ジェレミー ブレッド。 ジェレミー・ブレットのシャーロック・ホームズは最高だった!(Jeremy Brett's Sherlock Holmes)

野村萬斎とジェレミーブレッドの色気

ジェレミー ブレッド

来歴・人物 [ ] 生い立ち [ ] の(現在は)バークスウェルに、州地方長官の息子として生まれる。 出生年月は諸説あり、またはに生まれたとされる。 に生まれたとの出典も存在する。 一族は食品会社社の経営者一族であったため、ブレットは恵まれた環境で育った。 パブリック・スクールの名門に進むが、在学中はのために苦労したという。 舞台・映画での活動 [ ] で演技を学び、にで初舞台を踏む。 」という店名に因み「ジェレミー・ブレット」という芸名を名乗る。 ナショナル・シアター・カンパニーに参加したこともあり、舞台出演が多い。 、舞台でを演じたこともある(シャーロック・ホームズ役は)。 に女優の(俳優の娘)と結婚したが、に離婚。 マッセイとの間に生まれた息子のデイヴィッド・ハギンズは兼となった。 ブレットはから多くのにも出演した。 の『三銃士』や、がシャイロックを演じたの『』などが有名である。 また、に出演した映画『』では、演じる主人公に思いを寄せる若き貴族フレディを演じた。 ちなみに、ブレット演じるフレディがイライザの住む家を見上げるシーンで、有名なナンバー「君住む街角」( On the Street Where You Live)が歌われている。 の映画『』では役の候補に名前が挙がるが、結局がボンド役を獲得した。 また、『』のオーディションも受けたが、結局ボンド役を得ることはなかった。 からまで俳優の ()と交際する。 後半には ()とも交際した。 シャーロック・ホームズ [ ] 舞台や映画などで幅広く活動を展開したブレットだが、より放映された版(日本ではで放映)の『』(全41話)での役が特に有名である。 原作からイメージされるホームズの風貌や仕草、性格を完璧に体現し、これ以上のハマり役はいないと高く評価された。 ブレットのホームズは史上最高であると高く評価されており、伝説のホームズ俳優であるや、英国のホームズファン協会の公認する唯一の俳優といわれた、数多くの映画でホームズを演じたをも凌ぐとされる。 の著名なである ()は「息を呑むほどの分析力、奇怪な変装術、落ち着いた雰囲気、複雑極まりない事件を解決するという熱意。 ブレットこそは理想的なホームズである」とブレットのホームズ役を絶賛している。 にはアメリカ人のプロデューサー、ジョアン・ウィルソンと再婚。 にウィルソンが癌で亡くなった後は再婚することはなかった。 双極性障害の悪化 [ ] ブレットはを患っており、症状はウィルソンの死後に悪化した。 不幸なことに、ウィルソンの晩期と「ホームズの死」がテーマとなる放送回を撮影していた時期とが重なってしまい、そのことがブレットをより精神的に困難な状況に導いた。 ウィルソンの死後、約1年間『シャーロック・ホームズ』の撮影を休んだ。 には新しいエピソードの撮影を開始するが、過酷な撮影スケジュールが深い悲しみの中にいたブレットをますます混乱させ消耗させる結果になった。 人生の最後の10年間では、完全なとなる。 医者からリチウム錠を処方されたブレットは、この薬が自分にとって何の助けにもならないとは知りながらも、病気と少しでも上手く付き合うために服用を続けた。 やがて精神的に危機的状態を迎えたブレットは、何度か入退院を繰り返す。 『シャーロック・ホームズ』シリーズの完結に向かいながらも、ブレットの健康はますます損なわれ、その影響はブレットの外観にも明らかに現れるようになった。 のによって体重増加とが起こり、次第にブレットの動きは緩慢なものとなる。 それによって、劇中でのホームズとしての演技も変化した。 ブレットの心臓弁には幼少期にかかったによる後遺症があり、ブレットの心臓は通常の成人男性のおよそ2倍の大きさであった。 これらの健康上の問題からホームズを演じることはますます困難となり、撮影セットでは酸素マスクを手放せなくなる。 そのような中でも、ブレットはたった一言「But, darlings, the show must go on(直訳:しかし諸君、ショーは続けねばならない)」とだけ答えたという。 晩年 [ ] 最晩年の数年間にはブレットは率直に病気について語り、人々が病の兆候を認識し必要な助けを求めるよう励ましを送り続けた。 、のための自宅で亡くなる。 享年61。 ブレットが亡くなった1か月後の同年には、元恋人のゲイリー・ボンドものために亡くなった。 主な出演作品 [ ] 映画 [ ]• War and Peace (1956年)• My Fair Lady (1964年)• The Medusa Touch (1978年)• Macbeth (1981年)• Mad Dog And Englishmen Shameless (1994年)• Moll Flanders (1996年) テレビドラマ [ ]• (1984年 - 1994年)• レベッカ Rebecca (1979年) テレビドキュメンタリー [ ]• ホストとして出演。 DVD『マイ・フェア・レディ スペシャル・エディション』に収録されている。 で放送されたこともあった。 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の

