プルーム s 吸い 方。 プルームテックの吸い方間違ってた!正しい吸い方

「あれ?プルームテックってこんなもん?」と思った方は読んで下さい!少しでも美味しく吸う方法です!

プルーム s 吸い 方

2019年1月29日から発売開始となった、JTの新しい喫煙デバイス「プルームテックプラス」と「プルームS」。 プルームSは、ライバルの「アイコス」の同じように高温加熱式で、専用のたばこスティックを加熱して喫煙するモデルである。 1日使ってみたところ、あることを思いついてしまった。 それは、 1回喫煙したたばこスティックを、もう1回吸えるんじゃないのか? 論より証拠! 試せばわかる!! ということで、 実際に挑戦したところ、驚きの結果にッ! ・アイコスはブレードで加熱 アイコスとプルームSは、いずれも高温加熱式ではあるが、加熱の方法が異なっている。 アイコスはホルダーの内部にブレード(芯)があり、ヒートスティックにこれを刺して加熱している。 吸い殻を見ると、スティックの中心部分が焼け焦げているのがわかる。 加熱状況やヒートスティックの状態にもよるのだが、しっかりと熱が伝わっている場合は、ヒートスティックの外側の紙が焦げていることもある。 したがって、 アイコスの場合はヒートスティックの2回吸いをしようと思うと、焦げ臭くて吸えないのである。 ・プルームSは容器で加熱 続いて本題のプルームS。 こちらも高温加熱式ではあるものの、たばこスティックを挿入する容器全体を加熱する方式だ。 ブリティッシュアメリカンタバコのグローと同じ加熱構造のはずだ。 芯で加熱しないので、吸い終えたたばこスティックが焦げることはない。 見た目だけなら、未使用のたばこスティックとほとんど変わらない。 ・いざ、2回目のたばこスティック! 今まさに吸い終えたばかりのたばこスティックを、再びプルームSに挿入する。 そして本体上部のボタンを押して、加熱スタート。 40秒の加熱時間を経て、実際に吸ってみよう。 そんなに都合よく、たばこスティックの再利用ができる訳ないか……。 もう1回吸えたら、1箱20本で40本分味わうことができてしまう。 そんな訳ないよな……。 煙が出る! しかも、1回目に吸った時よりも2回目の方が煙が多く出ている気がするんだけど。 少なくとも2回目もまずくないのは驚きだ。 吸える! 吸えるじゃないか!! ただし、味は格段に落ちている。 1回目の美味しさの半分程度の味わいしか感じることができない。 だが、2回目でも吸えるのはたしかだ。 私はこの2回目のたばこスティックを「しけもく」と呼びたい。 紙巻きたばこだけでなく加熱式たばこにも、しけもくは存在した……。 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

