疑義 使い方。 医師が語る 上手な疑義照会_伝え方次第でお互いの関係が良くなります。 : [e

【疑義が呈される】の例文集・使い方辞典

疑義 使い方

This site might not comply with the regulatory requirements of US 長崎市で在宅医療にも取り組む、安中外科・脳神経外科医院 院長 安中正和先生に、処方提案を医師へ行う際のより良い伝え方についてお話いただきました。 --------------------------------------------------------------------------- 長崎市内には、在宅医療を熱心に取り組む医師が集まって設立したNPO法人「長崎在宅Dr. ネット」があります。 会員医師がサポートし合うことで緊急対応などの負担を減らし、患者さんが安心して訪問診療が受けられるようにする仕組みです。 さらに、同Dr. ネットの医師たちと一緒に在宅医療を担う、薬剤師の団体である「長崎P-ネット」、訪問看護師や歯科医師、栄養士、ケアマネジャーなどの組織があり、多職種が連携してチーム医療を展開しています。 ネットの一員として、私も長崎市内80人程度の在宅患者さんを診ています。 患者さんの希望や居住地域によって、異なる薬局が在宅訪問薬剤管理指導を担当しており、複数の薬局の薬剤師さんと頻繁にやりとりをしています。 薬剤師さんが処方せんをチェックしてミスを指摘したり、薬に関する提案をしてくれることも少なくありません。 薬を専門とする薬剤師さんによるダブルチェックの安心感は大きく、「あの患者さん、今、こんな状態だけど、薬の量はどうすべきだろうか」といった相談をすることもしばしばです。 私だけでなく、多くの医師が薬剤師さんを頼りにしていると思います。 だからこそ、薬剤師の皆さんには、ぜひ気を付けてほしいことがあります。 先日も医師仲間で話題になったのですが、ある患者さんにレボフロキサシン錠500mg/日を処方したところ、処方せんを受けた薬剤師さんから「先生、レボフロキサシン錠を250mg/日にしてください」と連絡がありました。 レボフロキサシン錠は、腎排泄型の薬で添付文書には、腎機能低下患者では高い血中濃度が持続するので、必要に応じて投与量を減じ、投与間隔をあけて投与することが望ましいと書かれています。 体重が30kgほどしかない高齢患者さんだったので、腎機能を考えて用量を提案してくれるのは、とてもありがたいと思っています。 しかし、いきなり「レボフロキサシン錠は250mgにしてください」という言い方には、少し疑問を感じます。 処方権を主張するわけではありませんが、処方を決めるのは医師です。 例えば、一包化や粉砕の指示であれば、薬剤師さんが「この患者さんは飲み忘れが多いので、一包化の指示を出してください」といった言い方でも構わないと思います。 しかし、こと処方に関しては、よほどのことがない限り、いきなり「こうしてください」という言い方は避けた方がよいでしょう。 チーム医療では、互いの専門性を尊重することが大切です。 医師が、腎排泄型の薬であることを見落としている場合もあるでしょう。 しかし、分かった上で、この患者さんの場合はこの方が良いのではないかと考えて処方している場合もあります。 そんなときに、「通常はこうなので、こうしてもらえませんか」と言われると、「何を根拠に?」と言いたくもなります。 在宅医療に限らず、より良い医療を患者さんに提供するにはコミュニケーションが非常に重要です。 薬剤師さんと医師とがより良い関係を作る上では、お互いの情報の伝え方が1つの鍵になると思います。

