小松菜 離乳食 初期。 離乳食の小松菜はいつからOK?下ごしらえや冷凍保存、初期~後期レシピも|cozre[コズレ]子育てマガジン

離乳食時期に小松菜はいつから?離乳食初期・中期・後期で食べられるレシピご紹介 [ママリ]

小松菜 離乳食 初期

茹でる作業をすることによりアクは抜けていくので特別アク抜きのための手順を増やす必要は無いでしょう。 また、茹でた後は一度水にさらすと小松菜の綺麗な緑をキープすることが出来、アク抜きの面でも更に安心出来るのでおススメです。 小松菜の裏ごしは少量より一度に沢山やった方があとあと楽チン! 葉物野菜の裏ごしは結構大変!頑張ってやっても、出来上がる量はほんの少し…。 なんてこと離乳食作り初心者にはよくあることです。 小松菜を裏ごしする場合は一気にやってしまった方が楽ちんです! 冷凍保存も出来るので少し多いかな?くらいの量で作ってもよいと思います。 柔らかく茹でた方が後々の作業が楽になります。 細かく切った小松菜にゆで汁を加えながらすりつぶしていきます。 ミキサーやブレンダーがあると一気にすりつぶしが出来て便利です。 すりつぶした後、裏ごし器や茶こしを使ってより滑らかにしていきます。 【材料】• 小松菜 10g• かぼちゃペースト 40g• 青のり ひとつまみ• 牛乳 5g• 片栗粉 大さじ1• 小松菜は茹でて2~3m角のみじん切りにする。 1とかぼちゃペースト、青のり、牛乳、片栗粉を入れて混ぜ合わせる。 2を好きな形に形成してフライパンで焼き色がつくまで焼く。 【ポイント】 手づかみに挑戦できるレシピです。 甘みのあるかぼちゃと合わせると食べやすくなります。 フライパンで焼くときは少し押し付けるように焼くと崩れにくいですよ。 小松菜を上手に使って離乳食を楽に美味しくしよう! 離乳食の常備野菜として長く使える小松菜。 栄養面だけでなく、鮮やかな緑色は離乳食の彩りにもなります。 赤ちゃんにとって離乳食は、栄養を補うと同時に、沢山の食べ物に触れて味覚形成をしていく大切なもの。 赤ちゃんが毎日おいしく食べることを喜びに感じてくれて、ママも楽しいご飯の時間を過ごせるといいですね!.

次の

離乳食時期に小松菜はいつから?離乳食初期・中期・後期で食べられるレシピご紹介 [ママリ]

