浮気調査 手順。 浮気調査に必要なものは?探偵事務所に依頼するときの準備|浮気調査を探偵に依頼するしかない時

スマホのロック解除方法!

浮気調査 手順

復縁したい!夫婦関係を修復するための具体的な方法 最終更新日:2020. 5 不倫してる夫や妻と復縁したい 浮気調査を依頼して、不倫の証拠をつかむ目的は、 ・離婚するため、 ・慰謝料をとるため、 と思われがちですが、実際は半数以上が離婚ではなく復縁を望み、実際に家庭の修復を果たしています。 ここからは、あなたが浮気された側で、妻や夫と復縁を希望する場合に夫婦関係を修復していくための具体的な方法を解説していきます。 「目次」 復縁を望む前に、浮気された原因を検証する あなたが、復縁を望んだとしても、浮気した夫や妻がそれを望まなければ、夫婦関係修復へのスタートラインに立つことができません。 一方的にあなたの妻や旦那が浮気をしたのか、それともそうさせてしまった原因を自分が作ったのかを一度冷静になって考えてみてはいかがでしょうか? 悔しくて悲しい気持ちはぐっとこらえて、まずは浮気されてしまった原因を検証してみましょう。 これは復縁を成功させた後に、また同じことを繰り返さないという意味においても、大変重要なことです。 ・流れゆく日々に退屈を感じてしまった ・ただただやることに追われ生きているだけと感じてしまった淋しさから ・家庭での存在価値を感じず、存在価値を求めて ・旦那(妻)の行動、言動に嫌気がさしたから ・セックスレス ・酔った勢い ・もともと浮気性 ・あなたに先に不倫されたことに対する腹いせ このように、浮気に走ってしまった原因を探り、相手を知ることも必要かもしれません。 ちなみに、 既婚男性や、既婚女性が不倫相手を探す方法で多いものは、以下になます。 元カレや友人関係 過去に付き合った男性であれば、恋の炎が再加熱するのにも時間がかからない。 お互いの好みなどをすでにわかり合っているので、満たされていないものを補い合うことに対して抵抗がない。 軽い気持ちで復縁して、以前、付き合っていた頃よりも好きになってしまうこともある。 職場の同僚や上司、部下 女性は「頼れる男性、一人の女として扱ってくれる男性」に惹かれてしまいます。 男性は「頼ってくれる女性、癒してくれる女性」に惹かれていきます。 浮気されてしまったあなたは、日常生活の中で、夫や妻のこれらの欲求を満たしていたでしょうか? 【参考情報】 出会い系サイト 始めは浮気相手と言うよりも、気軽に話しを聞いてくれる友人が欲しいと思っていつの間にか不倫の関係に発展してしまうことが多いようです。 心の隙間に、タイミングよく癒してくれる異性が現れてしまったのかもしれません。 妻や夫の不倫がわかっても復縁を望む理由ベスト5 多くの人が「離婚は選ばない」「夫婦関係を継続したい」という前提のもと、浮気調査を依頼します。 ここからは、夫や妻に浮気されたのに、なぜ、復縁を望む人がこれほど多いのか、その理由を見ていきましょう。 きっとあなたに当てはまるものもあるのではないでしょうか? 復縁したい理由ベスト5 世間体&大切な人を裏切りたくない 人間は、ウワサ話、特に、男女の問題が絡んだ人の不幸が大好物です。 もし離婚をすれば、自分がそのウワサ話の餌食になってしまう、と考えられます。 また、家族や親戚のことを考えると配偶者に浮気があっても簡単に離婚に踏み切れない、というケースも少なくありません。 夫婦共通の友人が多い場合、友達を失いたくないから、というのも離婚をしない理由の1つになります。 復縁したい理由ベスト4 幸せになって欲しくないから、悔しいから、浮気相手に負けたくないから 離婚してしまった場合、相手には愛し愛される彼氏や彼女がいるのに、自分には愛してくれる人がいない・・・そう思うと、悔しい気持ちが沸々・・・。 自分を裏切った、憎い相手だからこそ、幸せにさせないために絶対に別れない、という理由もあるのです。 特に、不倫相手が、お互いの知人であったり、自分よりも、若い、見栄えがいい、エリート、逆に、自分よりも劣っている、など、とにかく気に食わない要素がある場合、 「この不倫相手には負けたくない!この人だけには奪われたくない!」という作用が強く働きます。 復縁したい理由ベスト3 子供への影響、こどもが可哀想だから 浮気されている夫に多く見られるパターンとして、子供のメンタル的なダメージと子供の健やかなる成長を考え、例え妻が不倫していても、家族関係を維持しようと考えます。 また、例え妻の浮気が理由で離婚した場合でも、父親が親権を得ることが難しいという現状も考えられます。 