ニンテンドースイッチ 2台持ち。 2台のニンテンドースイッチで1本のダウンロードソフトを同時に起動して遊ぶ方法

「ニンテンドースイッチライト」を2台目として買う前に設定や注意点などの確認を!そういえば、遊び方が制限されるソフトもあることに注意!

ニンテンドースイッチ 2台持ち

家族もゲームをするならもう1台…? 個人的な話なのですが、我が家では1台のニンテンドースイッチを妹と共有して使っていて、譲り合いながらゲームを遊んでいます。 (圧倒的に私の方がプレイ時間多いですけど) お互いにそこまで執着しているわけではないので、特に喧嘩になったりはしないのですが、それでも買いやすくなったこのタイミングで 2台目の購入も悪くないかな…と考えています。 しかし、それはそれで メリットとデメリットがいくつかあるようなので、悩んでいる理由を今回は書いてみようと思います。 セーブデータは引っ越し可能、ゲームデータは… 2台目のニンテンドースイッチを購入したとすれば、最初にやるべき事は 『アカウントの引っ越し』になるかと思います。 例えば兄と弟で1台のニンテンドースイッチを使っていて、弟が自分専用の2台目を購入したとすれば、1台目のニンテンドースイッチから弟のアカウントを2台目に引っ越しさせる事ができます。 しかし、 引っ越しできるのはあくまで『セーブデータ』だけであり、『ゲームデータ』はまた少し事情が違ってきます。 例えば、1台目のニンテンドースイッチでは兄のアカウントでダウンロードソフトを購入していた場合、2台目の弟のニンテンドースイッチには兄が購入したゲームは引き継がれません。 1台目で兄の購入したゲームを弟が遊んでいた場合、セーブデータだけは引っ越しできますが、続きから遊ぶには 2台目にも弟のアカウントでソフトを買い直す必要があり、ゲーム2本分の費用が必要になります。 逆に1台目のニンテンドースイッチから弟のアカウントで購入していた場合は、2台目のニンテンドースイッチでも弟は無料でソフトを再ダウンロードできますが、1台目のニンテンドースイッチではそのゲームを遊べなくなるので、こちらも兄は自分のアカウントでソフトを再購入しなければなりません。 1人1本ずつと考えれば当然なのですが、これまで1本のゲームを共有して2人で遊べていたのに、もう1本分買い直し…と考えると、少し費用の面でためらってしまいます。 インディー系のゲームであれば価格も安いタイトルが多いので、買い直しやすいのですが、例えば『スプラトゥーン2』や『スーパーマリオ オデッセイ』などをダウンロードで購入していた場合、改めて2台目を買って引っ越しさせるかはよく考える必要があるかもしれません。 もし2台目の購入を考えている方は、ダウンロード版ではなく パッケージ版であれば1本のゲームカードを共有できるので、できるだけパッケージ版での購入を心掛けると出費を抑えられそうです。 例えば兄と弟で遊びたいゲームが違った場合でも、各々が遊びたいゲームをプレイできますし、テレビが無くても遊べるので取り合いにもなりません。 また、『マインクラフト』などのゲームを2人で遊ぶ時に、1台のニンテンドースイッチでは画面を分割して遊ぶ事になりますが、1人1台ニンテンドースイッチがあればローカル通信により広い画面で協力プレイが可能です。 この時に前述した『1人に1本ずつソフトが必要』も響いてくるので、結果的にソフト2本分の費用が必要にはなりますが、他にも例えば『スプラトゥーン2』で 家族と一緒に『サーモンラン』や『リーグマッチ』をプレイしたり、『スーパーマリオパーティ』で スイッチを2台使ったミニゲームを楽しめたり、得られるメリットも十分に大きいのではないかと思います。 