ロコイド軟膏通販。 ゲンタシン軟膏に市販薬はある?【薬局や通販で買えるのか】

ロコイド軟膏が市販で買える通販サイトは

ロコイド軟膏通販

ドルマイシン軟膏は、ゼリア新薬が販売している抗生物質の塗り薬です。 「コリスチン硫酸塩」と「バシトラシン」という2種類の抗生物質が配合されており、幅広い細菌に効果的な抗生剤になっています。 ステロイドなどの副作用が強い成分も含まれていないので、赤ちゃんでも使うことが出来ますし、副作用の心配もさほどありません。 ドルマイシン軟膏は、 主に傷ややけどが化膿した時や、とびひを始めとする皮膚の細菌感染症などに効果的です。 ばい菌が傷口に入って悪さするのを予防する働きがあるというイメージで良いでしょう。 成分こそ違うものの、ゲンタシン軟膏とよく似た働きなので、 ゲンタシン軟膏の代用として使うのにおすすめですよ。 テラマイシン軟膏aは、ジョンソン・エンド・ジョンソンという会社が出している抗生物質の塗り薬です。 「オキシテトラサイクリン塩酸塩」と「ポリミキシンB硫酸塩」という2種類の抗生物質が含まれており、ドルマイシン軟膏と同じく色々な細菌に効果のある抗生剤と言えますね。 こちらもステロイドは含まれていませんので、 あまり副作用を気にすることなく使える塗り薬と考えて大丈夫です。 乳幼児にも使うことが出来ますよ。 テラマイシン軟膏aは、 とびひなどの皮膚感染症や、皮膚が赤く腫れて中に膿がたまっているような症状に効果が期待出来ます。 こちらもゲンタシン軟膏と似たような働きをする薬なので、ゲンタシン軟膏の代わりとして使える塗り薬と言えるでしょう。 なお、 ドルマイシン軟膏とテラマイシン軟膏aには、成分以外に特別大きな差はありません。 成分にこだわりが無ければ、好きな方を選んで良いでしょう。 強いて言えば、ドルマイシン軟膏の方が少し値段が安い傾向にありますので、特にこだわりが無ければ値段で決めて大丈夫ですよ。 フルコートf軟膏は、田辺三菱製薬から販売されている 抗生物質+ステロイドの塗り薬です。 「フラジオマイシン硫酸塩」という抗生物質に加えて、「フルオシノロンアセトニド」というステロイドが含まれています。 簡単に言えば、 細菌の増殖を抑える効果だけでなく、炎症を抑える効果も持った塗り薬と言えるでしょう。 ステロイドを含むとはいえ塗り薬なので、1~2週間ほどの短期間の使用であれば、妊娠中や小さい子供にも使うことが出来ますよ。 フルコートf軟膏の特徴は、 細菌感染の予防だけでなく、かゆみや赤み、腫れといった炎症によって起こる症状を抑えることが出来る点です。 「化膿を予防するだけでなく、かゆみや腫れを抑える効果も欲しい!」という時におすすめの薬ですね。 ただ、ステロイドは塗った部分の免疫力を抑制してしまうので、既に化膿や皮膚感染症を起こしている部位に塗ると悪化する危険性があります。 自己判断で化膿や感染を起こしている部位に使うのは避けておきましょう。 オロナインH軟膏は、大塚製薬が販売している塗り薬です。 有名な薬なので、一度は使ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。 オロナインH軟膏の主な成分は、「クロルヘキシジングルコン酸塩液」という消毒薬の一種で、抗生物質ではありません。 そのため、 既に化膿や感染症を起こしている人よりも、化膿や感染症を予防したい人向けの商品と言えるでしょう。 オロナインH軟膏が使える症状は、 にきびや吹き出物、軽いやけど、傷、ひび割れ、あかぎれ、しもやけ、ジュクジュクしていない水虫などですね。 消毒をしながら傷口を保護出来るのが特徴で、幅広い症状に効果的なので、昔から慣れ親しまれてきました。 ただ、 ゲンタシン軟膏と比べると化膿予防の効果自体は弱いので、色々な症状に使える反面、どの症状にも特別効果的とは言いにくいのが特徴です。 また、消毒薬は健康な細胞にもダメージを与えてしまうので、体にとっては異物です。 むやみに湿疹やかぶれ、虫刺されなどに使うと悪化する可能性がありますので、適応する症状以外には使わないようにしましょう。 とはいえ、自宅で応急処置として塗る薬には適しているので、常備薬におすすめですよ。 オロナインH軟膏は幅広い症状に使えるので、応急処置用の常備薬として使う! まとめ ゲンタシン軟膏と全く同じ成分の市販薬はありませんので、市販の薬で代用したい時には効果や用途のよく似ている塗り薬を使うようにしましょう。 ゲンタシン軟膏の代わりに使いやすい塗り薬をもう一度まとめておくと、以下の通りですね。 あくまで化膿した傷口や細菌感染症を治す、もしくは予防する目的で使うようにしてください。 傷口にひとまず塗っておきたいという場合には、オロナインH軟膏の方がおすすめです。 消毒薬なので、適応のある症状に塗っておけば傷口にばい菌が入るのを防いでくれますよ。 もし、市販薬を塗っても症状が悪化していく場合や、3~5日塗っても治らない場合には、一度病院を受診するようにしてくださいね。

