中国、吉林省・黒龍江省でイナゴ発生 食糧危機の恐れ。 中国ではイナゴ大量発生か。南米アルゼンチンでも。世界的な食糧不足の中どう生きるか

中国桂林市、イナゴの大群襲来 当局に「食糧用地」確保の動き

中国、吉林省・黒龍江省でイナゴ発生 食糧危機の恐れ

農業が盛んな広西チワン族自治区桂林市全州県でこのほど、イナゴの大群が襲来した。 最近、中国当局が「食糧生産用地」を確保する方針を打ち出し、今後、食糧危機が起きる可能性が高いとの見方が出ている。 インターネットで投稿された現地の写真を見ると、農作物だけではなく、柵や住宅、生産者の服までイナゴが隙間なく覆った。 「恐ろしい光景だ」と撮影者が驚きの声を上げた。 ネットに「大規模襲来の前兆だ」、「恐れたことが現実となった」、「今から手を打たないと、制御不能になる」との書き込みが相次いだ。 現時点で、全州県政府が公式に発表した被害面積は数百畝(一畝=667㎡)に及ぶ。 今起きている長江流域の洪水とイナゴによる被害で今後、中国国内に食糧危機が起きる可能性が出ている。 四川省成都市農村農林局がこのほど、「食糧生産用地」の確保を進めている。 農家に果樹などの栽培を取りやめ、イネなどの植え替えを推奨している。 一畝あたりに3000元(約4万5000円)の補助金を支払うという。 米メディア、ラジオ・フリー・アジア(RFA)のインタビューで、同市担当者は「食糧生産用地の確保政策は全国で実施している」と述べた。 湖北省孝感市の幹部がRFAに対して、同市も食糧生産用地の確保に取り組んでいると認めた。 成都の農家によると、小麦より果樹栽培の収益性の方が数十倍も高い。 それでも、政府が小麦栽培への切り替えを要求しているのは、食糧備蓄の不足を考えられる。 アメリカとの対立が高まるなか、中国当局が国内の食糧備蓄が不足しているにも関わらず、アメリカからの食糧の輸入を停止した。 重慶市のある関係者はRFAに対して、現地の倉庫に備蓄された食糧は上の段だけ、下の段は砂で埋められており、粉飾工作を行っていると話した。 「中国の食糧危機が深刻な状況にある」という。 6月中旬に、中国湖南省永州市寧遠県にもイナゴによる被害があった。 イナゴで住宅や庭が覆われて、住民は窓を開けることができなかった。 6月初めに、中国の主要米産地、東北の吉林省及び黒竜江省にもイナゴが観測された。 1平方メートルあたりに50匹が密集している。 (大紀元日本ウェブ編集部) 【関連記事】•

次の

重慶洪水被害、ネットユーザーが相次ぐ動画投稿 当局は「逮捕」と言論統制

中国、吉林省・黒龍江省でイナゴ発生 食糧危機の恐れ

長江の中流にある湖北省宜昌市では6月27日、豪雨と洪水に見舞われた後、6月30日、長江の下流に位置する安徽省淮南市や江蘇省南京市などで激しい雨に見舞われ、各地で洪水が発生した。 中国中央気象局は6月に入ってから、南部で大雨注意報を29日間連続発令した。 26の省で1374万人の市民が被災した。 中国メディアの報道によると、安徽省合肥市の水害防止本部は6月28日、同市内の長江水系の淡水湖、巣湖(そうこ)で水位の上昇を観測し、警戒水位を0. 07メートル超えたと発表した。 当局は30日前後、水位が引き続き上昇すると警戒した。 インターネット上に投稿された映像では、安徽省淮南市の鉄道の駅、淮南駅構内に水が流れ込んだ。 長江の沿岸都市である同省の蕪湖市では、長江は氾濫する一歩手前の状態だ。 また、6月28日午前0時から8時まで、江蘇省南京市の浦口区、溧水区、高淳区などでは非常に激しい雨に見舞われた。 同日午前8時頃、南京市内の55の小型ダムで水があふれた。 ネットユーザーがSNS上に投稿した動画では、28日に南京市内の道路が冠水し、自動車が水に浸かった様子が確認できる。 いっぽう、南部の浙江省衢州市(くしゅうし)の一部では6月30日に猛烈な雨が降った。 市気象台は同日午前9時15分に大雨特別警報を発令した。 この影響で、市内柯城区で水害が発生し、同市常山県は住民60人を避難させた。 6月30日付の中国紙・毎日経済新聞によれば、中央気象台が同日午前、大雨注意報を発表した。 気象当局は6月2日以降、同注意報を毎日出していたため、同紙は「近年、非常にまれなことだ」とした。 中央気象台は、30日午後2時から7月1日午後2時までに、四川省、雲南省、貴州省、湖南省、江西省、福建省、浙江省など各地が、大雨、または非常に激しい雨に見舞われると警告した。 国営中央テレビ(CCTV)は6月26日、豪雨の影響で国内26の省・市が洪水に見舞われ、1374万人の市民が被災したと報道した。 81人が死亡、または行方不明となった。 (翻訳編集・張哲).