また、この2台目の恩恵をもっとも得られるのが、なんといっても2019年11月15日に発売された『ポケットモンスター ソード・シールド』に他なりません。 ポケモンは2つのバージョンが同時に発売されるのが伝統になっていて、ソードとシールドに分かれて1人1台ずつプレイしていれば、兄弟や家族で対戦も交換も好きなだけ遊べるようになります。 もし他の家族がポケモンをしないとしても、自分で2つのバージョンを購入して交換できる環境が作れれば、お互いのソフトで必要なアイテムをシェアし合ったり、特定のポケモンを進化させるためにも役立ちます。 と、ダウンロードしたソフトを兄弟で遊ぶには2つ分のソフトが必要である事を紹介したのですが、ちょっとした設定で 1つのDLソフトを2人で遊ぶ手段があるそうです。 それは 『いつも遊ぶ本体の設定』というもので、任天堂の公式サイトにも詳しい手順が掲載されています。 しかし、この設定のページが少しややこしく、私も誤解をしていました。 『いつも遊ぶ本体の設定』とは、2台目のニンテンドースイッチを購入した際に、 1台目でも2台目でも同じゲームが遊べるようにするための設定です。 例えば1台目のニンテンドースイッチに兄と弟のアカウントがあった場合、新しい2台目のニンテンドースイッチにも兄のアカウントを引き継いで、1台目と2台目の両方のニンテンドースイッチに兄のアカウントがある状態にします。 すると、一度ダウンロードしたソフトはeショップで再ダウンロードできるので、兄のアカウントで購入したゲームであれば2台目のニンテンドースイッチでも無料でダウンロードできます。 これによって両方のニンテンドースイッチに同じゲームがインストールされますが、2台目のニンテンドースイッチでゲームをプレイするには制約があって、まず必ずインターネットに接続されている必要があります。 そして、1台目のニンテンドースイッチで兄のアカウントがなにかゲームを起動していた場合、2台目のニンテンドースイッチでは兄のアカウントでゲームを起動する事ができません。 その為、結局本体が2台あっても同時にゲームを起動する事ができず、DLソフトも2本必要になる…と、思い込んでいました。 switch liteを2台目に検討されてる方へ スイッチはファミリー機能を用いるとDL版ソフト1本買えば別々のアカウントで2台で起動できて2台同時起動もできます。 というのも、確かに兄のアカウントで2つのニンテンドースイッチを同時に起動する事はできませんが、片方のニンテンドースイッチを弟のアカウントで起動すれば、1つのゲームを2人で同時に遊ぶ事ができます。 これは少し手順が複雑なので、順番に説明すると…• 兄と弟のアカウントが登録されたニンテンドースイッチがある• 兄のアカウントでゲーム(例としてスプラトゥーン2)をダウンロードしている• 2台目のニンテンドースイッチに『ユーザーの追加』で『ほかのNintendo Switchから引き継ぐ』を選び、兄のアカウントを登録する• 1台目に兄と弟のアカウントが、2台目に兄のアカウントがある状態になる• 2台目の兄のアカウントで、スプラトゥーン2を再ダウンロードする• 1台目の兄のアカウントから、『セーブデータの引っ越し』で2台目にスプラトゥーン2のデータを移動させる• 2台目のニンテンドースイッチで、兄のアカウントでスプラトゥーン2を起動する• 1台目のニンテンドースイッチは、弟のアカウントでスプラトゥーン2を起動する これで1つのダウンロードソフトを兄弟で起動する事ができるようになります。 