奈津子。 奈津子

家電女優奈津子って何者?年齢は?過去の出演ドラマや経歴も紹介!|mom clip

奈津子

「家電製品アドバイザー」の資格を持つ家電女優・奈津子 アイドルグループ「SDN48」の元メンバーで「家電製品アドバイザー」の資格を持つ家電女優・奈津子が、いま熱い注目を集める「調理家電」を紹介する。 * * * アイドル時代に過ごした秋葉原で癒しの場だったのが「家電売り場」でした。 冷蔵庫など最新の白物家電を見ていると、快適な暮らしを妄想して楽しい気持ちになれたんです。 そしてグループ卒業後に挑戦したのが家電製品アドバイザー資格です。 今回は自粛期間中に自炊率が上がったことで注目されている「調理家電」を紹介します。 昨今のトレンドは「簡単」「美味い」「早い」の3つ。 私も料理はズボラですが、無水の自動調理鍋ヘルシオ ホットクックは、鍋に材料を切って入れるだけで具材を混ぜることさえ全自動というスグレモノ。 クックフォーミーは内蔵レシピが150種以上。 健康志向の家電も増えました。 ウォーターオーブン ヘルシオは油を使わず余分な脂や塩分を落とし、素材の良さを引き出します。 三種の神器といえばテレビ・洗濯機・冷蔵庫と言われていましたが、現代の「新・三種の神器」は、ドラム式洗濯機・ロボット掃除機・食洗機です。 ロボットと聞くと、「すべてハイテク化せよ」と感じるかもしれませんが、家事をほったらかしにできれば時間を有効活用できる。 こんな時代だからこそ、落ち着く時間を大事にしたいです。

次の

ABP inc.

奈津子

解説 平凡なOL奈津子の心の移りかわりを通して、現代の女性の新しい生き方を追求していく。 月刊誌『MORE』に連載された五木寛之の同名の小説の映画化で、これまでの映画の形にこだわらず、自由な映像を目指すということから、シナリオを作らず原作をもとに演出がなされた。 ダイアローグ・ライター(セリフ作家)に、ニッポン放送第一回青春文芸賞を受賞した粕谷日出美が参加、そのダイアローグをもとに、撮影現場で状況に応じてセリフをふくらませていく試みがなされた。 監督は「もう頬づえはつかない」の東陽一、撮影も同作の川上皓市がそれぞれ担当。 1980年製作/120分/日本 配給:東映洋画 ストーリー 博多郊外に居を構える小峰家には嫁いで貞淑な妻となっている長女の波留子、平凡なOLの二女、奈津子、東京の大学で学生運動に没頭している三女、亜紀子、ノイローゼで精神病院に入院中の四女、布由子の四人の姉妹がいる。 五月のある日曜日、奈津子は入院中の布由子を見舞った。 うつ病の布由子は、陽性な性格の奈津子にだけは心をひらくことがある。 布由子は、九州に来ている前衛劇団の公演を見に行きたいと奈津子にいう。 医師の沢木も同行するということで、三人は会場に向かった。 激しい雨と風の中、ボタ山の中腹で行なわれるテント公演。 そこで、奈津子は東京からやって来た写真家、中垣と出会った。 雨と風の中、未知の世界に触れた衝撃で、奈津子も布由子も興奮していた。 帰り道、奈津子はヌード写真を中垣に撮ってもらいたいと話す。 彼女の冒険の第一歩だった。 奈津子には結婚の約束をした恋人の達夫がいたが、飽きたらないものを感じている。 そして、中垣に会いに彼女は東京に向かった。 途中の列車で、彼女は初老の男と出会う。 その男は、高名な詩人、金子貞生で、布由子が関心を持っていたロシアの詩人、エセーニンの話を聞いた。 〈三十歳で首を吊って死んだ詩人〉だという。 奈津子は中垣のもとで、自己に忠実な女性、ケイにめぐり会い、彼女の生き方に強い衝撃を受ける。 アトリエでは、ケイも服を脱ぎ、奈津子も解放的な気分でヌードになった。 博多に戻った奈津子は、「金子からエセーニンの詩集を送ってもらった」という布由子の手紙を受け取った。 その手紙には、ボスホラスへは、行ったことがない……という詩が引用されていた。 達夫との間に終止符を打って、奈津子は東京で暮らす決意をする。 ボスホラスとは何処にあるのだろう、この地上には存在しない場所かもしれない……そんなことを考えながら、彼女は博多を離れた。 亜紀子のアパートを中心に、奈津子は東京での生活をはじめた。 やがて、大都会の空気にもなじみはじめ、中垣やケイとも再会、彼らの生活をより理解できるようになった。 人間が汗を流して働くということと、全く関係のない、自由で不思議な生活が、そこにあった。 奈津子の人生が、ゆっくり動きはじめようとしていた。

