早急にご対応 英語。 英語で「素早い対応ありがとうございます」は何て言うの?

「迅速な返信を有り難うございます」 英語のメールでどう書く?【6】

早急にご対応 英語

この表現は「いつも早急のご対応ありがとうございます。 今後ともよろしくお願いいたします」といった、汎用性の高い表現に使うことができます。 また「早急のご対応ありがとうございます。 当方といたしましてもいち早い解決が叶いますよう尽力いたします」といった形で、フォーマルな要素が強い文章に使うこともできます。 早急のご対応という言い回しについては、ありがとうございますをはじめとした感謝の言葉に添える形で使うことが多いので、下記の関連記事も併せて読んでおくと様々な場面に適した表現が使えるようになることでしょう。 感謝の気持ちを伝える方法を身に付けるのにうってつけの記事ですので、こちらも是非読んでみましょう。 早急のご対応という表現を使って相手方への感謝を伝える場合に、ありがとうございますという表現だけではなく「感謝いたします」という表現を使うこともできます。 「早急のご対応に感謝いたします」という表現は、「おかげ様で新幹線に間に合いました。 早急のご対応に感謝いたします」といった形で使うことができます。 例えば「早急のご対応につきましてはいつも頭が下がる思いでございます。 今後とも変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます」といった形で使うことができます。 直接的にありがとうございますという伝える以外にも、このような形で相手に対しての深い感謝の気持ちを伝える方法もありますので、覚えておきましょう。 例えば「この度は早急のご対応のおかげで危機的状況を乗り切ることができました」といった形で使うことができます。 この例文であればこの後にお礼の言葉を添える流れになるかと思います。 早急のご対応という表現は、その後すぐに早い対応へのお礼の言葉が続くのが一般的ですが、このようにお礼の言葉を続けないパターンで使うこともできますので覚えておきましょう。 例えば「締め切りが経過しておりますので早急のご対応よろしくお願いいたします」といった形で使います。 この表現は催促になっていますが、相手に早急のご対応を求めると強制感が強い表現になりがちです。 そのため、このような言い回しを使うのはどうしても使わなければならないシーンに限定した方がいいでしょう。 このような言い回しが目立つようになると、相手方からの印象が悪くなるので注意が必要です。 英語でお礼を伝える表現には2つのパターンがあり、ダイレクトに「ありがとう」と伝える方法と「感謝する」という動詞表現でお礼の気持ちを表す方法に分かれます。 ここではまず「感謝する」を表現する2つの動詞を紹介します。 1つ目は「appreciate」という動詞です。 この言葉は「感謝する」という動詞表現においてよく使われる表現であり、純粋な感謝を表す言い回しです。 2つ目は「be動詞+grateful」の表現です。 この表現も「感謝する」を意味しますが「恩を感じている」というニュアンスがあり、より深い感謝を表します。 「感謝する」という表現の例文• ・「感謝する」という表現の例文• ・We are grateful for your speedy response. 「ありがとう」という表現は例文の通り「サンキュー」で表すのですが、「so mush」という表現を入れることでさらに深い感謝を表すことができます。 ビジネスにおいてお礼を伝える場合にはこの表現を積極的に使いましょう。 また「ご対応」という部分にもいくつかの伝え方があります。 「action」は行動を表す単語であり、「handling」は配慮した対応を表す言い回しになります。 そして「response」という動詞については一般的な対応を表しますが「返答」や「反応」とも訳すことができます。 状況に応じて使い分けましょう。 「ありがとう」という表現の例文• ・Thank you so much for your quick handling. (早急のご対応いただき誠にありがとうございます)• ・Thank you so much for your your swift action. 「迅速」という言葉を使う場合には、特に素早く対応をしてもらった時に使う表現になりますので、毎回このような表現をお礼に添えると使うごとに効果が薄れていきます。 そのため多用は禁物です。 例えば「おかげ様で納期に間に合わせることができました。 迅速なご対応に心より感謝申し上げます」といった使い方をします。 このようなお礼のビジネスメールを送ることで、相手方との良好な関係性の継続が期待できることでしょう。 