プロテイン 便秘。 ソイプロテインで便秘になる?その理由と対策とは?

プロテインの副作用!?ホエイプロテイン摂取で便秘・体臭が体を襲う!?

プロテイン 便秘

プロテインを飲みだしてから便秘になった… 最近の筋トレブームもあって、プロテインを飲む人も増えているようですね。 一方で、プロテインを飲みだしたらお腹の調子が悪くなったという人も… プロテインで便秘になるのはどうしてなんでしょうか? 今回は、プロテインで便秘になる原因と対策についてご紹介します! プロテインで便秘になる理由は腸内環境の悪化 プロテインで便秘になる原因は、ズバリ 腸内環境の悪化です。 そもそも、 便秘=腸内環境の悪化ですから、当たり前なのですが…(汗 では何故、プロテインは腸内環境を悪化させてしまうのでしょうか? 分解しきれないタンパク質は悪玉菌のエサになる プロテインなどに含まれるタンパク質は、通常は胃で消化された後に十二指腸でペプチドに分解され、小腸に送られます。 小腸で更に最小単位のアミノ酸に分解された後、腸壁から吸収されていくのが通常のプロセス。 しかし、この工程で十分に分解されないまま大腸まで達した場合、大腸に住み着く悪玉菌の格好のエサになってしまいます。 大腸では、タンパク質が細菌に分解される際に、アンモニア、硫化水素、有毒アミン、メルカプタンなどの様々な毒性物質が副次的に産生され、強烈な腐敗臭を発します。 このため、おならや便が臭くなるのです。 さらに、これら悪玉菌の働きによって消化器の機能が低下し、食べたものを分解しきれずに便秘となっていくのです。 特に、タンパク質の過剰摂取による便秘の場合は、肛門の直前で詰まる 直腸性便秘になりやすいと言われています。 つまり、 プロテインで便秘になる原因は、タンパク質の過剰摂取によって分解しきれないまま大腸に達してしまう事にあります。 プロテインは消化されづらい? 一般的に売られているホエイプロテインは、牛乳に含まれるホエイタンパクを抽出して作られたものです。 タンパク質だけを抽出してパウダーにすることで、消化吸収されやすくしたものがプロテインのはず。 ならば、「プロテインは素早く分解されて吸収されるはずだ」と思いますが、そう簡単には行きません。 普通、満腹でお腹タプタプの状態で運動する人はいないため、ほとんどの場合運動時は胃の中が空っぽに近い状態です。 その状態で、運動直後に液体のプロテインを流し込むと、一瞬で胃腸を通過して分解しきれないまま大腸に達してしまう場合があるのです。 空腹状態で液体だけを流し込んでも、消化酵素の分泌は増えないので、運動直後のプロテインは十分に吸収されないこともあるのです。 高タンパクで腸内が酸性に傾く プロテインを飲んで運動をしている人は、普段の食事でも高タンパク質の食事をしている人が多いはずです。 これら肉や魚などの高タンパクの食材は、体内でエネルギーとして燃焼した際に 「酸性」の性質を持っています。 肉や加工食品、白米やパン、めん類といった酸性食品中心の食生活をしていると、胃腸内は酸性側に傾いていきます。 すると血液がドロドロになったり、体内に毒素がつくられ、しかも排泄の機能が低下し、毒素がどんどん堆積していくなどの悪循環に陥ります。 これによって胃腸の機能が低下し、便秘を引き起こす事が多いのです。 逆に、酸性を中和する 「アルカリ性食材」としては、 野菜類が代表的。 このため、肉などの高タンパク食材には、かならず野菜を付け合わせで食べることが推奨されているのです。 プロテインを飲んでも便秘にならない対策 プロテインやタンパク質が悪者のように書いてしまいましたが、言うまでもなくタンパク質は体作りに不可欠な栄養素であり、そのタンパク質を摂るために、プロテインはこの上なく効率的な補助食品です。 