ヒンジ コック。 ジョンラームの”招き猫コック=強いヒンジング”スイングで悪癖退散!!アマチュアにオススメ!!

【超ゴルフ学】アプローチのミス防止術!カギは右手首の角度にあり

ヒンジ コック

アマチュアの悪癖を生むコッキングの弊害 一般的にゴルフスイングは「ここでコッキングして…、トップはシャフトが地面と平行で…」みたいな感じに、コッキングの重要性が語られることが多いと思います。 ですが、日本で一般的に語られるコッキングは、 アマチュアにとってむしろ弊害が多いと、個人的には思っています。 というのも、コッキングという動作を手首を縦方向に折ることだと日本では教えられますが、それをすると、 99. 9%の人が、左手を甲側に折ってしまうからです。 これは、実際にやってもらうと分かると思います。 で、この動作の何が問題かというと、左手首を甲側に折る動きというのは、 フェースが開く動きと連動しているからです。 なので、アマチュアの人の9割はコッキングを入れると、トップポジションでフェースが開いてしまっています。 ちなみにですが、トップポジションでのフェースの開き度合いというのはフェース面で判断出来ます。 下記画像は世界ランクNo1のダスティンジョンソン選手ですが、彼はトップで他の選手と比較して フェースが閉じていることで有名です。 実はスクエアフェイスのダスティンジョンソン選手 少し見にくいですが、ダスティンジョンソン選手は、トップでフェース面が上を向いています。 感覚的にフェースが上を向いていると、フェースが開いているように感じる人が多いんですが、 実はフェースが上を向いているのは、フェースが閉じている状態です。 逆に開いている時は、 フェース面は体の正面を差します。 ただし、ここで勘違いして欲しくないのは、ダスティンジョンソン選手のフェースが閉じていると言っても、あくまでも他の選手と比較してというだけで、 フェースが上を向いている状態というのは、ほぼスクエアの状態です。 なので、ダスティンジョンソン選手は、フェースを閉じているというよりも、 スイング中、常にフェースをスクエアにしているということです。 スポンサーリンク 招き猫コックでコックの意識を変える 上では過剰な手首の縦方向へのコックは弊害を生むと言いましたが、ならどうれば良いのか。 ここでやっと登場、 ジョンラーム選手。 ダスティンジョンソン選手でも良いですが、彼は捻転が半端じゃなさすぎて、アマチュアが真似をするにはちょっとしんどいというか…笑 そこで、似たようなハンドアクション、かつ 過剰な体の捻りを使わないコンパクトなトップで打つジョンラーム選手のスイングがオススメです。 彼のスイングは一見すると、 スリークォーターの様な超コンパクトトップ。 飛距離を生みだすのは捻転差であると言われているゴルフ界において、その常識を覆すような打ち方で飛ばす彼のスイングは、参考になる所がてんこ盛り。 その一つが、今回紹介する『 招き猫コック』 私が適当に付けました。 日本ではコックと言えば、手首を親指側に曲げる縦コックが一般的ですが、彼はそのコックをほぼ使いません。 縦という意味では、ほとんど『ノーコック』と言っても良いぐらいです。 左手首が強烈に手の平側に折れている 日本では手首の使い方をコッキングしか説明しないことが多いですが、海外では、コッキングと並び、 ヒンジングと呼ばれる手首の横動作が良く取り上げられます。 このヒンジング動作がジョンラーム選手やダスティンジョンソン選手は他の選手に比べて強いですが、かといって、他の選手がヒンジングを行わないわけではありません。 そうではなく、ジョンラーム選手やダスティンジョンソン選手は、早い段階でヒンジング動作が強烈 MAXに近いレベルで に入るだけで、全ての選手が、どこかで必ず ヒンジングが発生します。 その理由が ハンドファーストでのインパクトを作るためで、ヒンジングは、ハンドファースでのインパクトには必須です。 例えば、下記画像はジョンラーム選手のインパクト時の画像ですが、ドライバーですらこれだけハンドファーストで、左手首が手の平側に折れています。 よく、インパクトはアドレスの再現みたいなことが言われますが、実際にはそんなことはなく、アドレスと比べてインパクトの時は、ヒンジングが強くなります。 そして、手元が肩の位置に来る寸前ぐらいから胸郭と下半身が切り返しを始め、ダウンスイング後にコックが最大になります。 これは、無理にコッキングせず、テイクバックでは左手を差し込んで行く意識だけで、後はクラブの慣性でコッキングが勝手に行われているからで、切り返しの時にはまだ、クラブヘッドが上昇をしていて、上昇し切る前に切り返しの始めるので、ヘッドのと体で引っ張り合いが行われます。 そのままインパクトを迎え、上でも説明したように、インパクトの瞬間でも、左手首は手の平側に折れたままです。 一見、スリークオーターのような浅いトップにも関わらず飛距離を生み出せるのは、テイクバックから無理にコックを作らず、クラブヘッドに遠心力を掛けたまま、そのエネルギーを殺さずインパクトを迎えられるからです。 スポンサーリンク テイクバックからヒンジングを行うことの利点 ほとんどのプロゴルファーは、どこかでヒンジングを行うと言いましたが、そのタイミングは様々です。 その中で、早い段階でヒンジングを行うのが、ジョンラーム選手やダスティンジョンソン選手ですが、それにはいくつか利点があります。 彼らは強烈なヘッドスピードを出しますが、現在のクラブ、特にドライバーはヘッドが大型化していることもあり、フェースの開閉が多いと、どうしてもフェースを閉じるのが間に合わず、スライスになりやすいです。 そこで彼らは、 最初からフェースを閉じた状態にする ヒンジングを強烈に入れる ことで、高速スイングでも、フェースが開かないようにしています。 それと、 シャフトクロスを直すのにも、ヒンジングは効果的で、ヒンジングをすると分かりますが、クラブヘッドが体の前方に出にくくなります。 なので、強いヒンジング動作をトップで入れている選手は、非常にレイドオフが強いトップになっていることが多いです。 一方で、 左手首を甲側に折ると、シャフトクロスになりやすいです。 アマチュアでシャフトクロスに悩んでいる人は多いですが、一度ヒンジング動作を取り入れてみると、改善されるかもしれません。 勿論、それ以外の部分が原因の可能性もあるので、必ずしも治るわけではないので、あしからず…笑.