この表現は深いお礼の気持ちを伝えたい時に使う言い回しになります。 大きなメリットを受けた時やリスクを回避した時に使います。 ちょっとした場面で使うと大袈裟で嘘くさくなるので使う場面は考えましょう。 例えば「懸命の作業により故障は回避することができました。 早急なご対応に厚く御礼申し上げます」といった形で使います。 「早急なご対応」という言葉を使うと「いただき」という言葉にも繋げられますので、「早急のご対応」と一緒に使い分けることで表現力の向上が期待できることでしょう。 「早急」や「迅速」という言葉に比べて「早速」という言葉はフォーマルな印象に欠ける表現ですが、距離が近い人に使うと他の言葉よりも相手に対して自然で感謝の気持ちが伝わりやすい言い回しになります。 例えば「早速のご返信誠にありがとうございます。 すでに発送の手配を済ませましたので、到着を楽しみにお待ちください」といった形で使うことができます。 例文のようなやや親近感のある表現が使えることもビジネスにおいてコミュニケーションを深めていくのに重要になってきますので、この表現も押さえておきましょう。 この表現は非常に丁寧な印象のある表現なのですが、「早々のご対応」という表現は目上の人に対して使える敬語表現としては十分ではない表現です。 そのため、ビジネスメールでは限られた相手にだけ使える表現になります。 「迅速な」「早急な」「早速の」など、他に敬語表現として使える類語表現が多数ありますので、こちらを使うようにした方が、ビジネスメールの中における敬語表現としては妥当だと言えます。 ただし「早々のご対応」という表現がビジネスメールにおいて完全にアウトな表現ではありませんので、使う状況を考えましょう。 一見間違っていないように見えるのですが、正しくは「迅速な対応をしていただき」という表現になります。 「ご」を付けると敬語表現になり、「ご対応」と「していただく」という敬語が重なるために「対応」という表現になります。 二重敬語という表現があり、これは日本語として間違った表現になります。 例えば「お伺いさせていただく」という表現は「伺う」という謙譲語と「させていただく」という謙譲語が重なった表現です。 「ご対応していただく」も「ご対応」と「していただく」が重なった二重敬語に当たり、間違った敬語に該当するのです。 早急のご対応という言葉が使いこなせていても、他の敬語表現が間違っているビジネスメールは相手に対していい印象を与えません。 そのため、ビジネスメールの送り方のに必要な敬語表現をしっかり学ぶ必要があります。 ビジネスメールにおける敬語表現は出来ているからといって加点になるというよりは、出来ていないことに対する減点の要素が大きくなっています。 正しい敬語を使えていつも笑顔で礼儀正しいといういくつかのプラスの要素が重なっていれば加点になる場合もありますが、相手からの印象を下げないよう正しい敬語を使いましょう。 この2つの表現は接続詞の使い方を間違えやすいので注意が必要です。 例えば「早急のご対応ありがとうございます」と言いますが「早急のご対応していただきありがとうございます」というと、違和感のある表現になります。 「早急のご対応ありがとうございます」「早急にご対応していただきありがとうございます」が正しい表現となります。 また「早急にご対応いただきありがとうございます」「早急にご対応いただき心よりお礼申し上げます」などといった表現が使えるようになるとコミュニケーションがよりスムーズになることでしょう。 早急のご対応という言葉を使ってお礼を伝えたとしても、相手方に対する感謝の気持ちがなければ、そのビジネスメールから相手への感謝は伝わらないことでしょう。 そのため、メールには感謝の気持ちを込める必要があります。 例えば早い対応をしてもらったから何に対して助かったのか、どんなメリットがあったのかという具体的な内容を添えると相手方への感謝の気持ちがより伝わりやすくなります。 またいつも感謝している旨や、恩返しをしたい旨を添えるのも有効な文章表現と言えます。 早急のご対応やその派生表現を使いこなそう! 早急のご対応という言葉を添えながらありがとうございますとお礼を伝えることで、ビジネスメールにおけるコミュニケーションが円滑に進んでいくことでしょう。 早い対応へのお礼について早急のご対応という言葉を正しい敬語と一緒に使うことで相手方の印象が上がりビジネスが良い方向へ進んでいくケースが少なくありません。 ここで紹介した早い対応へのお礼の表現である「早急のご対応」という言葉と、その派生表現の使い方をマスターして、ビジネスメールをはじめとする仕事のシーンで役立ててもらえたらうれしいことこの上ありません!.