【レビュー】Ploom S(プルームエス)の使い方・スペック・吸いごたえを紹介

プルーム s 吸い 方

2年ほどを吸っていたり、その後を吸ったりしていた私としてはそりゃ気になるわけですよね、 っていうことで購入しましたPloom S! Ploom Sとはとは全く違う加熱式たばこデバイス。 全然買えないけどな。 ほぼ常に売り切れだけどな。 iQOSとかgloとかと大体原理は似たようなやつ。 スターターキット パッケージはこんな感じ。 こちらもおしゃん。 おしゃんですわね。 裏側には内容物とか書いてあります。 外側のビニールと包装紙的なやつを外します。 パカッと開封。 さらにパカッと。 中身はこんな感じ。 Ploom S 本体• 充電用USBケーブル• ACアダプター• クリーニングブラシ• マニュアル• 保証書 マニュアルです。 そらもう分かりやすすぎるくらいに丁寧に説明書いてあります。 ていうかにも使い方の動画とか載ってます。 サイトは登録しないと見られないのでまだの人は、 を登録しておきましょー。 デバイス とりあえずこちらがPloom S本体です。 ラップみたいなやつ剥がします。 つるーんころーんとしてます。 Ploom Sのロゴが入ってます。 持ちやすさとか手にフィットする感じとか考えられてるらしい。 人間工学に基づいたなんちゃらかんちゃらです。 反対側はこんな感じ。 こちら側がたばこスティックを差し込む側です。 ボタンが1つついています。 反対側には充電用のUSBポートがあります。 付属の充電用ケーブルとACアダプターで充電を行います。 購入後初めて使用する際には一度充電しないと電源が入らないため、必ず充電するようにしましょう。 充電中には、 この部分のLEDが光ります。 何も書いてないけど多分そうっぽい。 充電が完了すると全てのLEDが点灯後、消灯します。 ちなみに充電しながらの使用はできません。 こちらのカバーを開けるとクリーニング時にたばこカスとかを出したりする部分が出てきます。 付属のクリーニングブラシを開封して、 取り出します。 上部のスライドカバーを開けてブラシを突っ込み、 下からカスを出したり上から出したりするみたいな。 たばこスティック お次に味の決め手なたばこスティックも見ていきます。 現在たばこスティックは3種類。 メビウス・レギュラーテイスト・フォー・プルーム・エス レギュラータイプ• メビウス・メンソール・フォー・プルーム・エス メンソールタイプ• メビウス・メンソール・クールエフェクト・フォー・プルーム・エス メンソールタイプ となっています。 開封するとたばこスティックが20本入ってます。 こんな感じで小さい紙巻きたばこみたいな形状。 iQOSのヒートスティックに似てますな。 iQOSとgloのスティックたちと比べてみました。 パッケージは一番小さく見えるね。 でも若干ヒートスティックよりはたばこスティックの方が箱の厚みがある。 中身を比べてみます。 長さはヒートスティックよりもちょっと長いくらいで太さは同じくらいかな。 ネオスティックだけだいぶ長細いね。 使ってみる では使ってみましょ。 まずはスライドカバーを開けて電源ONにします。 モード表示LEDが青色に点灯します。 点灯しない場合はバッテリー残量が無い状態なので充電が必要です。 内部は加熱部が周囲にあるタイプ。 ベポライザーとかである構造ですね。 gloもそうだわね。 たばこスティックを差し込み口にフィルター部が上になるよう入れます。 あんまり勢いよく入れたり強く入れたりするとぐしゃぁ!ってなる可能性があるのでほどほどに。 たばこスティックを入れたらボタンを2秒以上長押しして加熱を開始します。 デバイスがぶるっっと振動し、白いLEDの点滅が始まります。 1つずつ順番に点滅、点灯していき、4つ全て点灯したら準備完了です。 1つのLEDにつき大体10秒、約40秒で準備完了となります。 完了したときにもぶるぶるっとデバイスが振動します。 約3分30秒もしくは14パフまで使用できます。 残り時間は点灯しているLEDの数でおおよそ判断できます。 残り30秒もしくは残り2パフになるとLEDが1つだけ点滅し、デバイスがぶるっと振動してお知らせします。 3分30秒経過後には2回、14パフ使用後はデバイスが3回ぶるぶるっと振動してヒーターが停止します。 途中で使用をやめる場合には、ボタンを2秒以上長押ししてヒーターを停止させます。 満充電でたばこスティック約10本分使用可能となっています。 加熱が終了したらたばこスティックをするするっと引っ張り出します。 スライドカバーを閉じると電源がOFFになります。 このまま連続使用も可能です。 たばこスティックの味 お次にたばこスティックの味を確認していきます。 メビウス・レギュラーテイスト・フォー・プルーム・エス 落ち着いて、ゆったりとした美味しさ。 豊かなコクが広がる上質な味わい。 