スシロー 持ち帰り容器。 【スシロー】お持ち帰りメニュー(テイクアウト)の注文方法!自宅から予約できる!【電話・ネットから】 | いろいろんブログ

スシローのおすすめメニューを大公開!持ち帰りメニューやデザートなど紹介

スシロー 持ち帰り容器

くら寿司、魚べい、はま寿司との比較 実際、ほかのお寿司屋さんで持ち帰り予約をした経験をもとにお話しします。 くら寿司は単品の注文はOKでも、電話、FAX、店頭予約のみ。 魚べいはアプリから予約できるものの、単品メニューはNG。 はま寿司もくら寿司と同様単品OK、でもネット予約はできません。 以前から、単品から注文を受け付けてくれて、しかも店員さんにわざわざ電話をせずに空いた時間にネットでできないかな〜と思っていた矢先に見つけたのがスシローだったんです。 スシロー持ち帰り予約方法 では、スシローの持ち帰り予約がどんだけスゴイのか? 順を追ってお話ししましょう^^ 1.スシローのにアクセスする。 2.会員登録をする。 3.メアドとパスワードでログインする。 4.持ち帰りする店舗を選ぶ。 5.受け取り日を指定する。 30日先まで指定ができます。 6.セットメニュー、単品メニュー、サイドメニューから選ぶ。 カートに入れて再び商品を選ぶを繰り返す。 7.受け取り時間を選ぶ(15分単位で選べる) 8.クレジットカード番号を入力する。 各商品を「お気に入り」に登録しておけるので、次回から注文が楽! 注文内容の変更がなければ「注文確定」を押して完了! 予約番号が発行されるので控えておきましょう。 ほんの10分もあれば家族全員分のお好みのお寿司をフルオーダーメイドで注文できます! メッチャ簡単! メッチャ便利! またテイクアウトしたくなるレベルです。 お寿司はすべてわさび抜き• 折や容器代はかからない• 醤油やわさび、ショウガ、アマダレが付いてくる• 当日キャンセルはできない• ちなみにネット予約と同じ手順です。 ネットorアプリ両方とも「マイページ」を開けば過去の注文履歴がバッチリ残っているので、何を頼もうか悩んだ時に参考になります。 ちなみにアプリで予約して来店すると「まいどポイント」がたまっていくのでマイページで設定してみてください^^たまると会計から50円引きになったりします。 いざ店舗でテイクアウト 実際、ネット予約したお寿司をスシローに取りに行きました。 我が家も十分な量いただいたので満足です! おすすめメニュー ひさこが注文したお寿司は子供中心のメニューです。 続いては子供に人気があった若鳥グリルステーキ! 見たところスシローはお肉系の100円メニューが少なめなのでこのチキンはかなりありがたかったです。 しっかり味のついた大きめのタピオカがふんだんに入っています。 カフェラテとスイーツだけを食べに来たいぐらい美味しかった。

次の

【持ち帰りレポ】スシローのお寿司をテイクアウトしてみた!

スシロー 持ち帰り容器

軽減税率8%の品目• 酒類、外食を除く飲食料品• 週2回以上発行される新聞 定期購読 通常税率10%の品目• その他 となります。 通常のレジは税率10%• 持ち帰り税率は8% に会計レジを対応しなければなりません。 これは、回転寿司業界は大変なことになりますね。 レジを分けるのか? それとも8%or10%を区別するボタンを作るとか、これから対応しなければなりません。 システムを含めて対応しなければならないことになるので、大変だと思います。 特定の品目のみ税率8%となる• 酒類、外食を除く飲食料品• 外食した場合 税率10%• 持ち帰りの場合 税率8%• 食べ残しを持ち帰る場合 税率10% となります! これからも スシローさん 美味しいお寿司を食べさせて下さいね!

次の

【スシローVSくら寿司VSかっぱ寿司】100円回転寿司の『持ち帰り寿司』はどこが一番ウマい?実際に買って確かめてみた

スシロー 持ち帰り容器

うちの近くのスシローは土日はすごく混みます。 ということで、最近はスシローからお持ち帰りをしてみることが増えましたので、その感想を書いていきたいと思います。 1 メリット (1)待ち時間がない 上述の通り、スシローはお昼や夕方の時間帯は、大変混みあいます。 アプリで予約をしていたとしても、30分くらい待たされることは少なくありません。 しかし、持ち帰りであれば、ほとんど待たずに受け取ることができます。 ただ、受け取りにはレジに並ぶ必要がありますので、夕方の17時以降に受け取ったことがありますが、その時は、レジに並ばされましたので、10分くらい待つことになりました。 (2)値段が同一 持ち帰りには、寿司を入れるための容器やビニール袋などが必要ですが、値段が高くなるわけではありません。 このため、好きなネタを店で食べるのと同じ感覚で安心して注文することができます。 (3)家で落ち着いて食べることができる オイドンが気になるのは、冬のスシローは、咳込むお客さんも多く、やや衛生面で気になる事。 でも書きましたが、待合室などでは大変です。 しかし、家であれば、安心して、落ち着いて食べることができます。 乳幼児を育てているご家庭においては、これは大きいことではないでしょうか。 ゆっくりとテレビでプロ野球を見ながら、お持ち帰りの寿司をつまむのは、なかなか良いものです。 家であれば、帰りの運転をしなくて済むので、アルコールも飲むことができます。 2 デメリットや気を付けるべきこと 一方、デメリットや、気を付けるべきこともありますので、つづってみます。 (1)なるべく1時間以内に食べること お持ち帰りの寿司なので、家に持って帰って食べると、鮮度が落ちてしまいます。 これまで数回お持ち帰りをしましたが、16時に会計を済ませた寿司を、18時に食べると、だいぶ鮮度が落ちており、美味しくないなあと思うことがありました。 具体的には、マグロやハマチなどは、お店で食べるよりもねっちょりしている感じでした。 ただ、17時に会計を済ませた寿司を、18時に食べるときは、それほど鮮度の低下を感じることはありませんでした。 基本的には、持ち帰ったらすぐに食べるのが良いでしょう。 (2)混雑時間帯には受け取りに行かない 先ほど少し書きましたが、受け取りにはレジに並ぶ必要がありますので、混雑時間帯のレジはかなり込み合います。 このため、昼であれば12時前、夕方であれば17時前に受け取るようにすると良いと思います。 店員さんもバタついており、17時代の受け取りの時は、おはしの本数が少なかったこともありました。 (3)ユッケなど特定のネタは持ち帰りできない お持ち帰りに対応できない寿司ネタもあります。 例えばユッケなどがその代表です。 寿司ネタの中でもかなり鮮度が落ちやすいため、お客の健康を考えた場合、当然ですね。 3 まとめ はま寿司やかっぱ寿司、くら寿司については、お持ち帰りを試したことはありませんが、近いうちに試してみる予定ですので、また綴っていきたいと思います。 ただ、 持ち帰りすしは、鮮度の面ではお店で食べるよりも落ちますが、色々なメリットもありますので、上手に使っていけばよいと思います。 本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

次の