次の

中国、吉林省・黒龍江省でイナゴ発生 食糧危機の恐れ: ChiNazi?!

中国、吉林省・黒龍江省でイナゴ発生 食糧危機の恐れ

こんにちは! 今日は、前から話題になってる バッタの大群の話です! 今後さらに、大群が増えて1兆9000億匹の規模になると、国連は推定しているそうです。 バッタやイナゴは、雑食で何でも食べる、食べ尽くす!そうですね。 食べるものがなくなれば、共喰いまで… 今回アフリカから、発生したこのバッタの大群ですが、本来は7~10月に増えるそうなんですが、もう3月くらいから、言われてますよね? そんでもって、大雨によってまた増えるそうなので、 コロナよりこちらの方が終息の出口が遠そうです。 バクトビバッタは一日の移動距離が100キロ~200キロと言われています。 これが、どんどん移動して繁殖をつづけているんですね。。。 大飢饉ピンチです! このアフリカからのバッタは、は超えない!と言われていたのですが、この記事では、 アフリカから発生したではないか?と書かれております。 ン(Abaddon)とは、『』に登場する奈落の王で、で「破壊の場」「滅ぼす者」「奈落の底」を意味する。 日本語では「ーン」とも表記される。 5番目の天使がラッパを吹く時に、「馬に似て金の冠をかぶり、翼と蠍の尾を持つ」姿で蝗の群れを率いる天使として現れ、人々に死さえ許されない5ヶ月間の苦しみを与えるという。 蝗害が神格化されたものだと考えられている。 には、 神の怒りに触れたで、病気の蔓延やバッタの大発生といった災禍が相次いだという記述がある。 引用元: 蝗害って言うんですね。 難しい字です。 最近、というか今年に入ってから、オタクのように聖書系の雑学の知識も 取り入れています。 日本にやってくる可能性は?? 日本にまで飛来してくる可能性は限りなく低いと言われています。 でも、不安ですよねー。 日本に、直接来なくても価格高騰で、大打撃ですし 食糧事情が悪化すれば、新型コロナですでに悪化している各国の、国家間の緊張がさらに高まりそうですよね? 中国は洪水、水害、決壊問題等も抱えていて、次は何がくるのか??って感じですが・・・ 中国南部のやなど11の省は、6月8~11日まで、豪雨による洪水と土砂災害での 直接的な経済損失は日本円で、約609億円だそうです。 今はもっと・・・ですよねー。 良かったら、読んでくださいませ。 それに追い討ちをかけるようにで、350頭以上の謎のゾウの死体を発見した。 死因がいまだ謎のままで、政府によると、わかるまでに、数週間かかるらしいです。 病気や毒の可能性もあり、神経系を攻撃されている可能性があるとみているようです。 その原因が分からなければ、これが人間にも感染する病気だったらもう、終わりですよねー。 怖いですわ。 土や水源に原因がある場合もあるようで、これもはやく原因わかれば良いですよね。 今年は大統領選挙終わるまで、なんだか落ち着かないです。 も秋までに解散とかささやかれています。 大統領選挙終わっても、コロナ禍や諸々、不安な世界から開放される日が来るのでしょうか? なにかに、 人類が天罰を受けているような憂鬱な気分です。 投資家にとっては、コロナよりバッタが命取りに、なるかもしれないので、こちらの情報もチェックしておかないと、いけませんね。 私はが蔓延し始めた時に、少しだけ小麦系のも購入しました。 含み損抱えていますが、食糧問題も今後は視野にいれていかないといけないと、考えています。

次の