次の

「対応する」「処理する」って英語で言うと?

早急にご対応 英語

「早速のご対応」のメールでの使い方と例文 「早速のご対応ありがとうございます」の形で使うのが基本 「早速」は、「 早速のご対応ありがとうございます」という形で使用することが基本です。 「 素早く対応してくれてありがとう」という意味で、自分が依頼したことに対して、相手がすぐに対応してくれたということに対してお礼を伝える言い回しが「早速のご対応ありがとうございます」です。 「早速ご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧 「早速のご対応ありがとうございます」は、「早速ご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧な言い回しになります。 「〜いただき」は、 「〜してもらう」の謙譲語です。 謙譲語とは、相手に敬意をしめすために自分側の事をへりくだった言い方をする表現のことをいいますので、「ご対応いただき、誠にありがとうございます」は相手に敬意を示した丁寧であるということがわかります。 「早速のご対応を頂き」とも書かれることがありますが、 「いただく」を漢字で書く場合は「食べる・飲む」の謙譲語にたいしての場合となるため誤りです。 「物をもらう」「確認をしてもらう」などの動作に対する場合は、「いただく」とひらがなで書くことが基本となりますので、間違えることのないように使い分けましょう。 「ありがとうございます」を「感謝いたします」「お礼申し上げます」とするとより堅い印象に 「ありがとうございます」を、 ・感謝いたします ・お礼申し上げます などの表現に置き換えるとよいフォーマルな響きになります。 しかし、「ありがとうございます」も正式な敬語ですので、「ありがとうございます」のままビジネスメールで使用しても全く問題ありません。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などと文頭に入れるとなおよし 「早速のご対応ありがとうございます」は、 「お忙しい中」「ご多忙の折」など文頭に入れるとなお印象が良いです。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは、「 お忙しいにも関わらず対応をしていただきありがとうございます」といういった意味で、忙しい中自分のために時間を費やしてくれたことに対しての感謝を表すことができます。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは単に社交辞令であるため、本来の意味と違い 相手が暇そうな場合でも使える言葉です。 この人は今、暇そうだから「お忙しいところ~」は使えない。 あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。 とか、そういった使い分けは必要ありません。 相手が誰であろうと「お忙しいところ~」は使うことができます。 「早速のご返信」もよく使う 「早速のご返事」もよく使う言い回しです。 自分が送信したメールや手紙に対してすぐに返事をくれたことにたいするお礼の言葉です。 「ご返信」は、「返信」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついている言葉なので、目上の人に対して使用することができる言葉です。 社内の上司に連絡をとり、すぐに返信をもらったという場面にも使用することができます。 自分が目上に対応するときは「早速ご対応いたします」 自分が目上の人に対応するときは「早速ご対応いたします」という言い回しを使用します。 この場合の 「対応」についている「ご」は、「ご〜いたします」で謙譲語で、自分の「対応する」という行為をへりくだった表現をすることで相手に敬意をしめす言い回しとなります。 目上の人に何か依頼をされたというような場面で「すぐに対応します」という誠意をしめすことができる言葉です。 「早速ご対応いたします」と答えた場合にはすぐに対応し、時間をあけることがないようにしましょう。 「早速のご対応」の使用上の注意点 「早速の対応」は目上の人には使えない 目上の人に対して「早速の対応ありがとうございます」と言うのは失礼にあたります。 「早速の対応」は敬語ではないからです。 「対応」に尊敬を表す接頭語の「ご」を付けて、「早速のご対応」とするのがビジネスメールではマナーです。 「早速のご対応いただき」は誤った日本語 「早速のご対応いただき」は文法的に間違った日本語です。 正しくは「 早速のご対応をいただき」または「 早速ご対応いただき」になります。 「早速[の]ご対応」というふうに[の]を入れる場合は、「ご対応」が名詞扱いになります。 そのため、助詞「を」を使う必要があります。 または、「ご対応いただく」で一つの動詞として扱うことも可能です。 (二重敬語だと主張する人もいますが、慣習的に広く使用されている表現で、正しい敬語として現在では認められています) 「早速のご対応ありがとうございます」は上から目線になる可能性あり 「早速のご対応ありがとうございます」は場合によっては、上から目線になってしまう可能性があるので注意が必要です。 迅速な対応をするのが当たり前だと思っている人や企業に対して「早速のご対応ありがとうございます」と言ってしまうと、「もっと遅くやると思ってたのか?」「このスピード感で仕事するの普通だけど?」と感じる人がいるかもしれません。 (そこまで嫌味っぽく考える人は少数派だと思いますが... ) 相手側が多忙である事がお互いの共通認識で、かつ相手の返信や対応が著しく速かった場合のみに、この言い回しの使用を限定した方が無難と言えるでしょう。 「早速のご対応」の類語・言い換え 迅速なご対応 例文 「お忙しい中依頼したにも関わらず、早速のご対応ありがとうございます」 「早速のご対応、感謝申し上げます」 「早速のご対応ありがとうございます。 いただきました資料は次回の会議に資料として使用させていただきます」 「早速のご対応ありがとうありがとうございます。 再度検討させていただいたのに後で今週中にお返事いたします」 「お忙しい中早速のご返信ありがとうございます」 「ご多忙の折、早速ご対応いただきありがとうございます大変助かりました」 「お忙しいところ早速が対応いただき誠にありがとうございます」 「早速のご返信ありがとうございます」 「早速のご返信誠にありがとうございます」 「お忙しいところ早速のご返信ありがとうございます」 「迅速(じんそく)」は、「 物事の進み具合や行動などが非常に速いこと」を意味していて、「迅速なご対応」は「 非常に早い対応」というようなニュアンスで使用される言い回しです。 対応の尊敬語を使用しているため、目上の人やビジネスメールでも使用することができます。 近年では、ネットオークションなどの売買のやりとりで素早いやり取りで取引を終えられたという場面で「迅速な対応ありがとうございました」とお礼を述べることが多いです。 例文 「この度は迅速なご対応をしていただき、誠にありがとうございました」 「お忙しいところ、迅速にご対応していただき、ありがたく存じます」 「お客様からのご期待に応えられるよう、迅速なご対応をいたします」 早々のご対応 「早々(そうそう)のご対応」に使用されている「早々」は「ご対応を」修飾している副詞で、「 できるだけ早く物事を行なおうとする気持ち」を言い表す言葉です。 「早々」は「できるだけ早く」を意味しているので基本的に自分の行動、もしくは目下の人か同等に使う言葉とされていますが、 目上の相手がすでに完了した行為に対して感謝の意を述べるときは使用することができます。 例文 「突然のお願いにも関わらず、早々のご対応ありがとうございました」 「お忙しいところ早々のご対応誠に感謝申し上げます」 「この度は早々のご対応ありがとうございました。 送付していただきました資料は参考資料として使用させてもらいます」 早急のご対応 「早急」は、「 そうきゅう」と読みます。 また、「 さっきゅう」とも読むことができます。 そうきゅう」と読んでいる人のほうが割合はとてもお多いですが、本来は「さっきゅう」と読む言葉でるということも覚えておきましょう。 「早急」の意味は、「 非常に急ぐこと」で、「早急のご対応」は「 非常に早く対応をする」という意味になります。 丁寧な言い回しであるため、目上の人に素早い対応をしてもらったというお礼を伝える場面で使用することができます。 例文 「早急にご対応いただきありがとうございました。 お陰様でプレゼンは大成功をで収めることができました」 「早急にご対応いただけたお陰で、大惨事に至らず助かりましたありがとうございます」 「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」 「早速のご対応」の英語 「早速のご対応」は「prompt response」「quick reply」 「早速のご対応」は英語で「prompt response」「quick reply」などです。 「prompt」「quick」は「迅速な、素早い」という意味の形容詞です。 「ご対応」は「response」「reply」などとします。 動名詞を使い、「handling」などとしてもよいでしょう。 「fast」は「(一定して持続的に)速い」を意味するので不適 「quick」と「fast」を混同してしまう人がいますが、ニュアンスに違いがあるので注意です。 「quick」は「瞬間的に速い」という意味であるのに対し、「fast」は「一定して持続的に速い」という意味になります。 「早速のご対応」は、一度の速い対応に対して使うので「quick」が適当となります。 例文です。

次の

英語で「素早い対応ありがとうございます」は何て言うの?

