊が読める これらのサービスを使うと、無料お試し期間中にポイントがもらえて、そのポイントを使って新作の漫画を買うことができるんです。 また、無料期間内に解約しても、違約金もかからないし、登録も簡単なのでご安心ください。

次の

【あらすじ】『お嬢と番犬くん』4話(1巻)【感想】

お 嬢 と 番犬 くん ネタバレ 13

「お嬢と番犬くん:18話」のネタバレ 田貫の狙い 一咲の首に刃物を向ける田貫と田貫に銃を向ける啓弥。 動けば一咲を刺すと脅し、側に待機させていたバンに乗り込むと田貫は二人を縛りあげる。 到着したのは古い倉庫で、啓弥は田貫の手下によって柱に縛りつけられる。 一体なんのつもりかと冷静に問う啓弥に、田貫はせっかちな男はモテないと茶化しつつも毎日が退屈でつまらないのだと告げる。 けれどあの日、一咲に手を出すなと忠告したときの啓弥の目にゾクゾクした田貫はもう一度あの目が見たいと思ったのだと言う。 だからなんなんだと返す啓弥に、田貫はこれから一咲を犯すと告げる。 人生を利用されてたまるか 啓弥への挑発にはこれが一番有効だと考えた田貫は暴れる一咲に覆い被り、制服の胸元を開く。 これまで冷静だった啓弥もやめろと抵抗するが手下たちによって身動きがとれない。 震える一咲の下着にナイフを突きつけたとき、一咲が田貫の股関を蹴りあげた。 田貫の心底くだらないこじらせ思春期に自分の青春と人生を利用されてたまるかという思いから出た底力だった。 その直後啓弥も手下たちの隙を狙って参戦。 銃を取り返し一咲を抱き止めると、田貫に銃を向ける。 守ってくれると信じてた 許されないことをしたと本気で殺そうとする啓弥を一咲は止める。 みんなで一生懸命作り上げた劇ができなくなると言うのだ。 啓弥は呆れ、田貫は本気で言っているのかと呆気に取られたが一度言い出したら聞かないことを承知の啓弥は降参する。 その代わり文化祭が終わったら二度と自分の前に現れるなと一咲は念を押し倉庫を出る。 一咲をバンに乗せ、啓弥は田貫の監視役に連絡。 監督不行届きだと告げ、この報いは必ず受けさせると誓う。 啓弥は怖かったでしょうと一咲の髪を撫でるが、一咲は必ず啓弥が守ってくれると信じていたと言う。 こうして事なきを得た二人は帰路についた。

次の

お嬢と番犬くん【第7話】最新話のネタバレと感想!別冊フレンド7月号掲載

お 嬢 と 番犬 くん ネタバレ 13

もくじ• お嬢と番犬くん【第18話】最新話のネタバレ 食えないタヌキ 一咲を人質にとり首元にナイフを突きつける田貫くん。 啓弥は田貫に銃を向け続ける。 ワゴン車のドアが開き、なんのつもりだと啓弥が聞くが田貫は、 早く車に乗るよう催促する。 一咲は手に手錠をかけられ、口をタオルで縛られて抵抗しようと するも声も出せない。 田貫の目を見ると本気であることが伺えた。 啓弥もワゴン車に乗っていた黒ずくめの男に、持っていた銃を奪われ 頭に突きつけられている。 外も見えず、時間も分からない一咲は不安でたまらない。 二人は使われていない工場に連れて来られて身動きが取れない。 目的を教えろと言う啓弥に田貫はふざけた返しをしながらも、 毎日退屈でつまらない、遊び場に出入りも出来なくなり暇つぶしも出来ない とほざく。 だが、以前啓弥から向けられた強烈な殺意を込めたような視線が忘れられず、 あれがもう一度欲しいと言い出す。 だからなんだと言う啓弥。 田貫は一咲をいまからおかすと言い、マットをどさっと地面に敷き一咲に覆いかぶさりながら顔を啓弥の方に向け、地獄だろ、と一言。 啓弥はやめるよう言うが、田貫はナイフで一咲の制服を裂く。 啓弥の反応を見ながら楽しむ田貫を一咲は睨み付け、不意をついて田貫の股間を 思いっきり蹴り上げた。 見事に命中し、田貫倒れる。 田貫の仲間が気をとられている隙に、啓弥はさっさと銃を取り返す。 そして仲間に銃を向け、諦めた仲間は一咲を解放する。 一咲を取り戻し二人は抱き合う。 起き上がった田貫はのんきに二人に拍手する。 番犬の仕返し 啓弥は田貫を打とうとするが、一咲は文化祭が出来なくなるからダメだと止める。 クラスのみんなでつくってきたものがこんな奴に台無しにされるの嫌。 あと一応未遂だし。 と付け加える。 啓弥は長考の末、一咲に従う。 文化祭が終わったら二度とわたしの前に現れるなと言う一咲。 一咲に止めらたものの、田貫の腹を一発殴る啓弥。 一咲を車に避難させ、啓弥は田貫から奪った携帯で、田貫の目付け役の男に電話をかける。 一咲が望んでいないのでことを荒立てるつもりはないが、もし今後こういうことがあれば、親父も組も関係なく 自分の女に手を出した報いは必ず受けてもらう。 と言い捨て電話を切る。 一件落着 啓弥も車に乗り込むと、誰に電話していたのか と心配そうに見つめる一咲。 啓弥はメガネと簡単に返事をし、一咲の方を見て大丈夫かと心配する。 怖ったが大丈夫だと返す一咲。 正確に股間を蹴れたことは特訓の成果だと満足気に 語る。 啓弥のそばにいると危険な目にたくさん遭うから少し慣れたという一咲に、啓弥は なんとも言えずにいる。 続けて一咲は啓弥が絶対に守ってくれると思っていたと言う。 啓弥は一咲の髪にふれ、目を見つめ、手の平で一咲のかわいらしいおでこをぽんぽんぽんぽんと多めに軽くたたき、ほほ笑みながら一咲をみつめると、帰りましょう。 と言って車を走らせる。 帰りの車の中で、そういえばどうやって手錠から手を抜いたのか一咲から尋ねられ、関節を外したがもうはめたとさらっと言ってのけた啓弥だった。 次回へ続く。 お嬢と番犬くん の過去のあらすじまとめはこちらになります。

次の