ザ・ブック・オブ・ヘンリー。 ザ・ブック・オブ・ヘンリー

ザ・ブック・オブ・ヘンリー

ザ・ブック・オブ・ヘンリー

・Netflixで『ザ・ブック・ オブ・ヘンリー』という映画を観た。 ・あらすじ読んだ感じでなんとなくサスペンス的な、息の詰まる展開になるのかと思ってたけど、始まったのは意外にもほがらかファミリーストーリー。 「あら、こういうゆったりした話も良いじゃない」なんて思ってたら中盤からガラッと雰囲気が変わってホロホロと涙を誘うような展開に。 そして、その涙の中盤を越えるとまたガラッと雰囲気が変わる。 ・この展開の急ハンドルっぷりに、どういうこと〜??どうなっちゃうのよ…!!と、なること間違いなしなんだけど、急ハンドル切る割に移り変わりが自然で面白くて、どんどん前のめりになって観てしまった。 ・天才児の兄ヘンリーと、お兄ちゃん大好きっ子な弟ピーターの関係性が本当に良くて、弟がいじめられて落ち込んでれば、お兄ちゃんがお得意の発明で笑顔にさせるし、お兄ちゃんの秘密基地に弟が入ってきても邪険に扱わない。 最高の兄弟じゃん…。 ・お母さんも、息子のヘンリーくん頼りで少し頼りないところがあるんだけど、いろいろなことを通して、着実に一歩ずつ、ヘンリーくんなしでも母親として自立していくのが良かった。 ・そういう、「母親に成っていく」みたいな話って結構あると思うけど、この映画はそのアプローチの仕方が独特で、「あ〜はいはい、そういうもう見たことあるヤツね」とならない工夫が凝らされていて良かった。 ・いや〜本当に素敵な作品だった…! ・しかし、調べてみると、公開された当時は批評家にメタメタに酷評されまくっていたらしくおでれぇたぁ。 確かに気になるポイントは少なからずあったけど、加点方式で観たら1兆点になる作品でしょうがっ!!!!!! ・まぁ、人の映画の観方や感想にアレコレ言っても仕方ないよね。 ごめんち…。 ・Twitterで「Photoshopと遜色ない作業ができるのに買い切りで3000円!安い!」と話題になっていた画像編集ソフトを、流行りとセールに乗じて買ってみた。 ・正直そこまで高度な画像編集なんてしないんだけど、3000円ならギリ失敗してもダメージが小さいかなと思って。 ・今のところ何をどうすれば良いのか全くわからない。 でも、いろんなボタンがあって機能が多いっぽいことは伝わってくる。 使いこなせるように頑張るぞ。 そして、使いこなせるようになったら、全国のヨドバシカメラとビックカメラをさくらやに変えた画像を作ろう。 ・逃げ恥の再放送、録画してなかったのを大後悔している。 未公開シーンが意外と多いし、エンディング…!!びっくりして声が出た。 ・あと、逃げ恥見終わった辺りから手がパサパサしてきんだけど、これは録画し忘れた罰か。

次の

ザ・ブック・オブ・ヘンリー : 作品情報

ザ・ブック・オブ・ヘンリー

【ストーリー】 『ジュラシック・ワールド』のコリン・トレボロウ監督によるサスペンスドラマ。 離婚してシングルマザーとなったスーザンは別れた夫の立派な家に住んでいるが、生活は厳しくウエイトレスをして子供たちを養っている。 11歳のヘンリーは天才児。 経済にも詳しく株や投機で貧しい家計を助けようと必死だ。 彼には、8歳になる弟ピーターがいる。 2人はとても仲がいい。 ヘンリーは隣の家に住む同級生のクリスティーナが一緒に暮らしている義父から暴行を受けていると気づく。 はっきりとした証拠はないので、ヘンリーが校長先生に直訴してもなかなか取り上げてもらえない。 ヘンリーは正義感から彼女を救おうとノート=BOOKに計画を書き始める。 【スタッフ】• 監督:コリン・トレボロウ• 脚本:グレッグ・ハーウィッツ• 撮影:ジョン・シュワルツマン 【キャスト】• ナオミ・ワッツ• ジェイデン・リーベラー• ジェイコブ・トレンブレイ• サラ・シルバーマン• ディーン・ノリス• リー・ペイス• マディー・ジーグラー• ボビー・モイニハン• トーニャ・ピンキンス 【情報】• 原題:THE BOOK OF HENRY• 制作:アメリカ• 上映時間:104分• 公開:Netflix:2020年5月16日.