早急にご対応 英語

早急の意味とは? 早急の意味とは「非常に急ぐ様・急ぐこと」 早急の意味とは「非常に急ぐ様・急ぐこと」のことです。 案件や取引などに対して余裕を持たずに急いで対応する・対応してほしい時に使用することが一般的とされています。 おもにビジネスの場で使用されることが多いです。 (例としては、「その件に関しましては確認次第、早急に対応させていただきます。 」など) 早急は使う場面が限れられる 「早急」の言葉は使用されることが多い言葉ですが、意外に使う場面や相手が限られます。 案件や要件に関して相手側を急かすためや催促するする時にも使いますが、ほとんどは「自分」が「相手側」に対して「対応」するときに使用します。 (例としては早急に返信します。 早急に対処します。 など) 早急の読み方は?読み方の変化についても 早急の読み方は「さっきゅう」 早急の読み方は「さっきゅう」です。 今の日本人のほとんどが「そうきゅう」と誤読していますが、ニュースやNHKなどでは正しい読み方の「さっきゅう」と使用されています。 また早の読み方が「サッ」と慣用句読みをされるので、誤読され間違いやすい漢字になります。 本来は「さっきゅう」と読み方が正しいのですが、現代では「そうきゅう」という間違えた読み方をする人が増えていて、「そうきゅうに対応します」などという使い方や読み方をされています。 また本来の「さっきゅう」という慣用句読みを知らない人が増えているともされています。 本来の「さっきゅう」の読み方を使用する方からは「さっきゅう」と正しい日本語を使用するようにと注意されることがあるかもしれません。 社会人として正しい日本語や読み方を理解しておくことが大切です。 ビジネスシーンにおいて恥ずかしい思いをしないように注意しておきましょう。 誤読から「そうきゅう」の読み方に変化 「そうきゅう」の読み方は慣用句の「さっきゅう」が誤読されてしまい、後からできた言葉といわれています。 現代では「さっきゅう」という読み方ではなく「そうきゅう」の読み方が浸透して「そうきゅう」と使用されることが増えた為、時代の変化と共に「そうきゅう」の読み方は間違いではないとされています。 輸入(しゅにゅう)が「ゆにゅう」・重複(ちょうふく)が「じゅうふく」・依存(いそん)が「いぞん」など他の慣用句読みで漢字の誤読されていた言葉も、後々標準語になっていったものもあります。 現代の辞書も種類によっては誤読から変化した読み方も追加されていることがあります。 早急と同様の意味を持って使用される言葉ですが、本来「至急」は急いで至る、又は大急ぎで対処してほしい時に使用する言葉になります。 早急との違いは今すぐに対処してほしい、他の物事より優先順位が非常に高いなど話して側が受けとる側に要求を指すときに使うべき言葉ということです。 相手や物事を急かして行動させる表現になりますので、本当に急を要する緊急事態などに使用するようにしましょう。 日常で頻繁に使用してしまうと重要性を理解してもらえず、本当に緊急時に困る事態に陥ってしまうかもしれないので使い方には注意しておきましょう。 早急と同様のニュアンスを与えますが、「迅速に」の主な意味は物事を丁寧に早くこなすことという意味を持つので、早急とは使用する場面が異なります。 ただ単に物事を早くこなせばいいのではなく、丁寧にかつ早くすることを目指す言葉とされています。 個人的な取引やオークションなどで使用されるのが「迅速な対応、本当にありがとうございます。 」などという使い方をされますが、もちろんビジネスシーンでも使われることはあります。 何度も修正を依頼しなければいけなかったり、ミスなどで多くのやり取りがある場面では使用されることは少ない言葉になります。 「早々」には急いで、早く、直ちに、急いでなど早急と同じような意味を持ち、急ぐ時などに使用する言葉になります。 自分の行動に対して「早々に対応する」などの使い方は問題ありませんが、上司や目上の方に対して使用するのは失礼にあたることがあるので使い方には気を付けましょう。 「早々に」は「至急」、「急ぎの」など言葉と違い、日常生活では少し堅苦しいような表現になってしまうことから、日常生活で使用されることは少ないとされています。 ですが「早々に対応します。 