郵便局 時間外窓口。 八幡郵便局 (福岡県)

ゆうゆう窓口とは?できること【くわしく】営業時間や場所・土日は

郵便局 時間外窓口

月~日曜日0:00~24:00で営業をしていますが 地域の場所によって違うようですので調べておくと良いですね。 少しわかりにくいので、東京を事例に見方を書いておきますね。 東京で夜間窓口:ゆうゆう窓口「時間外窓口」を探す場合。 まずへ 以下画面が出ます。 ここで東京(赤四角部)を選択します。 すると以下画面になります。 昭島郵便局と荒川郵便局で見比べてみましょう! まづは昭島郵便局(赤四角部)をクリック! 以下画面になります。 この画面では夜間窓口:ゆうゆう窓口「時間外窓口」が分からず。。。 なので、郵便局の営業時間はこち(赤四角部)をクリック! すると以下画面になります。 ここで、ゆうゆう窓口赤枠部を確認します。 これで夜間の営業時間が分かります! 昭島郵便局の場合は24時間営業してないです。。 同じ要領で、今度は荒川郵便局を見てみましょう! 以下画面が荒川郵便局です。 ゆうゆう窓口赤枠部を確認すると24時間営業しているのが分かりますね! 郵便局の夜間窓口は速達や簡易書留をだせるの? 夜間はゆうゆう窓口で速達と簡易書留を出すことができます。 その他、ゆうゆう窓口で出せる郵便物。 ・販売 切手、はがき、収入印紙 ・郵便物 通常郵便物、速達郵便物差出、書留郵便局の差出し、書類郵便物差出し、電子郵便、国際郵便物 ・受取 保管郵便物、不在留置郵便物、本人限定受取郵便局 ・手続き 支店への申請、届出の受付、内容証明 ゆうゆう窓口では、間違ったハガキや切手と収入印紙の交換ができません。 郵便窓口は営業時間に利用して、閉店後にゆうゆう窓口で対応するということになります。 1箇所の郵便局に1窓口しかありません。 郵便局の最近の夜間窓口 日中お仕事をされている方は、郵便局に行きたくても行けない場合がありますね。 営業内に行くのが難しい時は、夜間になってしまいますね。 いつでも不安無く窓口が空いていれば助かるのですがそうも行きませんよね。 以前ゆうゆう窓口で24時間営業していたところも、現在は見直しがされているそうです。 夜間の窓口は、利用者が沢山来るわけではありません。 少ないところでは1~2人しか訪れないそうです。 24時間営業の見直しの理由は「コスト削減」です。 コンビニやスーパー、レストランなどいつでも空いていれば安心がありますが、利用者が少ないとなると人件費の負担だけがかかりますね。 そういったこともあり、24時間営業をしている所でも今後時間短縮の見直しがあるかもしれませんね。 以前はやっていたのに、行ってみるとやってない。。 なんてこともありそうですので、事前に郵便局HPの確認してみましょう! その他、郵便窓口とゆうゆう窓口の違い 窓口は別れていますが、業務内容はどう違うのでしょうか! 郵便窓口では、切手の交換、収入印紙の交換、レターパック、書き損じハガキの交換、郵便局限定のポスタルグッズの購入ができます。 ゆうゆう窓口では保管郵便局の受取、不在留置郵便物の受取、支店への申請と届出の受付ができます。 郵便局特集 まとめ 今回は『郵便局の夜間窓口は速達や簡易書留をだせるの?受付営業時間は何時まで』についてお届けしました。 まとめます。

次の

八幡郵便局 (福岡県)

