クラミジア ジスロマック。 医療用医薬品 : ジスロマック

咽頭クラミジアの薬

クラミジア ジスロマック

クラミジアの治療方法について! クラミジアは誰もがかかる可能性のある身近な性感染症ですが、男性は5割、女性は8割の方が無症状なので気づかぬうちに放置してしまい、体の奥まで菌が侵入してしまう恐れがあります。 そして、男女ともに不妊のリスクを高めることと無関係ではないので、初期の間に治療をすることが大切で、基本的に自然治癒はないとされていますが、治療をしっかりと行えば完治させることはできるので、次の通り治療方法をチェックして心配な方は早めに行うようにしましょう。 クラミジアの治療方法や治療期間は?薬も クラミジアの感染が確認されたら男女ともに抗生物質を服用し、その種類としてはマクロライド系薬、もしくはキノロン薬で抗菌力もある薬か、テトラサイクリン系の薬を使用し、アジスロマイシン、クラリスロマイシンは妊娠中も服用ができる安全な薬です。 それから、服用期間は薬によって異なり、1日~1週間服用するのですが、症状の重度によっては数ヶ月かけて薬を服用することになります。 また、症状が治まったとしても、指定された日数の間は内服は止めないようにしないと、菌が体の中に残ってしまい不完全な治療になってしまいます。 ジスロマックは1回の服用でOK 妊婦でも服用することができるアジスロマイシンと同成分を使用している「ジスロマック」などの抗生剤は、500mgを2錠、1回服用するだけで良いとされているので、飲み忘れがなく安心ですよね。 そして、胃腸が弱く下痢が心配な方は、ジスロマック500mgを1錠、1日1回服用し、3日間服用を続けることとされています。 クラミジアの治療費は? クラミジアの治療費は、目安として保険適応の場合の金額で1回2,000円程度だそうです。 そして、薬の服用が済んだらその後3週間ほどおいて、再度病院でクラミジア検査を受診することになるので、完治までの期間で考えるとトータルで6,000円~10,000円の費用がかかります。 こう見ると決して安くはないのですが、クラミジアは放っておくと重篤な症状を招きかねない性感染症なので、気になっている方は早めに検査を行いましょう。 クラミジアの治療中の性行為はOK? クラミジアは性交渉を行うことでかなり高い確率で移ってしまう感染症のため、治療が終わり完治したことが分かるまではNGで、さらにクラミジアは咽頭にも感染するので、ディープキスをするとクラミジアが感染する可能性があるので注意しましょう。 なので、クラミジアの治療中はキスをするなら軽いキスまでにしておき、どうしても性行為を行いたい場合は、性交渉の始めから最後までコンドームを装着するようにしましょう。 スポンサーリンク クラミジアはパートナーも一緒に検査・治療を行おう! パートナーがいる場合、片方が治療をしても片方が感染したままでは、治療完治後にも移されてしまったり、移したりを繰り返すことになるので、クラミジア感染を検査・治療する場合はパートナーと一緒に受診し、治療を行うようにしましょう。 そして、クラミジアは感染していても無症状の割合が非常に多く、感染者のうち男性は5割、女性は8割が自覚症状が全く現れないので気づかないまま感染し続けることの多い性感染症です。 それから、放っておくと子宮外妊娠や不妊の原因になったり、無事に妊娠したとしても出産時に胎児へ影響を及ぼす可能性もあるので、十分に注意が必要な病気です。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、クラミジアの治療方法や治療費と期間、また、治療中の性行為は大丈夫なのかといったことなどについて詳しくお伝えしました。 クラミジアの治療方法では抗生物質の内服が基本で、薬によって1日~1週間ほどかけて服用するだけで良く、ジスロマックは妊婦でも服用できる成分で基本的には1回のみの服用でOKのため、治療費はトータルで1万円ほどなのでしたね。 そして、治療中に性行為をするなら最初から最後までコンドームを装着し、キスに関してもディープキスは避けないと咽頭感染をするとの注意点がありました。 それから、こうしたクラミジアの検査や治療は、パートナーがいる場合片方だけが行っても、片方が感染していれば感染を繰り返すことになるので、一緒に治療を行うようにし将来的に重篤な病気にならないようにしましょう。

次の

ジスロマック(アジスロマイシン)クラミジアの飲み方・副作用は?

