ミーティング用 zoom クライアント。 Zoom ミーティングまとめ

ZOOMインストール方法

ミーティング用 zoom クライアント

ZoomをPCで利用する際、使用するツール(アプリ)のインストール方法をご紹介します。 us の最下部にある、ダウンロードをクリック 設定したミーティングURLにアクセスしても、ツールは自動的にダウンロードされます。 表示された画面の「ミーティング用」Zoomクライアントの「 ダウンロード」をクリック 3. ダウンロードされたファイルをダブルクリックすると、アプリのインストールが始まります。 ダウンロードが完了後、サインイン画面が表示されたら、インストールが完了です。 Zoomについて、もっと学びたい方へ Zoomの使い方について、もっと詳しく知りたい人は、Zoom革命がこれまでに行ってきたセミナー動画で詳しく学ぶことができます。 リアルの会場とオンライン参加者をZoomで繋ぐハイブリッドセッションや、オンライン講座の開き方を動画で学びたい方はこちら。 Zoom活用についての個別のご相談は、こちらから承ります。 Zoom活用を実践するオンラインサロンに参加できます。 (1ヶ月の無料入会制度がありますので、気軽にお試し下さい。

次の

Zoom ミーティングまとめ

ミーティング用 zoom クライアント

【Zoom】PCへのインストール方法 まずは、 PCへのインストール手順をご紹介します。 Zoomでは公式アカウントの取得が可能ですが、ダウンロードやインストールにアカウント取得は必須ではありません。 また、ゲストとしてミーティングに参加するだけであれば、アカウントがなくても問題なく利用できます。 ですから、まずはクライアントアプリのダウンロード、インストール方法についてご案内します。 クライアントアプリのダウンロード Zoomのインストーラーは、で配布されています。 ホーム画面下部の「ダウンロード」から、「ミーティングクライアント」をクリックしましょう。 「ミーティング用 Zoomクライアント」のダウンロードをクリックすると、クライアントアプリのインストーラーがダウンロードされます。 クライアントアプリのインストール ダウンロードしたインストーラーを起動すると、インストールが始まります。 Zoomはシンプルなアプリのため、インストール自体に時間はかかりません。 また、特に情報を入力する必要もありません。 アカウント取得 Zoomのダウンロードや利用にはアカウントに取得は必須ではありませんが、ミーティングの主催など Zoomの機能をフル活用するためにはアカウントを持っていることが望ましいでしょう。 今後、ミーティングを主催する予定がある方は、ユーザー登録を行ってください。 まず、にアクセスしてください。 右上の「サインアップは無料です」と書かれたタブをクリックすると、サインアップページに遷移します。 「仕事用メールアドレス」と表示されているボックスにアカウントでユーザー登録用に使用するメールアドレスを入力しましょう。 「サインアップ」をクリックすると、登録確認用のメールが入力したメールアドレスに送信されます。 メーラーを開き、登録確認用のメールを見ましょう。 本文には「アクティブなアカウント」というタブと、アカウント有効化ページの URLが記載されています。 どちらかをクリックし、アカウント有効化のためのページを開いてください。 ブラウザに表示されるページでは「名」「姓」「パスワード」「パスワード(確認用)」を入力します。 パスワードは同じものを 2回入力してください。 また、今後サインインの際に使用しますので、忘れずに控えておくようにしましょう。 その後、「続ける」をクリックし、入力情報に不備がなければアカウント登録完了です。 登録完了を知らせるメールが届きますが、特に操作は必要ありません。 ブラウザ上はプロフィール登録画面に遷移します。 タイムゾーンや国、顔写真を設定してください。 入力後は、「変更を保存」を忘れずクリックするようにしましょう。 