次の

【楽天市場】【18年モデル】朝日ゴルフ 学ヒンジ [ 中井 学プロ考案 ] MANA HINGE スイング練習器:Japan Net Golf 楽天市場店

ヒンジ コック

ゴルフの「アーリーコック」を身につけて、コンパクトなスイングを目指そう! 「アーリーコック」とは、テークバックで手首の角度を固める動き(いわゆるコッキング)をスイングのなるべく、早い段階で仕上げてしまう動作を指す言葉です。 スイングにアーリーコックを取り入れることができるようになると、まとまりのあるスイングを身に付けることができる他、インパクト時の打点が安定します。 特に短い距離のアプローチなど、スイング幅の小さいショットを打つ場合など、クラブヘッドを鋭角に入れていく必要のあるショットで抜群の効果を発揮します。 今回は「アーリーコック」とは何なのか、覚えることでどのようなメリット期待できるのか、解説します。 2017-01-11 10:54:15 そもそも「コック」って何だ? 「コック」とはバックスイング(振り上げ)の時にできる左手首の角度を指す言葉です。 意識的またはごく自然な動きの中で手首に角度ができる現象は通常、ゴルフ用語で「コッキング」と呼ばれています。 また、コッキングには「アーリーコッキング」と「レイトコッキング」の2種類があり、日本人はトップの直前でコッキングするレイトコッキングでスイングを覚えている方が多いようです。 (代表てきなのは池田勇太プロ)一方、世界に目を向けてみるとアーニーエルス選手をはじめ、世界の多くの有名プレーヤーはそのほとんどがクラブを動かす初動段階でコッキングを入れるレイトコックでクラブを振り上げています。 その他、タイガーウッズ選手など、一部のトッププレイヤーの中にはあえてコックを作らない「ノーコック」を実践するプレイヤーもいます。 ノーコック打法は体の回転のみを使ったインパクトが迎えられ、方向性の高いショットを実現できるのがメリットです。 ただ、手首のリストが使えない分、ボールに高さが出ませんし、飛距離も急激に落ちます。 ノーコックでボールを打てるのは、スイングスピードが速く、もともとボールを遠くまで飛ばすことができる一部の選手のみです。 最近はフルショットをノーコックで打つプレイヤーはほとんどいませんがアプローチのみ、ノーコックで打つというプレイヤーも増えてきています。 コッキングと取り入れるメリットはヘッドスピードの向上、これが最大のメリットです。 ダウンスイングからフォローするにかけての一連の動きの中で、腕の力だけで出せるヘッドスピードの速さには限界がありますが、手首のスナップを使うとさらにヘッドスピードは加速します。 jpがおすすめ 1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする 2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。 「アーリーコック」の特徴ってなに?他のコッキング方法とどう違うの? 「アーリーコック」はコッキングが完了するタイミングにとても特徴のある動作です。 コックを入れるタイミングは、スイング開始と同時にスタートさせるという人もいれば、両腕が右腰あたりを通過するまでに完了する人など、様々なパターンがあります。 一方、「レイトコック」はトップが完了する直前にコッキングする作業をスタートするため、アーリーコックに比べてトップ時に手首の角度が緩んでしまいがちです。 