次の

「サジェスチョン」の意味とは?使い方の例文や英語表現なども解説

疑義 使い方

意外と知らない「ご教示」の意味 日常会話では「教えてください」が多く使われており、「ご教示ください」はあまり聞き慣れない言葉かもしれません。 しかしビジネスの場面では、よく聞くことになります。 意味を知らないまま「ご教示ください」と急に言われては、対応に困ってしまうこともあるでしょう。 ここでは、「ご教示」の意味と使い方を紹介します。 ご教示の意味と用法 広く使われている「教えてください」と意味は同じです。 それを丁寧に畏まった形で言うと「ご教示ください」となります。 また、もともと「教示」とは、知識や方法が対象となっている言葉です。 職場で言うと、ものの使い方や状況の報告に当たります。 目上の方に、よく分からないことや必要な情報を尋ねるときには「ご教示ください」と言いましょう。 ご教示の例文 日常的には使われないというのもあって、あまり「ご教示」を使った文章が浮かばない人も少なくないでしょう。 ビジネスではどう使われているのか、例を紹介します。 「知っている方がいれば是非ご教示願いたいです。 」 人が対象となっていますが、人材や担当者の「情報」を求めているので適切な使い方と言えます。 「ご教示を賜りたいと存じます。 」 より丁寧な文章でお願いをするときに使う言い方です。 「使い方をご教示くださり大変に感謝しております。 」 実際に教えてもらったことで目的が果たせた場面で使います。 しっかりとお礼を言うことで誠意も伝わるでしょう。 「この後のスケジュールをご教示下さい。 」 相手方のスケジュールを聞いて確認しておきたいときに使います。 「在庫の有無をご教示下さい。 」 ことの現状を確認したいときにも使えます。 「教示」と「教授」の違いとは? ビジネスで間違えやすいのが「教示」と「教授」の使い分けです。 違いを知らないために、誤って「教授」を使ってしまうケースもあります。 意味は似ていますが、対象が大きく異なるので、ポイントを抑えましょう。 何が対象なの? それぞれの語句が対象としているものは、簡単に言うと「教授」は学問・技芸、「教示」は知識・方法です。 「教授」は、一時では知り切れない長期的なものを指します。 それに対して「教示」は、聞いたら今すぐ知ることができる方法や情報を指します。 もし、ビジネスで「教授」を使ってしまうと、今後も教え続けていただくというニュアンスになってしまいます。 一次的に何かを教えてもらう場合、基本的には「教示」を用いて、情報を聞くようにしましょう。 しかし、長期的にスキルを身に付けるために教えを乞う場面では、使用しても差し支えありません。 「教示」「教授」はどちらも書き言葉 「教示」「教授」はいずれも口語ではなく、書き言葉として使われるものです。 話し言葉として使用する場合は、言い換えが必要となります。 書き言葉として使われる教示、教授 どちらも、主にメールや文章で使われる言葉です。 畏まったメールや文書で、敬意を表すときに使用します。 しかし、口語として接待や会議のときに使うのは硬すぎる印象を相手に与えてしまうため、会話で使用するのは避けましょう。 話し言葉の時の言い換え 元々の意味は教えるという意味です。 目上の方に対して使うので、「教えてください」を敬語にして「教えていただけますか?」や「教えていただけますでしょうか?」と言い換えましょう。 他には、情報を聞き出す用途として「お聞かせいただけますか?」や「お尋ねしてもよろしいでしょうか?」というのも、同様の意味合いになります。 似ている単語「ご指南」と「ご指導」 教授と教示以外にも、似た言葉で「ご指南」と「ご指導」があります。 これらも、書き言葉になります。 ビジネスで使い間違えることがありますので、明確な違いを覚えて、正しい方を使いましょう。 正しいのは? ビジネスシーンで使用するのに適しているのは「ご指導」のほうです。 「ご指導」はある目的のために、教えを乞うという意味があります。 一連の流れに沿った教えを受けて、明確な目的達成を願うときは、「ご指導」を使いましょう。 また、対象としている範囲は、教育やノウハウ、技術と幅広いため、ビジネスにおいても多用されます。 それに対して「ご指南」は、武術や芸能といった精進的なものに限定されます。 よって、ビジネスシーンでは「ご指導」を使用するほうが適切でしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?「ご教授」と「ご教示」は似ている言葉ではありますが、用途は大きく異なります。 ビジネスシーンでは、些細な言葉遣いの誤りが、自分の評価を下げてしまうことも少なくありません。 それぞれの意味や用法を正しく理解して、間違えのないように使用しましょう。

次の

「照会」とは?意味や使い方を解説!

