いとあはれなり 意味。 古文 文法入門1 自立語と付属語:古文のツボ

中学生の古文 「をかし(おかし)」と「あはれ」の違い|極上の受験勉強法

いとあはれなり 意味

【ワンポイントアドバイス】 現代文、古文の設問の指示で、 ・「本文中から 一語で抜き出せ。 」 ・「本文中の 語を記せ。 」 と指示されたら、この「単語」を指しています。 ・「本文中の 語句を抜き出せ。 」 なら「一単語」かもしれないし、「句」かもしれない。 【「自立語」とは?】 「自立語」とは、単独で意味を表すことができる語です。 「わたし!」 … (アナタが、どうしたの?) 「ごはん!」 … (ごはんをどうするの?) 「食べる!」 … (お腹が減ってるんだ) と、一単語だけでも「とりあえず」意味が通じます。 コミュニケーション(らしきもの)も成り立ちます。 「自立」して意味を持つから「自立語」です。 〈自立語〉 ・名詞…ものの名前。 単独で主語になれる。 例: 花 にほふ。 (桜花が照り輝くように美しく咲いている。 ) ・動詞…動作(する)、存在(ある、いる)を表し、ウ段で言い切る(ラ変動詞のみイ段で言い切る)。 例:われ 思ふ、ゆゑにわれ あり。 (私は考えている、だから私は存在している。 ) ・形容詞…ものごとの性質や状態を表し、「~し」で言い切る。 (「いみじ」「同じ」など「~じ」もある。 ) 例:子猫いと うつくし。 (子猫がとてもかわいらしい。 ) ・形容動詞…ものごとの性質や状態を表し、「~なり」「~たり」で言い切る。 例:月 あはれなり。 (月がしみじみと情趣がある。 ) ・副詞…用言(動詞・形容詞・形容動詞)を修飾する(かざる)。 例:月 いとあはれなり。 (月がとてもしみじみと情趣がある。 ) ・連体詞…体言(名詞)を修飾する(かざる)。 例: さる猿去る。 (そのような猿が去った。 ) ・接続詞…文と文をつなげる。 例: さらば、またあはむ。 (それでは、また会いましょう。 ) ・感動詞…感動や詠嘆を表す。 (記号を付ければ「!」や「…」になる感じ) 例: あな、いみじ。 (なんと!驚きあきれることだ。 ) 【「付属語」とは?】 「付属語」とは、その一単語では何も意味をなさない、自立語にくっついてはじめて意味を持つ語。 コバンザメみたいな単語です。 」 … (???) 「を。 」 … (???) 何を言っているのか、意味がわかりません。 「わたしは」「ごはんを」「食べる」。 と、ようやく何を言っているかわかります。 〈付属語〉 ・助詞…自立語の下にくっついて、いろいろな意味を助ける。 活用しない。 ・助動詞…自立語の下にくっついて、いろいろな意味を助ける。 活用する。 この「お助けグループ」の中で、活用するのが「助動詞」、活用しないのが「助詞」です。 つまり、「助」とつくのが「付属語」、それ以外は全て「自立語」です。 「自立語」「付属語」の分類など、古文解釈のうえではどうでもよい。 ただし、次回やる「文節分け」でどうしても必要になってきます。 ・「本文中から 一文節で抜き出しなさい。 」 このような設問の指示、早稲田大学とか国立二次とか、でてきます。 かなりできる生徒でも、 正解見つけた!文節まちがえた!0点! なんて、よくやりがちです。 「分節抜き出し」で点数落とすのは、あまりにばかばかしい。 そのために、次回、「文節」の解説をします。 さらにハイレベルの話をすれば、古文の最後の仕上げである「和歌の修辞」で、 「二重の分節関係を用いた掛詞だね」 と解説すると、 「ブンセツってなんですか?」 と、いまさら聞いてくる受験生がいます。 重要ではありませんが、「道具」としてよく使われるので、ここでおさえておきましょう。