次の

【指定第2類医薬品】ロコイダン軟膏 16g(ロコイド軟膏の市販薬)の通販はau PAY マーケット

ロコイド軟膏通販

ロコイドとは? ロコイドは皮膚の炎症を抑えるとても弱いステロイドです。 乾癬、皮膚炎、湿疹などの症状に使用され、 かゆみや炎症を抑えてくれます。 ただし対症療法であり、 疾患自体を治療するものではありません。 湿疹を改善 ・脂漏性皮膚炎、ビダール苔癬、進行性指掌角皮症などの皮膚炎群や湿疹 ・固定蕁麻疹、ストロフルス、蕁麻疹様苔癬などのじんましん群 ・掌蹠膿疱症 ・乾癬 では、上記の症状を発症している人はすべてロコイドを使用してもいいのか? というとそんなことはありません。 ロコイドは、購入時に医師の処方せんが必要です。 ですから、薬の購入の為にだけでも 皮膚科を受診する必要があります。 また、医師によっては症状が出ていなければ 処方せんを出してくれない場合もありますから、 何軒か皮膚科に足を運ぶ必要が出てくるかもしれませんね。 もし、仕事が忙しいなど病院に行く時間が無い方は、 ロコイドと同じ成分の入った軟膏を購入してはいかがでしょう? ロコイドの主成分は抗炎症作用がある 「ヒドロコルチゾン酪酸エステル」です。 購入方法 「ヒドロコルチゾン酪酸エステル」が配合されている市販薬は、 エスエス製薬や武田薬品、クラシエ薬品などから販売されていますが、 第2分類薬品である為に、薬剤師がいる薬局でしか購入することができません。 インターネット通販では、継続購入者 今まで購入したことがある方 または離島在住者しか購入することはできません。 これは、2009年6月1日の改正薬事法に伴う決定によります。 非常に面倒な世の中になったものですが、 今までと同じように購入できなくなったのですから仕方ありません。 ロコイドを購入するには、皮膚科に行って処方してもらい、 医師に頼んで多めに処方してもらうことが得策のようです。 ただし、ロコイドはステロイド剤ですから 長期間そして大量に使用すると様々な副作用が出てくるようになります。 ・ステロイド皮膚症・・・ニキビが出やすくなる、毛細血管が浮き出る、肌荒れなど ・皮膚から吸収されることで全身性の副作用が出ることがある ・刺激、発疹やかゆみなどロコイドを使用する前より過敏症になる ひどい場合には吐き気や頭痛、白内障や緑内障を引き起こしてしまうこともあります。 やはり処方箋が必要なだけある薬だということなんですね。 ロコイドを購入する際には面倒でも皮膚科を受診するようにしましょう。 プロペトとは? 乾燥肌の方は肌の防御機能であるバリアゾーンの働きが低下しています。 紫外線を少し浴びただけでもそれが刺激となり、炎症を起こしたり痒みが出てしまいます。 バリアゾーンとは天然の皮脂膜からできている皮膚の防御機能です。 バリアゾーンは体内からの水分流出を防ぎ、 外部からの刺激をブロックする役割を通常果たしています。 プロペトは低下したバリア機能の代わりに、体内からの水分流出を防ぐことができます。 つまり、プロペトは塗布することによって皮膚の「フタ」の役割をになってくれるものなのです。 効果・効能と副作用 ・脂性肌の方がプロペトを使用すると、毛穴が塞がれてニキビができることがあります。 ・発疹 ・かゆみ プロペトは安全性にもすぐれており、長期間使用しても問題はありません。 赤ちゃんにも使えますし、空気に触れても酸化する心配がとても少ないのです。 プロペト使用において上記の副作用が起こることは稀であり、年齢を問わず使用することが可能です。 アトピーは治る? アトピー性皮膚炎の方の皮膚は、防御層であるバリアゾーンが機能していまん。 体内の水分は流出しっぱなしですし、外部からの刺激を受けやすい状態になってしまっています。 アトピー性皮膚炎の方は極度の乾燥肌と言ってもいいでしょう。 乾燥している状態が続けば、痒みが出て引っかいてしまいます。 余計にアトピーがひどくなってしまいますね。 ですから、まずは乾燥を改善することが最優先です。 乾燥を改善する為に保湿成分がたっぷり入った化粧水やクリームを使用するといいでしょう。 市販のプロペト製品 プロペトの主成分は白色ワセリンですが、ワセリンを更に精製したものです。 日本薬局方白色ワセリンの規格に適合しており、 且つ眼軟膏の材料になるほどの安全性を持つ基材です。 皮膚科に行けばすぐにプロペトを処方してくれますが、 もしドラッグストアなどで手軽に購入したいという方は白色ワセリンを購入するといいでしょう。 白ワセリンであれば第3類医薬品ですから、通販などで購入することができます。 購入方法 プロペトは購入時に医師の処方せんが必要な保護剤です。 面倒ですが仕方ありません。 病院に何度も足を運ぶのが面倒であれば、 医師に多めに処方してもらうといいでしょう。 Copyright C 2011 Allrights reserved.