疑義 使い方

意外と知らない「ご教示」の意味 日常会話では「教えてください」が多く使われており、「ご教示ください」はあまり聞き慣れない言葉かもしれません。 しかしビジネスの場面では、よく聞くことになります。 意味を知らないまま「ご教示ください」と急に言われては、対応に困ってしまうこともあるでしょう。 ここでは、「ご教示」の意味と使い方を紹介します。 ご教示の意味と用法 広く使われている「教えてください」と意味は同じです。 それを丁寧に畏まった形で言うと「ご教示ください」となります。 また、もともと「教示」とは、知識や方法が対象となっている言葉です。 職場で言うと、ものの使い方や状況の報告に当たります。 目上の方に、よく分からないことや必要な情報を尋ねるときには「ご教示ください」と言いましょう。 ご教示の例文 日常的には使われないというのもあって、あまり「ご教示」を使った文章が浮かばない人も少なくないでしょう。 ビジネスではどう使われているのか、例を紹介します。 「知っている方がいれば是非ご教示願いたいです。 」 人が対象となっていますが、人材や担当者の「情報」を求めているので適切な使い方と言えます。 「ご教示を賜りたいと存じます。 」 より丁寧な文章でお願いをするときに使う言い方です。 「使い方をご教示くださり大変に感謝しております。 」 実際に教えてもらったことで目的が果たせた場面で使います。 しっかりとお礼を言うことで誠意も伝わるでしょう。 「この後のスケジュールをご教示下さい。 」 相手方のスケジュールを聞いて確認しておきたいときに使います。 「在庫の有無をご教示下さい。 」 ことの現状を確認したいときにも使えます。 「教示」と「教授」の違いとは? ビジネスで間違えやすいのが「教示」と「教授」の使い分けです。 違いを知らないために、誤って「教授」を使ってしまうケースもあります。 意味は似ていますが、対象が大きく異なるので、ポイントを抑えましょう。 何が対象なの? それぞれの語句が対象としているものは、簡単に言うと「教授」は学問・技芸、「教示」は知識・方法です。 「教授」は、一時では知り切れない長期的なものを指します。 それに対して「教示」は、聞いたら今すぐ知ることができる方法や情報を指します。 もし、ビジネスで「教授」を使ってしまうと、今後も教え続けていただくというニュアンスになってしまいます。 一次的に何かを教えてもらう場合、基本的には「教示」を用いて、情報を聞くようにしましょう。 しかし、長期的にスキルを身に付けるために教えを乞う場面では、使用しても差し支えありません。 「教示」「教授」はどちらも書き言葉 「教示」「教授」はいずれも口語ではなく、書き言葉として使われるものです。 話し言葉として使用する場合は、言い換えが必要となります。 書き言葉として使われる教示、教授 どちらも、主にメールや文章で使われる言葉です。 畏まったメールや文書で、敬意を表すときに使用します。 しかし、口語として接待や会議のときに使うのは硬すぎる印象を相手に与えてしまうため、会話で使用するのは避けましょう。 話し言葉の時の言い換え 元々の意味は教えるという意味です。 目上の方に対して使うので、「教えてください」を敬語にして「教えていただけますか?」や「教えていただけますでしょうか?」と言い換えましょう。 他には、情報を聞き出す用途として「お聞かせいただけますか?」や「お尋ねしてもよろしいでしょうか?」というのも、同様の意味合いになります。 似ている単語「ご指南」と「ご指導」 教授と教示以外にも、似た言葉で「ご指南」と「ご指導」があります。 これらも、書き言葉になります。 ビジネスで使い間違えることがありますので、明確な違いを覚えて、正しい方を使いましょう。 正しいのは? ビジネスシーンで使用するのに適しているのは「ご指導」のほうです。 「ご指導」はある目的のために、教えを乞うという意味があります。 一連の流れに沿った教えを受けて、明確な目的達成を願うときは、「ご指導」を使いましょう。 また、対象としている範囲は、教育やノウハウ、技術と幅広いため、ビジネスにおいても多用されます。 それに対して「ご指南」は、武術や芸能といった精進的なものに限定されます。 よって、ビジネスシーンでは「ご指導」を使用するほうが適切でしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?「ご教授」と「ご教示」は似ている言葉ではありますが、用途は大きく異なります。 ビジネスシーンでは、些細な言葉遣いの誤りが、自分の評価を下げてしまうことも少なくありません。 それぞれの意味や用法を正しく理解して、間違えのないように使用しましょう。

次の