5g」程度と言われており、最低でもこのくらいは摂取したいところ。 それでも、プロテインを飲むことで腸内環境が悪化して便秘になってしまうようなら、何らかの対策が必要ですね。 固形物と一緒に食べる プロテインといえば筋トレ直後に飲むのが一般的ですが、前述の通り運動直後は胃の中が空っぽで液体のプロテインだけでは消化酵素が出にくいという問題があります。 これを解決するには、単純に固形物と一緒に食べればいい話。 その際には、おにぎりやバナナなどの 「炭水化物」がオススメです。 そもそも、 筋トレ直後の「ゴールデンタイム」というのは、糖質にとってのゴールデンタイムです。 筋トレによって大量の糖質が消費された直後に、食事で糖質を補給することで、筋グリコーゲンの合成が劇的に増えることがいくつもの研究で明らかになっています。 このため、筋トレ直後にはすぐに糖質を補給するのが効果的。 おにぎりなどの固形物と一緒にプロテインも飲めば、胃腸の通過速度もマイルドになり、吸収率も向上するのです。 ソイプロテインやカゼインプロテインに変える 根本的な対策としては、ホエイプロテインから ソイプロテインや カゼインプロテインに変えるという対策もあります。 ホエイプロテインは吸収の速さが1番のメリットですが、胃の中が空っぽの場合はそれがデメリットになることもあります。 このため、吸収の遅いソイプロテインやカゼインプロテインに変えることで、胃腸への負担も軽減することが出来ます。 ソイプロテインは食物繊維を多く含んでおり、カゼインプロテインは胃の中で凝固する性質があるため、ホエイプロテインより胃腸に留まる時間が長くなります。 このため、ゆっくり時間をかけて分解吸収することが出来るのです。 ただし、ソイプロテインやカゼインプロテインは、ホエイプロテインに比べてタンパク質の含有量が少ないので、体作りのためにタンパク質を十分摂取したい場合は注意が必要です。 また、ソイプロテインやカゼインプロテインでも便秘になるという方は、より積極的に食物繊維、乳酸菌を摂る必要があります。 乳酸菌・食物繊維を摂る プロテインによる便秘が腸内環境の悪化なら、腸内環境を改善することが1番の対策です。 「腸内環境」といえば、乳酸菌と食物繊維。 特に、食物繊維を多く含む野菜類は 「アルカリ性食材」としても知られており、高タンパクの食事で酸性に傾いた腸内を中和する働きもあります。 このため、肉を食べたら同じくらい野菜も摂りたいところ。 それが中々難しい場合は、 「青汁」がオススメです。 腸内環境といえば乳酸菌を含むヨーグルトなどのイメージがありますが、 実は大麦若葉由来の青汁には、ヨーグルト以上の乳酸菌が含まれており、さらに食物繊維も豊富。 アルカリ性食材を原料としているため、高タンパク食材の中和にも一役買ってくれます。 トレーニーにオススメの青汁は、八幡物産の 「本青汁」 大麦若葉由来でクセが少なくて飲みやすい 乳酸菌や食物繊維、ビタミンCなどが豊富で、まさにトレーニーにうってつけです。 価格も安いので続けやすいのがポイントですね。 私も毎日飲んでいます。 プロテインも青汁も同じ粉末なので、混ぜてしまっても大丈夫です! バニラ系のプロテインと青汁を混ぜると、抹茶ラテのような味で美味しく飲めます。 やわたの本青汁公式サイト プロテインを飲んで便秘になった人 普段から高タンパクの食事を続けている人は、青汁で腸内のデトックスをすることで、胃腸の機能を改善し、さらにトレーニング効果を高められるかも知れませんよ。 コチラの記事も読まれています.

