横浜 ベイスターズ チア あゆみ。 diana(横浜ベイスターズ)のかわいい画像まとめ!現役と歴代のチアガールを紹介!

DeNAのチア「diana」の新メンバー決定&公開 約300人から20人を選考

横浜 ベイスターズ チア あゆみ

ズラリとそろう個性派集団!? 先述の通り、今年のdianaのキーワードは「個性」だ。 リーダーなどもあえて決めず、それぞれが自分の良いところを出した集合体として、エンターテインメント性をより高めるというのが目標。 続いて(左から)小谷津(こやつ)友里さん、鈴木あゆみさん、松山有華(ゆうか)さん 中村さんは「私は音大出身で、歌やピアノを勉強してきました」とアピールする。 ハッキリとしたその個性を使って「自分の得意な分野を活かして、野球を盛り上げていければ」と意気込む。 特技は歌とピアノ。 音大出身の実力者、中村さん ほかにも、保育士だったメンバーや留学経験者、果ては運動音痴とカミングアウトするメンバーや、体重の増減の激しさを売りにするメンバーまで。 (左から)2014年メンバー鈴木栞(しおり)さんと、 小玉智由美さん、Cyanさん、小林花桜里(かおり)さん ただ、個性的故にパフォーマンスのクオリティーに不安を感じるファンもいるかもしれない。 確かにダンス経験が不問だったため、diana選出時には初心者だったメンバーもいる。 しかし「経験を問わなかったからといって、レベルが低くていいとは思っていません。 試合がメインとはいえ、お金を払って来ていただいた球場でお見せするものですから」と話す球団広報は、メンバー決定後はダンスも猛特訓中で、質の向上にももちろん力を入れていると続けた。 取材を終えて 新生dianaは、試合中のダンスパフォーマンスや、幼稚園・保育園訪問などの社会貢献活動など、これまでの活動も続けつつ新しいフィールドにも進出する予定だ。 テレビや雑誌への出演やオリジナルソングの発表が計画されているそうで、「まずは横浜や神奈川のみなさんに知ってもらい、さらに広がっていければ」とのこと。 Yunaさんが「新生dianaが新しい風を巻き起こします!」と力強く宣言してくれた通り、今後は横浜スタジアム以外でもその活躍を見せてくれそうだ。 そうすることで「ファンのみなさんにとって、もっと身近な存在になっていきたい」という中村さんの目標にも近づいていくだろう。 (リーグ3位以内が出場できる)クライマックス・シリーズ出場へ向けて不退転のチームに華を添える、新しい女神たち。 チームの頑張り同様、新たな挑戦を続ける彼女たちにも注目だ。

次の

diana(横浜ベイスターズ)のかわいい画像まとめ!現役と歴代のチアガールを紹介!

横浜 ベイスターズ チア あゆみ

来年が結成14年目、今年のメンバーからは9人が卒業 DeNAは10日、オフィシャルパフォーマンスチーム「diana(ディアーナ)」の2019年度メンバー20人が決定したと発表した。 「diana」は来年が結成14年目。 オフィシャルパフォーマンスチームとしてチームの勝利を後押しするようなダンスパフォーマンス技術を持つメンバーを先行した。 約300人の応募の中、1次審査(書類選考)、2次審査(実技)、最終審査(実技、面接)を経て、20人のメンバーが決定したという。 2019年度の「diana」のキャプテンを務めるYayoiは「個性豊かな、熱い想いをもったメンバーが集まりました。 メンバー一丸となり、これまでよりもさらにパワーアップしたパフォーマンスで横浜スタジアムを盛り上げます! そしてファンの皆さまとともにチームを後押ししていきます! 横浜DeNAベイスターズを応援してくださる皆様にとってなくてはならない存在になれるよう努力していきますので、来シーズンもどうぞ宜しくお願いいたします」と球団を通じてコメントを発表。 また、2018年度のメンバーからはAyumi、Ayaka、Cyan、Shiho、Emily、Kyoka、Mai、Natsumi、Saoriの9人が卒業。 卒業メンバーを代表して、Ayumiは「4年前オーディションを受け、dianaのメンバーになれた時から私の人生は大きく変わり、語りきれないほどの幸せな思い出や大切な出会いがありました。 悩み苦しんだ時もありましたが、皆さまの前に立つ楽しさや喜びの方が何倍も強く、いつしかこの場所で皆さまと一緒に横浜DeNAベイスターズを応援することが私の生きていく原動力となりました。 そんな風に思わせていただいたファンの皆さまに、心から感謝しています! 最後まで未熟な私でしたが、いつも勇気やパワーを下さり、本当にありがとうございました」とコメントした。

次の

「サポーティングガールズユニット」に生まれ変わった横浜DeNAベイスターズ新生「diana」はどんな感じ?