」「早々にとりかかります。 」などビジネスシーンや文面で自分が相手に対し使用されることが多い言葉とされています。 「可及的速やかに」はなるべく急いで、できるだけ早くという慣用句になり、また「可及的」には可能な限りの意味を持ちます。 早急と違う点は可及的速やかにの言葉は自分に対して使用することが基本とされています。 相手側に急いでほしい時に使う言葉ではないので気を付けましょう。 また「可及的速やかに」は堅苦しく、威圧的なイメージを持つ言葉なので日常生活で使用されることはあまりありません。 「大至急」や「できる限り早く」、「迅速に」などの言い換えた表現として使われることが多いとされます。 使い方としては「可及的速やかに」はできるだけ早くするという意味を持つので、上司や上の立場の人から任されていた仕事や案件を急かされたときに「可及的速やかに対応します。 」という使い方ができます。 ビジネスシーンではすぐに対応してくれる頼もしい印象を抱かせることができます。 「間髪入れずに」も早急と同様に読み方を誤読されることが多い言葉で、本来は「かんはつをいれずに」という読み方をし、区切り方も「間髪、入れずに」ではなく「間、髪入れずに」の区切り方が正しい使い方とされています。 即座に、少しの時間を置かずになどの意味を持っています。 「間髪入れずに」は間を置くことなくを意味するので「間髪入れずに、言葉が出てくる。 」「間髪入れずに物事を進める。 」などの使い方をされます。 言葉の応酬が軽やかな時や物事が時間を置かずに進む時などに多く、日常生活でもよく使用されている言葉です。 早急の英語での言い方は? 早急の英語は「soon(すぐに)」を使用する 早急の英語は「soon(すぐに)」を使用することです。 日本語にも沢山の「早く、すぐに」の表現や言葉があるように英語にも沢山の「早く」の言葉があります。 仕事などで急ぎの案件がある時や催促する時には「soon(すぐに)」を使った文章を使用することで相手にダイレクトに伝えることができます。 文章では「as soon(すぐに)as possible(できるだけ)」の使い方をすることで、できるだけ早く、なるべく早く対応してほしいという要件が伝わりやすくなります。 また頭文字をとった「ASAP」の形でも使用されることがあり、こちらはカジュアルな表現になるので仲のいい間柄の人に対して使われます。 早急の英語の類語 早急の日本語に類語があるように英語にも「早く」の類語があります。 英語の類語では「eayly」「quick」「fast」「speedy」「repid」など沢山の「早く」を表す英語の単語があります。 「soon(すぐに)」の表現と同じ意味を持っているようで、使い方が異なる英語が多いので注意しましょう。 日本語が難しく様々な意味を持つように、英語にも様々な意味が存在していますので自分が伝えいたい要件や状況に合わせて、英語の表現や文章を使うようにしましょう。 「soon」以外の早い類語の使い方• 「eayly」には時間や時刻に関しての「早い」を表す。 「quick」には動作が完了するまでのスピードが「速い」を表す。 「fast」には乗り物や人の動作、物事に関しての「早い」「speedy」• 「speedy」には迅速に物事に取り掛かる時に関しての「早い」を表す。 「rapid」には物事や起きていることの変化が「早い」を表す。 現代ではビジネスシーンや個人同士のやり取りなどで「早急に」の言葉が多く使われます。 しかし正しい使い方をしないと相手に対して失礼になってしまったり、日本語の使い方がおかしいと思われ恥をかくことにもなるので注意しましょう。 早急の使い方の多くには自分が相手側に対し「早急に対応させていただきます。 」「早急に返信します。 」など急いで早く物事に取り掛かる時に使用します。 迅速も同様の意味を持っていますが、ビジネスシーンなどで迅速はお礼に対しての使い方が多いとされています。 自分に対して使用する分には「早急に対応お願いします。 対応します。 」と下手に敬語を使用しなくて大丈夫ですが、取引先や上司、お客様などに対しては、敬語をしっかり理解して「早急」の言葉を使うようにしましょう。 