郵便局 時間外窓口

郵便局の窓口で保険の手続き、営業時間は何時まで? 郵便局の基本的な営業時間は平日の9時から17時となっています。 しかし、17時まで手続きできるのは郵便物に対してのみであり、 貯金や保険の手続きは16時までとなっているので注意が必要です。 また年末年始はカレンダー通りの営業となっていますが、年末年始の12月30日まで営業していたりお盆も休みではないので、普段仕事があって手続きができないという人はそういった時に手続きをするのがおすすめです。 郵便物の窓口で保険に加入したいのに時間外はできないの?? 郵便物で扱っている保険に加入したいのに営業時間に窓口へ行くことができない!! そういった場合にはどうすればよいのでしょうか?? 郵便局の社員も保険に関してある程度ノルマがあるので加入してくれるということは、かなりプラスになります。 そのため、土曜日などの営業時間外でも近隣のお客様の自宅へ伺っての手続きや、時間外に郵便局を開けて手続きを行う場合があります。 しかし、本当は営業時間内に行わないといけないため、 郵便局によって対応が異なるので注意が必要です。 郵便局の窓口で保険の手続きをしたいが時間内に行けない場合 例えば、保険に加入する以外に既に加入している保険に対して、満期の手続きであったり、入院請求の手続きが必要な場合がありますよね。 そういった場合は、時間外の手続きは受け付けていないので、時間内に手続きをとってもらう必要があります。 手続きを行う必要のある人が郵便局に行けず、他の家族が手続きをしに行く場合は、委任状による手続きが一般的で、委任状はかんぽ生命のHPからもダウンロードできたり、郵便局の窓口でもらうこともできます。 時間があってもやむを得ず郵便局の窓口で保険の手続きができない場合 郵便局の営業時間内に行けても、身体が不自由であったり、他の家族も忙しくて手続きに行けない場合はどうすればよいのでしょう?? 小さな規模の郵便局は社員数も少なく、窓口社員としてお客様の自宅へ伺うことは難しいです。 しかし、集配局といって町に1つほど大きな郵便局があります。 規模が大きな集配局には、バイクで外回りをしている「渉外社員」がいるので、高齢で郵便局に来られないお客様や時間内に手続きが難しいという方にも個別相談で対応できると聞いています。 なので一度、相談してみるのも良いですね。 郵便局の窓口で保険の手続き、時間内だと営業される?? 保険の手続きをしているときに新しい保険の話をされたことはありませんか?? かんぽ生命も保険が新しくなったりしているので、郵便局で保険の手続きをするたびに保険の見直しをしてくれることが多いです。 新しい生命保険はその時の医療にあっているので保障は手厚くなりますが、その分掛け金も高くなることが多いです。 中々、郵便局で保険の話を聞けることはないと思うので手続きをした際には見直すこともよいと思います。 時間内に行けない場合でも諦めない!郵便局での保険の手続き 郵便局の営業時間は基本的に平日だけなので、日中仕事をしている人には難しい時間帯です。 保険加入に関しては、時間外でも対応してくれることが多いです。 しかし、既契約の手続きで時間内に郵便局に行けない場合でも、委任状での手続きや営業時間外に対応してくれる郵便局に相談するなど、様々な方法があるので諦めないでください。 また、保険の手続きをする際は新しい保険加入を営業されることが多いので、少し注意が必要です。 結局、自分にあった保険と出会うにはどうしたら良い? 商品を全て見ることは難しいため、プロにオススメをベースに様々な商品を見るのが一番早いと思います。 保険相談窓口を今、最も注目している1社を筆頭に有名どころ4社の独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価を元に、比較してみました。 3 店舗数が多い事で信頼度が高く相談がしやすい環境がありますが、直接来店する形は、拘束時間が長すぎるという口コミが多かったり、自宅に直接、来てもらうのはセキュリティー上、不安があることや仕切りが少ない店舗だと他人に話が聞かれるのでは?といった個人情報に対する不安は実際に口コミでありました。 2 以上はなかなかないと思いますので、まずはアプリで保険を見直しをどのようにされているか口コミ・体験談を見てみるのもアリかもしれません。 そして、保険の勉強をしている方に是非おすすめしたい保険相談窓口の比較記事を作りました。 独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価をまとめたページの「」を是非、ご覧ください。 ほけんケアは池山による保険や税金など家計を預かる方には必見のサイトです。 呼び名はほけんケア池山と呼んでください! このブログは主婦が保険相談のため自分の力で徹底的に調査した記事と保険を調べることで出会った保険代理店の方に色々お話を伺ってまとめた記事で成り立っています。 過去に日商簿記3級を取得、現在3級FP技能検定取得に向けて勉強中! かれこれ保険について学び初めてから15年近く前、話せば長くなりますが、長男の誕生が保険の勉強のきっかけでした。 大恋愛の末に結婚した夫は企業関係で大手国内生保の保障額が高すぎる保険に加入しており、20代でも5万近い保険を払っていて保険貧乏になっていました。 結婚してから少しずつ保険の見直しをしていこうとしたと矢先に長男を迎えることになり、家計の見直しとともに本気で保険の見直しを検討し始めることになりましたね。 きちんとしたライフプランを考える上でも保険は切っても切れない存在であると同時に、保険貧乏になれば保険で不幸になる可能性もあります。 私や夫のように不適切な保険加入者をこれ以上増やしたくないという一心でこのブログを書き続けていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

次の

ゆうゆう窓口とは?定形外郵便や速達はOK?営業時間は?24時間営業って本当?