浮気されている妻側としては、せめて、子どもが成人するまでは・・・と、心に決め、夫婦だけの問題として解決しようと、夫婦関係の修復を望みます。 また、子供が小さい、あるいは学生である場合、妻としては、ベスト2の「生活が苦しくなってしまうから」という理由と共に、復縁を選択します。 【参考情報】 復縁したい理由ベスト2 生活が苦しくなってしまうから 収入を旦那さんに頼っている女性、特に専業主婦の場合、離婚してしまうと大切な収入源を失うことになります。 相手から慰謝料をもらい自分で働けば、そこそこ生きてはいけるでしょうが、これまでと同じような生活水準を保つのは、難しくなるでしょう。 また、男性では、仕事と家事を両立する必要性が出てくるので、身の回りの世話をすべて妻に任せている場合、まるで、母親のような存在である妻を失うことは、今後の自分の生活にマイナスになると考えます。 【参考サイト】 復縁したい理由ベスト1 まだ好きだから、自分にも非があると思うから 「コミュニケーションが少なくスキンシップもない生活を共にしていた」 「仕事に夢中で家庭をかえりみなかった」 「育児に追われ、旦那さんをないがしろにしていた」など、 自分のこれまでの行いで、妻や夫が不倫に走ってしまうのも仕方なかった・・・と、その心理を理解できた場合は、離婚せずに、復縁を選択します。 一生の伴侶、パートナーとしての愛情が少しでも残っている場合にも修復を望むようです。 上記以外にも 「自分も不倫中だから」 「男(女)として見ていないから怒りを感じない」 「離婚するのが面倒くさい」 「浮気を許して夫婦の主導権を握りたいから」というパターンもあります。 【参考情報】 夫婦関係を修復させ復縁するための浮気調査の利用方法と手順 さて、実際に浮気調査を実施して証拠が入手できたとします。 その後、復縁に向けてのポイントと手順を解説していきます。 そのあと自分を責める気持ちも生まれ、さまざまな感情に振り回され、衝撃のあまり冷静に考える余裕がなくなってしまうのも無理はありません。 しかし、感情に振り回されて、パートナーに報告書を突き付けてしまっては、逆ギレされたり、開き直られたり「離婚する!」という展開になるリスクが高くなります。 浮気相手との共通の知人の話、密会していた時間の話、芸能人の不倫ネタなどを、さりげなく話題に出すと、「もしかしてバレてる?」と、罪悪感を感じるでしょう。 自分が良くないことをしている、という罪悪感を感じさせることがポイントです。 「家庭を守りたかった」 「夫婦関係を修復したいから、どうしても証拠が必要だった」 このように冷静な姿勢で復縁の話し合いを進めると、浮気調査したことに対して理解してもらえる可能性が高くなります。 また、人は感情と逆の表情(すごく悲しいのに笑顔)を見るとインパクトが強く心に残るようです。 不倫されてしまって悲しい気持ち、悔しい気持ちを伝えた後、笑顔で、これからの再構築の希望を伝えるととても効果的です。 さらに相手の特定ができていれば、慰謝料請求をすることもできます。 不倫相手に 「これ以上の不倫は危険だ」ということを認識させることにより、復縁はスムーズに進む可能性が高くなります。 ただし、ダブル不倫だった場合、あなたの配偶者も慰謝料を請求される可能性があるので、実態を知っておくことが必要になります。 「公正証書」を利用する場合、 再発した場合の慰謝料、財産、親権などについてを書面で残すことにより、法的に有効になります。 話し合いだけで終わらせず、誓約書や念書を書いてもらうという方法も再発防止の効果はありますが、法的な強制力は持ちませんので注意が必要です。 復縁する方向で生活を共にするときに大切なこと 「もう二度とあなたを悲しませることはしない」 「今後、あなたと一緒にいる時間を大切にしたい」そんな風に思ってもらえるように、今後、行動していくことを優先してください。 そのためにやるべきこと、必要なことは以下になります。 笑顔で接する機会が増えれば、きっと相手も少しずつ変化してきます。 「笑顔の魔法」これが最も簡単で効果的な方法です。 笑顔を意識し、心掛ける。 妻の場合、育児や家事に追われ、自分の時間をなかなか持てないことから湧き出る淋しさが、不倫の原因だったのかもしれません。 家庭内で相手の存在価値を高め合える関係となることは、復縁への近道といえるでしょう。 まずは、あなたができることから始めていきましょう。 しかし、反省し、心を改めようとしている夫や妻に対してしつこく責めてしまうのは良くありません。 特に、酔った勢いで蒸し返すようなことはしないようにしましょう。 時には浮気されたことを思い出し、悲しさ、悔しさから、触れてしまうことがあるかもしれません。 