梅雨明け 関西。 梅雨明け予想2020年【関西・近畿】

気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

梅雨明け 関西

九州北部から近畿にかけて、西日本の広範囲で梅雨入りが遅れている。 近畿地方の梅雨入りは平年なら6月7日で、22日時点で既に過去2番目の遅さ。 このまま入梅が確認されない事態になると、1963年以来56年ぶりとなる。 23日の兵庫県内は昼すぎから雨になるところもあるとの予報だが、梅雨前線は遠く南、太平洋沖にとどまる。 県内では貯水率が5割を切るダムもあり、影響が出始めている。 気象庁による51年から昨年までの統計では、近畿地方で最も梅雨入りが遅かったのは58年の6月25日で、2番目が67年の同21日。 逆に最も早かったのは56年と2011年の5月22日となっている。 昨年は6月5日だった。 神戸地方気象台によると、梅雨入りが遅くなっている原因の一つとして考えられるのが、ジェット気流と呼ばれる偏西風の異変だ。 例年なら日本付近の上空を東へ向かって流れるが、今年は列島を回り込むように大きく南へ蛇行している。 このため太平洋側の高気圧の張り出しが弱く、梅雨前線がはるか南に停滞したままになっている。 沖縄や九州南部、東海から東北にかけては既に梅雨入りしているが、九州北部から近畿にかけては梅雨入りが見通せる状況にはないという。 6月の雨量も少ない。 15日には県内各地でまとまった雨が降ったものの、神戸は21日までの降水量が41ミリで、6月の月間平年量(181・6ミリ)の4分の1以下にとどまる。 姫路は92ミリで月間平年量の56%、洲本も76ミリで同38%という低水準だ。 一方、今後梅雨入りした場合は「梅雨明けが平年よりも遅れる可能性がある」と神戸地方気象台の笠井将伸観測予報管理官。 南米のペルー沖で海面温度が高くなる「エルニーニョ現象」が続いていることが、理由の一つという。 (竹本拓也).

次の

近畿の梅雨入りと梅雨明け 2020(確定値)

梅雨明け 関西

グラフ付きで見やすい2020年関西・近畿の梅雨明け予想 2020年の関西・近畿の梅雨明けの時期を予想します。 気象庁発表の過去データからグラフを作成し、最近の傾向などが一目で分かるようにまとめました。 2020年の関西・近畿の梅雨明けは7月10日から7月20日ごろと予想 2020年の関西・近畿の梅雨明けは7月10日から7月20日ごろであると予想します。 平年と直近5年の梅雨明けのデータは下記の通りです。 平年:7月21日ごろ• 2015年:7月24日ごろ• 2016年:7月18日ごろ• 2017年:7月13日ごろ• 2018年:7月9日ごろ• 2019年:7月24日ごろ 引用元: ここ数年は平年よりも早い梅雨明けが多くなっています。 近年は平年よりも早い梅雨明けが多い グラフで過去データを見ると近年は平年を示す赤い線よりも下の値の(早い)梅雨明けが多くなっていることがわかります。 2009年は8月3日と最も遅い梅雨明けとなりましたがそれ以降は早い梅雨明けが多く、2015年・2019年は7月24日と平年より3日遅い程度。 今年も平年並みか、やや早い梅雨明けとなると当サイトでは予想し、2020年の関西・近畿の梅雨明けは7月10日から7月20日ごろと予想します。 近畿地方に属する府県 近畿地方には• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 滋賀県• 和歌山県 以上の6つの府県が含まれます。 いわゆる「関西」と言われる地域ですね。 以上、2020年の関西・近畿の梅雨明け予想でした。

次の

2020年の梅雨入り梅雨明け解説‐お天気JAPAN

梅雨明け 関西

昨年は、平年よりも少し短めな梅雨時期だった関西・近畿地方。 今回は気になる 今年、2020年の関西・近畿地方の梅雨入り、梅雨明け時期予想を 紹介していきたいと思います! ちなみに、wikipediaによると、 関西地方の定義は、 大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県。 近畿地方の定義は、 大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・三重県・滋賀県・和歌山県。 となっていますので、 主に気象庁の「近畿地方のデータ」を使い予想していきます。 そもそも、梅雨入り、梅雨明けをどのように決めているのでしょう? 実は気象庁の過去のデータにも「頃」と書かれているので、 確定日ではありません。 比較的天気の良い日が続いてから、 比較的雨が多く、日照時間が少ない時期に突入するまで 移り変わりの時期が5日間程度あります。 その真ん中の日を、梅雨入り日としているようです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて、 晴れが続いている日(初夏)から、 今後数日間は天気が悪く雨模様と予想を出した時に、 実際に雨が降りだした日を 梅雨入りとします。 また、反対に 雨続きから、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を 梅雨明けとしています。 比較的晴れの多い期間から曇りや雨に移り変わる期間の間を 梅雨入りとしているようですが、確定値は9月に結果を再検討して 修正された後に決まります。 梅雨明けも同様で、その反対になります。 2020年 令和2年 関西の梅雨入り時期を予想! それではまずは2020年の関西・近畿地方の 梅雨入り時期の予想をしていきます。 気象庁の1951年から2019年までの 過去69年間の関西・近畿地方の梅雨入りデータをみると 最も早い梅雨入りは1956年と2011年の5月22日頃で、 最も遅い梅雨入りは1958年の6月25日頃でした。 1951年から2019年までの69年間の 梅雨入りの平年値は6月7日ごろで グラフの平均線が右下がりになっていることからもわかる通り 年々梅雨入りの時期が早まっている傾向が見て取れます。 また、昨年 2019年 は6月27日 一昨年 2018年 は6月5日が梅雨入りでした。 これらのデータから予想すると 2020年の関西・近畿地方の梅雨入り時期は 6月3日頃から6月18日頃の間くらいになりそうですね。 2020年 令和2年 関西の梅雨明け時期を予想! 一方、2020年の関西の梅雨明け時期ですが、 梅雨入りと同様に気象庁のデータで考えてみますと、 最も早い梅雨明けは1978年の7月3日頃で、 最も遅い梅雨明けは2009年の8月3日頃でした。 69年間の関西・近畿地方の梅雨明けの平年値は7月21日頃。 また、グラフを見てみると平均線が右肩上がりになっているため 梅雨明けの時期が遅くなっている傾向が確認できます。 梅雨入りの時期が早くなり、 かつ梅雨明けの時期が遅くなっている傾向があるので、 関西・近畿地方の梅雨は長期化している傾向があるといえるでしょう。 さらに、 昨年 2019年 は7月24日 一昨年 2018年 は7月9日に梅雨明けをしたので、 これらのデータから判断すると、 2020年の関西・近畿地方の梅雨明けは 7月10日頃から7月24日頃の間くらいとなりそうですね。 関西の梅雨の特徴は? 関西(特に大阪、兵庫、和歌山)の気候は瀬戸内海式気候と呼ばれ、 年間を通じて天気が安定的で、降水量も全国的に見ても少ない方です。 しかし、 梅雨時期の雨量は決して少ないわけではなく、 局所的に降ると言われています。 六甲山で発生した積乱雲が、北部に流れて大雨を降らします。 六甲おろしと言えば、プロ野球阪神の応援歌で有名ですね! オウ オウ オウオウ阪神タイガース!! さっさとジメジメした季節を乗り越えて、楽しい夏を迎えたいですね。

次の