次の

プロテインを飲むと便秘になるのか?

プロテイン 便秘

「ソイプロテインを飲んだら便秘になった」 ダイエットのため、健康のため、バルクアップのため、、 様々な目的で運動を始めた時、少しでもその効果を高めるためにプロテインを飲む人は増えていますよね。 日本にまだフィットネスの知識が広まっていなかった頃は、プロテインというと怪しげな筋肉増強剤のようなイメージがありましたが、それも今は昔。 プロテインは人間にとって欠かせない栄養素である 「タンパク質」そのものであり、普通の食事で取り切れないタンパク質をプロテインで摂取することには何のデメリットもありません。 しかし、デメリットが無いはずのプロテインも、人によっては 「便秘になった」という場合も。 以前の「」という記事では、「便秘になりにくいソイプロテインに変える」という対策をオススメしましたが、人によっては「ソイプロテインでも便秘になる」ということもあるんですね。 今回は、ソイプロテインで便秘になる方の原因と対策についてご紹介します! プロテインで便秘になる原因とは? ソイプロテインに限らず、プロテインを飲むことで「便秘になった」「便が臭くなった」などの症状が出る方がいます。 ・便秘になる ・下痢になる ・便が臭くなる ・おならが臭くなる これらの症状は、すべて腸内環境の悪化を表すものですよね。 なぜ、プロテインで腸内環境が悪化してしまうのでしょうか? その原因は、プロテインに含まれるタンパク質が、分解されないまま大腸に達してしまうことにあります。 タンパク質が分解しきれない 通常、タンパク質は口から摂取されると、胃の中で消化されてドロドロの粥状になり、十二指腸に送られます。 十二指腸では、膵臓から分泌される膵液によって、タンパク質が「ペプチド」という状態に分解されます。 その後、小腸でさらに「アミノ酸」の状態にまで分解されてから、小腸内の絨毛膜によって吸収されていくのです。 ペプチドとはアミノ酸がいくつか連結した状態であり、これが単体のアミノ酸にまで分解されることで、はじめて人間の身体に吸収できます。 しかし、タンパク質を一度に大量摂取した場合、この分解・吸収が追いつかずに、アミノ酸にまで分解されないまま小腸を通り過ぎて大腸にまで達してしまう場合があります。 このとき、分解されていないタンパク質は、大腸に住まう悪玉菌の格好のエサになります。 タンパク質をエサとする悪玉菌が増殖することで、善玉菌は追い出され腸内環境が悪化して便秘や悪臭を引き起こすのです。 大腸は栄養を吸収できない 胃で分解された食べ物の分解・吸収は十二指腸と小腸によって行われます。 小腸で分解しきれなかったものは大腸に送られますが、大腸というのは栄養の吸収は出来ません。 大腸が吸収できるのは水分だけ。 つまり、分解されずに大腸まで達したタンパク質は、栄養を吸収されずにそのまま便として排出されることになります。 このため、人間が一度の食事で吸収できるタンパク質量には限界があります。 しかし、その「吸収できる量」には、個々人の消化能力、食べ物の形状などが大きく関わってくるため、一概に数値を示すことは出来ません。 余談ですが、便秘が続くと「どうして何日分もの食事を身体の中に溜められるのか?」という疑問が湧いてきますよね。 実は、便の体積というのは8割以上が水分で、大腸に長時間留まることで水分が吸収されきってしまうと体積は大幅に減るため、かなりの日数分を貯め込むことができるのです。 大腸で吸収された水分は、尿や汗として排出されたり、他の場所に蓄積して「むくみ」になったりします。 プロテインは吸収されにくい? タンパク質だけを抽出してパウダーにすることで、消化吸収されやすくしたものがプロテインのはず。 ならば、「プロテインは素早く分解されて吸収されるはずだ」と思いますが、そう簡単には行きません。 普通、満腹でお腹タプタプの状態で運動する人はいないため、ほとんどの場合運動時は胃の中が空っぽに近い状態です。 その状態で、運動直後に液体のプロテインを流し込むと、一瞬で胃腸を通過して分解しきれないまま大腸に達してしまう場合があるのです。 空腹状態で液体だけを流し込んでも、消化酵素の分泌は増えないので、運動直後のプロテインは十分に吸収されないこともあるのです。 高タンパクで腸内が酸性に傾く プロテインを飲んで運動をしている人は、普段の食事でも高タンパク質の食事をしている人が多いはずです。 これら肉や魚などの高タンパクの食材は、体内でエネルギーとして燃焼した際に 「酸性」の性質を持っています。 肉や加工食品、白米やパン、めん類といった酸性食品中心の食生活をしていると、胃腸内は酸性側に傾いていきます。 すると血液がドロドロになったり、体内に毒素がつくられ、しかも排泄の機能が低下し、毒素がどんどん堆積していくなどの悪循環に陥ります。 