ルシファーhl 水。 ルシファーHにおける十賢者の優先度

ルシファーHL失敗してきた

ルシファーhl 水

2020年も半分終わってしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか。 梅雨の影響か、近くの田んぼに住むカエルが元気よく鳴いてるため最近睡眠が浅くなってる次第です。 今回はタイトル通り、ルシhlでの 水属性の話をしようと思います。 先日、目標としていた分速を出せました。 次の目標に向け少し動きを変えてみようと思ったので、供養として長く使ってきた編成を残します。 また、これは書いてる時点での 自分の1意見です。 なのでこれが正解なんだとか思わず、案の1つとして読み進めていただければ嬉しいです。 ・ キャラ編成 画像は野良用にクリアオールを入れてますが、身内の時は許可を取って他心陣を入れてます。 1、カタリナ 弱いところを探すのが難しいキャラ。 堅守などの防御upが乏しい水属性において3アビの25カットは非常に便利で序盤はこれだけで通常攻撃を受けたりしてます。 他にも2アビのマウント+再生、4アビのかばう+攻幅upもなかなか魅力的。 断言はできませんが、相当強い便利キャラが来ない限りカタリナは渾身軸からは抜けないと思います。 2、マリア・ 速度を求めるなら絶対欲しい賢者。 3アビの全体バフは言わずもがな、ct5ディスペルがめちゃんこ強い。 あと高火力を出しにくい水属性にとって、 常時追撃20%を付与できる咎人効果があまりにもセクシー。 後述のメイン武器、フェイトレスの奥義ディスペル時には咎人効果を付与できないのが難点。 個人的な話ですが、賢者シリーズの中で1番好きなキャラです。 スキン実装はよ!!! 3、ヴァジラ 上2キャラとは違ってここは自由枠。 を入れてる人が多い印象。 奥義時に付与される 永続防御30%upと奥義回転率の底上げのために採用しました。 コルルを引けたらたぶん抜けちゃうかもしれません。 4、ハーゼ・リーラ サブ効果の防御upが強いです。 観葉植物くんは全てを見ていた・・・ ・ 武器編成 上から順に奥義、技巧、その他。 終末は奥義進境です。 やっぱブルーファンタ ・ 召喚石 ・ス hp底上げ用且つ、疑似的な。 1、2キャラへこんだ時に打ちます。 凛としてる立ち姿が好き。 もちろんチョコを送った。 ・ガブリエル 上限マシマシする石。 奥義火力を少しでも高めるための置物です。 水召喚石の中でも1、2を争うぐらいに好き。 もちろんチョコを送った 2年連続。 ・ 1枚で2500万程度のダメージを出せるので人のテポも全力で拾いに行く。 正直二枚目も欲しいくらい。 チョコは送ってない。 ・水着マキュラ 最後まで悩んでいた枠。 多分二枚目のテポ、凸グランデ、凸ベリアルのどれかがベストかも。 チョコは送ろうとしたけど、 水着マキュラの項目がなかったので断念。 ・ 固定してた動き、各トリガーの受け方 野良ではなく身内で集まった時の4分前後、開幕グラビなしの部屋を想定してます。 95ポスポは基本ファラのみ。 主人公のhpが低い場合はカタリナ4を付けます。 85、60も最低hpが15000以上になるよう調整してファラのみ。 試練7が消えてない場合もうちょっと盛らないとやばいわよ! n敗 35付近で自前テポを浮かして5チェイン。 25以降主人公にを飲ませて他心陣、そのあとマリア2をかけて〆。 最後は箇条書きみたいに羅列しましたが、意識してるのはこれくらいです。 あとはその場その場でアドリブを効かせて、 全力でテポを拾いに行きます。 ・ 最後に ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。 レポート以外で何か長々と書くのは久々なので拙かったかもしれません。 また、誤字脱字等はいつでもご報告ください。 実装から1年経ったルシhlですが、水属性に焦点を当てるとまだまだ開拓しきれてないことばかりです。 この記事を見て、水属性で速度を意識してみようと思ってくれる方が1人でも増えることを願って〆ようと思います。