それほどあなたの傷は深いのです。 癒されるには時間がかかります。 もしも、しつこく責めてしまったり、追及してしまった場合には、謝る勇気も必要です。 すぐにはできなくても良いのです。 毎日少しずつ意識して、復縁への道を進んでほしいと願っています。 【参考サイト】 復縁を望む場合に、やってはいけない5つのNG行為 あなたが夫婦関係の再構築を望み、復縁する気持ちを持っているなら、以下のNG行為は絶対にやめておきましょう。 また、旦那や妻の悪口大会のようになってしまい、本質が見えにくくなってしまうこともあるのです。 復縁する状況などは人によって様々です。 相談をする際には、気休め程度に周りに意見を求めたり、話を聞くようにした方が良いでしょう。 特にYahoo知〇袋のような所では、面白半分に意見をしてくる場合も考えられるので、復縁の相談は控えた方が良いかもしれません。 また、あなたが不倫の被害者であっても、家庭内暴力などで訴えられる可能性もあります。 その後、探偵に頼んだとしても、警戒されていては、証拠をつかむのが難しくなってしまいます。 さらに、あなたが不信に思われ、夫婦関係の修復は困難になってしまいます。 どうしても復縁したいからと、このような探偵への依頼は絶対に止めましょう。 【参考情報】 浮気を許して復縁したいのなら、相手を知ることも大切 浮気が発覚してすぐは「離婚」ということがよぎるものの、実際に、許すのか、許せないのか、すぐに決めることができないのは当然のことです。 しかし、このページをご覧になっている方は、多少なりとも「復縁」を望んでいるはず。 あなたの夫や妻が浮気をしてしまう前に「何を」望んでいたのか、を知ることが、今後の復縁を成功させるために必要になります。 ここからは「妻が夫をキライになる「些細なこと」リスト」と、「夫が妻に望むことアンケート結果」をみていきましょう。 妻が夫をキライになる「些細なこと」リスト ・自分でできることでも私にさせる ・家事を手伝わないで自分だけボーっとテレビを見てる ・まだ準備中なのに、出来上がったものから先に食べてしまう ・頼まないと決して動かない ・「おまえは専業主婦なんだから全部やって当然」という態度 ・だらしのない格好でゴロゴロしている ・脱ぎっぱなし、散らかしっぱなし ・湯船で身体をこすりお湯を汚す(後に入る人のことを考えない) ・トイレを汚したままにする ・私ではなく自分の親をかばう・親戚の前で見栄をはる ・自分の身内がいると急に亭主関白になる ・私の実家に行くのを避ける ・不気味なほど外面がいい ・酔っ払って、できもしない大きなことを言う ・明らかにウソとわかる言い訳をする ・若い女性社員の話を嬉しそうにする ・私の話をさえぎる ・子どもの教育相談に乗ってくれない ・「どこに行く?何時に帰る?」としつこい ・買い物中せかす 世の奥様はこんな風に思っていることが多いようです。 浮気した妻との復縁を望んでいる男性は、このような小さなことからでも改善の努力をしても良いかもしれません。 夫が妻に望むことアンケート結果 より 全国既婚男性500人にインターネットでたずねた、年齢構成は20代、30代、40代、50代が4分の1ずつ。 1位 いつも機嫌よく笑ってくれる 2位 自分がしたことに感謝の言葉をかけてくれる 3位 家計を上手に切り盛りしてくれる 4位 家をきれいに掃除してくれる 5位 悩みをなんでも聞いてくれる 6位 趣味に没頭する時間を与えてくれる 7位 自分の親を尊重し、仲良くしてくれる 8位 スキンシップを心がけてくれる 9位 上手に部屋を片付けてくれる 10位 興味のない話でも積極的に会話に付き合ってくれる 男性は、このようなことを妻に望んでいるようです。 小さなことの積み重ねですが、旦那の浮気が発覚する前のあなたは、どのくらいできていたでしょうか? もしも、今後、旦那との復縁を考えるのでしたら、できることから少しずつ実行してみても良いかもしれませんね。 簡単に許すことはできない、時間がかかって当たり前 夫や妻に浮気をされ、あなたが感じた苦しみや悲しみを、すぐに忘れることなどできるはずがありません。 簡単に許すことができないあなた自身を責めずに、焦らず、長い目で夫婦関係の再構築に臨んでいただきたいと思います。 あなた方夫婦が、復縁を選んだとしても、不倫された事実は消えませんし、傷が癒えるまでには時間がかかります。 早く元の夫婦に戻りたいと急ぐ気持ちは理解できますが、どうか焦らず、一歩ずつ修復し、復縁の道を歩んでいただきたいと願っています。 どうしても復縁したい・関係を修復したい、という方は、ご相談ください。 相談は何度でも無料です。 ひとつずつ、あなたの悩みを解決していきましょう。 「夫婦関係を修復するための具体的な方法 」をご覧いただきましてありがとうございました。 あわせて読まれている関連記事 浮気調査によって復縁に成功した事例 ・本当の事が知りたい ・家族関係を修復させたい ・慰謝料を請求したい ・有利な条件で離婚したい ・とにかく話を聞いてほしい もしもお悩みでしたら、無料相談をご利用ください。 一緒に対策・解決方法を考え、疑問や不安にお答えいたします。 緊急・即日対応も可能です。

