港 の ヨーコ ヨコハマ ヨコスカ 歌詞。 宇崎竜童「阿木の詞で作曲に困ったのは“港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ”1曲だけ」

港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ:ダウン・タウン・ブギウギ・バンド【歌詞検索

港 の ヨーコ ヨコハマ ヨコスカ 歌詞

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年11月) 「 カッコマン・ブギ/港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」 の 初出アルバム『傑作大全集 1 (LPバージョン)、傑作大全集(シングル・バージョン) 2 』 カッコマン・ブギ 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ リリース 規格 録音 1975年 時間 7分3秒 (作詞) (作曲)• チャート最高順位• 週間1位()• 1975年度年間5位(オリコン) シングル 年表 () カッコマン・ブギ/港のヨーコ ヨコハマ ヨコスカ (1975年) 商品には手を出すな! /賣物ブギ (1975年) 目次• 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ [ ] の週間順位で5週(1975年6月23日 - 7月21日付)に渡り1位を獲得。 では第5位にランクインし、さらにの『』に初出場をした。 同じく同年開催のでは、を受賞している。 発売当初は「カッコマン・ブギ」をA面にして発売された。 これは前作「」がヒットしたことで、次のシングルもブギ物としたものだが、発売前に表題曲が有線チャートで急上昇したため、発売1か月後に「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」をA面に格上げして再発売した。 累計売上はに達した。 楽曲の大半がギターによるリフをバックに語られるセリフで構成された作品である。 は、当時既に本バンドのででもあるの妻であったによるもので、阿木の作詞家としてのデビュー曲である。 ある女性を捜している主人公の男性が、接点を持っていた人物達の証言を頼りに少しずつその女性へ迫っていく内容の歌詞で、登場するセリフは主に、その証言者たちの言葉である。 とがそのままタイトルに織り込まれた、の「」の1つであり、シングル・バージョンのには港での汽笛音など、が挿入されている。 宇崎は阿木が書いた詞に感激し「コレこそ俺の唄うべき歌だ」と感じて作曲に取りかかったものの、冒頭の「一寸前なら憶えちゃいるが…」の部分を曲に乗せようとすると「」()と酷似したリズムしか発想できないことを心苦しく思っていた。 その時聞き返していたアメリカの ()がヒントになり、「すべての詞を語りにする」というアイデアが生まれた。 系にて放送されたの『超豪華!! 歌謡史決定版ザ・ヒットメーカー 作詞家・阿久悠40周年記念特別企画』(2005年12月29日放送)において、がゲストで出演した阿木燿子を前に、本楽曲中に登場する「アンタ、あの娘(コ)のなんなのさ!」というセリフ(にもなった)について「衝撃的だった」という旨を語った模様が放送された [ ]。 『』や『』といったにも収録されている。 収録曲 [ ]• 全作曲:宇崎竜童 編曲:ダウン・タウン・ブギウギ・バンド• カッコマン・ブギ(2分27秒) 作詞:• 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ(4分36秒) 作詞:阿木燿子 アルバム収録時に評判を呼んだため、新たにシングル用にボーカルを再録音した上で収録。 CMでの使用 [ ] に富士写真フイルム(現:)「」のテレビで、「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」が使われた。 が「髪の長いヨーコ」を探しに港のバーに来ると、バーテンから「髪の長い女、ここにはたくさんいるからな」と言われ、振り返ると名前が「ヨーコ」の有名人(、、)が出現するというもの。 なお、、、、、なども出演者の候補に上ったという。 春から放送されている(現・)「」ので、「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」がパロディで使われている。 宇崎に扮した「きの山さん」(きのこの山のキャラクター)が歌っているところにが割り込むという設定になっている。 なお、この宇崎に扮したきの山さんはの(きのこの山 きの山さんつぶやきストラップ)で商品化された。 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカの関連曲 [ ] アンサーソング [ ] 「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」のヒット当時、数々のが作られた。 シングル盤「帰って来た港のヨーコ」 作詞・作曲・歌:エコノミック・アニマルズ 「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」の後日譚。 阿木燿子と宇崎竜童は製作に関わっておらず、内容が下記の「逃亡編」などと矛盾している。 シングル盤「アンタ私の何んなのさ!? カバー・バージョン [ ]• 、が企画LP「鶴光のかやくごはん」でカバーした。 、が21世紀バージョンとしてセルフカバーした。 とがコーラスとして参加している。 、がカバー・シングルを出した。 、が企画アルバム「」でカバーし、同アルバム参加のアーティストたちがコーラスをつとめた。 、ドラマCD『』で、登場人物であるを演じたがカバーしている。 カッコマン・ブギのカバー・バージョン [ ]• 2002年、がアルバム「」でカバーした。 映画「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」 [ ] 1975年9月20日公開の松竹映画。 横浜・横須賀を渡り歩く姉・ヨーコに母の死を告げるべく捜し廻る妹を描く。 スタッフ [ ]• 脚本 、• 助監督• スチール キャスト [ ]• 中条さとみ• 早瀬由香• 久保木紀子• 橋爪マリ• 高野明• 井上吾郎• 松永誠一• 椿周造• 吉岡千吉• 相羽勉• 寺内晴美• ダウン・タウン・ブギウギ・バンド• ダウン・タウン・ブギウギ・バンド• ダウン・タウン・ブギウギ・バンド• ダウン・タウン・ブギウギ・バンド 相原誠 脚注 [ ] [].

