田村 亮 契約 解除。 ロンブー田村亮が吉本と結ぶエージェント契約とは?復帰に街の反応は?│Comfort 〜「ああ、そうか」をあなたに〜

ロンブー田村亮さん、活動再開へ 「闇営業」問題で休止:朝日新聞デジタル

田村 亮 契約 解除

・宮崎博之と田村亮の契約解除処分は撤回(宮迫が応じるかは不明。 田村亮に至ってはそもそもクビにしていない) ・岡本社長の1年間給料50%減俸 ・社長退任などは現状考えていない ・明石家さんまと松本人志から、宮迫ら芸人に協力してもいいかと申し出があった ・謹慎中に反省の色が見えなかったため「クビにする」と言っただけで本心ではない。 ・「テープ回してないやろな」「全員クビにする力があるぞ」発言は一部否定したものの概ね認める。 しかしそれは場を和ませるための冗談であった。 ・「静観」させたのは最初に芸人が嘘ついたことが原因。 二人に対して情けない思いを持った ・「在京5社在阪5社は吉本の株主~」は、記者会見を開くにあたって時間調整が必要だから、そこは大丈夫という意味であった。 ・亮はファミリー、親と子ならば悪い事を謝ろうとしているのに止めないで欲しかったについて、親として子を勘当するつもりだった ・入江仲介の反社組織はイベントの提携先のスポンサー。 そこまでは調査できていなかった。 反社と吉本興業の繋がりについてはまさかの深くつっこむ記者がおらず踏み入った言及なし。 後程の展開を待ちましょう。 ・契約解消については宮迫からの申し入れを受け入れただけ ・ギャラが一部で1:9といわれているがそんなことはない。 平均的には5:5とか6:4程度。 ・処分撤回は世間の反応を見ての判断ではない ・二人に途中から会わなくなったのはすべてに弁護士に委ねていたから といった内容です。 松本人志に怒られるぞという声もあったのですが、残念ながら前日に本日の記者会見の大筋などは伝えられていたはずなので、松本人志さんは内容に関しては怒っていないと思います。 (会見でうまくしゃべれなかったりとか大筋以外の部分には不満を感じたかもですが) この感じだと年末のガキの使い笑ってはいけないで宮迫博之と岡本社長の乳首相撲は本当にあるかもわからないです。 一般企業であれば書面を通し公式に行うので難しくなるのですが、吉本興業は以前大崎洋氏が言っていたように口頭での契約、更には契約解除も口頭だったからこそできた救済です。 私は諸々ひっくるめてそもそもクビにする必要はないと思っていたので特別な感情はないですが、彼ら二人の契約解除撤回について不満を感じる方はかなりいるようでした。 最初にやらかしたのは宮迫よん。 お涙でかわる世論てちょろいねー。 — はぐれメタ 2qeI7QGjbrE6WyU 冗談でクビにできる発言はあり得る 普通の企業の社員であればあり得ないですが、吉本興業は多分社員も良くも悪くもふざけた人間の集まりなので、これはあり得ない話ではないと思います。 とはいえ後程本当に契約解除となっているので冗談として成立していません。 (吉本側としては宮迫からの申し出を受け入れたに過ぎないという主張でしたが) 「力がある」など一部は言っていない、標準語では言わないとも主張していましたが、今日の会見は標準語だったのであまり説得力はありませんでした。 どちらにせよ社長という強い立場でこの手の発言をした場合一般的には冗談で済まされないので、減俸50%で納得する方がいるのか疑問が残りました。 ネットの反応 ずるいね 在京、在阪5社株主発言の件になったら急にイキイキとした声になって弁護士に投げる岡本社長 ハイこの質問は待ってましたと言わんばかり 本当にずるい これじゃ吉本興業何も変わらない あれだけスッキリで意志を持って吠えた加藤さんまでもないがしろにしてるわ — るぅりら SubaR8rurira 反社スポンサーに吉本社員が同席していた件に質問が至ったら在阪民放4局が一斉に中継やめた。 美しいシンクロ — 増田聡 smasuda ワイドナで松本・東野が、吉本にとって一番痛い「吉本と反社のスポンサー問題」「株主発言」は甘噛み程度で済ませて「吉本批判してますよ〜」のていで社長会見に繋げて収束させる気見え見えのシナリオ作ったのに、パスを受けた社長と会社側が予想以上にポンコツで全て台無しという素晴らしい流れ。 — ジェット・リョー ikazombie 億超えてると思うけど、半減1年間なら痛くもかゆくもない。 人には簡単にクビと言えても、自分は必死に地位にしがみつくつもりなんだ。 人のせいばっかり — まり marikeito06141 こんなん加藤ブチギレやん 明日のスッキリ楽しみやな — ひで22 chaeyoung221 じゃあ、給料含めて2年目以降は元どおりってことか? 何も変わってないじゃないか — 隆 プログラミング勉強中 yohanesenrei 撤回して済む問題だと思ってるなら辞任した方がいいな — 麻婆党夫 miring3 火消しに回ったようにしか見えない、誰も何も責任取らないとは。 そもそも闇営業はどうなった、不問にするなら経営陣総辞職でしょ。 本当に吉本がマトモになるか誰が証明すんねん?連帯責任とか圧力をかけて二人が会見するしかなかったんやろ。 誰がこんなヤラセ会見で納得すんねん! — jAsMiNe jAsMiNe7009 宮迫と田村亮の嘘を知っていた説 今日の記者会見でしきりに「宮迫博之と田村亮に最初に嘘をつかれたから」を言い訳にしていました。 確かに実際にそれが発端ではあるものの、昨日の宮迫田村亮の会見や過去の情報を見るに、横行する闇営業を黙認していた可能性や、更には反社会的組織と吉本興業の繋がりも指摘されているだけに、そうすると闇営業でギャラを受け取っていたことについては芸人側に嘘をつかれても、内心ではギャラを貰っていたと気づいていたのでは?と思ってしまいます。 そこが引っかかって今日の記者会見はあまり心に響くものはありませんでした。 とはいえまあ吉本としてはこれで一件落着でいけると判断したのでしょう。 納得していない方も多いと思いますが今後どのようになるのでしょうか。 しばらく2転3転あるかもしれません。