シャーロック・ホームズの冒険 (テレビドラマ)

ジェレミー ブレッド

彼は1995年に心不全で亡くなりました。 61歳でした。 最近、NHK-BSで現代版「SHERLOCK(シャーロック)」のシーズン1と2が連続で放送されて凄く面白かったのですが、同時にドイルの原作に生真面目なほどに忠実だったあのグラナダテレビのジェレミー・ブレット版ホームズを思い出して、確かに、あんな決定版ホームズをやられたら、何か工夫(この場合は「現代に置き換える」とか。 ダウニーJr. の映画版も、ホームズのイメージを変えてますよね)をしないと真正面からは描きづらいかも、と思ったりもしました。 ジェレミー・ブレットの「ホームズ」は演技が極めてエキセントリックでした。 憑かれたかのように動き回ったかと思うと、いきなりぴたっと制止して固まったり。 こんな人、実際身近にいたらさぞかしやっかいだろうな、と思わせる、ホームズの尋常じゃなさ加減がよくあらわれてたと思います。 優雅な狂人、的な。 誠実で紳士で常識人のドクター・ワトソンはいっつも振り回されて怒ってましたっけね。 ワトソンの怒りはホームズを心配し、思いやる心の裏返し。 で、エキセントリック・ホームズもなんだかんだでワトソンには嫌われたくないのでたまにこそっとご機嫌をうかがったりして。 そうそう、ジェレミー・ブレットの「ホームズ」にはユーモアがあったんだ。 英国式の、ちょっと皮肉っぽいいたずらっぽいユーモアが。 晩年、奥様をガンで亡くし、自らも病(双極性障害と心臓障害)と薬の副作用で体力が続かず演技も思うように出来なくなっても、一切泣きごとも言い訳も言わずに、 「The show must go on」 と笑った彼が、凛々さんはやっぱり好きです。 なんかまたグラナダ版観たくなっちゃったな。 ちょっと前はミステリーチャンネルでよくやってたんだけど。 これだけ空いたのは結構久しぶりですね。 いやもう、なんか失業中って忙しくってね。 とくにご連絡なくてもおっけーでーす。 リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

次の

楽天ブックス: シャーロック・ホームズの冒険 [完全版] 1

ジェレミー ブレッド

1984年に放送されたのが俳優ジェレミー・ブレットがホームズ役を演じた「シャーロック・ホームズの冒険」です。 日本ではNHK版が俳優・露口茂の吹き替えで放送されました。 原作小説を忠実に再現する事を心掛けて製作されたドラマは時代考証によって登場人物の服装などが徹底されており、当時の文化を知る資料としての価値もあります。 ホームズを演じたジェレミー・ブレットは多くのファンから「挿絵が現実になった」とまで言われる程のハマり役で、ドラマ放送時は毎週3000通ものファンレターがジェレミー宛に届いたと言われています。 日本でもホームズのドラマと言えばこのジェレミー・ブレッド版を想像する人が多いのではないでしょうか?そういう意味でもこの「シャーロック・ホームズの冒険」はホームズのドラマを語る上では外せない作品です。 2010年に放送されたのが「SHERLOCK(シャーロック)」。 ホームズを務めるのは俳優のベネディクト・カンバーバッチ。 シャープな顔立ちの超イケメン俳優による現代版のシャーロック・ホームズです。 原作小説を下地にしつつ、舞台を現代のロンドンに置き換えてスマホやネットなどの最新技術を駆使して犯罪を解決していく様子はサスペンスドラマとしても必見です。 ホームズの人物像も気難しい部分がより強調されていて、ベネディクト・カンバーバッチのイケメンフェイスとエキセントリックな演技は原作ファンからも好評を得ています。

次の