スティーズ sv tw。 DAIWA : スティーズ SV TW

台風の中スティーズA TW実釣インプレ!飛距離は?バックラッシュは?

スティーズ sv tw

どうも、こんばんは。 今回は私のバス釣りのメインリールとして愛用しているダイワ スティーズA TWについて。 2016年にデビューしたスティーズSV TWが160gという軽量・コンパクトなバーサタイルリールなのに対して、翌年デビューしたスティーズA TWはコンパクトボディという事は同じだけど重量はプラス30gの190g。 両機を持ち比べると30gの差は大きいです。 しかし、私は軽量なスティーズSV TWではなく、スティーズA TWをメインリールとして愛用しています。 (スティーズSV TWも所有しています) スティーズA TWとスティーズSV TWは何が違う? スティーズA TWとスティーズSV TW は何が違うのでしょうか? 実際にこの2つを比べると明らかな違いを感じるのが重量。 スティーズA TWが190g。 重いわけではありませんが、最近の軽量リールと比較すると軽くはないですよね。 一方、スティーズSV TWは160gと軽く作られています。 ギア、スプールを支える箇所が全てアルミのスーパーメタルハウジング。 そりゃあ強いよねって事です。 上の画像の部分がアルミです。 ハンドル、ハンドルノブの違い ハンドル長もスティーズA TWが90mmロングハンドルが標準装備ですが、スティーズSV TW は80mmのショートハンドルです。 (XHを除く) パワーゲームを視野に入れたスティーズA TW にはフラットタイプハイグリップノブ。 軽量コンパクトなスティーズSV TW にはハイグリップiシェイプノブが装着されています。 個人的にはiシェイプノブが好みです。 スティーズSV TW は軽4つのハンドルノブベアリングが入っていますが、スティーズA TW にはべリングは入っていません。 スティーズSV TW が合計12個のベアリングですが、 スティーズA TWは8個。 べリングを追加する事でスティーズSV TWと同じ数になります。 *SLP ワークスの スティーズセミオーダーシステムでスティーズA TWを注文した場合は、ハンドルノブにも 4個のべリングが入っています。 スティーズA TWに標準装備のフラットタイプハイグリップノブ。 2つで16gとなかなかの重量です。 このノブを交換するだけで軽量化できますよ。 スティーズセミオーダーシステムでも選ぶ事ができる、 ハイグリップiシェイプパワーノブ。 iシェイプライトノブより一回り大きいのですが、とても握りやすくて軽量なオススメのノブです。 これだけで6gの軽量化です。 スプールの違い スティーズA TWとスティーズSV TWのもっとも大きな違いはスプールの違いではないでしょうか。 スティーズA TW がG1ジュラルミン製マグフォースZ スプール。 14g弱と軽量でラインキャパも16lb(TDナイロン)100m。 高回転を維持して後半の伸び、ピッティングの伸びに定評のあるマグフォースZスプールが標準装備です。 画像はスティーズSV TW1012SV-XHに標準装備の1012SVスプールですが、ベアリング込みで11gです。 1016SVはたしか12gぐらいだったと思います。 1012スプールのラインキャパが12lb80m。 1016スプールが16lb80mとなっています。 マグフォースZスプールとSVスプールのラインキャパを見てわかるようにスティーズA TW はスティーズSV TWよりもよりパワーゲーム、遠投に向いたリールになっています。 琵琶湖スティーズと呼ばれるだけの事はありますね。 今までスティーズを使っていなかった琵琶湖をメインとするダイワのスタッフがスティーズA TWを使っている事が剛性・遠投性能の高さを証明していると思います。 ギア比の違い H・SH・XHの展開は共通ですが、スティーズA TWのみクレイジークランかー(CC)が存在します。 ギア比5. 3:1。 最大巻き上げ長56cmのローギアモデル。 スティーズA TWにのみ巻き抵抗の大きい巻き物やローギアの丸型リールが苦手な人にオススメなコンパクトなローギアモデルがラインナップされています。 巻き物にはスティーズA TW がオススメな理由 スティーズA TW とスティーズSV TWのギア比6. 3:1のハイギアモデルをシャロークランクで使い比べて圧倒的に違うと感じた事があったのでシェアします。 出典:DAIWA アルミハウジングがもたらす巻き感度 ロッドワークで操作する場合、 軽さ=感度だと思いますが、巻き物の場合はリールからの情報も重要なファクターとなります。 アルミハウジングがもたらす剛性感の恩恵なのか?圧倒的にスティーズA TWで方がクランクベイトの振動をリールで感じる事ができたのです。 ライン、ロッド、ルアーは同じで違うのはリールのみ。 スティーズSV TWの80mmハンドルよりも10mm長い90mmハンドルのスティーズA TWの方が理論上ローギア化と同じ事なので、巻き上げトルクが上がる分感度は悪くなるはずです。 しかし、実際に巻いてみるとより鮮明に情報を伝達するのはスティーズA TW。 18リョウガが神感度と言われる理由とSV TWよりもスティーズA TW の方が巻き感度がいいのは同じ理由なのではないかと思いました。

次の

16スティーズSV TWを徹底解剖!新機構TWS搭載の極限ベイトリール!カスタムパーツでさらにパワーアップ!