そのため、クラブの振り上げ過ぎやオーバースイングやクロスシャフトといったインパクトの安定性を損ねるクセが身に付いてしまう危険が生じます。 ただし、これはアーリーコックが優れたコッキングの方法であり、レイトコックは間違った時代遅れのコッキングであるという意味ではありません。 確かにアーリーコックは早めにコックを入れる動作が完了するため、コックを入れた後の動作は手先を使ったスイングというよりかは体の軸がしっかりしたコンパクトなスイングとなります。 しかしながら、手首の筋肉が人よりも少し硬く振り上げる時の反動を利用した方がコッキングしやすいといった方も多くいらっしゃることでしょう。 問題は自分の身体バランスにはどういったタイミングでコッキングするのが一番、易しいと感じられるのかといった観点でスイングを作り上げることです。 「アーリーコック」を身につけるためのポイント 自己の身体ともじっくり相談を重ねたうえで、どうしてもアーリーコックを取り入れてみたいと思った方は、以下の方法をまずは試してみて下さい。 習得にはある程度の時間が必要ですが、徐々に感覚が掴めてくるはずです。 アーリーコックを身に付けるためには、テークバックの開始と同時に左手首を「親指の方向」に曲げるようにしてリストを固定した状態でクラブを振り上げていきます。 この時、上手にコックを入れるためには、正しいグリップを身に着けておく必要があります。 また、この時の手首は真横に手首をくるりと回すような動き(ローリング動作)を使ってクラブを振り上げてはいけません。 クラブはなるべく、左手の親指と人差し指に挟まれた状態を維持するように、縦方向(グリップの握り方によっては、若干右斜め上)にグイッと持ち上げるようにしてなるべく、縦方向に動かすイメージでコッキングしましょう。 コックを作る際は、アーリーコックは左手の親指と人差し指を挟んだ状態でグリップをつまみ上げるようなイメージで持ち上げるようにしてクラブを持ち上げるのがられるかが重要なポイントとなります。 アーリーコックの練習方法 アーリーコックの練習を行う際は、左手のグリップ(中でも小指、薬指、中指の3本)を強く意識することが大切です。 手首や上腕筋は、なるべく縦方向に動かし、あとは体の回転を使ってトップまでクラブを振り上げ、ダウンスイングではなるべく、早めに作った手首の角度を崩さないよう、フィニッシュまで一気に振り抜きます。 また、アーリーコックをマスターしたい場合は最初の内はボールの真後ろにワングリップほどのスペースを確保し、懐に余裕を持たせた状態でゆっくりスイングする練習を心がけましょう。 はじめは、コックを作るタイミングが早すぎるためにインパクトでクラブが振り遅れや手首のローリングによるオープンフェースが原因のスライスに苦しむといった場合もあるかもしれませんが、辛抱強く我慢してテクニックを習得していくことが大切です。 アーリーコックはプロでも習得が難しい大変、高度なスイングテクニックの一つです。 記事を読んでも良くわからなかったという方は、是非ともプロの指導を受けながら一緒に習得を目指していくことをおすすめします。 jpがおすすめ 1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする 2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。 消耗品をamazonでまとめ買い 4. Amazonの中古ゴルフクラブストアをチェックする.