小松菜 離乳食 初期

出典元:• 小池澄子 監 「最新版 らくらくあんしん離乳食」とじ込み・ウラ(学研プラス,2017)• 和光堂「離乳食の食材チェックリスト」(,2019年6月20日最終閲覧)• JAグループ「コマツナ」(,2019年6月20日最終閲覧)• キユーピー「小松菜の基本情報」(,2019年6月20日最終閲覧)• キユーピー「小松菜の選び方」(,2019年6月20日最終閲覧)• キユーピー「小松菜の保存方法」(,2019年6月20日最終閲覧) 離乳食に小松菜を与える方法と注意点 離乳食初期の生後5ヶ月~生後6ヶ月から与えられる小松菜は、赤ちゃんの月齢によって、与えられる大きさやゆで加減が異なります。 赤ちゃんの様子を見ながら、月齢に合った方法で与えるようにしましょう。 ゴックン期 生後5ヶ月から生後6ヶ月 :葉先を柔らかくゆでてすりつぶす。 モグモグ期 生後7ヶ月から生後8ヶ月 :葉先を柔らかくゆでて細かく刻む。 カミカミ期 生後9ヶ月から生後11ヶ月 :柔らかくゆでて3~4mm程度の大きさに刻む。 完了期 生後12ヶ月から生後18ヶ月 :柔らくゆでて5mm程度の大きさに刻む。 小松菜を離乳食で使用するときは、葉先のみを与えます。 茎を与えられる時期は、カミカミ期の生後9ヶ月~生後11ヶ月からです。 柔らかくゆでて食べやすい大きさに切って与えるようにしましょう。 またパルシステム生活協同組合連合会によると、小松菜を含む葉物野菜を調理するときは、繊維を断ち切るようにカットすると潰しやすいとしています。 小松菜の繊維は赤ちゃんが食べづらい可能性があるため、下処理しておくことをおすすめします。 小松菜を使った離乳食のアレンジメニュー 小松菜を使った離乳食期におすすめのアレンジメニューを離乳食初期と離乳食中期、離乳食後期に分けて紹介していきます。 ベビーフードを活用し短い時間で作れるものや、メインとなるメニューなどさまざまなレシピを紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。 ジャガイモ:20g• 小松菜:1枚• 手作り応援和風だし:2分の1包 作り方• ジャガイモは皮をむいて柔らかくなるまでゆでて裏ごしをする。 小松菜はお湯で柔らかくなるまでゆでてすり鉢ですりつぶす。 ジャガイモと小松菜を混ぜ合わせる。 15mlのお湯で溶いた手作り応援和風だしを加えてさらに混ぜ合わせて完成。 こちらのメニューで使用されている手づくり応援和風だしは、和光堂が販売するベビーフードです。 国産のかつおぶしと昆布から取っただしを粉末状にしており、お湯に溶かすだけで簡単にだし汁を作ることができます。 商品が手元にないときは、手作りのだし汁を使用してもよいでしょう。 小松菜は葉先のみを使用します。 ジャガイモのうま味で小松菜の苦味が抑えられ、さらにとろみがついているため食べやすいメニューではないでしょうか。 魚:10g• ジャガイモ:15g• 小松菜:5g• だし汁:大さじ2 作り方• 魚は加熱して軽くほぐす。 小松菜はゆでてすりつぶす。 耐熱容器にだし汁と魚、ゆでてマッシュしたジャガイモをいれてよく混ぜ合わせる。 蓋をして電子レンジで約40秒加熱する。 器に盛り付けて小松菜をのせて完成。 こちらのメニューで使用している魚はいさきです。 いさきは白身魚の一種ですが、スーパーなどに置いてないときは、赤ちゃんの月齢に合わせて食べられる魚を使用してくださいね。 材料に記載しているジャガイモは、ゆでてマッシュしたときの分量で、小松菜は葉先のみを使用しています。 ジャガイモのとろみと優しい味わいが、小松菜を食べやすくしているメニューですよ。 