バイキンマン だ だんだん。 【アンパンチは暴力的?】アンパンマンがバイキンマンと戦う理由│まわらないドットコム

【アンパンチは暴力的?】アンパンマンがバイキンマンと戦う理由│まわらないドットコム

バイキンマン だ だんだん

岡田ちっぷです。 昨日は末っ子とふたりで映画「それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫」を観てきました。 (同じ時間帯に上の子たちは夫と「ワンピース スタンピード」) 先日「アンパンマンが暴力で解決するので」ということがSNS等で話題に上がっていました。 私も約10年間(子どもと)アンパンマンを観てきた母として、「これだけは言っておきたい」アンパンマン擁護論を展開してみたいと思います。 アンパンマンの基本のストーリー構成 ご存知の方も多いと思いますが、「アンパンマン」についておさらいです。 「それいけ! アンパンマン」は30分2本立ての子ども向けアニメ。 基本のストーリー構成は次のとおりです。 アンンマンがパトロールに出かける• バイキンマンが誰かを困らせている• アンパンマンが2を見つけてバイキンマンと戦う• アンパンマンの「アンパンチ」で、バイキンマンが「バイバイキン」と言いながら飛んでいく 3でアンパンマンの顔が汚れ、4の前に「バタ子、急いで新しい顔を焼くよ」(ジャムおじさん)、「アンパンマン、新しい顔よ」(バタ子さん)さんというやりとりがあることが多いです。 が、ないことも結構あるので上記では割愛しました。 ごくたまにバイキンマンが出てこない回もあり、ラストでアンパンマンが「今日は何も起こらない、いい日だなー」と言ったこともあります。 バリエーションは無数にあり、放送開始30年(1988年放送開始)は伊達じゃないんです。 アンパンマンは勧善懲悪にあらず とにかく、これが言いたい。 勧善懲悪が「善を勧め悪を懲らしめる」であるとすれば、アンパンマンは「勧善懲悪もの」ではありません。 たしかに「『アンパンチ』という暴力で問題を解決している」というのは事実であり、否定できません。 しかし。 アンパンマンの意図は「バイキンマンの悪事を止めること」にあって、「悪いバイキンマンをやっつけること」ではないのです。 その証拠に、バイキンマンの悪事を見つけたアンパンマンは、まずはじめに「やめるんだ、バイキンマン!」と口頭で注意するのです。 間に合わないときは、アンキックもかますけど 「アンキーック」と、アンパンマンがいきなりバイキンマンに蹴りをかますときもあります。 これは、「やめるんだ」が間に合わない場合。 バイキンマンによって誰かが大ピンチになったときに、割って入るときに使います。 なので、戦いが始まったら「アンキック」はほとんど使われません。 野球のスライディングと同じです。 移動手段です。 いや、もちろん「アンキック」も暴力なんですが、バイキンマンを急いで止めに入るアンパンマンの気持ちが現れてるといえるのではないでしょうか? 「もう許さないぞ」という段階で「アンパンチ」 アンパンマンの戦いぶりはといえば、「フットワークでバイキンマンの攻撃をかわす」ことに終始します。 かわしながら「もうやめろ」「やめるんだ」と説得を試みます。 もちろんバイキンマンは「うるさい」「お邪魔虫め」と、悪事を止めることはありません。 そこで(顔の交換もありつつ)「もう許さないぞ! アンパーンチ!!」「バイバイキーン」の流れになるわけです。 一貫してアンパンマンは、バイキンマンを口で諭そうとしているんです。 最終的にアンパンチをするからといって、「暴力で解決している」とレッテルを貼るのはあまりにも杓子定規な見方ではないでしょうか。 叱り方の原則「人格攻撃しない」を守るアンパンマン 現在子育て中の方なら、一度は聞いたことがあると思います。 アンパンマンも、バイキンマンに対してこれを守って接しています。 「なんてことをするんだ」とは言っても「なんてやつだ」とは言わない。 長い歴史のあいだに言ったこともあったかもしれませんが、基本言わないはず。 「バイキンマン=悪」と決めつけているわけでもありません。 たまに、バイキンマンが誰かと仲良くできるときは、アンパンマンもニコニコと見守っていたりします。 不思議そうにしていることもありますけどね。 とにかく、アンパンマンがバイキンマンにやっていることって、私たち親が子どもに対してやっていることと同じなんです。 というか、私などは「バカ!」と子どもを罵倒することもあるので、アンパンマンの足元におよばないです… 「アンパンマンを子どもに観せない主義」は家庭の方針までで 今回、この話題が盛り上がったのは「子どもが真似するから、アンパンチしないでほしい」といわんばかりの意見があったからではないでしょうか。 子育てしてきた10年間で「アンパンマンは積極的に子どもに観せたくない」という意見に出会うことはちらほらありました。 あくまで「家庭の方針で子どもに観せない」でありました。 もし「アンパンマンは暴力的だから心配」から「内容を変えてほしい」につながるなら、それは違うと思います。 アンパンマンが悪意を持ってむやみに乳幼児に暴力を見せようとしているのではない以上、内容に干渉するべきではない。 「家庭の方針」に留めておいてほしいと思います。 「暴力表現を見せない」だけでは解決にならない アンパンマンは、親が干渉しやすい年齢の子どもが対象なので、こういう論争が出やすいのだと思います。 これから成長するにしたがって、戦隊モノも仮面ライダーも、女の子ならプリキュアにも出会います。 その対象年齢4〜6歳くらいになると、自分の意思がはっきりするし、幼稚園や保育園で流行しているものを吸収してくるしで、親が制限をかけ続けるのが難しくなってきます。 その後も、格闘もの、刑事もの、世界征服、宇宙戦争、どんどん出会うことになりますよね。 私の友人にも「ドラゴンボールはダメ」と親に禁止されている子はいました。 が、一緒にテレビゲームでガンガンに敵を抹殺していました。 「人が死ぬからダメ」と禁止されていた「金田一少年」も隠れて全巻読んでいました。 「制限」は必要なことではあるけれど、それだけでは解決にならないのは明らかですよね。 少し話が反れましたが、アンパンマン。 アンパンマンが「正当化された暴力を振るう」というのは事実です。 しかし、「考えなしにやっているわけではない」こと、ご理解いただけたでしょうか? そのうえで、どこで線引きするかはご家庭の方針で。 ちなみにうちの末っ子は、はじめてみたときからバイキンマンのほうが好きです。 まあ実際、イタズラ好きです…大丈夫かな…•