次の

【浮気調査の基礎知識5】探偵の浮気調査がすごい!手順と方法まとめ|Juriの夫婦講座

浮気調査 手順

「旦那(妻)や彼氏(彼女)が浮気しているかもしれない」• 「浮気調査って自分でできるの?」• 「浮気を調べるのってどうしたらいい?」• 「確実に証拠を掴むには?」• 「探偵や興信所ってどれくらいの費用がかかるんだろう」 など、 浮気に関することで悩んでいる人はたくさんいます。 浮気まで確定ではなくても、 浮気かどうかを調べたいという人もいるでしょう。 自分のパートナーが浮気をしている可能性があれば毎日不安やイライラで仕事や家事も手につかなくなります。 そんな、 浮気に関することで悩んでいる人が全てを解決できるように、 浮気か確かめる方法から 自分で調査する方法、 探偵や興信所に至るまで ありとあらゆる情報を提供いたします。 浮気調査は闇雲に行うと悪い結果を招くことが多いので、これから解説する内容をしっかり読んで実行してみてください。 どんな言い訳をしているか• パートナーの行動 です。 浮気をしている人に多い言い訳や、 浮気をしやすい・言い訳をしやすい人の特徴などを下記の記事で詳しく解説しています。 男女別に分けて書いていますので、かなりわかりやすいかと思います。 次に、 浮気をしている人がよく取る言動というものがあります。 浮気を隠そうとするため、いつもなら取らないような行動を取ってしまうのです。 どのような行動かは、下記の記事で詳しく解説していますのでご参照ください。 これら2つの「どんな言い訳をしているか」と「パートナーの行動」をチェックして 浮気している要素が高ければ本格的に浮気調査をしていきます。 もし、浮気をしている可能性が低ければ、パートナーの普段の様子や帰ってくる時間などをメモに取り様子を見てもよいでしょう。 もしかしたら浮気してるかも!浮気調査の方法は2つ 実際、「どんな言い訳をしているか」と「パートナーの行動」をチェックして 浮気している可能性が高いとなった場合、 浮気調査を開始します。 浮気調査をすると、「浮気の可能性が高い」から「浮気が確定」もしくは「浮気をしていなかった」という結論が出ます。 ですので、まずは 浮気が「確定」なのか「違う」のかを調べることから始めます。 確定か違うのかを調べる方法は2つあり、一つは「自分で浮気調査する」、もう一つは「探偵に依頼する」ことになります。 旦那(妻)の ツイッターかLINEを覗き見したい ということではないでしょうか。 その時に便利なのが アプリです。 GPSで位置情報の追跡ができるので、こちらも便利ですが、GPSとLINEを覗き見できるアプリもあるので、両方を兼ね備えている方が使い勝手が良いでしょう。 また、 GPSロガーを車などに設置してパートナーを追跡し行動を探ることもできます。 GPSやアプリには様々な種類があり、時と場合によって使い分けたり、こういう時はGPSロガーの方がよいなど使い方が違ってきます。 詳しいGPSやアプリの情報、費用、使い方などは下記の記事で詳しく解説していますので、ご参照ください。 自分で調査する場合、GPSや監視カメラなど違法になっていないか注意 自分で調査する場合、GPSや監視カメラ、アプリなどが有効というお話しでしたが、 使い方次第では違法になってしまう可能性があります。 浮気調査なのでパートナーには知られないようにしなければならないのですが、GPSアプリや位置情報が確認できるアプリを パートナーのスマホに無断でダウンロードするのは違法になってしまいます。 ほかにも、GPSやアプリで違法な行為となるものもありますので、下記の記事でしっかりご確認ください。 どんなGPSやアプリがあるのか、費用や使い方、性能なども詳細に書かせていただいております。 自分で浮気の調査をするために必要なことが書いてある記事ですのでご参照ください。 浮気調査をしていることを隠しきれず言動からパートナーにバレた• GPSの設置がうまくできなかった• 尾行がバレた などがあります。 ですが、 これらに注意していても失敗することが多いのです。 