クラミジア ジスロマック

出典 ファイザー ジスロマックSR成人用ドライシロップは 空腹時に水で溶かし 1回1瓶服用することで治療が完了します。 (アジスロマイシンの量に換算すると1回2000mg服用) ジスロマックSRのみ食後に服用すると吸収が多くなりすぎて副作用が強くでる可能性があるため 空腹時に服用するようになっています。 ちなみにSRとは、 Sustained Release=「持続して放出する」 という意味があります。 ジスロマックSRはドライシロップのみで錠剤タイプは販売されていません。 治療期間(完治までの期間) ジスロマック(アジスロマイシン)は1日1回の治療でおそよ 1週間(7日間)効果が持続します。 だいたいは1回服用したら治療は完了しますが主治医からOKをもらうまでは性交渉は控えてください。 副作用について ジスロマック錠はクラミジア治療では1度に4錠も服用することから、副作用が気になる方も多いと思います。 発売元のファイザーが試験したデータでは最も頻度の高いのが、 下痢・軟便、続いて ALT増加(肝機能の低下)、 好酸球数増加、 悪心・腹痛があります。 臨床現場では下痢・軟便、吐き気など消化器系の副作用が最も多いと感じています。 妊娠中・授乳中には服用できるの? ジスロマックの発売元であるファイザーが発表している資料(インタビューフォーム)に妊娠中や授乳中の対応が記載されているので抜粋します。 妊婦 妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、 治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 引用元: ジスロマックインタビューフォーム このように妊娠中の方には治療の有益性を上回る時のみOKとなっていますが、臨床では妊娠中であっても使用されるケースはしばしばあります。 また製薬メーカーの説明書によると授乳は中止することとなっています。 ヒト母乳中に移行することが報告されているので、授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には、 授乳を中止させること。 引用元:ジスロマックインタビューフォーム しかし海外の基準ではジスロマック(アジスロマイシン)は授乳中の服用は比較的安全のL2に位置づけられています。 L2 概ね適合(比較的安全):probably compatible 少数例の研究に限られるが、乳児への有害報告なし。 リスクの可能性がある根拠はほとんどない。 引用元: そのため、Drによっては「授乳を中止しなくても大丈夫」と説明されるケースも実際にはあります。 市販薬はある?通販は安全? ジスロマックの有効成分であるアジスロマイシンが入った市販薬は販売されていません。 個人輸入サイトの通販などでも販売されているケースがありますが、安全性の面から自己判断での購入は避けるようにしましょう。 スポンサーリンク• カテゴリー• 4 こんにちは。 現役薬剤師Yu(ユー)です。 2006年に京都薬科大学薬学部を卒業し、薬剤師免許を取得後、調剤併設ドラッグストアと調剤薬局にて勤務する現役薬剤師です。 健康食品や市販薬、内科、整形外科、皮膚科、小児科、在宅医療まで幅広く患者さんと関わってきました。 「一人の患者さんが抱える薬の疑問は、みんなが抱える疑問かもしれない」 私が薬剤師として活動する中で、患者さんに聞かれたことや、患者さんが知っておく必要があると思った情報をまとめるためにサイトを立ち上げました。 最近は患者さんだけでなく、ヘルパーさんや看護師さんなど医療従事者の方も薬の勉強のために閲覧をいただいております。 「薬に関わる疑問を少しでも解消したい。 」 そのような思いで日々サイトを磨いてまいります。 まだまだ成長過程の薬剤師ですが、一人でも多くの方がこのサイトがあってよかったと思っていただるように自分の抱える知識を発信してまいります。 スポンサーリンク.

次の

クラミジアを、長く効くジスロマック(アジー)という薬で治して 性病検査...

クラミジア ジスロマック

淋病にも効くジスロマック は性器クラミジアに非常に有効な治療薬となっています。 クラミジアは一番感染者が多い性病ですが、2番目に患者数が多いのが淋病です。 性病と聞くと、性器クラミジアよりも淋病のことを思い浮かべる方が多いほど知名度の高い性病です。 実は、ジスロマックは淋病の治療にも処方されることがあります。 淋病に感染している方の多くは同時にクラミジアにも感染しているケースが多いです。 その場合、たとえ淋病が完治しても、クラミジアは残ってしまうことになります。 重複感染している場合は、ジスロマックを飲むだけで淋病もクラミジアも同時に撃退できるのです。 そのため、病院で性病の検査をして重複感染していることが分かれば、ジスロマックを処方されます。 ただ、クラミジアは、ジスロマックの有効成分であるアジスロマイシンが1000mgで治療できますが、淋病治療のためにはこの量では完治しないことが多いです。 一般的に淋病治療にはアジスロマイシンが2000mg必要とされています。 つまりクラミジア治療の場合は1000mg錠剤1錠、もしくは500mg錠剤2錠飲むだけでいいのですが、重複感染している場合には、アジスロマイシンの服用量を増やす必要があります。 1000mg錠剤なら2錠、500mg錠剤なら4錠になります。 ただし、アジスロマイシンは大量服用すると副作用が強く出てしまう恐れがあるので、胃腸が弱い方などは1回で2000mgを服用するのではなく、数回に分けて飲む方法を用いる場合もあります。 淋病にも効くし、クラミジアにも効くなら、ジスロマックだけあればいいのでは?と思う事でしょう。 確かに治癒率も他の治療薬よりも高く、治癒率は約80%にも上ります(他は10~50%程度)。 ただ、淋病は耐性ができやすく、アジスロマイシンが効かないケースもあります。 また、アジスロマイシンが合わないという人もいます。 そういった方は他の治療薬を用いることになります。 淋病でどのような治療薬が処方されるかは医師の判断によりますので一概には言えませんが、まずはジスロマックが処方されることが多いでしょう。 それは、飲む回数も少なくて済むうえに重篤な副作用はない、それでいてクラミジアや淋病、その他の性病にも非常に高い治癒率を誇るからです。 最近はジスロマックを通販で購入できるようになっています。 性病は恥ずかしいと思う方が多く、ネット通販で購入する方も増えています。 ですが、自分がどのような性病に感染しているのかわかりませんし、通販品の半分以上が偽物と言われています。 偽物なら完治しないだけでなく、副作用が強く出てしまう危険性もあります。 ジスロマックは1回飲むだけで性病が完治できるので、2回病院に行くだけ(初回と再検査のため)ですから、その方が安全で確実です。

次の