以降、公式ホームページ右上の「サインイン」からは、アカウントのページにサインインできます。 サインインにはメールアドレスとパスワードの入力が都度必要です。 パソコンのブラウザに記憶させておくと、サインインが楽になります。 【Zoom】スマートフォンへのインストール方法 スマートフォンに Zoomをインストールするためには、各 OSのアプリ提供プラットフォームを利用します。 iPhoneの場合は iOSのため「 App Store」、 Androidスマホの場合は「 Google Play」です。 ZoomをiPhoneにインストールする方法 Zoomを iPhoneにインストールにはまず、「 App Store」を開きます。 App Storeは iOS公式のアプリ配信プラットフォームであり、 iPhoneには標準で搭載されています。 ホーム画面にアイコンがあるはずなので探してみましょう。 App Storeでは、アプリを名前で検索できます。 検索欄に「 zoom」と入力し、検索してください。 候補が複数表示されますが、「 ZOOM Cloud Meetings」というアプリが該当のアプリです。 「入手」をタップするとダウンロードが始まりますが、サインインしていない場合は Apple IDでのサインインが求められるかもしれません。 取得している IDとパスワードでサインインしてください。 あらかじめ設定している場合は、指紋認証や顔認証も利用できます。 正常に認証が行われるとダウンロードが始まり、ほどなくしてインストールが終了します。 ホーム画面に Zoomのアイコンが追加されていることを確認してください。 ZoomをAndroidにインストールする方法 Androidスマホの公式アプリ配信プラットフォームは「 Google Play」です。 「 Playストア」というアイコンで開けます。 端末や Androidのバージョンによって異なりますが、アイコンはホーム画面、もしくは「設定」にあるケースがほとんどです。 Google Playでは、 Google IDを用います。 あらかじめ端末に Google IDを登録していなかった場合は、サインインが求められるかもしれません。 また、 Google IDを持っていない場合は、作成してから再度 Google Playを利用してください。 Google Playでもアプリを名前で検索できます。 検索窓に「 zoom」と入力しましょう。 「 ZOOM Cloud Meetings」というアプリが該当のアプリです。 「インストール」をタップすると、ダウンロード・およびインストールが始まります。 Zoomのインストールに料金はかかる? Zoomには、ユーザーに応じて複数のプランが用意されており一部のプランは有料です。 Zoomをインストールした際に、料金が発生するようなことはあるのでしょうか? 結論から申し上げると、 OSや端末を問わずダウンロード・インストール時に料金が発生することはありません。 App Storeや Google Playにはダウンロード時に課金されるアプリもありますが、 Zoomは無料でインストールできます。 クレジットカードやプリペイドカードを登録していたとしても、料金発生はありません。 Zoom自体は、無料プランでも十分な機能が展開されています。 開催予定のミーティングの規模やミーティングの所要時間によっては有料プランの切り替えが必要ですが、他のビデオ会議アプリに比べてランニングコストが低い点も評価されています。 まずは、で使用感を確かめ、必要に応じて有料プランに切り替えてはいかがでしょうか。 端末を問わず、 Zoomのインストール方法に特別難しい点はありません。 PCやスマートフォンで何らかのアプリケーションを導入したことがある方であれば、容易にインストールできるでしょう。 あまり経験がない方でも、今回ご紹介した内容を参考にしていただければ問題なくインストールできるはずです。 さらに、シンプルな操作で導入後もスムーズに使用できるのが Zoomの魅力のひとつ。 企業で導入し、会議の効率化に役立ててください。