出典元:• 全国漁業協同組合連合会「イサキ食ばなし」(,2019年6月14日最終閲覧)• 魚:10g• 小松菜:5g• だし汁:大さじ1• 豆乳:大さじ1• きな粉:少々 作り方• 魚は加熱してすりつぶす。 小松菜はゆでてすりつぶす。 だし汁と豆乳を加えてよく混ぜ合わせる。 混ぜ合わせたものに魚と小松菜を入れてよく混ぜながら加熱する。 器に盛り付けてきな粉をふりかけて完成。 こちらのメニューで使用している魚はかますです。 かますは白身魚の一種ですが、スーパーなどで見かけないときは、赤ちゃんの月齢に合わせて食べられる魚を使用してくださいね。 豆乳は無調整のものを使用しています。 小松菜の緑色がきれいなスープですね。 豆乳ときな粉を使用することで、小松菜の葉物特有な苦味をなめらかにして食べやすくしているメニューです。 らくらくまんまそうめん:大さじ1• タイ:10g• 小松菜:3g• ニンジン:5g• 手作り応援和風だし:1包 作り方• らくらくまんまそうめんとタイは粗く刻む。 小松菜とニンジンはみじん切りにする。 150mlの水を入れた鍋を沸騰させてタイと小松菜ニンジンを加えて弱火で2分ゆでる。 らくらくまんまそうめんを加えて弱火でさらに4分ゆでる。 火を止めて手作り応援和風だしを加えて完成。 こちらのメニューでは和光堂が販売する、らくらくまんまそうめんと手作り応援和風だしを使用しています。 らくらくまんまそうめんは、赤ちゃんが食べやすい大きさに短くカットされた、塩分を使用していないそうめんです。 離乳食用ではないそうめんを使用するときは、ゆでた後に塩分を水で流して使用してくださいね。 小松菜は葉先のみを使用しており、タイは刺身一切れ分です。 スープにタイと野菜のうまみがたくさん入っていますよ。 出典元:• 和光堂「らくらくまんま」(,2019年6月14日最終閲覧)• 和光堂「手作り応援」(,2019年6月14日最終閲覧)• 小池澄子 監 「最新版 らくらくあんしん離乳食」とじこみ・ウラ(学研プラス,2017)• 手作り応援ほうれん草と小松菜:1包• ニンジン:10g• 手作り応援和風だし:2包• うどん:25g 作り方• うどんは1cmに折って柔らかくなるまでゆでる。 手作り応援和風だしは60mlのお湯で溶いてうどんと手作り応援ほうれん草と小松菜を入れて混ぜ合わせる。 ニンジンは柔らかくなるまでゆでてすり鉢ですりつぶす。 すりつぶしたニンジンをうどんの上に盛り付けて完成。 こちらのメニューで使用している、手作り応援和風だしと手作り応援ほうれん草と小松菜は和光堂の商品です。 手作り応援ほうれん草と小松菜は、国産のホウレンソウと小松菜を粉末状にしたベビーフードです。 商品が手元にない場合は、ゆでたホウレンソウと小松菜の葉先をペースト状にしたものを混ぜ合わせるとよいでしょう。 材料に記載されているうどんは、ゆでる前の分量です。 手作り応援国産コシヒカリの米がゆ:2包• 手作り応援ほうれん草と小松菜:1包 作り方• 手作り応援国産コシヒカリの米がゆと手作り応援ほうれん草と小松菜を60mlのお湯で溶く。 よく混ぜ合わせてラップをし、2~3分蒸らして完成。 手作り応援国産コシヒカリの米がゆと手作り応援ほうれん草と小松菜は、和光堂が販売するベビーフードです。 手作り応援国産コシヒカリの米がゆは、お湯で溶かすだけで簡単に使用できるおかゆの素です。 滑らかな食感で食べやすいのがおすすめのポイントです。 それぞれの商品が手元にない場合は、月齢に合った硬さのおかゆと、ペースト状にした野菜を混ぜわせて作るとよいでしょう。 ベビーフードを使用すると、とても簡単に作れて時短になりますね。 出典元:• 手作り応援野菜スープ:1包• 小松菜:1. 5g 作り方• 小松菜は柔らかくなるまでゆでて細かく刻む。 