その理由は下記の記事にて詳しく解説していますので、ご参照ください。 上記の記事を見ていただければわかりますが、 自分で調査するなら「浮気をしているのかどうか」までに留めた方が賢明です。 自分でする場合、証拠まで掴もうと無茶な調査をしてしまいがちで、結局浮気もしていたし慰謝料も少なくなった、逆に訴えられたなどもあります。 ですので、自分で調査する場合は「パートナーの浮気は確実なのかどうか」というところまでにし、 あとは探偵に依頼することをおすすめします。 浮気が確実と分かっていれば探偵に依頼する時の費用も軽減できます。 あとは、プロに任せましょう。 探偵に依頼すれば確実な証拠が手に入る パートナーが浮気しているかわからない段階でも、探偵に依頼することはできます。 ですが、 浮気が確定なのかわからない段階で依頼すると、調査時間がかかったり、実際は浮気していなかったという結果になり、 費用だけがかさむ可能性があります。 ですので、費用がかかるのは困るという人は、 パートナーの浮気が確定かどうかを自分で調べてから依頼しましょう。 探偵に依頼すればかどうか法廷でも有効な証拠を掴んでくれますし、書類も作成してくれます。 また、探偵はプロですので自分で調査するより解決が早いですし、様々な相談にも乗ってくれます。 探偵事務所に依頼すると どれくらいの費用がかかるのか、 どんなことをしてくれるのか、 依頼するタイミングや おすすめの探偵事務所などは後述しておきます。 探偵に浮気調査を依頼する前に「浮気」に値するのか法律を確認 自分で浮気調査をするには限界があり、探偵に依頼する方が良いということでしたので、すぐにでも探偵事務所の情報が欲しいと思います。 ですが、 浮気調査を依頼する前に大切なことを確認しておかなければなりません。 それは、 「浮気の定義」というものです。 個人個人が感じる浮気の尺度と 法律での尺度が違う場合があります。 例えば、人によってはキスをすれば浮気という人もいれば、異性と2人で食事をしただけでも浮気という人もいるでしょう。 ですが、法律ではどのような行為をすれば浮気になるのか決まっています。 つまり、 自分は浮気だと思っていても法律で浮気にならなければ、探偵に調査を依頼しても意味がありません。 また、 浮気にも時効があるため、時効が完成してしまった後では 慰謝料を請求するのも難しくなってしまうのです。 法律での浮気の定義や時効に関する内容は、下記の記事で詳しく解説しています。 とても重要な内容ですので、必ず目を通しておきましょう。 浮気調査で探偵は何をしてくれる?費用や相場、依頼するタイミング パートナーの浮気が確定、浮気の定義となる法律もチェックした、となると次は 探偵への依頼を考える時です。 ですが、皆さんが探偵に依頼することが初めてという人がほとんどだと思いますので、不安もたくさんあるでしょう。 探偵って浮気調査で何をしてくれるの?• 探偵事務所と興信所って何が違うの?• 浮気調査ってどれくらいの費用がかかるんだろう?相場は?• 少しでも費用を安くしたいけれどどうすればいい?• 浮気調査を依頼しても現場を抑えられない場合の費用は?成功率はどれくらい?• 浮気調査っていつ依頼すればいいの?• どうやって浮気調査を依頼すればいいのかわからない• どの探偵事務所がいいのかわからない など、数え上げればキリがありませんが、最低限今挙げた内容は知っておいた方が良いでしょう。 そこで、これらの不安を解消するために 一つずつ分かりやすく解説していきます。 探偵事務所に関して不安がなくなるくらい詳しく解説していきますので、是非参考にしてください。 浮気の証拠となる写真も• 浮気現場となる場所• パートナーと浮気相手の顔がはっきりと写っていなければならない などテクニックが必要ですので、素人では確実な証拠を撮るのは難しいでしょう。 他にも、セルフ調査ができる機器のレンタルや法廷で必要となる書類の作成、浮気相手の身元確認、調査後のアフターケアなどを行ってくれます。 詳しい解説は下記の記事にて行っていますのでご参照ください。 探偵事務所と興信所の違いは?費用も変わる? 浮気調査を検索したことがある人なら、どうしてもこの疑問が出てきてしまいます。 「探偵事務所と興信所って何が違うの?費用なども変わってくる?」という点です。 探偵事務所の詳しい解説をする前に、 興信所との違いを説明しておきます。 基本的に探偵事務所と興信所に大きな違いはありません。 もちろん、費用に関してもほとんど変わりません。 ですが、探偵事務所と興信所では 調査方法が似ているようで違います。 