ということでレギュラータイプのレギュラーテイストです。 実際に吸ってみるとかなりマイルドな喫味ですね。 紙巻たばこで言うとタール3~5mgくらい。 紙巻のMEVIUSは数回程度しか吸ったことは無いんですが、やはり燃やして吸うものとは味は違います。 吸いごたえはそこそこ。 強すぎず弱すぎずというところ。 強めの紙巻たばこ吸ってる人だと物足りないかもしれない。 タバコ葉を焦がしたような臭みが無いのがすっきりしていて良い。 メビウス・メンソール・フォー・プルーム・エス 口にした瞬間に訪れるシャープな清涼感。 キレのある強烈メンソール。 ということでメンソールタイプのメンソールです。 そのまんまやな。 あっこれは馴染み深いメンソール味ですね。 iQOSで言うところのミント味。 程よい清涼感でたばこの味もしっかりする。 吸いごたえもそこそこあるけど強すぎない。 メンソールのインパクトで吸いごたえを補っているというか何というか。 メビウス・メンソール・クールエフェクト・フォー・プルーム・エス 後味まで続くクールな冷涼感。 爽やかな冷涼メンソール。 ということでメンソールタイプのメンソール・クールエフェクトです。 実際に吸ってみるとメンソールよりも冷たい感じが増してる。 清涼感が増しているというよりも清涼感の質が違う。 こっちは清涼剤でメンソールはメンソールというか。 喉にがつんと冷たい感じ。 なるほど清涼感じゃなくて冷涼感ね。 吸いごたえは一番あるかも。 総評 どの銘柄も吸いごたえはそこそこに周囲に出る臭いが抑えられていると感じました。 吸いごたえはiQOSよりは低めですが、gloよりは強いです。 臭いはiQOSより抑えられていて、gloと同じくらいでしょうか。 両方のいいとこどりみたいな感じですかね。 3つからどれを選ぶかと言われれば私ならPloom Sかな。 たばこスティック分解してみようか まぁそのまんまなんですけど。 これが吸い終わったたばこスティック。 あんまり焦げたりしてないですね。 フィルターもめっちゃ綺麗だし。 たばこ葉に至っては新品ちゃうんかいレベル。 中のたばこ葉見てみましょ。 シート状になっているたばこ葉がぎゅぎゅっと詰め込まれています。 いやでも本当に使用後かどうか疑わしいレベルで綺麗だな。 温度にこだわりを持って設計されているらしいので、ここもそういうこだわりのとこなのかなぁ。 まとめ 他加熱式デバイスとサイズ感を比べてみました。 横幅がデカいね。 高さはそうでもないけど。 握り心地はいいけど握りこみにくい。 私の手が小さいからかもしんないけど。 もう気持ち小型化してくれるともっと使い勝手良くなりそう。 良かった点• 周囲への臭いの拡散がそこまで大きくない• その割に吸いごたえはある• 丸みを帯びたデザインが可愛らしくて握りやすい• チェーンスモーク可能• カラーバリエーション豊富• クリーニングが楽 微妙な点• 満充電でもたばこスティック1箱分吸えない• 若干デバイスが大きい• 銘柄が少ない 今後増えそうだけど• 立てて置けない 置くためのアクセサリーは別で売ってる 加熱式たばこのデバイスはそれも一長一短って感じですかね。 あえてどれを選ぶかと言われると私はPloom Sだけど、人それぞれだなぁという感じ。 今後出てくるであろう銘柄に期待かな。 凄く個人的な事を言えばお茶系フレーバーとか…どうですかねJTさん。 ではここでアレやっちゃいましょうか 何やるのよって話ですけどアレですよアレ。 ここに新品のPloom Sスターターキットがあるじゃろう? 追加で買っておいてたやつなんじゃ。 そりゃもうプレゼント企画じゃろう?? ということで久しぶりにプレゼント企画です。 まずを フォローしてください。 そしてこの記事をシェアするtweetを 公式RTしてください。 また 鍵アカウントの方 設定の「ツイートを非公開にする」をチェックしている方 は 設定を外してください。 鍵アカだとツールで弾かれちゃうのですよ。 よろしくです。 何回これ言ってても毎回鍵でリツイートされる方いるんですけどね。 知らんで。 なのでここの説明見てない人は もう知りません。 抽選の対象外になりますよー。 あと日本国内への発送しかしませんのでご了承を。 当選した1名の方には、こちらからTwitterでメッセージをお送りさせて頂きます。 その際に発送先のご連絡と、商品の性質上年齢確認ができる身分証明書の提示をお願いいたします。 免許証とかで大丈夫です。 面倒だけどよろしこ。 頂いた個人情報は、今回の企画の商品発送以外の目的で使用することはありませんのでご安心くださいまし。 当選の連絡から24時間以内にご返信いただけなかった場合は、抽選を再度行います。 たばこスティックは入ってないのでそこは別途買っておくんなまし。 そっちは買えるから。 普通に買えるから。 当たればいいね! カテゴリー• 164• 102• 161• 757• 15 アーカイブ•