次の

枕草子『春はあけぼの』わかりやすい現代語訳と単語の意味 / 古文 by 走るメロス

いとあはれなり 意味

『枕草子』の現代語訳:126 『枕草子』の現代語訳:126 清少納言(康保3年頃(966年頃)~万寿2年頃(1025年頃))が平安時代中期に書いた 『枕草子(まくらのそうし)』の古文と現代語訳(意訳)を掲載していきます。 『枕草子』は中宮定子に仕えていた女房・清少納言が書いたとされる日本最古の女流随筆文学(エッセイ文学)で、清少納言の自然や生活、人間関係、文化様式に対する繊細で鋭い観察眼・発想力が反映された作品になっています。 このウェブページでは、『枕草子』の『岡は船岡。 鞆岡は、笹の生ひたるがをかしきなり。 かたらひの岡。 人見の岡。 ~』の部分の原文・現代語訳を紹介します。 参考文献 石田穣二『枕草子 上・下巻』(角川ソフィア文庫),『枕草子』(角川ソフィア文庫・ビギナーズクラシック),上坂信男,神作光一など『枕草子 上・中・下巻』(講談社学術文庫) スポンサーリンク [古文・原文] 234段 岡は船岡(ふなおか)。 鞆岡(ともおか)は、笹の生ひたるがをかしきなり。 かたらひの岡。 人見の岡。 235段 降るものは雪。 霰(あられ)。 霙(みぞれ)は、にくけれど、白き雪のまじりて降る、をかし。 236段 雪は檜皮葺(ひわだぶき)、いとめでたし。 少し消えがたになりたるほど、また、いと多うも降らぬが、瓦の目ごとに入りて、黒う丸(まろ)に見えたる、いとをかし。 時雨(しぐれ)、霰は、板屋。 霜も、板屋、庭。 237段 日は入日(いりひ)。 入り果てぬる山の端(は)に、光なほとまりて、赤う見ゆるに、薄(うす)黄(き)ばみたる雲の、たなびきわたりたる、いとあはれなり。 楽天AD [現代語訳] 234段 岡は船岡(ふなおか)。 鞆岡(ともおか)は、笹が生えている風景が面白いのである。 仲良しの岡。 人見の岡。 235段 降るものは雪。 霰(あられ)。 霙(みぞれ)は嫌なものだけれど、白い雪が混じって降る時には、面白い。 236段 雪は、檜皮葺(ひわだぶき)の屋根をとても素晴らしく見せてくれる。 少し雪が消えかかっている頃、また、あまり多くも降らない時には、瓦の目に雪が詰まって、、黒く丸く見えていたのが、とても面白い。 時雨(しぐれ)、霰は、板葺き。 霜も、板葺き、庭。 237段 日は入日(いりひ)。 日が入っていて沈んだ山の頂上に、光がなお留まっていて、赤く見えているのに、薄黄ばんだ雲が長くたなびいている情景は、とてもしみじみとした風情がある。