次の

バイキンメカ

バイキンマン だ だんだん

UFO型をした乗り物で、空を自由に飛ぶことが出来ます。 アニメ第1話「アンパンマン誕生」ですでに登場しています。 アンパンマンをやっつけるために使用するだけではなく、バイキンマンの移動手段として用いられることも多い乗り物です。 バイキンマン自身も背中についた羽で飛ぶことはできますが、アンパンマンのように速く高く飛ぶことができないため、作られたと言われています。 攻撃もできる バイキンUFOは、バイキンマンの乗り物の中でも汎用性が高い乗り物。 攻撃用のハンマーやマジックハンド、鉄球などを出すこともあります。 移動速度も速く、攻撃力も高い乗り物と言えますね。 破壊されてもトンカチですぐ修理可能 ただ、アンパンマンには毎回のように破壊されてしまいます。 原型のまま吹き飛ばされることもあれば、粉々に粉砕されてから吹き飛ばされることもあります。 それでも何度もバイキンマンはトンカチで修復しています。 完全に大破した状態からでも、ものの数分で修復することができるのが驚きですよね。 作者のやなせ氏は「 一種の形状記憶合金でできているので、元の型に戻ることも、自在に変形することも可能」とコメントされています。 バイキンUFOは、私たちの科学では通用しない技術力が詰め込まれた乗り物といえそうです。 改造型も色々ある バイキンマンの乗り物の中でも最も登場頻度の高いバイキンUFO。 実は多くの改造型のバリエーションがあります。 潜水できるバイキンUFO、巨大UFO、ロボットに変形するものなどなど。 アンパンマンを倒すために、日々研究を続ける バイキンマンの努力のたまものですね。 以下では、バイキンUFOの改造型を一覧でざっと紹介しますね。 名前が分かりやすいので、名前を見ただけでもその機能が分かるようになっています。 新型バイキンUFO• 潜水艇型• 黄金バイキンUFO• 改造UFO・バイキングII世• 絵バイキンUFO• 巨大バイキンUFO• バイキンボクサー• 大足ロボット• バイキンUFOロボット• カンフーロボ• カニメカUFOロボ• バイキンマッチョロボ• バイキン拳法ロボ• サボテンロボ バイキンUFOの純粋な改良タイプである「新型バイキンUFO」から、ロボットに変形するタイプまで様々なバリエーションがありますね。 個人的に印象に残ったのは、変形タイプの大足ロボット。 バイキンUFOに鉄でできた巨大な足がついているロボットです。 踏みつぶして攻撃するというかなり怖いロボット。 アンパンマンがいなかったら、大惨事になるところでした。 大型の二足歩行ロボットです。 丸い顔に寸胴型の胴体。 威圧感のある巨大ロボットですね。 バイキンUFOと同じく、強化型のバリエーションが豊富なロボットです。 たいていはアンパンマンによって破壊されていますが、中にはアンパンマンすらも圧倒するほど強力なタイプもあります。 よく見かけるのは2号機 オープニングや映画でよく目にするだだんだん。 主に登場するのは、だだんだん2号です。 真ん丸頭が特徴の1号の強化型で、頭にはアンテナがついています。 バイキンマンは、この2号を移動手段としても活用していますね。 アンパンマンを圧倒する強力なだだんだん 様々な強化型が存在するロボット・だだんだん。 その中でも 最強と言われているのが、「スーパーだだんだん」。 第367話「アンパンマンとてつの星」に登場しています。 バイキンマン曰く「最大最強のロボット」。 バイキンマンがそう断言するのも納得してしまうほどの強力なパワーを秘めているロボットです。 これまでのバイキンメカの良いところを集結させています。 胴体と脚部はだだんだんで、首は三つ。 