低用量ピル メリットデメリット。 ピルの種類と特徴をアスリート目線で紹介!メリットやデメリットとは?

ピルの種類と特徴をアスリート目線で紹介!メリットやデメリットとは?

低用量ピル メリットデメリット

実は妊娠のリスクがある ピルの避妊率はほぼ100%です。 8%以上と説明しているサイトもあります。 ただし、「 356日ちゃんと同じ時間に毎日飲んでいる」が仮定です。 これがかなり難易度が高いのです。 生活リズムがある程度一定の人でしたら忘れなければ大丈夫ですが、寝る時間や起きる時間が不規則な方は何か工夫が必要そうです。 飲み忘れても、次の日に前日飲むはずだった分も飲めば大丈夫と病院で案内はされるとは思いますが、避妊の確率は下がってしまうと言えます。 365日ずっと継続することは思っている以上に大変です。 」「婦人科には極力行きたくない。。 」 そんな悩みをお持ちの女性に知ってほしい「生理前の不快感(PMS のためのサプリメント」があるんです。 ピルに頼らずデリケートな女性の 美容と 健康をサポートします。 「毎日のピルの服用はハードルが高い!」「いつも彼とのナイトタイムのとき避妊(ゴム)してるけど、やっぱりそれだけじゃ心配。。 」「盛り上がって避妊しないときもある。。 」 「ピルを毎日飲むことはお金もかかり、忘れそうで自信がない。 でも避妊薬には頼りたい時もある。

次の

低用量ピルの効果や飲み忘れの対処法!長期間服用時の副作用も解説

低用量ピル メリットデメリット

一般的に「ピル」と呼ばれる薬は卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類の女性ホルモンを配合した薬剤です。 含まれる卵胞ホルモンの量によって低用量ピル、中用量ピルに分類されます。 「低用量ピル」とは、中用量ピルに比べて卵胞ホルモンの量が少ないものです。 月経困難症などの治療目的で使われる場合もありますが、主として避妊目的で使われています。 低用量ピルのメリットは薬量を必要最小限に抑えられること、デメリットはのみ忘れに弱いことです。 最近では、卵胞ホルモンの量をさらに少なくした超低用量ピルもあります。 「中用量ピル」は、低用量ピルと比べて卵胞ホルモンの量が多く含まれています。 薬量は増えますが、のみ忘れに強いというメリットがあります。 現在、避妊目的では低用量ピルが主流となっており、中用量ピルは女性ホルモンに関わる病気の治療に使われることが多くなっています。 ヤーズフレックスについて 従来のピルは、1サイクル28日に1回月経様出血が見られるものです。 新しい超低用量ピル「ヤーズフレックス」には以下の特徴があります。 1月経回数を必要最小限に抑えられる 最長で約4か月間まで連続内服できるので、月経回数を4か月に1回まで減らすことができます。 このため、月経随伴症状(月経痛、頭痛、月経前の諸症状など)の頻度も減らすことができます。 2好きな時に月経を起こせる 内服開始から25日以上経過したら、好きな時に内服を中止して月経様出血を起こすことができます。 スケジュールに合わせて月経をコントロールできて便利です。 妊娠中に月経が起きないのと同じように、薬を内服している間は月経が起きないという仕組みですので、毎月出血がなくても身体にとって問題になることはありません。 Q毎月月経がないと、その分経血が増えたり月経痛がひどくなったりしませんか? Aしません。 内服期間が長くなっても、子宮内膜が厚くならないようにできていますので、経血量や月経痛は、従来のピルと同様に軽減されます。 Q毎月月経を起こさないと、妊娠しにくくなりませんか? Aなりません。 従来のピルも、内服終了後には未内服と同じ状態に戻ります。 ヤーズフレックスも同様で、内服終了後の妊娠率は従来のピルと変わらないというデータがあります。 Q血栓症のリスクは上がりませんか? A上がりません。 これは妊娠・出産時の血栓症発症率よりはるかに低率です。 詳しくはこちらをご覧ください.

次の

【あさイチ】生理の新常識!ピルのメリット・デメリット、月経カップの購入方法など(7月8日)

低用量ピル メリットデメリット

ピルの新常識 もともとピルは排卵を止めて妊娠を回避する避妊薬として使われていました。 しかし、現在では 月経を軽くする薬として低用量ピルを使う女性も増えているそうです。 番組の取材では、服用している女性医師も大勢いたそうです。 これまでの低用量ピルは月に1度の軽い出血がありましたが、現在では120日に1回程度、つまり 年に3~4回の月経で済むようになり、大幅に生理による体の負担を減らすことができるようなったそうです。 (個人差はあります) 副作用は? でもやっぱり気になるのは副作用ですよね。 そこで、が副作用についての疑問を解説してくれました。 Q:飲んだら太る? A:ピルを飲んだら太る、というのは間違い。 そのようなエビデンスは全くありません。 Q:妊娠しにくくなるのでは? A:問題ありません。 ほとんどの女性は飲むのを停止してから早くて1か月、長くて3か月で排卵が戻ります。 Q:血栓症のリスクは? A:あります。 ピルの服用によって血栓症のリスクが上がるのは事実。 ただし、1万人に対して3~9人程度の低い割合で、リスクが高いのは飲み始めてから90日までの間、飲み続けるほどリスクは下がっていくとのことです。 メリット・デメリットについて教えてくれたのは、東京大学医学部 准教授のです。 ピル以外の月経対策 IUS(子宮内黄体ホルモン放出システム) ピルは「 卵胞ホルモン」と「 黄体ホルモン」の2つのホルモンが含まれていますが、このうち 「卵胞ホルモン」が血栓症を引き起こしたり、吐き気の原因になると言われています。 そこで近年は 「黄体ホルモン」だけを体に取り入れることが出来る器具「IUS(子宮内黄体ホルモン放出システム)」の装着が保険適用で認められるようになりました。 教えてくれるのは、産婦人科医のです。 IUSとは、子宮内に装着することで、黄体ホルモンが5年間少しずつ出てくる器具のことです。 一度これを子宮内に入れると黄体ホルモンが少しずつ出て、子宮内膜が薄くなり、生理の時の出血が減ったり、頻度がまばらになり、1年ほど経つとほとんどの人が出血がなくなります。 産婦人科医いわく、女性の子宮から出血することで健康上には意味がなく、血が出なくなることで楽になるというメリットのみが残ります。 費用は1万円、5年間はそのままでOK(年1回は定期健診が必要) 長期的に見ればピルよりも安く、飲み忘れの心配もありません。 ただしデメリットもあり、 月経前症候群(PMS)のイライラなどには効きにくいのだそう。 なお装着することによる違和感はなく、性交にも全く問題はないそうです。 自らも使っているという宋先生は、「 生理に振り回されるのではなく、こちらからコントロールするもの」ということを若い人に伝えて行きたいとおっしゃっていました。 IUSをもっと詳しく知りたい方は、のサイトがおススメです。 大注目!第3の生理用品.

次の