次の

【グラブル】ルシファーHLの土属性の攻略おすすめ編成

ルシファーhl 水

ルシファーHLの攻略メモになります。 いつも自分が使っている土の編成と、立ち回りで注意しているポイントを纏めておきます。 自分用の備忘録の意味合いが強いですが、クリアを目指している方などの参考になればなと思います。 土は、マグナ編成が強力なため編成を用意することが簡単で、役割も「オーバーチェインの試練(試練8)を解除する」という比較的簡単なもののため、 初心者が選択しやすい属性です。 この記事でも試練開始までの立ち回りを重点的に書いていきます。 使用編成 アビ・キャラ アビリティはいつもの三つ。 クリアを抜いてかばうも可。 オクトー 試練8 オーバーチェイン を達成するために必須。 ゴブロ 1アビカット、奥義ディスペルに加え、2アビ無敵でパラロス受け 試練11に達成 も出来ちゃう凄いキャラ。 ほぼ必須。 水着ブローディアもルシHL適正が高いため、所持している場合は選択となります。 こちらは全体かばうや累積防御アップ、スロウなどより受け性能が上がっていますが、ルシHL攻略に重要なディスペルが無いという欠点もあります。 ファランクスを待たなくても動けるターンが増えたり、かばうで単体技を抜けられる点が魅力。 その他候補• 水着ゴブロ:ゴブロと選択。 個人的には慣れるまでは通常ゴブロの方がおススメ• サラーサ:試練7 無属性200万ダメージ を土が担当する場合に必要。 立ち回りが少し難しくなるため注意。 水着ヴィーラ:1アビでのスロウとディスペル、2アビでの回復が強力。 立ち回りやすくなるが、サラと種族が被っているので使いやすい方を選ぶと良い。 マキラ:1アビの消去不可バフ、2アビのデバフ 連撃率DOWN 、4アビのオルポ追加と使い勝手が良い。 バアル:かなり安定するが、ゴブロと種族被りするのでおススメしにくい。 ゴブロが居ない場合の代用枠として最低限の性能は持っている。 キャサリン:魅了が行動阻害として優秀。 キャラ枠の都合上あまり使われないけど選択肢としてはアリ。 装備 マグナ編成です。 左下の宝剣アンダリスは、ゴブロ刀4本目を持っていないので入れています。 これでもHPは足りているのですが、刀4の方が安定するためおススメです。 メインゼノウォフ剣は奥義の属性転換が強いため固定です。 ウリエル持ってないですが、持っているなら必ず入れましょう。 終末武器の凸数やゴブロ刀の本数によっては、片面ではHPが足りないことがあります。 その場合は両面編成にしましょう。 ギルガメッシュは、メイン武器のゼノウォフ剣の奥義効果と相性が良いです。 4凸なら確定枠としても良いと思うのですが、無凸の場合は黒麒麟の2枚目やバハ・ルシなどの石と選択しましょう。 立ち回り 初動 土パは試練開始までにオーバーチェインの準備をする必要があるので、初動が特に重要となります。 自分の場合は、 1T:ファラ、オクトー13、本体にディスペル、ゴブロ3、オルポ飲み 4T:光パからルシが飛んできている場合は拾う。 としています。 あとは羽根の特殊技一回目 マルス を受けた上でオーバーチェインの準備をして、試練に備えるようにしましょう。 まあ大体は闇がパラロスは担当してくれるので保険ぐらいの心持ちでよいでしょう。 試練開始直後に、土がオーバーチェイン試練を達成出来ないと基本的にその討伐は失敗します。 そのため、裂傷などのデバフにより行動が出来なくなったときは直ぐにクリアオールを要求するようにしましょう。 最後に、ルシHLは6人がしっかり役割を果たして攻略するようにデザインされていることから、 中々手が出しにくいようなコンテンツだと思います。 ですが、実際に挑戦してみないと分からないことも多いので、練習部屋などを立てるなどして積極的に挑戦してみてください。

次の

ルシファーHL私的考察

ルシファーhl 水

ハーゼリーラ 当然っちゃ当然ですが、正位置運用になります。 命中率も永続デバフのおかげか開幕以外ミスしたことないです。 25以降は1アビ2連打する意味がないため、HP凹んでるキャラに打ってあげるくらいです。 3アビ アルタイルの3アビ(CT7)をCT5にしてバフまでついてると書けば強力さがわかりやすいかと思います。 マリア入れてるので、使用感というか、使い方を フロントは動画の3人でほぼ確定なので、サブに置きます。 サブにマリアがいると、ディスペル効果を発動した際に累積攻防ダウンと追加アビダメを発生させることができます。 種族もドラフのため、ゴフェル・アークもそのままスルーできます。 また、万が一フロントの誰かが落ちても、女帝の正位置で付く義憤の冠により、 咎人をルシに付与している間は全員の攻撃力が別枠で上昇し、水属性追撃が付きます。 咎人はディスペル効果を当てることで3ターン付与することができます。 まとめますと、必須ではありませんが、いると色々と幅が広がるので、余裕があるのであれば取得をオススメします。 余談ですが、カッツェリーラもルシ適正かなり高いので、ルシをどの属性で挑むかでも賢者の取得順は変わって来るかもしれません。

次の