3つの首の先端には通常サイズのもぐりんが取り付けられています。 巨大ロボット・もぐりんを首の一パーツに使うという豪華さ。 スーパーだだんだんの巨大さが伝わります。 アンパンマンの必殺技・アンパンチを軽く弾く装甲を持つスーパーだだんだん。 さらに、指先からはドリルミサイルを発射。 溶けた高温の鉄を武器にしています。 攻守に優れた巨大ロボットと言えます。 通常時のアンパンマンを圧倒しています。 最終的には元気300倍になったアンパンマンのジャイアントスイングで撃退されています。 敗北したとは言え、かなり強大なロボット。 バイキンマンの乗り物の中でも最強部類に入ると思います。 だだんだんの種類 バイキンUFOと同じく、だだんだんも豊富なバリエーションがあります。 バイキンマンの乗り物の中でも、バイキンUFOに次いで種類の多い存在だと言えます。 上で紹介したようなジャイアントだだんだんなど強力な攻撃力を持つタイプから、飛行型、地中移動型、気象操作型などなど。 状況や土地によって、バイキンマンはだだんだんの改造を繰り返しています。 アンパンマンを倒すことができたのも、バイキンマンの努力のたまものだといえそうですね。 以下では、巨大ロボット型の乗り物・だだんだんのバリエーションを一覧でまとめています。 飛行型• スーパーだだんだん• バイキンロボット型• お掃除だだんだん• 最強パワーアップロボ• スーパー穴掘りだだんだん• アイスだだんだん• ドライヤーだだんだん• ジャイアントだだんだん• 集音機型• お天気だだんだん• バイキンUFO、だだんだんに次いで登場頻度の高い乗り物ですね。 大きな特徴は、先端についたドリル。 このドリルを使って、地中を自由自在に移動することができます。 ドリルを外すことで、水流を発射したりもできます。 攻撃のバリエーションも豊富 さらに、「舌を伸ばして敵を捕まえる」「マジックハンドの装備」「ドリルを射出する」など攻撃のバリエーションも兼ね備えています。 ただ地底を移動するための乗り物になっていないところが、バイキンマンのすごいところですね。 かびるんるんが動力源 巨大な乗り物であるもぐりん。 動かすのには、多大なエネルギーを使うことが予想されます。 どんな未知のエネルギーを使っているのかと思いきや、実は人力で動いています。 ハイテクの割に動力源は原始的ですよね 笑。 もぐりんを動かしているのは、バイキンマンの手下であるかびるんるんたち。 彼らがもぐりん内にある歯車の上を走ることで動力を生み出しています。 エピソードによっては、やみるんるんが動力源として使われることもあるようです。 ちなみに、もぐりんを小型にしたチビもぐりんは かびるんるん専用の乗り物です。 もぐりんほどの大きさはありませんが、性能は同等。 ドリルを発射することもできます。 もぐりんの種類 バイキンUFO、だだんだんと同様に、もぐりんにも様々な強化タイプがあります。 本来は地底を掘り進めるもぐりんですが、空を飛んだり、海底を潜ったりするタイプがあります。 また、ドリルの数が3本に増えた攻撃特化型の「モグラドン」などのタイプもあります。 そんなもぐりんの種類を一覧にしています。 例によって、機能が分かりやすい名前が付いています。 スーパーもぐりん• ファイヤーモグリン• チビもぐりん• 氷上タイプ• モグラドン• ガブリン• スノーモグリンガー• 飛行船もぐりん• ジャイアントモグリン• ミニモグリン• サブマリンUFO• 胴体を引きづりながら移動します。 そのパワーは強大で、アンパンマンも苦戦するほどです。 攻撃の手段は、体当たりと口から吐き出す黒い油。 そして、相手をグルグルにする粘着糸があります。 攻撃の方法もいもむしのようですね。 