これによって胃腸の機能が低下し、便秘を引き起こす事が多いのです。 逆に、酸性を中和する 「アルカリ性食材」としては、 野菜類が代表的。 このため、肉などの高タンパク食材には、かならず野菜を付け合わせで食べることが推奨されているのです。 ソイプロテインでも便秘になる理由 ソイプロテインは、大豆からタンパク質を抽出したプロテインです。 大豆プロテインは、牛乳プロテインと違って食物繊維が豊富で、吸収がゆっくりなのがポイント。 このため、牛乳由来のホエイプロテインに比べて便秘になりにくいとされていました。 しかし、そのソイプロテインでも便秘になるという場合は、一体何が原因なのでしょうか? 代表的な例を考えてみましょう。 1.空腹時に飲んでいる プロテインが吸収されにくい最大の原因は、空腹時に飲んでいること。 胃の中が空っぽの状態で液体を流し込んでも、あっという間に消化器を通過してしまいます。 固形物が無く液体だけだと、消化酵素の分泌も増えづらく、消化不良を起こしやすくなるのです。 ソイプロテインはホエイプロテインよりはマシとはいえ、それでも液体であることには変わりありません。 「ダイエットのための置き換え」などで、食事の代わりにソイプロテインを飲んでいる方などは、これが原因で便秘になる場合があります。 2.食事量が少なすぎる これもソイプロテインで 「置き換えダイエット」をしている方などに多いケースです。 便秘になる原因のひとつに、食事量や食物繊維量が少ないために、便が少なく固くなってしまう「食事性便秘」というものがあります。 そもそも便になるものが無ければ便も出ないのは当たり前で、一回の食事量が少なすぎる場合には食事性便秘になりやすくなります。 また、単に食事量が多ければ良いものではなく、胃腸の中で水分を吸って膨らむ食物繊維の摂取が重要。 食物繊維を多く摂取していれば、食事量自体は少なくても胃の中で膨らんでくれるため便秘にはなりにくくなります。 ソイプロテインによる便秘の対策 ソイプロテインを飲んで便秘になるのは、タンパク質を分解しきれずに腸内環境が悪化するからです。 これを防ぐには、ある程度の食事量を確保しながら、腸内環境を改善していくアプローチが重要です。 また、根本的な対策としては 「ソイプロテインを別のものに変える」というのが一番です。 どのようなプロテインであろうと、飲むことによって便秘などの問題が出る場合は、あなたの身体にあっていないのです。 自分にとってストレス無く飲めるプロテインを選択することが、一番の対策になります。 オススメのソイプロテイン・ファスタナ 今やソイプロテインはスポーツショップやドラッグストアでも気軽に購入することが出来ます。 しかし、そういった場所で売っている安価なソイプロテインは、タンパク質以外の成分が殆ど入っていない「ただのソイプロテイン」なんですね。 そういったただのソイプロテインを飲んで便秘になる場合、価格は多少上がっても、他のサポート成分も配合されている商品を選ぶほうが良いでしょう。 中でも人気なのが というソイプロテインです。 ソイプロテインを購入するのは女性が多く、中でもプロテインで普通の食事を置き換える 「置き換えダイエット」に活用される方が多いと思います。 また、ジムでの運動後にソイプロテインを飲む場合などは、前の食事から時間が空いていて空腹状態に近いことが多いですよね。 ファスタナは、こうした場合でも消化不良を防ぐために、様々なサポート成分が配合されています。 程よい筋肉をつけて、余分な脂肪を落とす。 このための最善の方法は、「筋トレダイエット」であり、ファスタナはそれを強力にサポートしてくれる効果がありそうです!.

次の

便秘に注意!プロテインで便秘になる原因と治し方

プロテイン 便秘

「このレジスタントプロテインというのはカラダで吸収されない食物繊維の一種です。 食物繊維ですからカラダに入ってきません。 ですから油を掴んだまま便として排出される。 これは、即効性があります。 早い人だと翌日か、2、3日の間には結果が目に見えてくるでしょう。 」(渡辺教授) 便中の油の含有量を高めてくれるので、つるりとしたなめらかな便になって便秘を解消してくれるというのです! ということで、便秘に悩むこちらの3人に協力してもらいました! お通じは、週に1,2回、ひどいときには全くないという方も。 渡辺教授によると、便秘解消には1日酒かす50g分、甘酒 約2.5杯がおすすめ! 皆さんに10日間飲んでもらった結果です。 初日は便通なし。 3日たつと少し変化が! そして4日後からが本領発揮。 10日で全員改善したのです! 酒かす甘酒の劇的な効果! レジスタントプロテインの他に、もう1つ、腸内環境の改善という理由もあるそうです。

次の