次の

港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ

港 の ヨーコ ヨコハマ ヨコスカ 歌詞

世間では「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」を歌っているグループと認識されているが、彼らはそのイメージを払拭しようとした。 過去の楽曲を封印し1980年に ダウン・タウン・ファイティング・ブギウギ・バンドと改名したのだ。 その楽曲群を聞いていると、マーケットに対する音作りではなく音楽としての音作りを優先させていると理解できる。 改名前よりシリアスな楽曲も多く信念を貫いているせいか説得力が増している。 彼らは音楽として挑戦することを忘れない。 世代間の違いはあるだろうが、やはり「アンタ、あの娘の何なのさ」という歌詞はもはや国民的なフレーズになっている。 フレーズが先走りして、同フレーズを歌っているのが誰であるかを知らなかった人も中にはいるのではないだろうか。 同フレーズを生み出したのはダウンタウンブギウギバンドであり、さらに言えばボーカル宇崎竜童と作詞家・阿木燿子の深い仲があり生まれたのだ。 ボーカル宇崎は同曲が発売される前から妻となる阿木の作詞家としてのセンスを見出していたという。 今回は二人の音楽家としての関係に触れつつ、大ヒット曲「 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」の魅力に迫りたい。 二人は息の合ったコンビで数々の名曲を生んでいるが、この詞はどう作曲すればいいか宇崎は困惑したという。 同曲に限らず阿木の詞はストレートに書かれたものは少なく、リスナーに想像力を与え情緒を生む。 同詞を見ても「判らない」を「一年前」という限定した形にすることにより、リアリティが増しているのがわかる。 さらにその後の一言「髪の長い女だってここにゃ沢山いるからねェ」でこの話している人物のキャラクター性が一気に垣間見える。 多くのリスナーは「港」にいる少しがさつで人情味のある人物が頭に浮かぶのではないだろうか。 作詞家とはある意味で「リスナーに想像させる」という仕事であり、阿木は十二分にそれを心得ているのだ。 作詞家として駆け出しの頃に書かれた同曲であるが、夫である宇崎は作詞家としての彼女の力量を誰よりも理解していたはずだ。 トーキング・ブルースとはその名の通り、ブルースのリズムの上で話していくスタイルだ。 このスタイルは言葉がすっと耳に入り、歌詞の意味がより伝わりやすい。 セリフというのはメロディがない分、人々は言葉の内容をより注意深く聞くのだ。 「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」は物語性の強い歌詞であり、この話すスタイルがぴったりはまっているのだ。 誰かが証言している、つまり 「伝聞」を使い作詞を行っている。 意識的かどうかは不明であるが、作詞家としてのセンスを感じざるを得ない。 そこにトーキングスタイルを見出した宇崎竜童のセンスにも脱帽だ。 トーキングスタイルの使用により言葉は生々しく伝わる。 さらに宇崎のダンディな声と男らしい面構えはよりブルースをそれらしくさせている。 また「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」は美しいコーラスに和田のギターソロがあってこそ成り立つということを忘れてはいけない。 心を打つトーキングブルースは極上の演奏の上にしかなり得ないのだ。 「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」は様々な要素があってこその名曲なのだ。 何よりダウンタウンブギウギバンドの音楽からは純粋なブルースの魂を感じられる。 歌声に演奏に容姿、彼らはブルースに選ばれた男たちなのだろう。 TEXT:.