次の

「技」手首のヒンジ、実は左肩甲骨だったゴルフライブ

ヒンジ コック

なぜコックをすると ドローが打てるのか? 担当編集者 中井プロ。 先週の内容に関して「よく分からない」「難しい」「眠くなった」等、苦情が殺到しています。 どうしましょう。 中井 う~ん、それは困りましたね。 たしかに難しい内容ではあるのですが、ここを理解できるか、できないか。 そこが、本当の上級者になれるか、なれないかを分かつポイントなのも事実です。 上杉 まあ、いいじゃないですか、読者がなんと言おうと。 本連載は、あくまでも私が亡くなったセベの遺志を継いでマスターズに出場するためのもの。 つまり、私が理解できさえすれば読者不在でもいいんです、記者クラブのように……。 中井 では上杉さんは、先週の内容は理解していただけたんですね? 上杉 いいえ、あんまり。 中井 ……そうですか。 目の前にいる方に伝わらなければ、読者の方に伝わらないのも当然。 よし、今週はとにかくわかりやすく説明します。 では上杉さん、ちょっと先週のあらすじを説明していただけませんか? 上杉 了解しました。 要約すれば、セベのように球筋を操るため、とくに飛距離の出るドローボールを打つためには手首のコックが必須、という話でしたよね。 中井 お、ちゃんと覚えているじゃないですか。 上杉 ただ、そのあとが今イチ分からないんですよ。 コックをするのはクラブのライ角を維持するためだとか、なんだとか。 あのあたりから急激に眠気に襲われました。 中井 やはりそこですか……。 さて、どうすれば伝わるものか。 そうだ、ちょっとつま先上がりのライから打つときのことを想像してください。 つま先上がりから出やすい球筋といえば? 上杉 フック系ですね。 中井 ですよね。 その理由は、つま先上がりではクラブがアップライトになるからなんです。 スタンスよりもボールの位置が高ければ、手元の位置も高くなり、クラブはトウ側が立ってきます。 ゴルフクラブは、ライ角がアップライトになるほどフェースが左を向く構造。 だから、ふつうに振ると左にいくんです。 ここまでOKですか? 上杉 おおむねOKです。 中井 逆に、つま先下がりではライ角がフラットになるため、フェースが右を向き、。 そして、スウィング中にライ角が維持できないと、やはりフェースは右を向き、スライスになってしまうわけです。 つまり、フェースの向きはライ角の影響を大きく受けるわけです。 上杉 少し眠くなってきました。 中井 あと少しの辛抱です。 ライ角を維持できないと、ミスになる。 そして、ライ角を維持するために必要なのが、セベにあって上杉さんにないもの。 つまりはコックなんです。 上杉 先週から思っているのですが、それがどうドローと結びつくのかが分からないんですよ。 中井 コックをすると、手首とクラブに角度が生まれます。 手首とクラブに角度がついた状態を維持したまま振ると、クラブは重心方向に動き出します。 つまりバックスウィングで開き、ダウンで閉じるという自然なフェースローテーションが生まれるんです。 そして、インパクトの瞬間、インパクトの圧力でボールが潰れるほんのわずかな時間にも、フェースは閉じる方向に動き続けます。 そのごくごくわずかな、顕微鏡でなければ見えないようなフェースターンの分だけ、球にドロー回転が与えられるんです。 上杉 うーん、そういうことか。 ちょっとわかってきました。 中井 そして、お待たせしました、上杉さん。 ここまでの内容が分かったら、いよいよボールを打ってみてください。 上杉 長かったですね~。 かれこれ2週にわたり、クラブを振っていませんよ、私。 中井プロ、プレーは早いが話は長い。 そう言われた経験はありませんか? 中井 ない……と思います、たぶん。 