この手順を詳しく書いた記事を作りましたので、よく分からない!という方は参考にしてみてください。 ただし、この手段も万能ではなく、前述したように2台目のニンテンドースイッチはインターネットに接続されていなければゲームが起動できませんし、2台目で遊べばセーブデータも2台目に保存されるので、場合によってはその後、改めて1台目にセーブデータをまた戻す必要もあるかもしれません。 また、2人で1本のダウンロードソフトを同時に起動している兼ね合いか、ローカル通信で遊ぶ事はできないようです。 なので例えば『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』であれば、1台目と2台目でローカル通信プレイをするのではなく、1台目がオンラインで部屋を作って、2台目はその部屋に入って遊ぶ…といったように、インターネットを経由して遊ぶ事になるかと思います。 公式以外で購入するメリットと罠 話を戻して、2台目が欲しいけどもう少し安くならないかしら…という場合は、 中古で探すという選択肢もあります。 私の身近では、長野市で有名なリサイクルショップ『万代書店』にて、ニンテンドースイッチとジョイコンだけのセットが販売されていました。 ジョイコングリップやACアダプターはおろか、ストラップや箱すらない本当に裸の状態のニンテンドースイッチですが、2台目の選択肢としては十分考えられるかもしれません。 その時見つけた価格は税込み22,000円で、任天堂公式の2台目セットよりも5,000円ほど安く購入できます。 しかし、公式の2台目セットよりお買い得なのは間違いありませんが、まず 中古なので保証書が付かず、もし故障や不具合があった場合は買ったばかりであっても 有料で修理に出す必要があります。 それに対して、『マイニンテンドーストア』で販売されているニンテンドースイッチは自分で左右のジョイコンやストラップの色を選択可能で、1,000通り以上の組み合わせから自分好みにカスタマイズできます。 他にも、ニンテンドースイッチは長時間使い続ける事で『曲がる』などの不具合も報告されており、動作に問題はないとしても、中古品は価格とリスクを天秤にかけて検討する必要がありそうです。 (とはいえ私もニンテンドースイッチはかなり長く使っていますが、今のところ曲がったりなどの不具合は見られないので、そこまで深く注意する必要はないかもしれません。 ) とにかく安く数を揃えるには中古も考えられますが、それより多少高いとしても 『安全を買う』気持ちでストアから新品を購入した方がメリットは大きいかもしれません。 やっぱり自分専用がそろそろ欲しいかも? 2台目を購入すれば楽しみも広がりますが、それにはゲームの引っ越しだったり買い直しだったり、共有するにも色々と設定が必要だったり…、今すぐ踏み出すには少しためらってしまう…という話でした。 しかし、据置ゲームでありながら携帯ゲームの一面も持つニンテンドースイッチは、家族で使うとすると、今後はやっぱり1人1台ずつ欲しくなってきそうです。 2018年秋から始まったオンラインサービスは、本体が違ってもアカウントをファミリーに設定すればお得なファミリープランに入れるようになっているので、可能であれば思い切って早いうちに1人1台の環境を整えた方がお得…なのかもしれません。 特にポケモンとニンテンドースイッチを同時に購入しようと考えているご家庭では、後々ソフトを買い直さなくても良いようにパッケージ版を購入するか、『いつも遊ぶ本体の設定』の活用も視野に入れてダウンロード版を購入するか…、予め考えてから決めた方が良さそうです。