刻んだ小松菜を50mlのお湯で溶いた手作り応援野菜スープに入れて完成。 ベビーフードで作った野菜スープに、ゆでた小松菜を入れるだけで簡単に作れるスープです。 手作り応援野菜スープは和光堂が販売する野菜スープの素で、お湯に溶かすだけで簡単にスープができます。 商品が手元にない場合は、野菜を煮込んで作った手作りのものを使用してもよいでしょう。 小松菜と一緒に、ゆでたニンジンやダイコンなどの野菜をスープに混ぜ合わせても、おいしく食べられそうですね。 たっぷり手作り応援和風だし:小さじ1• たっぷり手作り応援とろみのもと:適量• ニンジン:5g• カボチャ:5g• 小松菜:5g• 鶏ささみ:10g 作り方• 皮をむいたカボチャとニンジン、小松菜を細かく刻み、柔らかくなるまでゆでる。 鶏ささみはゆでて中まで火が通ったら取り出して刻む。 鍋に30mlの水と手作り応援和風だし、ゆでたカボチャ、ニンジン、小松菜、鶏ささみを入れてひと煮立ちさせる。 作ったものを人肌程度まで冷ましてときどきかき混ぜながら、少しずつ手作り応援とろみのもとを振り入れる。 とろみがついたら完成。 こちらのメニューで使用されているたっぷり手作り応援和風だしとたっぷり手作り応援とろみのもとは、和光堂の商品です。 たくさんの野菜と肉が入ったこちらのメニューは、おかゆにかけて丼風にしてみたり、麺類にかけたりしてもおいしく食べられそうですね。 野菜を季節の旬の食材に変えてもよいでしょう。 お魚は手作業で骨を取り除いています。 皮つき商品・皮なし商品を販売しており、手間や栄養面を考慮して選ぶことができますよ。 今回紹介したレシピの一部はモグック様からご協力いただき掲載しております) 離乳食の基本やレシピが月齢別に見られる和光堂のわこちゃんカフェ 日本で初めて育児用のミルクを販売した和光堂は赤ちゃんのためにとの思いから、全ての商品に置いて品質を高く保っています。 そんな和光堂が運営しているわこちゃんカフェでは、自社製品である高品質のベビーフードを使用したレシピが多く紹介されています。 また、離乳食の基本を動画で分かりやすく説明し、食材のチェックリストも月齢別に説明しています。 ぜひ、離乳食作りに迷ったら参考にしてみてくださいね。 今回紹介したレシピの一部は和光堂様からご協力いただき掲載しております。 出典元一覧• 小池澄子 監 「最新版 らくらくあんしん離乳食」とじ込み・ウラ(学研プラス,2017)• 和光堂「離乳食の食材チェックリスト」(,2019年6月20日最終閲覧)• JAグループ「コマツナ」(,2019年6月20日最終閲覧)• キユーピー「小松菜の基本情報」(,2019年6月20日最終閲覧)• キユーピー「小松菜の選び方」(,2019年6月20日最終閲覧)• キユーピー「小松菜の保存方法」(,2019年6月20日最終閲覧)• パルシステム生活協同組合連合会「ほうれん草・小松菜・チンゲン菜」(,2019年6月20日最終閲覧)• 和光堂「手作り応援」(,2019年6月20日最終閲覧)• 全国漁業協同組合連合会「イサキ食ばなし」(,2019年6月14日最終閲覧)• 全国漁業協同組合連合会PRIDE FISH「全国のプライドフィッシュ」(,2019年6月14日最終閲覧)• 川崎市「本かます あかかます 旬の魚・青果・花 」(,2019年6月14日最終閲覧)• 大阪市水産物卸協同組合「かます」(,2019年6月14日最終閲覧)• 和光堂「らくらくまんま」(,2019年6月14日最終閲覧)• 松尾みゆき「はじめてでもカンタン離乳食最新版」156ページ(PHP研究所,2014) 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の