早急の言葉を使う時は急いでいる、急を要している時に使用することが多いのでカジュアルな文面を使用してしまうと相手側から軽んじられている、自分都合で考えているのかと思われてしまう可能性があります。 あくまでお願いする立場であることを理解し、ビジネス敬語を使い使用することが大切です。 「早急に対応お願いします。 」などは自分が相手側に対して急いで対応する旨を伝える時には問題はないですが、そのままの使い方で目上の人や上司に対して使うと失礼になってしまうことがあるので、敬語を混ぜ使用するようにしましょう。 正しい敬語表現を使用しないとチグハグな印象を与えてしまいます。 相手側にお願いする時は自分だけの都合を考えるのでなく、相手に時間を割いてもらうことを念頭において「お忙しいところ恐れ入りますが」「申し訳ありませんが」などお願いする気持ちを表すようにしましょう。 注意する点はただ自分が急いでいるから対応してほしいとお願いを伝えるのではなく、期限や急を要する理由などを簡潔に伝え、相手側に重要性を理解してもらう必要があります。 メールや文面でのやり取りは顔が見えなかったり、相手の状況が掴めないことが多いので重要性を伝えるために「早急に」の意味や使い方を理解し正しく使用しましょう。 自分が相手側に案件などで急を要する時は相手側に要件(期限・修正・急を要する理由など)をメールや文面で表します。 ただ単に急いでいるから早くしてくれでは失礼な対応になってしまうので気を付けましょう。 またメールなどの場合、タイトルに「急用又は急ぎの」と目にとまり気づいてもらえるよう工夫してもいいですね。 メールや手紙を送って終わるのではなく、電話や口頭で一言フォローすることが大切です。 フォローすることで相手に要件を投げっぱなしになることが無くなり、相手側も見過ごす可能性を減らすことができます。 また案件が完了して終了するのではなく、感謝の言葉を伝えることを忘れないようにしましょう。 早急にはビジネスシーンなどでの使用はもちろん、急いで物事(資料を用意してほしいなど)に取り掛かる時などにも使われます。 猶予がない時や非常に急いで対応する必要がある時に「早急に」の言葉で緊急性や急ぐ必要があることを伝えられます。 会議で資料が足りない時なども「早急に対処します。 」「早急に資料をそろえてほしい。 」などメモなどの文面でも使われます。 早急と同様に至急も使用されることがありますが「至急」は急いで至ることになるので状況に応じて使い分けましょう。 また怪我人に対しすぐに処置がいる時「早急な処置が必要」との使い方もされます。 感謝する時に使用するのは自分が相手側に何かしたのではなく、相手側が自分に対して早い対応をしてもらった時「早急な対応ありがとうございます。 」などと使用します。 また早急の間違った使い方に「早急な回答、ありがとうございます。 」などの例としてあげられます。 この場面では「早速」を使用することが正しい感謝の仕方とされています。 個人的取引などでは「迅速な対応ありがとうございます。 」との感謝の言葉の使われ方もあるので状況に合わせて使い分けましょう。 また下記の文章ではビジネスメールでのお礼の仕方に関して、詳しくご紹介しています。 ビジネスシーンでお礼の言葉や使い方に迷った時などに、是非こちらの記事を参考にしてみて下さい。 早急は様々な場面で多様な使い方をされます。 自分の現在の状況に合わせて正しい「早急」の表現を使用しましょう。 下記に「早急」を使用した例文を記載しますので、参考にしてみてください。 下記は「早急」の一部の例です。 早急には幅広い表現方法が存在するので、ビジネスシーンや自分の状況に合わせて「早急」を使用しましょう。 「早急」を使用した例文• 「状況が確認でき次第、早急に対応させていただきます。 「早急に対処することが必要になる。 「お忙しいところ、大変申し訳ありませんが、早急に対応の方お願い致します。 」 正しく「早急」を使おう 取引先・会社の上司・個人的やりとりなど様々な場面で早急の言葉は使用されます。 社会に出た時にビジネスシーンでは正しい敬語を使うことが必要になりますので、「早急」の意味や敬語を正しく理解し使用することが大切です。 ビジネスシーンで間違った言葉の使い方をして恥をかくことがないようにしっかり対応しましょう。

次の