自身の名前を高らかに叫びます。 AI機能も搭載しているのかもしれません。 ただの乗り物だというにはハイテク過ぎるゴロンゴロです。 ちなみに、ゴロンゴロの声優は山ちゃんこと山寺宏一さん(映画版では日テレの藤井アナ)。 成虫タイプもいる いもむし型のゴロンゴラですが、実は成虫タイプに変形することが出来ます。 通常のゴロンゴラが繭の形態を経て、蛾の姿に変化します。 羽化後には羽が生えて飛行することが出来ます。 変形の方法もただのロボットとは思えない手法をとるゴロンゴラ。 どこまでもハイテクなロボットです。 万力型の腕が特徴的です。 巨大な岩を持ち上げるほどのパワーを秘めています。 ですが、初登場時にはあかちゃんまんに瞬殺されています。 進化するロボット あかちゃんまんに瞬殺された後、2号、3号、スーパーバイコングと進化していきます。 第862話に登場したスーパーバイコングは、1号と比べるとかなり巨大化しています。 防御力、攻撃力共にパワーアップ。 トリプルパンチも耐えるほどの強度を誇ります。 ただ、坂を転がされた挙句に火口に落ちて爆発してしまいます。 まだまだ進化の余地を残している巨大ロボだといえそうですね。 その空飛ぶ乗り物の中の一つがバイキン気球。 バイキンマンの顔をした風船がついている気球です。 一目でバイキンマンの作った乗り物だと認識できるのが特徴ですね。 初登場は第110話B「アンパンマンとちゅうしゃき先生」。 その後も改良型が登場しています。 もぐりんも水中を進むことのできるタイプはありますが、モグラ型のもぐりんとは外見が異なります。 バイキン潜水艇はタコ型の外見をしています。 頭の上には潜望鏡がついています。 初登場は第531話「いくら姫とおすしの国」。 おすしの国に行くために開発された乗り物です。 宇宙空間を移動することのできる乗り物です。 そして宇宙船アンパンマン号の偽物です。 本物のアンパンマン号とは違い、顔がバイキンマンになっています。 この乗り物が登場したのは、映画「すくえ! ココリンと奇跡の星」。 ヘンテ星のヘンテエネルギーを奪うために開発されました。 スポンサーリンク その他のロボット・乗り物一覧【ガンダム並みに多い…】 引用元: バイキンマンの主要なロボット・乗り物を紹介してきました。 ですが、ここまでで紹介したものはほんの一部。 まだまだ紹介しきれないほどの数があります。 一説によれば、歴代ガンダムの機体の数よりも多いとか…。 以下では、その中のほんの一部を一覧で紹介します。 詳しく知りたい方は、でチェックしてみてください。 五十音順でバイキンメカが紹介されています。 アイアンロボ• アイロンタンク• あかちゃんスプレー• うみのあくま• イカロボット• おむすび星人UFO• 海賊バイキング号• カニバサミロボット• かびだんだん• カマキリロボ• コチョコチョマシーン• コックさんロボット• ささだんごロボ• サメロボット• ジャイアント・アリンコメカ• スーパー俺様メカ• たいやき号• チューリップロボット• 泥水鉄砲• ニセ宇宙船アンパンマン号• バイキン宇宙SL• バイキンお仕置きロボ• バイキン気球• バイキン剣道ロボ• バイキンゴミロボット• バイキンシャボンダダンダン• バイキン潜水艇• バイキン電気銃• バイキンバッファロー号• バイキン飛行船• バイキン股旅ロボ• 働けロボット 上述した通り、バイキンマンの作る乗り物やロボットは、とてもこの記事ではまとめきれないほどの数があります。 その数は歴代ガンダムの機体数すらも凌駕すると言われるほどです。 ウィキペディアにバイキンマンの乗り物・ロボット情報をまとめたページがあるので、詳しく知りたい方はそちらを参照ください。