大きな違いは、探偵事務所は身分を明かさず秘密裏に調査を進めますが、興信所は時と場合によって身分を明かして調査することがあります。 刑事が行う調査方法が基本となっているのが 探偵事務所、 銀行が行う調査方法が基本となっているのが 興信所となります。 ただ、 対個人となると探偵事務所の方が得意分野と言えますので、浮気調査は探偵事務所の方が向いているかもしれません。 詳しい情報が欲しいという方は、下記の記事にて解説していますので、ご参照ください。 浮気調査にかかる価格や相場はどれくらい?料金形態を把握しよう 浮気調査を探偵に依頼する場合、最も気になるのが 費用ではないでしょうか。 探偵事務所のホームページを見るだけでは違いなどがわからないと思いますので、簡単に料金形態を解説しておきましょう。 まず、 探偵事務所や興信所の料金形態は大きく分けると 3つあります。 特長 相場 時給型 探偵一人あたりいくらかかるか 20~30万円程度 パック型 あらかじめ調査費用が決まっており追加支払いがない 30~100万円程度 成功報酬型 失敗したら支払い0円もある 35~60万円程度 となっており、それぞれメリット・デメリットがあります。 探偵に提供できる情報が多い場合、調査期間が短くなるので 時給型がお得ですし、 調査期間が長引く場合は パック型が便利です。 また、 失敗した時のリスクを減らしたいのであれば 成功報酬型というように、自分が持っている情報から、どの料金プランがお得か選ぶ必要があります。 それぞれの探偵事務所で採用している料金プランが違いますので、自分に合った料金プランを採用している探偵事務所を選ぶことが大切です。 成功報酬型の場合、着手金は必要だけど失敗した時の成功報酬は0円というところと、失敗したら着手金も成功報酬も必要ない「完全成功報酬型」もあります。 更に詳しい費用の詳細や、そ れぞれの料金形態でどのようなメリット・デメリットがあるのかなどは下記の記事で解説していますので、ご参照ください。 調査費用を少しでも安くするには?格安にする方法 前項で探偵事務所や興信所に依頼した時の費用の相場をお伝えしましたが、おそらく 「高い!」と思われた方がほとんどではないでしょうか。 私も実際「高い」と思いました。 ですが、 調査費用をもっと安くする方法はあります。 費用を安くする上で、最も大切なのは 事前情報です。 つまり、 探偵に依頼するまでにどれだけパートナーの浮気情報を集められるかがポイントとなります。 事前情報で費用を安くできるポイントとしては、• 浮気をしている日時や曜日• 浮気の期間• 浮気をする時の交通手段• 浮気現場となる場所 を掴んでおくことです。 どのように情報を掴むのか、 他に費用を安くするためのポイント、 探偵事務所の選び方、探偵事務所別の価格表なども下記の記事にて詳しく解説していますのでご参照ください。 探偵の浮気調査成功率は?現場を抑えられなかったら費用はどうなる? 探偵事務所に浮気調査を依頼する場合、 多くの人は「成功」が当たり前と思っています。 ですが、プロである探偵でも稀に失敗することもあります。 もちろん人間ですから完璧ではありません。 探偵事務所によって成功率は違いますが、高いところだと成功率95%を超えています。 ですが、100%ではないということは失敗する可能性もあるということです。 では、 浮気の証拠となる現場を抑えられなかった場合、費用はどうなるのでしょうか。 これも、その探偵事務所が採用している 料金形態により異なります。 先程解説しました、完全成功報酬型の場合は失敗した場合0円になりますが、成功報酬型の場合は調査費用として着手金が必要なところもあります。 また、時給型、パック型の場合それぞれの探偵事務所によって費用がどうなるのか違ってきますので、下記の記事にてご確認ください。 探偵に浮気調査を依頼するタイミングは?依頼する方法 自分で調査すると失敗する確率が高くなりますが、 探偵事務所に依頼すれば成功率は各段に上がります。 その上、法廷で必要となる書類も作成してくれますので、浮気調査は探偵に依頼する方がよいでしょう。 では、 探偵に依頼するタイミングはいつがよいのでしょうか。 一番悪いタイミングは 感情的になり、「パートナーが浮気しているかもしれない!」と、事前情報も何もないのに探偵事務所に駆け込むことです。 探偵事務所は、依頼主の事前情報から調査方法や期間などを決めていきます。 ですので、 「浮気しているかもしれない」という、まだ浮気と断定できない段階で依頼してしまうと費用と日数がかさむだけで、結局浮気はなくお金だけがなくなったということにもなりかねません。 