次の

ニンテンドースイッチで2台目を購入した際の事で質問させて下さい 現在

ニンテンドースイッチ 2台持ち

・1台目で使っていたニンテンドーアカウントは2台目にも使用できる ・ニンテンドーアカウントに連携しているニンテンドーネットワークID(NNID)もそのまま使用できる 1台目と2台目のニンテンドースイッチには、まったく同じニンテンドーアカウントを使用できます。 また、そのニンテンドーアカウントに連携されているニンテンドーネットワークID(NNID)も、2台目のニンテンドースイッチでもそのままになるので、2台目以降のニンテンドースイッチを使い始めるのはとても簡単です。 同じニンテンドーアカウントは、何台でもニンテンドースイッチに登録することが可能です。 ここで疑問になるのが、アカウントをニンテンドースイッチ本体複数台に登録できるなら、セーブデータはどうなるのか?という点ではないでしょうか。 ニンテンドースイッチのセーブデータについては、次章から説明します。 ニンテンドースイッチのセーブデータを1台目から移行する方法は? 「いつもあそぶ本体」とは 2018年9月から、ニンテンドースイッチでは購入済みのダウンロードソフトを、別のニンテンドースイッチ本体でも遊ぶことができるようになりました。 2台以上のニンテンドースイッチ本体に、同じニンテンドーアカウントを登録してあれば、どのニンテンドースイッチ本体でも、自分が購入したソフトを遊ぶことができます。 ただし、「いつもあそぶ本体」登録ができるニンテンドースイッチ本体は1台のみで、それ以外に同じニンテンドーアカウントを登録したニンテンドースイッチ本体で遊ぶ時には、必ずインターネットの接続が必要となります。 また、遊べるのは購入した本人のみ(購入した時のニンテンドーアカウントのみ)となります。 2台目以降のニンテンドースイッチ本体に、他のニンテンドーアカウントが登録されていても、遊ぶことができません。 また、同じニンテンドーアカウントでも、2台以上で同時に遊ぶこともできません。 詳細は、 を参考にしてください。 ダウンロードソフトとは違い、ゲームカードはニンテンドーアカウントに関係なく、どの本体でも使用することができます。 ゲームのセーブデータは本体に保存されるため、ゲームカードを抜いてもセーブデータは残ります。 そのため、人にゲームカードを借りてプレイしたゲームを、その後自分で購入(ゲームカード・ダウンロード版どちらでもよい)すれば、すでに保存してあるセーブデータを利用できるので、続きからプレイすることが可能です。 家族全員が同時にプレイすることのないソフト(「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」など)の場合は、ゲームカードで購入するのがおすすめです。 まとめ 一家に一台だったニンテンドースイッチが、今では一人に一台となりつつあります。 また今後は、保証期間が切れた後の故障などで、修理に出すより新しいものを買いたいという人も増えてくるでしょう。 そうしたケースを考えると、今回紹介したようなニンテンドーアカウントの引っ越し方法や、別の本体で購入したダウンロードゲームを遊ぶ方法を覚えておくと便利ですね。 これからもニンテンドースイッチで楽しいゲームライフを送りましょう!.

次の

Switch Liteを2台目本体にする際の注意点。セーブデータやDLソフトの共有方法は?

