バンブルビー カレー。 【バンブルビー】大阪のスパイスカレーの老舗!スパイス推しだが素材の味が生きたカレーを頂く!

大好きなカレー

バンブルビー カレー

(2018年4月28日更新) 大阪のスパイスカレーの老舗え名高い「バンブルビー」さん。 スパイスごりごりの食べ応えのあるカレーを提供してくれます。 ジビエなどが食べ応えがありますが、日替わりカレーなどはやさしい味わいで食べやすいです。 基本の3色カリーを頂きに この日のメニューと注文 私は基本の「3色カリー」をいただいたことがありませんでした。 基本のカリーをいただこうと思い、寄れる機会があったので行ってまいりました。 メニューは表に掲示してあります。 この日は季節となって牡蠣とほうれん草カレーが日替わりでラインナップされていました。 3色カレーで、鶏キーマと牛キーマと一緒に牡蠣とほうれん草も頂くことにしました。 提供されたのがこちらです。 ご飯は白米と玄米が選べますので玄米にしました。 どのカレーも濃い色をしていて存在感があります。 優しい味わいの牛キーマ まずは牛キーマをいただきました。 バンブルビーでは辛さランクが下のほうなのでそんなには辛くないです。 しかし見た目の色のとおり、スパイスはたっぷり入っています。 そのスパイス感の中にも牛肉の旨みが絡んで優しい味わいです。 スパイス推しの鶏キーマ 次に鶏キーマです。 見た目は牛キーマと差はありません。 こちらは辛さレベルが少し上がります。 上がったとたんスパイス感が強くなります。 しかし鶏の旨みと上手に調和するため食べやすいです。 スパイス以外にも甘みを感じます。 野菜などで出汁を取られているのでしょうか。 2種類とも味が濃いので、うっかりご飯を全部食べてしまいそうになります。 エキスがしっかり出てほうれん草と合う牡蠣キーマ 最後に牡蠣とほうれん草キーマです。 こちらもスパイス感が強いですが、上記2つほどではなく牡蠣の旨みをたっぷり感じられるカレーになっています。 牡蠣とほうれん草はよく合う! 冬がやってきた感じです。 ほうれん草の甘みと牡蠣の旨みをしっかり感じられるカレーでした。 まとめ バンブルビーさんのカレーにはベビーコーンなどをスパイスであえている付け合わせがついてきます。 こちらもしっかり味がついていてスパイス感もありおいしいです。 いままではマトンや山羊などのジビエをいただくことが多かったですが、基本の3色カレーもおいしかったです。 スパイスがたくさん入っている感じはあるのですが、素材の味が生きているのがバンブルビーさんの特色です。 また行ったときは久々にスパイスごりごりのジビエカレーも食べたいし悩んでしまいそうな気がします。 バンブルビーに行くには バンブルビーさんは地下鉄本町駅の西側改札をでて24番出口から地上に上がり、西側に進んで2つ目の角を左に曲がると左手に青いテントが見えてきます。 徒歩5分くらいです。 <合わせて読みたいカレー関連>.

次の

バンブルビー|eoグルメ

バンブルビー カレー

by ハマ• 鳥のキモは大好きですが、単品は物足りないかな〜とメニューを見ながら悩んでいると、マスターが3色盛りにも出来ますよ〜と言ってくれた。 そろって大盛りを注文! 右が鳥キモ、左がマトン、上が野菜カリーです。 早速、鳥肝からパクつきます! こりゃビックリ!めちゃ旨い。 キモ特有の臭みやクリーミーな舌触りはあまりないのでキモ好きの人には物足りないのかもしれませんが、非常に食べやすく完成された味です。 となりのマトンが今まで一番好きでしたが、これは甲乙つけがたい・・・。 辛さはマトンを超えてしまってます。 となりの友人はより辛いと言ってました・・・。 野菜カリーはなんと里芋が入っていた。 他には赤い豆やキノコやオクラが・・!ホタテベース?和風なカレーです。 キノコのツルッとした食感が気持ち良かったです。 食品カテゴリで基準値が異なる! 女性には厳しい? ともにその時々の体調、状況などにより変わる。

次の

【大阪カレー】本当に美味しい絶品おすすめカレー25選!

バンブルビー カレー

エスニック料理 淀屋橋・北浜・本町 バンブルビーバンブルビー 週7日でも大丈夫!健康スパイスカリー。 それでも、よりおいしいものを食べたいと考えた結果、スパイスを使って味付けするカレーに行き着いた。 もちろん、お客さんに出すカレーには最小限の塩などは使用しているが、山羊や鴨や馬など脂の融点が低い肉を使って体内に脂が残らないように配慮したり、玄米かライスのセレクトなど、一皿のカレーには、たっぷりと体への気遣いがあふれる。 そんな健康コンシャスなカレーにうま味を足すのは、やはりスパイスだ。 壁には約20種類のホール状のスパイスの瓶、さらに棚の上には秘密のスパイスも並んでいるという。 それを自分で焙煎して、ミルにかける。 カレーはとり肉、野菜、など8種類あり、全てスパイスの配合が違うのだ。 「SPジビエ三兄弟版三色カリー」は食いしん坊で健康コンシャスな藤岡さんの想いがつまったカレーといえる。 3種のカレーを盛り込んだ一皿で3度おいしいカレーだが、山羊カリーは骨付きの肉で、猪カリーは栗と一緒にあわせて、馬カリーはキーマにするだけでなく、上質の脂をゴロリと置くなど、様々な楽しみに満ちている。 1日1カレーでも日替わりで1週間通うことが可能。 もちろん、気になる健康のほうも御墨付きなので安心だ。

次の