次の

【指定第2類医薬品】ロコイダン軟膏 16g(ロコイド軟膏の市販薬)の通販はau PAY マーケット

ロコイド軟膏通販

ロコイド軟膏は、皮膚の炎症やかゆみなどに幅広く処方されるステロイド剤です。 優れた血管収縮作用があり、湿疹・皮膚炎群・乾癬(かんせん)・掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)といった皮膚疾患の赤み・はれ・かゆみ・炎症などの症状をおさえる目的で使用されます。 ステロイドの強さはミディアム ステロイド剤(=塗り薬)は、体内への吸収度の違いにより、強さが5段階にわけられています。 ロコイドのステロイド成分である「ヒドロコルチゾン酪酸エステル」は「Medium(ミディアム)」に分類されています。 Strongest(ストロンゲスト) 最も強い VeryStrong(ベリーストロング) 非常に強い Strong(ストロング) 強い Medium(ミディアム) おだやか Weak(ウィーク) 弱い ステロイド剤の副作用を心配する人もいますが、ロコイドは他のステロイド剤に比べて副作用が穏やかな薬です。 医師の指示どおり用量用法を守り使用すれば問題はありません。 ロコイドは処方箋が必要な塗り薬であり、処方箋なしで薬局やドラッグストアなどで購入することはできません。 しかし、ロコイドと同じ有効成分である「ヒドロコルチゾン酪酸エステル」を配合した市販薬はさまざま販売されています。 ステロイド成分の配合量自体はロコイドよりも少ないため、まったく同じ効果が得られるとは限りませんが、ロコイドと近い効果は期待できます。 処方薬であるロコイドは、有効成分の「ヒドロコルチゾン酪酸エステル」の濃度が0. 成分の配合量自体はロコイドよりも少なくはありますが、ロコイドを使い切ってしまったり、外出時に自宅に忘れてしまったりした際には市販薬でも十分対応できます。 ロコイドと同じ有効成分の「ヒドロコルチゾン酪酸エステル」を含む市販薬は次のようなものがあります。 なお、この記事で紹介する市販薬の有効成分「ヒドロコルチゾン酪酸エステル」の濃度はすべて0. 軟膏タイプ 軟膏タイプの薬は、伸びがよく、患部がカサカサしている時とジュクジュクしている時のどちらでも使用できます。 有効成分として「ヒドロコルチゾン酪酸エステル」のほかに、かゆみをおさえる抗ヒスタミン成分「クロルフェニラミンマレイン酸塩」が配合されています。 特に、かゆみが強い方にはおすすめの薬です。 ロコイドのステロイド成分と同じ強さのミディアムのステロイド成分を含んだ市販薬も販売されています。 ミナハダ ラシュリアPEクリームは、かゆみをすばやく感じにくくする局所麻酔成分「リドカイン」を配合しています。 炎症による皮膚の腫れ・痛みをおさえるステロイド成分「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)」を配合しています。 そのほか、患部を殺菌することで悪化を防ぐ消毒成分「イソプロピルメチルフェノール」、皮膚の回復を助ける「トコフェロール酢酸エステル」が配合されています。 あせもに使える市販薬について• ロコイドの成分の「ヒドロコルチゾン酪酸エステル」を含む市販薬を使用するときは、以下の点に注意しましょう。 ・顔には広範囲で使用しない ・水ぼうそう・水虫・化膿している部位には使用しない ・大人では5〜6日、子どもには2〜3日使用しても効果が現れない場合は使用を中止して皮膚科を受診する ・湿疹が広範囲の場合で、発熱・倦怠感・痛み・しびれなどの症状をともなう場合は皮膚科を受診する ・湿疹を繰り返す場合は、皮膚科を受診する ・長期連用は避け、1週間を超えて使用しない ・市販薬を使用しても症状が改善しない場合は、使用を中止して医師または薬剤師に相談する ・医師の治療を受けている人・妊娠している人・患部が広範囲の人・ジュクジュクやただれのひどい人は、使用前に医師または薬剤師に相談する 処方薬ロコイドの類似薬として、薬局やインターネットなどでも購入できる市販薬を紹介しました。 ロコイドは比較的副作用の穏やかなステロイド剤ですが、必ず使用上の注意を読んで、用法用量を守って使いましょう。 万が一異変や違和感を感じた時は皮膚科に相談してください。

次の