次の

バイキンマンの魅力。アンパンマンに学ぶ、【本当の強さとは】

バイキンマン だ だんだん

【スポンサーリンク】 ジャイアントだだんだんは最強クラス? より引用 ジャイアントだだんだんに追いつめられるパン達。 にげろー!! の開発した 「だだんだんシリーズ」は、1号〜4号と飛行型が存在し、その最新型が ジャイアントだだんだんだと言われています。 1号の時点では胴体と足しか無かったものの、その巨体を生かした環境を破壊する踏み潰しと、口から吹き出す黒い液体によってアンパンマン達を苦しめました。 2号の時点で両腕が追加され、飛行型になると背中のロケットエンジンからの噴射で空を飛べるようになっています。 この流れを見る限り、だだんだんはバイキンマンの成長と共に進化してきているといえるでしょう。 そして今回のジャイアントだだんだんは、一方ジャイアントだだんだんの開発には、ヒヤリ城のマッドサイエンティスト、ドクター・ヒヤリがだだんだんに ある方法で「心」を与えたことによって驚異的なパワーアップに成功したようです。 ともあれ ジャイアントだだんだんの戦闘能力はまさにアンパンマンたちが手に負えないレベルにまで到達してしまっています。 さらには追撃型ミサイルの搭載、そして電撃を放つエネルギーボールのようなものまで放ちます。 あのアンパンマントリオが全く歯がたたないレベル。 詳細は劇場版アンパンマン 「だだんだんとふたごの星」で描かれていますが、結局最後までアンパンマンは戦闘ではジャイアントだだんだんに勝てませんでした。 ジャイアントだだんだんは「妖精ギラリ」の力を借りないかぎり生み出せない超兵器ですが、その戦闘能力はアンパンマンワールドでも随一。 おそらくアンパンマンが勝てない数少ない強敵のうちの一人であるといえるでしょう。 唯一の弱点は「制御が効きにくい」ところですが、これまでのバイキンマンの開発ぶりを見ている限り、どこかのタイミングでこの問題もクリアしてしまうような気がします。

次の