次の

ポストカプセル

いとあはれなり 意味

次の文中より助動詞「らむ」「けむ」を抜き出し意味を答えなさい。 1 ことなる事なきは、また、これをかなしと思ふらむは、親なればぞかしとあはれなり。 2 山鳥、友を恋ひて、鏡を見すればなぐさむらむ、心わかう、いとあはれなり。 3 恨みを負ふ積もりにやありけむ、 桐壺更衣ハ いとあつしくなりゆき、 4 久方の月の桂も秋はなほもみぢすればや照りまさるらむ 5 あはれ、きのふ翁丸をいみじうも打ちしかな。 死にけむこそあはれなれ。 6 なほ奥つ方に生ひ出でたる人らいかばかりかはあやしかりけむを、 7 雪のうちに春は来るにけり鶯のこほれる涙今やとくらむ 1 ことなる事なきは、また、これをかなしと思ふ「らむ」は、親なればぞかしとあはれなり。 格別長所のない子については、また、こんな(しょうもない)子でもかわいいと思って「いるような」のは、親だからなのだよな、としみじみ感動的だ。 (らむ=現在婉曲) 2 山鳥、友を恋ひて、鏡を見すればなぐさむ「らむ」、心わかう、いとあはれなり。 山鳥は、仲間を恋い慕って、鏡を見せると(自分の姿を仲間だと思って)慰む「とかいう」ことは、心幼く、とてもいじらしい。 (らむ=現在伝聞) 3 恨みを負ふ積もりにやあり「けむ」、 桐壺更衣ハ いとあつしくなりゆき、 恨みを負うことの蓄積であっ「たのだろう」か、桐壺更衣はとても病気が重くなっていって (けむ=過去推量) 4 久方の月の桂も秋はなほもみぢすればや照りまさる「らむ」 天の月の(地に植わっているという)桂も、秋はやはり紅葉する「から、今(このように)月が照り輝い「ているのだろう」か。 (らむ=現在原因推量) 5 あはれ、きのふ翁丸をいみじうも打ちしかな。 死に「けむ」こそあはれなれ。 ああ、昨日翁丸をひどくぶったなあ。 死んだ「とかいう」ことはかわいそうだ。 (けむ=過去伝聞) 6 なほ奥つ方に生ひ出でたる人らいかばかりかはあやしかり「けむ」を、 さらに奥の方に生まれ育った私は、どれほどか田舎じみてい「ただろう」に、 (けむ=過去推量) 7 雪のうちに春は来るにけり鶯のこほれる涙今やとく「らむ」 雪が降っているうちに、立春の日が来てしまったよ。 鶯の凍った涙が、「今頃」とけて「いるだろう」か。 (らむ=現在推量) 人が正確に訳したのを見てから回答を書き直して再回答した人がいますが、 この人の実力はその程度ということです。 質問者さんは見ましたね、「助動詞の意味はわかりますか」と聞かれて、 「わかるけど答えない」と言っていたのを。 他人の訳を見てからならできるんです。 答えを見てからしか何も言えない。 自力では訳ひとつ作れないということです。 *** 下の人に聞いても無駄です。 「意味は解るが」と言っているが、本当はわからないから答えないだけ。 教科書どおり、辞書どおりに答えて、「受験生の勉強の妨げになる」わけないものね。 それに、見てのとおり、質問の文例全部が「「仮定」「婉曲」」ではありません。 本当に、「その説が疑わしいから」が理由だとすれば、 それ以外の「らむ」「けむ」については回答できるはずです。 >間違いだが定説を知りたければ少し待てばaomostafoooooolというカテマスが回答するだろう。 彼は私を目の敵にしているから私が回答した質問には必ず回答する。 反対ですよ、回答履歴(投稿時間)を見てみて。 俺が回答した質問に、この人が必ず回答しているんです。 たぶん、このスレで、あまりにひどい間違いだったのを見るに見かねて俺が訂正したのを根に持って、そういうことを言うんだろうね。 「目の敵にしているから」??そうだったの? 悪いけど、俺を「目の敵」にしたかったら、 高校古典文法くらいは勉強してからにして。 「敵」も何も、相手になりません。 ごめんね。 ちなみに、俺は、「定説」なんか一度も言っていません。 教科書や文法書に書いてあるとおり、 入試で正解とされるとおりを言っているだけです。 学者でもなく、文法学会の末席をけがしたこともない人間が、 ちょっと「日本語ものしり百科」かなんかのサワリだけ読みかじった程度のことで、 自分の知ったことだけを「定説」だの「通説」だの言って箔をつけようとするほどおこがましいことはありません。 1 ことなる事なきは、また、これをかなしと思ふ「らむ」は、親なればぞかしとあはれなり。 優れた点がない子は、それでも、その子を可愛いと思うのは、親だからだよ、とその気持ちが伝わってくる。 2 山鳥、友を恋ひて、鏡を見すればなぐさむ「らむ」、心わかう、いとあはれなり。 鏡を見せると、慰められるのが、子供っぽくて、その気持ちが伝わってくる。 3 恨みを負ふ積もりにやあり「けむ」、 桐壺更衣ハ いとあつしくなりゆき、 恨まれることが積もりに積もったのだ。 具合が悪くなって行き、 4 久方の月の桂も秋はなほもみぢすればや照りまさる「らむ」 紅葉するからか、輝きが増している。 5 あはれ、きのふ翁丸をいみじうも打ちしかな。 死に「けむ」こそあはれなれ。 死んでしまったのが可愛そうだ。 なぜ「とか言う」などの未確定なことに感情が動かされるのだ。 ここに婉曲を使うはずがない。 6 なほ奥つ方に生ひ出でたる人らいかばかりかはあやしかり「けむ」を、 どれほど奇妙だったことか、それでも、 7 雪のうちに春は来るにけり鶯のこほれる涙今やとく「らむ」 凍った涙を今溶かしているのか。 以上見たように「らむ」や「けむ」に婉曲や伝聞の意味はない。 しかし文科省は国語学者の怪しげな仮説を採用している。 受験生は従うしかない。

次の