ですので、探偵に依頼する場合は、必ず 浮気が確定して、できるだけ多くの事前情報を集めてから依頼するようにしましょう。 また、探偵事務所によってはメール相談ができるところもありますので、浮気をしているかもしれないと思った時は、一旦落ち着くためにも、まず探偵事務所に相談するのもよいのではないでしょうか。 浮気調査で実績の高い、信頼できるおすすめ探偵事務所はここ! これまでの解説で、 探偵事務所がどのようなところなのか、費用や依頼するタイミングなどおわかりいただけたかと思います。 ですが、初めて探偵事務所に依頼する人は、どこがよいのかわからない人が多いのではないでしょうか。 インターネットで調べると、探偵事務所や興信所はたくさん出てきます。 費用だけではなく、浮気調査を成功させるには実績があるところの方が良いでしょうし、全く知らないところに依頼するのも不安かと思います。 そこで、 実績もあり信頼できる探偵事務所をこちらでピックアップしました。 費用もお手頃ですし、 大手探偵事務所などもあり信頼度は各段に高いです。 初めて探偵事務所に依頼するという方は、下記の記事にある「おすすめの探偵事務所」より選択してみてはいかがでしょうか。 離婚を視野に入れての浮気調査手順と注意すべきこと 浮気調査を探偵事務所に依頼すると、証拠となるものがたくさん出てきます。 ここで、 ただ浮気調査を依頼して夫婦喧嘩をして終わりという人は少ないはずです。 浮気を許せるのであれば探偵を雇ってまで調査することはないでしょう。 もし、まだ離婚を考えていない人でも浮気調査をしていく段階で 今後夫婦関係をどうしていくか考えなければいけません。 「今まで浮気をしたことがなく今回が初めてだった」「たった1回の過ちだった」という場合、パートナーと婚姻関係を続けていくという人もいるでしょう。 もちろん、婚姻関係を続けられる方がよいのですから、話し合って解決するのであればそれが一番良い方法です。 しかし、 離婚を視野に入れて浮気調査を依頼した場合は 手順や注意点があります。 では、 どのような手順で浮気調査を進めていくのか、 注意点は何なのか解説しておきましょう。 まずは本当に浮気をしているのか自分で確認 探偵事務所に依頼する前に必要なことということで、パートナーが浮気をしているかどうか確認しなければならないとお話ししました。 そして、浮気している日時や曜日、浮気現場となる場所、交通手段など探偵事務所に渡せる情報をできるだけ多く持っておくことが必要だともお話ししました。 ここまでは、離婚を視野に入れていなくても探偵費用が安くなることもあり必要性は同じです。 ただし、 次のステップが 離婚を視野に入れている場合は異なります。 浮気調査は探偵を雇うべし!法廷で有利になる資料ももらえる 浮気調査は自分でもできますが、失敗する確率が高くなります。 何度も浮気をされていたり、もう信用できないと離婚を視野に入れているのであれば、 自分で浮気調査をすることはやめましょう。 離婚となると慰謝料を請求したいと思う人がほとんどでしょう。 ですが、自分で調査して失敗してしまうと証拠不十分で慰謝料が少なくなったり、逆に訴えられて払わなくても良いお金を払わなければならなくなります。 ですので、 離婚を視野に入れている場合は、 探偵に渡す事前情報だけを自分で調査し、あとは探偵事務所に任せる方が得策です。 探偵事務所に依頼すれば法廷でも証拠として使える報告書を作成してくれますから、慰謝料の請求にも使えます。 慰謝料を高額にするには証拠が大切!こんな場合でも慰謝料は請求できる 離婚となると慰謝料問題が発生するというお話しをしていますが、 プロである探偵が掴む証拠と 素人であるあなたが掴んだ証拠とでは 雲泥の差があり、これが 慰謝料に影響してきます。 慰謝料を高額にするには、 証拠が大切です。 もちろん、浮気の期間や収入などから慰謝料の額も変わってきますが、 決定的な証拠がなければ浮気として認められないこともあり慰謝料どころではなくなってしまいます。 また、実際に婚姻関係を結んでいない 「内縁関係」であっても慰謝料を請求することは可能ですし、 浮気の時効が完成していても慰謝料をもらえる可能性もあります。 これらのことを探偵事務所に相談すれば、相談内容に見合った弁護士を紹介してくれたり、必要な書類作成を行ってくれます。 慰謝料の詳しい解説や、 「浮気相手に慰謝料を請求したい」、「こんな場合慰謝料は取れるの?」などの疑問も下記の記事で解説していますので、ご参照ください。 離婚を視野に入れている場合は必ず探偵事務所や興信所に相談するようにしましょう。 浮気調査は探偵に依頼するのがベスト!自分で無茶な調査はしない! 浮気調査について詳しく解説してきましたが、ここまでの内容を見ていると自分で調査するより探偵に依頼する方が良いということがわかりました。 もちろん、費用はかかりますが確実な証拠を掴んでくれますし、プロであり他人ですから感情的になることもありません。 自分で調査するとなると感情が邪魔して無茶な調査をしてしまいがちです。 違法な調査になる可能性もありますので、浮気調査は探偵に依頼するのがベストでしょう。