次の

喫味が中途半端なPloom Sのたばこスティックを強化する!これで満足の行くタバコになる?

プルーム s 吸い 方

どうもイカゾーです。 とうとう近づいてきたプルーム・エスの全国発売。 僕の周りでもiQOSの2. 4辺りをダマシダマシ(テープで固定、バンドで固定)使っている人からの プルーム・エス 乗り換え組がたくさんいます。 実際にお店やコンビニに並ぶのは8月7日ぐらいからでしょうか?選択肢が増えるのはいいですよね。 すでにプルーム・エス を吸っている人もこれから買おうとする人も、どうせならちゃんと美味しく吸いたいですよね? そんなわけで今回は プルーム・エスを美味しく吸うためのちょっとしたコツを紹介します。 実際にJTさんに聞いてみたコツと、自分が吸っていて気づいたコツもまとめて合わせた形で書いてみました。 プルーム・エス を美味しく吸うコツ1 吸い始めは息を一回吐く プルーム・エスでたばこスティックを吸う時、加熱完了後すぐに咥えて吸っていませんか? それで 「アチチッ」 ってなる事ないですか? 加熱完了後のたばこスティックって熱いんですよね。 火傷するほどではないけど、 口のすぐ下に200度の物体があると思えば当然。 全く熱くないわけがないです。 そこで加熱完了後、すぐに吸いたい衝動を抑えて 1回咥えて息を吐くわけです。 これで200度に温められた空気を少し外に逃がしてやり、温度を下げるわけです。 この方法ですが、もちろんプルーム・エス のデバイス自体は 吸う事を目的として作られている訳で、この1回咥えて息を吐く方法がプルーム・エス の本体に影響が出てくる可能性があります。 もちろん公式ploomページなどでは紹介などされている方法ではありませんので、自己責任でお願いします。 僕はこの方法で同じデバイスを約1ヶ月使いましたが、特に故障はありませんでしたね。 心配な人はデバイスのたばこスティック付近に息を吹くだけでも少しは効果がみられました。 そして、最初の1パフ分無駄になるんじゃないの?14パフで終わっちゃうのに、13パフになっちゃうじゃん。 って考える人いますよね?吸いながらパフ数をカウントしてみましたが 吸える回数は14パフのままでした。 これはプルーム・エス の味の出方、キック感から考えると最初の1パフってそんなに重要じゃないと思うんですよね。 コツ2 1回辺りのスパンを長く(大体5秒)とり、ゆっくり吸う ポイントに上げた5秒について説明します。 プルーム・エス の1回の喫煙時間は3分30秒。 つまり210秒。 つまり5秒溜めて残りの10秒で吸って吐いてを繰り返す感じ。 意識して5秒というのは最初は少し長く感じるかもしれませんが、慣れてしまえばわずらわしくは感じません。 チョコチョコ吸いしてしまうけど加熱式タバコにしたい人にはプルーム・テック・プラスの方がオススメ。 理由はいつでも喫煙をやめれるから。 チョコチョコ吸いの人は普通のタバコでも早く消す人の方が多いと思います。 いつでも喫煙を中止できるプルーム・テック・プラスのスタイルがあっていると思います。 自分のスタイルを変える気はない! とか、チョコチョコ吸いが思い当たる人はプルーム・テック・プラスの方をどうぞ。 そっちの方が向いてると思います。 プルーム・エス を美味しく吸うコツ3 二度吸いはしない よく言われるプルーム・エスのたばこスティックの二度吸い。 一度吸い終わったたばこスティックを見ると全然焦げている感じがなく、もう1回ぐらい吸えそうな感じがしませんか? この二度吸いをJTさんに質問したところ、回答としては 「本来の味、香りをお楽しみいただけないためオススメしておりません」 という回答でした。 まぁ当然っちゃ当然の回答なんでしょうがあの全く焦げていないたばこスティックを見るともう1回吸える気がしちゃいますよね。 僕もこの二度吸いをやってみた事は何回もあります。 でも結局、 二度吸いで、味や香りが出るのは3〜5パフぐらいなんですよね。 そしてやはり、若干焦げ臭い感じが出ます。 そんな二度吸いをするより、コツ2で書いたように一回の喫煙時間に間隔をきっちりとってゆっくり吸う事を考えた方が美味しく吸えると思います。 また、二度吸いのデメリットとしてバッテリーが勿体無いという観点もあります。 二度吸いしても結局味や香りが無くなって、3〜5パフで加熱を中止するのではバッテリーの無駄使いではないでしょうか? まだ僕は試した事はないので分かりませんが、新しく発売された加熱式タバコ「PULZE」の30秒延長吸いできる機能はおもしろい機能ですよね。 ユーザーのもうちょっと吸いたい(二度吸い)って気持ちに応える今までの加熱式タバコにはなかった機能です。 (すでにヴェポライザーではこの延長機能付きの機種は発売されていましたが) まとめ いかがでしょうか?そんな事知ってるよ!って方もいると思いますがプルーム・エス を美味しく吸うコツを簡単にまとめますと、.

次の