初期からOKのさつまいもで離乳食!超簡単&栄養たっぷりレシピ

小松菜 離乳食 初期

離乳食初期、ごっくん期から赤ちゃんにあげることができる野菜の中でも、小松菜は注目してもらいたい野菜です。 小松菜は葉っぱが柔らかいので茹で時間も短くてすみ、ブレンダーやミキサーを使ってペースト状にもしやすいので、手間のかかる離乳食初期に使いやすい食材の一つなんです。 味もくせが少ないため、大根やにんじんといった他の野菜や、しらすやツナ、豆腐など、どんな食材にも合わせやすいんですよ。 そんな小松菜を、離乳食初期での下ごしらえ、アク抜きなどの調理法や冷凍保存、またアレルギーなどの注意点と併せて、おすすめレシピをご紹介していきます! 旬は冬!葉の色、茎や根をしっかり見比べるのがポイント 新鮮でおいしい小松菜は、葉の色が濃い緑色で大きいものです。 スーパーで小松菜を選ぶ時は、まず葉の状態をよく観察してくださいね。 そして葉の次にチェックしたいのは茎と根です。 茎は太くてしっかりしている方が新鮮なんですよ。 また、たっぷりの栄養の中で育った小松菜は根っこも太く長くなりますので、根っこが付いているものはぜひ見てみましょう。 お店に行くとたくさん並んでいて迷ってしまいますが、葉や茎をしっかりと見比べて、おいしくて新鮮な小松菜を選んでくださいね! また小松菜は冬が旬の野菜です。 旬の小松菜は葉が柔らかく甘みも増すので、より赤ちゃんも食べやすくなりますよ。 茹でてアク抜きを忘れずに!電子レンジでもOK! 他の野菜と比べると少ないと言われていますが、小松菜にも少量のアクがありますので、お鍋にたっぷりのお湯を沸かして茹でた後、水にさらしてアク抜きをする必要があります。 小松菜を水洗いした後、硬い茎の部分から熱湯に入れて柔らかくなるまで茹でます。 しっかり茹でることでアクも抜けやすくなりますよ。 茹であがった小松菜は、茎の部分は大人が食べて、離乳食には葉の部分だけを使って調理しましょう。 また小松菜を水洗いした後、水気を切らずにそのまま耐熱皿でラップをかけ電子レンジで加熱しても茹でた時と同じように仕上がります。 小松菜の量が少ない時や時間がない時などは、電子レンジを使うと簡単に調理できます。 特に離乳食を始めたばかりの頃は、赤ちゃんが飲みこみやすいようにしっかりと裏ごしをしてあげてくださいね。 またブレンダーを使用すると簡単にペースト状に仕上がるのでおすすめですが、なくても簡単にできる方法があります。 それは茹でた小松菜をそのままラップなどにくるんで冷凍し、使いたい時に取り出し冷凍の状態で小松菜をすりおろす方法です。 この方法ですりおろした後、お湯やミルク、水溶き片栗粉などでのばせばペースト状になりますし、そのままお粥にのせて使うこともできるので便利です。 ぜひ試してみてくださいね。 出典: こちらの豆腐ハンバーグは、野菜も豆腐も肉も入った栄養満点レシピです。 手づかみ食べが始まる離乳食後期にぴったりのおかずになります。 鶏ひき肉は、なるべく赤身の多い部分を使用しましょう。 野菜はレンジで柔らかくする方法もありますが、加熱した方が確実です。 みじん切りにしてやわらかく下処理をした玉ねぎ、人参、小松菜を豆腐、鶏ひき肉、片栗粉と一緒に混ぜます。 オリーブオイルを薄くひいたフライパンに2つのスプーンを使って丸く生地を流しこんで中火で焼き、焼き色が付いたら裏面も焼いてできあがりです。 野菜を変えてみるなどして工夫すれば、どんどん広がるハンバーグレシピ!完了期以降も応用できますので、色々試してみて下さいね。 これ一品でおかずにも主食にも! 出典: 離乳食初期からOKで赤ちゃんにも食べやすいうどんレシピです。 野菜をたっぷり入れれば、これ1品で十分な栄養が摂れますね。 冬瓜は淡泊な味で食べやすく、煮るととても柔らかくなるので、離乳食にも使いやすい野菜です。 にんじんと冬瓜は食べやすい大きさに切り、鍋底から3cmくらいの水を入れて火にかけます。 沸騰したら少し火を弱め、食べやすく切った小松菜と塩抜きしたしらす、粉末だしを入れて煮込みます。 食材が柔らかくなったら、茹でて刻んだうどんを入れてさらに煮込みます。 最後に溶き卵を流し入れ、混ぜて煮る工程を繰り返し、卵にしっかり火が通ったら完成です。 うどんは短く切らないものも用意すれば、大人も一緒に食事のメインメニューとして食べることができますよ!.

次の