郵便局 時間外窓口

郵便局って何時まで? 夕方、急ぎの手紙を出したいときに、郵便局が何時まで開いているか気になった人もいると思います。 郵便局のサービス別利用時間は以下のようになっています。 貯金や保険の窓口が 平日9時~16時です。 銀行窓口の多くは平日9時~15時の営業ですから、利用時間が1時間長いのは便利です。 また、郵便物に関しては、「ゆうゆう窓口」が各都道府県で設けられています。 以前は「時間外窓口」という名称でした。 土日祝日、夜間も利用可能で、都市部では24時間開いているところもあります。 郵便に関しては、通常郵便物や速達郵便物・書留郵便物の差し出し、切手の購入、不在留置郵便物の受け取りなどが通常窓口と同様に利用できます。 「当日消印有効」など期日の決まった郵便物を時間外で出すときに利用する人もいるようです。 ただし、ゆうちょ銀行や保険業務の取り扱いはありません。 ATMの営業時間 ATMの営業時間はゆうちょ銀行、郵便局、コンビニや駅の出張所など場所によってやや異なります。 コンビニに設置されたゆうちょ銀行のATMは、 平日だけでなく土日休日も含めて0時5分から23時55分までのほぼ24時間利用可能なところが一般的です。 ほかは基本的に以下のとおりです。 詳しくはにてご確認ください。 日本全国には約2万7200台のATMがあり(2016年1月現在)、ゆうちょカードや通帳で利用する場合、365日いつでも入出金の手数料が無料です。 さらに、ゆうちょ口座同士であれば、ATM送金(電信振替)の手数料がかからず、即時入金が可能です。 全国で利用でき、口座間の振替手数料が0円とあって、仕送りなどで利用する人も多いようです。 それって本当に郵便局でしかできないの? 郵便局でしかできないこともあれば、郵便局へ行かなくてもできることがあります。 あらためて整理してみました。 ゆうちょ銀行と全国の金融機関の振り込み ・ゆうちょ銀行から他の金融機関に振り込む場合 ゆうちょ銀行の口座からATM(およびゆうちょダイレクト)で他の金融機関の口座に振り込む場合は、 ・5万円未満:648円 ・5万円以上:864円 です。 平日15時以降と土日休日に手続きをした場合は、翌営業日の取り扱いとなります。 提携金融機関やコンビニATMでもゆうちょカードの利用は可能です。 この場合、ゆうちょATMが設置されたコンビニでは手数料が無料ですが、それ以外のコンビニでは時間帯によって手数料が 108円から216円かかります。 ・他の金融機関からゆうちょ銀行に振り込む場合 手数料は各金融機関によって異なります。 ゆうちょ銀行の口座は記号と番号で管理されていますので、振り込み時にはこの記号と番号を振り込み用の店名、預金種目、口座番号に変換する必要があります。 郵便局以外でも利用できるサービスは? 昔は郵便局か銀行でしか行えなかった公共料金などの支払いも、今では多くのコンビニでできるようになりました。 公共料金のほかには国民年金などの保険料の支払い、さらに一部コンビニでは電信振替、国際送金、郵便物の受け取りサービスも始まっています。 郵便局でしか利用できない便利なサービスとは? 郵便振替は今も多くの通信販売やカタログ販売会社で利用されています。 支払い方法は、商品と一緒に送られてきた後払い用の郵便振替用紙を持って郵便窓口やATMに行き、支払うというものです。 クレジットカードを持たず、ネットも使わない高齢者には安心、簡単な決済方法として親しまれています。 また、郵便局独自の金融サービスに「電信現金払」があります。 これは、送金人の口座から送金人が指定したゆうちょ銀行、または郵便局の窓口で受取人がお金を受け取る方法です。 オンラインで即時処理される上、受取人がゆうちょ銀行の口座を持っていなくても窓口でお金を受け取れるという便利なサービスです。 振り込み以外で便利な郵便局のサービスは? ゆうパックのオプションサービスは多岐にわたっています。 例えば、空港ゆうパックなら、旅行かばんやゴルフ用具、スキー用具を出発の前日までに空港に届け、搭乗日に空港内の指定カウンターで受け取ることができます。 また、ゆうパックを使って消火器の回収やパソコンのリサイクルも行っています。 ほかにも便利なサービスがあります。 「みまもりサービス」は、離れて暮らす高齢者のために郵便局員が自宅を訪問し、会話を通じて生活の様子を確認、その模様を家族に報告するというものです。 ユニバーサルサービスの郵便局ならではと言えるでしょう。 また、「みまもりでんわ」は、高齢者の自宅に毎日同じ時間帯に電話がかかり、体調を確認する録音メッセージが流れるというものです。 いずれも超高齢化社会でこれからニーズが高まりそうなサービスです。 さまざまなWebサービス お気に入りの写真を持ち込んでオリジナル切手シートを作成するサービスも人気です。 82円切手10枚1シートの製作で1230円と値段も手ごろです。 また、郵便局のネットショップでは、肉や魚、野菜、果物、穀物、菓子類などが注文できますし、ランドセルも販売しています。 さらに、ドラッグストアとの連携で医薬品の通販を行ったり、清掃用品のレンタル会社と連携してハウスクリーニングサービスも手掛けています。 今後はさらなるサービス拡大も 全国津々浦々にまで拠点を持つ巨大組織だけあって、郵便局の潜在能力の高さは他企業と比べてもズバ抜けています。 2015年11月には、日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の3社が上場しました。 これまでは「民業圧迫」批判もありましたが、今後は3社の強みを融合させつつ、質量ともにさらにサービスが拡大していくでしょう。 郵便物を送るくらいしか郵便局を利用していなかった人は、郵便局のWebサイトを一度のぞいてみると、意外なサービスの充実ぶりに驚くかもしれません。

次の