次の

岡本昭彦の記者会見まとめ 宮迫田村亮の契約解除撤回!パワハラ発言は冗談‥

田村 亮 契約 解除

詐欺グループ相手の闇営業問題で吉本興業から契約解除されたお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が20日、都内で会見を開き、同社への不信感と幹部から圧力を受けていたことを暴露した。 今後契約解消が検討されているロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)とともに、詐欺被害者に謝罪した。 また、金塊強奪事件犯グループとの面識、金銭授受報道は否定した。 宮迫と亮は黒いスーツで、冒頭から何度も、詐欺被害者や関係者に向け「不快な気持ちにさせてしまい、本当に申し訳ございませんでした」と深々と頭を下げた。 当初、反社会的勢力からのギャラは受け取っていないとうそをついていた。 騒動は収まることなく、罪悪感にもさいなまれ、謝罪会見を開きたいとの希望は、先月から吉本興業側に伝えていたという。 しかし会社の指示は「静観」だった。 会社からの圧力を明確に感じたのは、先月24日に謹慎を告げられた時だった。 亮が「辞めてでも、僕1人でも会見をさせてくれ」と申し出ると、吉本興業の岡本昭彦社長が弁護士、社員を部屋の外に出し、宮迫、亮、ガリットチュウの福島善成、レイザーラモンHGが残された。 宮迫は「岡本社長がまず言ったのは『お前ら、テープ回してへんやろな』でした。 回してませんと答えると、岡本社長は『辞めて1人で会見したらええわ。 やってもええけど、全員連帯責任でクビにする。 俺には全員クビにする力がある』と言いました。 全員、何も言えなくなりました」と振り返った。 謹慎期間中も宮迫は、引退会見でもいいので謝罪を示したいと申し出たが、進展しなかった。 宮迫は「1カ月、2カ月と引き延ばされ、うやむやになる」と感じ、弁護士を立てての話し合いを決めたという。 結果的に弁護士を立てたことが、2人と吉本興業との間に深い溝を生んだ。 亮は「会社を攻撃したいとは1ミリも思っていなかった。 第三者の目という形で弁護士さんを入れたかった。 吉本も最初は『いいやん』と言っていた。 実際に弁護士が来ると、急に態度が変わった」と話した。 今月18日に書面で、「引退」か「契約解除」の二者択一を迫る書面が届いた。 一部では、謝罪会見の選択肢があったと報道されたが、宮迫は否定した。 同日、宮迫と亮は、岡本社長に面会を求めたがかなわず、弁護士との面会になったという。 宮迫が引退会見を申し出ると、弁護士からは「その場合、会見は明日(19日)正午。 今から2時間後にQ&Aを練習する」と告げられた。 希望していた会見のネット配信も拒否された。 2人は、吉本興業のコントロール外での会見開催を決めた。 亮は「(吉本興業の)弁護士さんが言うには、我々が弁護士を付けたことを上層部は悲しがってる、ファミリーだと。 ファミリーなら、子供が正しいことを言って謝ろうとしてるのを止めるのは親ではない。 不信感しかなくなってしまった。 本当のことを言うのがどんどん遅れて、しんどくなった」と泣いた。 2人とも吉本興業への感謝を示したが、思いに反し反旗を翻すことになってしまった。 芸人引退は否定し、再起を望んだ。 【小林千穂】.