でも、ここは本当に大切な部分なんですよ。 みなさん、スウィングというと軌道のことばかり考えますが、本当に大切なのはインパクトでのフェースの向き。 そして、フェースをローテーションさせること。 それが球を「つかまえる」ということであり、「操る」ということですから。 まあ、とにかく打ってみましょう。 上杉 それで、どの番手で打てばいいのでしょう。 ドライバー? それとも、7番アイアンくらいですか。 中井 これでいきましょう(と、上杉のバッグからクラブを抜く)。 上杉 これは……2番アイアンですか! 私が10代の頃から愛用する、マグレガー社の名器「VIPbyニクラス」。 自分でバッグに入れておいてなんですが、はっきり言って私はここ最近、いや少年時代から、このクラブをマトモに打てたことがありません。 コックとヒンジ&ホールドで、 上杉のショットは驚くべき結果に! 2番アイアンで放たれた弾道の行方は…… 中井 いいから、まあ打ってみてください。 大丈夫、上杉さんのスウィングは連載開始当初よりはるかに良くなっています。 上杉 そうなんですよ! 先日おこなった茨城県復興支援のチャリティゴルフコンペでも、参加してくれた多くの知人から「いつの間にこんなに上手くなったんだ!」と絶賛されました。 担当編集者 そういえば上杉さん、中井プロに定期的にレッスンを受けていることを内緒にしていたそうですね。 そこに気付いて「凄いのは上杉ではなく、教えている中井プロだ」と喝破した写真家の野村誠一さんもまた凄いですけど。 上杉 そうそう、なんで、ばらしたんですか。 昨年の全米オープン前にモントレー半島で一緒にラウンドして以来、久しぶりに野村さんを打ち破るチャンスだと思ったのに……。 それにそんな余計なことを言うと、読者からの僕の素敵なイメージが崩れるじゃないですか。 まあいいや。 ともあれ自分を信じて打ってみます。 中井 あっ、ちょっと待って。 その際、テークバックの早い段階で左手首を親指方向にコックするのを忘れないでください。 以前は「コックは意識しなくてもできる」と言いましたが、上杉さんの場合、現状では少し意識するくらいでちょうどいいですから。 また、コックすることによって右手首が甲側に折れ、ヒンジ角(手首が甲側に折れたときの角度)がつくので、それをインパクトまで保って……。 上杉 分かってますよ、以前教えてもらった「ヒンジ&ホールド」ですね。 テークバックでできた右手のヒンジ角をインパクトまでホールドすることで、ナチュラルなアームローテーションが生まれるんですよね。 ふふふ、でも、当たるかなぁ(と、打つ)。 中井 ……凄い。 上杉 当たった……。 当たったのに、手に感触がない。 ちょっと打球を目で追えなかったのですが、どこに飛びましたか? 中井 予想をはるかに上回る弾道ですよ。 球もしっかりと上がって、落ち際で左に切れる完璧なドロー。 とても大昔の2番アイアンで打ったとは思えません。 なにより素晴らしいのが、220ヤードほど飛んでいることです。 これは凄い。 上杉 220ヤードといえば、この連載がスタートした半年前の私のドライバーの飛距離じゃないですか! うーん、コックを意識して、あとはヒンジ&ホールドしただけなのに……もうちょっと打ってみてもいいですか? 中井 もちろん。 どうぞ何球でも練習してください。 上杉 よ~し、今日は打って、打って、打ちまくりますよ。 ヒンジ&ホールド! どうだっ。 ヒンジ、エーン、ホールっ! 中井 上杉さん、練習に励むのはいいけれど、叫びながらショットするのはやめてください……。 この2番アイアンショットは本当に凄かった! 半年間で本当に上達した上杉隆は、これからどこまで上手くなるのか? 来週も、目指せ、マスターズ!.

次の