スティーズ sv tw

1の1016SV-SHLです。 手に持った感じは、 と比べると30g軽いですが、個人的には全然気にならないです。 やっぱりスティーズSV TWのグリップ【ハイグリップIシェイプ ライトノブ】これが、かなり握りやすいですね。 のグリップも好きな方はいると思いますが、僕は【ハイグリップIシェイプ ライトノブ】のほうが好みですね。 外観は、となんら変わりがありませんが、やっぱりボディーの頑丈さなどはの方がしっかりしていると感じることができます。 上記のセッティングは、と同様のタックルで試投げを行いました。 キャスト前 キャスト後のラインは残は上記画像で。 スプールが黒いのでわかりにくいかもしれませんが 結構飛んでますよ。 飛距離に関しては、と変わらないかな? ただバックラッシュ全くしません。 ノーサミングです。 ブレーキ設定に関しては、 結構緩めブレーキ【4】から設定してもバックラッシュしないと思います。 これは、SVスプールを搭載しているからですが スティーズSVを使ってみて SVリールの恩恵として、キャスト時 ノーサミングでキャストできる のはすごいと実感できますね。 やっぱり、 風が強い状況や向かい風。 また軽量ルアーをキャストする際はスティーズSVはいいなと感じました。 は自分で扱ってる感じがする スティーズSV TWはリールが扱ってる感じがする 個人的には、マグフォースの方が好きなのですがスティーズSVは 軽量ルアーや巻物メインで使用する方向で考えています。 巻き心地はどうなのか また、巻き感もスムーズなのですが。。 巻き心地に関しては残念ながらメタニウムMGLの方が巻き感はいいです。

次の

【まとめ】スティーズA TW 。スプール,ハンドルの重量の有り

スティーズ sv tw

ターンアラウンド式TWSの搭載 スティーズシリーズ初• SVスプールの採用• 自重は160g 本体自重は変わらず、各パーツは軽量化• 大口径G1ジュラルミンドライブギア採用• エアブレーキシステム採用• 再調整不要のゼロアジャスター• ボディの軽量化と高剛性化• グリッピングしやすいボディフォルム• ソルトウォーター対応モデルに 16スティーズSV TWで特に注目すべきところは、スティーズシリーズとして初めて ターンアラウンド式TWSとSVスプールを同時採用したことだ。 ダイワの誇る最新機構を惜しみなく搭載しつつも、重量は不用意に軽すぎず、適度な軽さを維持してパワーアップを果たしているところも見どころだ。 TWS T-WING SYSTEM ターンアラウンド式TWS T-ウィングシステム は、これまでタトゥーラやNEWジリオンにも搭載されてきた技術だ。 そして今回、スティーズシリーズとして初めて16スティーズSV TWにもこのTWSが搭載されることになった。 TWSは、回転数の上がったスプールの性能をフル活用するためにダイワが開発した機構だ。 レベルワインドがT型の大口径になっているため、ルアーをキャストした時のライン放出を妨げることがなく、バックラッシュを低減して飛距離の向上も実現。 ちなみに、初代のTWSは2011年に登場しており、この時のTWSはオープンフェイス式だった。 (パカパカするタイプ) G1ジュラルミン製 SVスプール 16スティーズSV TWのスプールには、超軽量G1ジュラルミン製の34mm径 SVスプールを採用。 G1ジュラルミンは、超々ジュラルミンの1. 3倍もの強度を持つ金属。 このG1ジュラルミン製のSVスプールによって強度の向上と軽量化を同時に実現し、さらなるキャスト性能の向上をもたらしているのだ。 ちなみに、SVとはStress Free Versatile ストレスフリー・バーサタイル の略。 そのコンセプトを並木敏成プロは下記のような言葉で表している。 従来通りのルアーが使える事は当然として、軽量ルアーをもストレスなく投げることができ、しかもスプール強度も犠牲にしない。 それが次世代のバーサタイル。 一言で言えば、SVスプールはマグネット式ブレーキのメリットを極限まで引き出すために開発されたスプール機構と言えるだろう。 製品名 ギア比 自重 g 最大 ドラグ力 kg 巻取長 cm ナイロン 巻糸量 lb-m ハンドル mm ベア リング 価格 円 STEEZ SV TW 1016SV-H 6. クロロプレン製リールケース付属• シリアルナンバー入り 技術特性• TWS• SVコンセプト• G1ジュラルミン スプール• G1ジュラルミン ドライブギヤ• 高精度マシンカット エアメタルハウジング• ゼロアジャスター• ハイグリップIシェイプ ライトノブ• ソルト対応• ハンドルノブS交換可 16スティーズSV TWの発売日と最安値 16スティーズSV TWの発売日は、モデルによって異なる。 リールの固定位置(リールシート)から最も遠い位置にあるハンドルノブは、リール本体の軽量化以上に感度の向上、操作性の向上に繋がるため、アクセサリーに留まらない重要な高機能部品だ。 リール本体を5g軽量化する事と、ノブやハンドルを3g軽量化する事を比較すると、体感重量はノブやハンドルを軽量化した方が軽く感じ、持ち重りも大幅に改善できる。 このベイトフィネスの為に開発された BFCライトフィネスノブは、従来比40%以上の軽量化に成功。 握りやすいフォルムと最適な表面加工を採用し、形状デザインにもこだわっている。 さらに、プレミアムモデルはスタンダードモデルにグリップ性能の高いソフトコート加工を追加。 雨天時やワームオイル等の付着した手でも高いグリップ性能を発揮してくれる。 あえてトップコートを廃してマットでレーシーな外観とし、機能とデザインを両立させたカッコ良いハンドルだ。 まとめ ダイワ DAIWA の2016年ベイトリール「 16スティーズSV TW STEEZ SV TW 」は、ダイワの最新テクノロジーであるTWSとSVの融合により、これまで以上にトラブルレスでストレスフリーなモデルとなっている。 ライン放出力に優れたTWSと、最適なブレーキ力を持つSVというベイトリールの核が大きな相乗効果を生むことにより、革新的な進化を遂げた16スティーズSV TW。 随所に採用されている新素材超軽量のG1ジュラルミンにより、これまでよりも軽量化・高剛性化・巻き心地の向上・巻き上げパワーの向上と、まさに隙のないレベルアップを実現している。

次の