次の

ロンブー田村亮が吉本と結ぶエージェント契約とは?復帰に街の反応は?│Comfort 〜「ああ、そうか」をあなたに〜

田村 亮 契約 解除

詐欺グループ相手の闇営業問題で吉本興業から契約解除されたお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が20日、都内で会見を開き、同社への不信感と幹部から圧力を受けていたことを暴露した。 今後契約解消が検討されているロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)とともに、詐欺被害者に謝罪した。 また、金塊強奪事件犯グループとの面識、金銭授受報道は否定した。 宮迫と亮は黒いスーツで、冒頭から何度も、詐欺被害者や関係者に向け「不快な気持ちにさせてしまい、本当に申し訳ございませんでした」と深々と頭を下げた。 当初、反社会的勢力からのギャラは受け取っていないとうそをついていた。 騒動は収まることなく、罪悪感にもさいなまれ、謝罪会見を開きたいとの希望は、先月から吉本興業側に伝えていたという。 しかし会社の指示は「静観」だった。 会社からの圧力を明確に感じたのは、先月24日に謹慎を告げられた時だった。 亮が「辞めてでも、僕1人でも会見をさせてくれ」と申し出ると、吉本興業の岡本昭彦社長が弁護士、社員を部屋の外に出し、宮迫、亮、ガリットチュウの福島善成、レイザーラモンHGが残された。 宮迫は「岡本社長がまず言ったのは『お前ら、テープ回してへんやろな』でした。 回してませんと答えると、岡本社長は『辞めて1人で会見したらええわ。 やってもええけど、全員連帯責任でクビにする。 俺には全員クビにする力がある』と言いました。 全員、何も言えなくなりました」と振り返った。 謹慎期間中も宮迫は、引退会見でもいいので謝罪を示したいと申し出たが、進展しなかった。 宮迫は「1カ月、2カ月と引き延ばされ、うやむやになる」と感じ、弁護士を立てての話し合いを決めたという。 結果的に弁護士を立てたことが、2人と吉本興業との間に深い溝を生んだ。 亮は「会社を攻撃したいとは1ミリも思っていなかった。 第三者の目という形で弁護士さんを入れたかった。 吉本も最初は『いいやん』と言っていた。 実際に弁護士が来ると、急に態度が変わった」と話した。 今月18日に書面で、「引退」か「契約解除」の二者択一を迫る書面が届いた。 一部では、謝罪会見の選択肢があったと報道されたが、宮迫は否定した。 同日、宮迫と亮は、岡本社長に面会を求めたがかなわず、弁護士との面会になったという。 宮迫が引退会見を申し出ると、弁護士からは「その場合、会見は明日(19日)正午。 今から2時間後にQ&Aを練習する」と告げられた。 希望していた会見のネット配信も拒否された。 2人は、吉本興業のコントロール外での会見開催を決めた。 亮は「(吉本興業の)弁護士さんが言うには、我々が弁護士を付けたことを上層部は悲しがってる、ファミリーだと。 ファミリーなら、子供が正しいことを言って謝ろうとしてるのを止めるのは親ではない。 不信感しかなくなってしまった。 本当のことを言うのがどんどん遅れて、しんどくなった」と泣いた。 2人とも吉本興業への感謝を示したが、思いに反し反旗を翻すことになってしまった。 芸人引退は否定し、再起を望んだ。 【小林千穂】.

次の