次の

LINEのトーク履歴を転送し浮気調査をする方法!ラインの消したトーク履歴の復元もわかる

浮気調査 手順

浮気調査の優先順位 まずは不貞の証拠を撮影する事が最優先事項です。 不貞の証拠が撮れるまでは調査対象者に警戒心を抱かせずに調査を進める必要があります。 証拠が撮れていない段階で強引な調査を行い、警戒心を抱かせてしまうと不貞の証拠が撮れなくなってしまう可能性があります。 例えば、 マンション、アパート住まいの場合、慰謝料請求の為には部屋番号まで判明させる必要がありますが、不貞の証拠が撮れる前に深追いして調査対象者を警戒させてしまっては元も子もありません。 部屋番号を判明させる為の追跡は調査の中でも少しリスクの高い調査となります。 なので調査当日、配偶者が浮気相手に会ってもまだ不貞の証拠が充分に撮れていない時は、住んでいる建物の判明に留める事もあります。 ホテルや自宅に行くなど、決定的な不貞の証拠が撮れる前の段階での深追いは禁物です。 インターネットなどでは「尾行は難しくないから素人でも不貞の証拠を撮れる」という記事も見かけたりします。 確かに尾行だけなら難しくないのですが、調査は尾行だけではありません。 素人では難しいのは「状況判断」と「張り込み」です。 調査の素人はどのような行為が警戒心を抱かせるのかが分かりません。 浮気調査する上で注意すべきポイント 浮気調査を進めていく過程で調査対象者を警戒させてしまう可能性のある行為があります。 依頼者様と相談しつつ調査を進めていると、時折調査の継続が難しくなるような事を頼まれることもありますが、状況によってはお断りする場合もあります。 依頼者様の中には私にご依頼頂く前に調査能力の低い探偵会社、便利屋などで失敗してしまった方もいらっしゃいます。 状況をお聞きすると明らかに 「調査でしてはいけない行為」をしているようです。 ・インターホンを押して在宅かどうか確かめる ・昼間に窓から室内の様子を伺おうとする ・監視地点の室内から見える位置での張り込み ・近隣の住民へ配慮しない位置での張り込み などなど、調査で行うと調査対象者を警戒させてしまう行為は多く存在します。 例えば、 依頼者様から「インターホンを鳴らして在宅しているかどうか確かめて貰えませんか?」などと頼まれる事もあるのですが、これをしてしまうと問題が起きてしまいます。 そもそもインターホンを鳴らしてみて在宅かどうか確かめるには調査対象者が応対した時だけです。 調査対象者が出てきた時は部屋を間違えたなどと言い訳をしたとしても警戒心を抱く可能性がありますし、一度姿を見られてしまう為、その後の追跡は困難になります。 居留守を使って覗き穴からこちらの姿を確認するだけで出てこない可能性もあります。 その場合、在宅かどうかすら確かめる事は不可能です。 昼間に窓から無理に室内の様子を伺うのも非常にリスクの高い行為です。 昼間に関しては注意が必要で、室内から外の様子は見えるのですが、逆に外から室内の様子を伺う事は非常に困難です。 調査対象者からはこちらが観察しやすく、こちらからは様子を伺いづらい状態です。 基本的に明るい所から暗い所は見えづらく、暗い所から明るい所は見えやすいのです。 実験してみて頂けるとわかりますが、薄いカーテンを閉めた状態で室内から外の様子を見るとよく見えます。 が、外からは室内の様子は中々見えません。 それとよくある他業者の失敗談として、張り込みの様子を調査対象者に室内から見られていた、というのも多いです。 調査ではどの場所が調査対象者から見える場所なのかを把握する必要があります。 張り込みは長いときには数時間、数十時間に及ぶ場合もあり、張り込み場所には気を使う必要があります。 調査対象者がいる建物、部屋の構造の把握も必要です。 特に窓には注意すべきです。 窓の位置や状況を把握できていないと逆に調査対象者から観察されてしまう事態に陥ります。 近隣の住民への配慮も必要です。 張り込みの際、近隣の住民に不審者として見られてしまうと張り込みは非常に困難になります。 近所付き合いの多い調査対象者の場合、近隣の住民から調査対象者に伝わってしまう事もあり得ます。 トップページ.

次の