ニンテンドースイッチ 2台持ち

携帯ゲーム専用ながら、オリジナルの「Nintendo Switch」(スイッチ)よりも10,000円ほど安い「Nintendo Switch Lite」(スイッチライト)。 すでにスイッチを持っているものの、自分の携帯用、もしくは自分以外の家族用に2台目として購入する、という人も多いでしょう。 しかし、自分や家族など複数のアカウントでスイッチライトを2台目として使う場合、「いつもあそぶ本体」という設定が必要になります。 この設定次第では、マイニンテンドーストアからダウンロード購入したゲームの使用に制限がかかってしまうことがあります。 スイッチライトを2台目として使う場合は「いつもあそぶ本体」の設定に注意が必要 ゲームをパッケージでしか買わないという人は「いつもあそぶ本体」の設定については特に気にしなくても問題ありません。 しかし、ダウンロード専売ソフトも増えており、最近では発売日当時にいち早く遊ぶためダウンロード購入しかしないという人も多いでしょう。 そういった人たちのために、本記事はスイッチライトを自分用や家族用の2台目として利用する際の注意点を解説します。 自分用の2台目としてスイッチライトを使用する場合 もともと持っているスイッチを自宅用に、スイッチライトを外出時の携帯用にし、ひとりで2台を運用する人もいるでしょう。 その場合は、ひとつのニンテンドーアカウントをスイッチとスイッチライトの両方に登録することになります。 この際に、スイッチを「いつもあそぶ本体」に設定すると、スイッチでは購入したダウンロードソフトをいつでも遊ぶことができますが、スイッチライトではインターネットに接続しているときしか購入したダウンロードソフトを遊べません。 つまり、スイッチライトを外に持ち出してダウンロードソフトを遊ぶ場合は、インターネット環境が必要になるわけです。 インターネットに接続されていない「いつもあそぶ本体」でダウンロードソフトを遊ぼうとすると、ゲームは起動しません そのため、この運用を考えている人は、携帯用のスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定することで、インターネット環境がある自宅ではスイッチで、外出先では「いつも遊ぶ本体」のスイッチライトでダウンロードソフトを制限なく遊ぶことができるようになります。 ただし、インターネットに接続していようとも、スイッチとスイッチライトで同時に、同じダウンロードソフトを起動することはできません。 「いつも遊ぶ本体」の設定を間違えると、スイッチライトではダウンロードソフトをインターネット環境のない場所で遊べなくなるので、注意してください。 スイッチライトを家族や子ども用の2台目として使用する場合 次は、自分がスイッチを、奥さんや子どもなど家族がスイッチライトを使う場合の注意点を解説します。 こういった人の場合は、おそらく家族全員が、もともと持っているスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定しているはずです。 少しややこしいので、お父さんと子どもを例にして説明します。 この場合、「いつもあそぶ設定」は以下の4パターンになります。 お父さんと子どもの両方がスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 2. お父さんと子どもの両方がスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 3. お父さんがスイッチを「いつもあそぶ本体」、子どもがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 4. お父さんがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に、子どもがスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 1および2の場合は、それぞれの本体で遊べるダウンロードソフトは以下のようになります。 お父さんと子どもの両方がスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 2. お父さんと子どもの両方がスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 この場合、子どもは「いつもあそぶ本体」に設定していない本体で、お父さんが購入したダウンロードソフトを遊べません。 もし、お父さんがすべてのダウンロードソフトを購入していると、子どもは「いつもあそぶ本体」に設定していない本体で遊べるソフトがひとつもない、なんてことも起こりえます。 おそらく、お父さんが子どものソフトも購入するケースが1番多いのではないでしょうか。 そのため、お父さんと子どもの両方が、子どもがメインで遊ぶ本体を「いつもあそぶ本体」に設定するのがベターです。 この設定であれば、子どもは誰のアカウントで購入したか関係なくダウンロードソフトを遊べます。 スイッチライトを子ども用にするならば、スイッチライトをお父さんと子どもの「いつもあそぶ本体」に設定しましょう。 3および4の場合は、それぞれの本体で遊べるダウンロードソフトは以下のようになります。 こちらは、さらに複雑になっています。 お父さんがスイッチを「いつもあそぶ本体」、子どもがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 4. お父さんがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に、子どもがスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 ここでも、1番多いと思われる、お父さんが子どものソフトもすべて購入するパターンで考えてみます。 3の場合だと、子どもは「いつもあそぶ本体」のスイッチライトでお父さんが購入したソフトを遊べません。 なので、3は回避するべきです。 4の場合だと、子どもはスイッチライトでお父さんが購入したダウンロードソフトは遊べます。 とはいえ、子どもが今後自分のアカウントでダウンロードソフトを購入しても、スイッチライトで購入したダウンロードソフトを遊ぶにはネット接続が必須となります。 つまり、外で使うことが多いスイッチライトなのに、外出先ではソフトを遊べないこともあるというわけです。 そもそも、子どもがスイッチライトを利用するのに、「いつもあそぶ本体」はスイッチに設定するというのは、何か気持ち悪い気がしてしまいます。 この4パターンから考えると、お父さんがスイッチを、子どもがスイッチライトをメインに使う場合、「2. お父さんと子どもの両方がスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定」が最も制限が少なく遊べるでしょう。 「いつもあそぶ本体」によるアカウント管理はかなり複雑です。 正直なところ、筆者も解説記事を書きながら混乱してしまいました。 せめて、家族間だけでも「いつもあそぶ本体」設定によるダウンロードソフトの使用制限をゆるくできないものかとも思います。

次の