次の

ZoomPCアプリのインストール方法

ミーティング用 zoom クライアント

Web会議ツールであるZoomはWindowsやMacのPCアプリをダウンロードしたり、iPhoneなどのスマホにアプリをダウンロードすることで利用するのが一般的です。 しかし、会社によってはデスクトップアプリをダウンロードしインストールすることが禁止されていたり、家族や友人のPCをちょっと借りてZoomを使いたいという場面もあるかもしれません。 そんなZoomをダウンロードしない、できない場面ではどうしたらいいかを今回はお話しするとともに、通常インストールの方法も解説します。 Zoomをインストール不要で使用する方法 まずは結論から。 Zoomをインストール不要で使用する方法はWebブラウザからZoomを使用する。 Chromeブラウザでの手順• ミーティング参加者に招待メールを送る• 招待を受信した参加者はブラウザでの参加のリンクをクリックする• ダウンロード開始画面の「アプリケーションをダウンロードまたは実行できない場合はブラウザから参加」の参加をクリック• ミーティングに参加するときの名前を入力して参加ボタンを押す• コンピューターオーディオのタブを選択• この手順はすでにZoomのPCアプリがダウンロードされていたり、2. iPhoneのアプリから参加リンクを送りましたが、こちらは特に問題なく参加することが可能でした。 これらの手順でZoomのミーティングに参加する場合も通常の手順と同じく、無料です。 なお、スマホはZoomアプリで参加することが必須のため、Webブラウザからの参加はできません。 Zoomを通常インストールする場合の手順 Zoomをインストールすることなく、Webブラウザで使用した場合の手順をお話しましたが、次は通常の手順でのインストール方法を解説します。 よほどの理由がない限り、Zoomのアプリをインストールした方が快適に利用していただく事ができるのでおすすめ。 ZoomのアプリはパソコンのPC用のアプリとスマホ用のアプリとそれぞれ用意されています。 インストール方法の違いはそれほどありません。 ZoomのPCアプリをダウンロード Zoomの公式ページからまずはPCアプリをダウンロードし、インストールします。 その際に基本とプロ、ビジネス、企業と選ぶことになりますが、お試しや個人でZoomをインストールする場合は基本プランを選ぶと良いでしょう。 逆に企業にZoomを導入したいとお考えの方 担当者 の方は一度専用のお問い合わせフォームからお問い合わせいただくのが良いでしょう。 アカウント数に応じて機能や料金など最適なものを直接ご提案させていただく事が可能です。 基本プランと有料プランの違い Zoomの基本プランと有料プランの違いを比較しました。 無料プランは料金不要でほとんどのZoomの基本的な機能を利用いただけますが、いくつか制限があります。 基本プラン プロ以上の有料プラン グループミーティング利用時間は40分まで グループミーティングの利用時間24時間 1対1の会話は無制限 管理者機能コントロールあり クラウドへの録画機能なし クラウドへの録画機能あり 他にも細かい機能の違いはありますが、大まかに分けると上のようになります。 今回は基本プランを選んだ場合のケースでお話しします。 サインアップとアカウントの有効化 クリックすると無料サインアップの画面がポップアップします。 仕事用メールアドレスと書かれているところにメールアドレスアドレスを入力してサインアップボタンをクリックしてください。 するとZoomから入力したメールアドレスに確認用メールが届きます。 そのメールアドレスにあるアクティブなアカウントというボタンをクリックし、アカウントを有効化してください。 アカウントの作成しアプリダウンロードからインストール完了まで 名前やパスワードを入力する画面が現れるので、所定の場所にそれぞれ必要情報を入力。 後ほど知り合いにZoomを紹介したり、招待する事が可能です。 するとご使用のパーソナルミーティングURLが表示されるのでそれをクリック。 この時にiPhoneやAndoroidスマホで手続きをしているとスマホ用のアプリダウンロード、インストールに進みますので注意してください。 PCアプリをWindowsやMacにインストールする場合はメールアドレスをWindowsやMacで開くようにしましょう。 この後、アプリダウンロードの画面が開きますので、ダウンロードし、WindowsやMacにインストール、そしてサインインすればログインまで完了です。 まとめ 高性能Web会議ツールZoomをインストールして新しい働き方へ。 Zoomをインストールすることにより、オンラインで連絡や会議ができるので、リモートワークや在宅勤務が簡単に可能となります。 簡単な使い方で導入も簡単、さらに画面共有や資料共有機能によってこれまで会議資料を印刷し、全員に前もって社内やクライアントに配布するなどの会議開催の必要であった手間も省くことができます。 Zoomは基本プランでも優秀すぎるくらいの機能を使うことができますが、ミーティングのビデオ録画をクラウドに保存し、参加者に共有する機能がつき、そしてグループミーティングの時間制限がないプロやビジネスも魅力的です。 ぜひみなさんの働き方改革ツールとしてZoomアプリをインストールして使用してみてくださいね! また先ほどご案内しましたが、企業としてZoomの導入をお考えの方はインストールの前に一度専用のフォームからお問い合わせいただくと良いでしょう。 専門の担当者からアカウント数や必要な機能など条件にあった最適なプランや料金をご案内させていただく事が可能です。 お気軽にお問い合わせください。

次の