横浜 ベイスターズ チア あゆみ

概要 [ ]• dianaは、にプロ野球の公式チアリーディングチームとして結成され、に公式サポーティングガールズユニットに体制変更した。 からはオフィシャルパフォーマンスチームとして活動を行う。 ここではチアリーディングチーム時代を初期diana、サポーディングガールズユニット時代を第2期diana、オフィシャルパフォーマンスチーム時代を第3期dianaとして記述する。 dianaとは、で『月の女神』の意味で、「横浜ベイスターズを明るく輝かせる『勝利の女神』となること。 」という意味が込められている。 その為、ダイアナとは発音せずと発音する 初期diana時代 2006年~2014年 [ ]• メンバーは、毎年で選ばれた十数名で構成される。 活動内容は、主催公式戦でのダンスパフォーマンス、YYパーク(イベント広場)でのパフォーマンスショーに加え、試合中のボールガールやリリーフカーの運転なども行う。 公式戦がない日は、二軍のでスタッフとして活動する場合もある。 更には、神奈川県で行われる各種イベント、TBS系のイベントに出演することがある。 2008年8月15日より公式ブログ「diana blog! 」が開設され、メンバーが順番に日記を公開していた。 2012年度より公式サイトにあった活動紹介ブログに統合された。 スローガン [ ]• 親会社がDeNAになった2012年より、dianaのチームスローガンを掲げるようになった。 2012年は、「継承と革新」である。 2013年、2014年は、「Always Full Swing ~勝利の喜びを共に~」である。 第2期diana時代 2015年~2017年 [ ]• メンバーは、毎年で選ばれた十数名で構成される。 本拠地主催試合でのパフォーマンス、「BAYビアガーデン」内特設ステージでのパフォーマンスショーに加え、神奈川県の幼稚園訪問やイベントにも参加。 中にはチアスクールの講師も務めるメンバーもいる。 2015年には「BIG WAVE」、2016年には「笑顔の魔法」をリリースした他、2016年8月にはTOKYO IDOL FESTIVAL 2016にも出演。 年1回「dianaファンミーティング」というイベントも開催した。 第3期diana時代 2018年~ [ ]• メンバーは、毎年で選ばれた十数名で構成される。 2018年のオーディションには過去最多の304名の応募があった。 2006年~2014年 森夕希子 テクニカルディレクター• 2008年~2010年 吉野砂里• 2014年 野村梨紗 衣装 [ ] 旧diana時代 2006年~2014年 [ ]• 4代目(2012年~2013年)は、全体が白色で胸元を留めたリボンと各所に入ったラインが濃紺の衣装。 4代目セカンドユニフォーム(2013年)は、全体が濃紺のセイラータイプで、ショートパンツが採用された。 5代目 2014年 は、白を基調として縁が青色で、サイドがレースアップ風の飾りとなったもの。 他団体との交流 [ ]• diana ディアーナ が誕生する前は、 が横浜戦のチアリーディングを行なっていた。 その関係で結成当初からチア交流が続いている。 2007年より、との3球団合同リハーサルをきっかけにチア交流が続いている。 この3チームは「Dream Park 野球場へ行こう」を同じ振付で共有している。 ただし、2015年以降チア・ドラゴンズとの交流はない。 2019年は交流が復活する模様。 では、主催者以外の多くが3名なのに対して、えみな、梨紗、いつみ、美穂の4名が派遣された。 さらにラッキー(のキャラクター)のバックダンサーにも参加した。 2011年には、との相互訪問によるチア交流が実現した。 2012年のセパ交流戦期間では、新マスコット「」の紹介を目的にパリーグ6球団の主催試合にチア数名が派遣された。 2012年7月7日、かねてから交流の深かったとのナゴヤドームでの相互交流が実現した。 では、えみな、梨紗、彩花の3名が派遣された。 では、Natsuki、Reikaの2名が派遣された。 の第1戦では、Saria、Shioriの2名が派遣された。 2015年から4年間は相互交流は関東圏球団のみだったが、2019年にはチアドラゴンズとの相互交流が再び行われるようになった。 備考 [ ]• えみな卒業記念サイトとは、最後の現役1期生メンバーであった岩田えみなのdiana卒業にあたり、2012年9月29日から2013年3月16日まで公開された公式HP上の特別サイトの事である。 38連載 告知を含む 、写真127枚、9動画のコンテンツの中に、現役、dianaOG、他球団チアを巻き込んだメッセージで綴られた。 ただし実際は本人にとって2度目の卒業でもあり、1メンバーの卒業記念の枠をはるかに超えて、(結成当時を改めて振り返る最後のチャンスとして)本人をモチーフとしながらもdianaの歴史を写真で紹介するものとなった。 更に、2011年から始まった球界チア全体としての交流の流れを汲む触媒的な意味合いも含まれていた。 2013年10月8日のYYパーク最終ステージにて、野村梨紗の引退発表が行われた。 更に公式HP上で「ファンへのメッセージ」と「卒業スペシャルムービー」が公開された。 このような扱いはめずらしく彼女で二人目となる。 野村はdianaの特徴である「誰かがこうしよう、と言わなくても自然と皆が皆のために活動ができる」 の礎を築いた中心的存在であった。 メンバーの卒業発表は2013年の野村の卒業以来行われなかったが、2018年にサポーティングガールズユニットからオフィシャルパフォーマンスチームへ肩書が変更になる際、翌シーズンのメンバー発表と同時にこの年のシーズンで卒業するメンバーの発表も行われるようになった。 2013年から『月の女神』 公式テーマ曲 の前フリに「勝利の道を照らすのはー チャララン 効果音 ディアーナ 」と言うきめゼリフを習得した。 その甲斐あってか2016年シーズン、チームはついに念願のCS出場を果たした。 注釈 [ ]• 2017年12月4日. 2018年1月15日閲覧。 2017年12月4日. 2018年1月15日閲覧。 現在はのチアリーディングチーム• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。

次の