次の

ザ・ブック・オブ・ヘンリー/The Book of Henry

ザ・ブック・オブ・ヘンリー

概略 [ ] ヘンリーは聡明な少年であり、母親のスーザン、弟のピーターとともに暮らしていた。 彼は近所に住むクリスティーナに恋心を抱いていたが、彼女は父親から虐待を受けていた。 何とかしてクリスティーナを救いたいと思ったヘンリーは、そのための作戦を一冊のノートにまとめた。 そのノートを見つけたスーザンとピーターはヘンリーが練った作戦を実行することにした。 キャスト [ ]• - スーザン・カーペンター• - ヘンリー・カーペンター• - グレン・シックルマン、警視総監。 - クリスティーナ・シックルマン、グレンの娘。 - デヴィッド・ダニエルズ医師• - ジョン• - ジャニス・ワイルダー• - モリス• - エヴァンス先生 製作 [ ] グレッグ・ハーウィッツはの時点で脚本の初稿を書き終えていたが、買い手がなかなか見つからなかった。 しかし最終的には、ジャネット・カーンがハーウィッツの脚本の映画化権を獲得し、シドニー・キンメル・エンターテインメントと共にその作業に着手した。 製作陣はコリン・トレヴォロウこそ本作の監督にふさわしい人間だと考え、また、ハーウィッツもトレヴォロウと意気投合したが、トレヴォロウが『』の監督に決定したため、別の人間を探さざるを得なくなった。 2015年初頭に至ってもなお有望な監督候補が見つからない中、『ジュラシック・ワールド』での仕事を終えたトレヴォロウが企画に戻ってくる意向を示した。 9月、本作の主要撮影がで始まり、およそ2か月間にわたって続いた。 2月16日、マイケル・ジアッチーノが本作で使用される楽曲を手掛けることになったと報じられた。 2017年6月16日、が本作のを発売した。 公開・興行収入 [ ] 当初、本作は2016年9月に北米公開される予定であったが、配給元のフォーカス・フィーチャーズは2017年6月16日に公開日を延期した。 大人向けの映画の公開本数が比較的少ない夏休みに公開することで、興行収入が増加するとの判断に基づく延期である。 2017年3月30日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された。 6月14日、本作はのオープニング作品としてプレミア上映された。 2017年6月16日、本作は全米579館で限定公開され、公開初週末に142万4540ドル(1館当たり2460ドル)を稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場13位となった。 評価 [ ] 本作は批評家から酷評されている。 03点となっている。 サイト側による批評家の見解の要約は「新しいものを世に出そうとする野心はそれなりに評価されるべきだろう。 しかし、『ザ・ブック・オブ・ヘンリー』は途中で雰囲気が180度変わり、観客の涙を露骨に誘ってくる。 同作を鑑賞した者は感涙にむせぶというより、むしろ困惑して口をポカンと開けるばかりであろう。 」となっている。 『』のは5つ星評価で星1つを与え、「普通に考えれば、この映画は陰湿さを感じるほど恐ろしい映画になるはずである。 しかし、純粋な判断ミスによる甘ったるい感傷、悪い意味で粘っこい演技、得意げな笑みを浮かべながら静かな攻撃性を発揮するティーンエイジャーが出てくるために、虫酸が走るようなことはない」と述べている。 『ヴァルチャー』のエミリー・ヨシダは「『ザ・ブック・オブ・ヘンリー』を駄作と呼ぶのは不適切である。 映画としての体を成していないと言うべきだ。 設定から分かることがあまりにも少ないので、本作を常識を以って理解するのは不可能である。 もしそんな映画を見ることが拷問にならないと言うなら、それだけで称賛すべきことであろう。 」と述べている。 出典 [ ]• 2016年12月22日閲覧。 The Numbers. 2020年5月9日閲覧。 2016年12月22日閲覧。 2016年12月22日閲覧。 2016年12月22日閲覧。 2016年12月22日閲覧。 Film Music Reporter 2016年2月16日. 2020年5月9日閲覧。 Film Music Reporter 2017年6月13日. 2020年5月9日閲覧。 2016年12月22日閲覧。 2016年12月22日閲覧。 2016年12月22日閲覧。 YouTube 2017年3月30日. 2020年5月9日閲覧。 Hollywood Reporter 2017年5月2日. 2020年5月9日閲覧。 Box Office Mojo. 2020年5月9日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2020年5月18日閲覧。 Metacritic. 2020年5月18日閲覧。 2017年6月16日閲覧。 2017年6月16日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)•

次の