次の

港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ 歌詞 ダウン・タウン・ブギウギ・バンド ※ macdonald.360heros.com

港 の ヨーコ ヨコハマ ヨコスカ 歌詞

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年11月) 「 カッコマン・ブギ/港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」 の 初出アルバム『傑作大全集 1 (LPバージョン)、傑作大全集(シングル・バージョン) 2 』 カッコマン・ブギ 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ リリース 規格 録音 1975年 時間 7分3秒 (作詞) (作曲)• チャート最高順位• 週間1位()• 1975年度年間5位(オリコン) シングル 年表 () カッコマン・ブギ/港のヨーコ ヨコハマ ヨコスカ (1975年) 商品には手を出すな! /賣物ブギ (1975年) 目次• 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ [ ] の週間順位で5週(1975年6月23日 - 7月21日付)に渡り1位を獲得。 では第5位にランクインし、さらにの『』に初出場をした。 同じく同年開催のでは、を受賞している。 発売当初は「カッコマン・ブギ」をA面にして発売された。 これは前作「」がヒットしたことで、次のシングルもブギ物としたものだが、発売前に表題曲が有線チャートで急上昇したため、発売1か月後に「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」をA面に格上げして再発売した。 累計売上はに達した。 楽曲の大半がギターによるリフをバックに語られるセリフで構成された作品である。 は、当時既に本バンドのででもあるの妻であったによるもので、阿木の作詞家としてのデビュー曲である。 ある女性を捜している主人公の男性が、接点を持っていた人物達の証言を頼りに少しずつその女性へ迫っていく内容の歌詞で、登場するセリフは主に、その証言者たちの言葉である。 とがそのままタイトルに織り込まれた、の「」の1つであり、シングル・バージョンのには港での汽笛音など、が挿入されている。 宇崎は阿木が書いた詞に感激し「コレこそ俺の唄うべき歌だ」と感じて作曲に取りかかったものの、冒頭の「一寸前なら憶えちゃいるが…」の部分を曲に乗せようとすると「」()と酷似したリズムしか発想できないことを心苦しく思っていた。 その時聞き返していたアメリカの ()がヒントになり、「すべての詞を語りにする」というアイデアが生まれた。 系にて放送されたの『超豪華!! 歌謡史決定版ザ・ヒットメーカー 作詞家・阿久悠40周年記念特別企画』(2005年12月29日放送)において、がゲストで出演した阿木燿子を前に、本楽曲中に登場する「アンタ、あの娘(コ)のなんなのさ!」というセリフ(にもなった)について「衝撃的だった」という旨を語った模様が放送された [ ]。 『』や『』といったにも収録されている。 収録曲 [ ]• 全作曲:宇崎竜童 編曲:ダウン・タウン・ブギウギ・バンド• カッコマン・ブギ(2分27秒) 作詞:• 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ(4分36秒) 作詞:阿木燿子 アルバム収録時に評判を呼んだため、新たにシングル用にボーカルを再録音した上で収録。 CMでの使用 [ ] に富士写真フイルム(現:)「」のテレビで、「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」が使われた。 が「髪の長いヨーコ」を探しに港のバーに来ると、バーテンから「髪の長い女、ここにはたくさんいるからな」と言われ、振り返ると名前が「ヨーコ」の有名人(、、)が出現するというもの。 なお、、、、、なども出演者の候補に上ったという。 春から放送されている(現・)「」ので、「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」がパロディで使われている。 宇崎に扮した「きの山さん」(きのこの山のキャラクター)が歌っているところにが割り込むという設定になっている。 なお、この宇崎に扮したきの山さんはの(きのこの山 きの山さんつぶやきストラップ)で商品化された。 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカの関連曲 [ ] アンサーソング [ ] 「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」のヒット当時、数々のが作られた。 シングル盤「帰って来た港のヨーコ」 作詞・作曲・歌:エコノミック・アニマルズ 「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」の後日譚。 阿木燿子と宇崎竜童は製作に関わっておらず、内容が下記の「逃亡編」などと矛盾している。 シングル盤「アンタ私の何んなのさ!? カバー・バージョン [ ]• 、が企画LP「鶴光のかやくごはん」でカバーした。 、が21世紀バージョンとしてセルフカバーした。 とがコーラスとして参加している。 、がカバー・シングルを出した。 、が企画アルバム「」でカバーし、同アルバム参加のアーティストたちがコーラスをつとめた。 、ドラマCD『』で、登場人物であるを演じたがカバーしている。 カッコマン・ブギのカバー・バージョン [ ]• 2002年、がアルバム「」でカバーした。 映画「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」 [ ] 1975年9月20日公開の松竹映画。 横浜・横須賀を渡り歩く姉・ヨーコに母の死を告げるべく捜し廻る妹を描く。 スタッフ [ ]• 脚本 、• 助監督• スチール キャスト [ ]• 中条さとみ• 早瀬由香• 久保木紀子• 橋爪マリ• 高野明• 井上吾郎• 松永誠一• 椿周造• 吉岡千吉• 相羽勉• 寺内晴美• ダウン・タウン・ブギウギ・バンド• ダウン・タウン・ブギウギ・バンド• ダウン・タウン・ブギウギ・バンド• ダウン・タウン・ブギウギ・バンド 相原誠 脚注 [ ] [].

次の