次の

奈津子

奈津子

、『 Presents 記憶の力 II』でデビュー。 、『』のスミレ(ギャル)役で注目を浴びる。 ドラマデビュー当初は派手なギャル系の役が『』『ギャルサー』と続いた。 、に選ばれる。 同メンバーでは唯一の十代だった。 、亜希子とともにSDN48の2期生として活動開始。 後に奈津子が夜の女王の頂点を目指すMV楽曲『』を発表。 、で行われたにグループとして出場。 「紅白2011 AKB48スペシャルMIX~がんばろう日本!~」として「」と「」を披露。 、NHKホールで行われた『SDN48 コンサート「NEXT ENCORE」 in NHKホール』をもってSDN48を卒業。 、ABP inc. に移籍。 亜希子とは別の事務所に所属することになった。 10月より系列コラムサイトにてコラムニストとして週連載を開始。 独自の観点で自らネタの企画出し、取材先へのアポ取り及び執筆を担当。 7月より『』とのキャンペーンTVCMで、水着姿に立体機動装置をつけた美女として話題になる。 「」の資格を取得。 以降、メーカーの新製品発表会へ自ら足を赴くなどして多数のメディアで家電に関する連載やレギュラーがスタートする。 10月よりテレビ東京系列「」にアシスタントとしてレギュラー入り。 らと共に出張鑑定で全国を回り始める。 6月より著名人ブログ「奈津子の!一生、餃子に恋してる」を開設。 、出版より発売「食べログBOOKS 餃子グランプリ」の出版に携わる。 12月より家電製品協会イメージキャラクターに就任。 、200点中184点の高得点でスマートホームのプロであるスマートマスター試験に合格。 、スマートマスターのアンバサダー就任会見を行う。 、エンジニアの一般男性と結婚を発表。 亜希子とはドラマなどで双子役として出演することもあるが、双子役ではないそれぞれ別々の出演が多い。 を経て、卒業。 その後は亜希子とともに、を卒業している。 趣味はドラマeのスピリットの劇中でも腕前を披露したと、屋めぐり。 日舞は7年目に突入し、への出演が夢だと語っている。 妹の亜希子の他に姉が2人おり、4姉妹である。 父親は歯科医院を営んでおり当初は裕福だったが、奈津子が小学5年生の時に脳梗塞で倒れ寝たきりになる。 父親の死後、スカウトされ自立するためにも芸能界入りした。 定期的に友人を自宅に招き、奈津子の自宅の家電を使い倒す「家電女子会」を行なっている。 読書家でありインスタグラム上で頻繁に読書録を公開している。 日本国内だけでなくアジアやヨーロッパの家電も研究しており自身のinstagramのハイライトや記事で発信している。 新婚旅行ではでパリの電気店3軒をハシゴした。 参加曲 シングルCD選抜曲• - A名義• - アンダーガールズB名義• - アンダーガールズA名義• - アンダーガールズG名義• - アンダーガールズB名義 劇場公演ユニット曲 公演• Black boy• I'm sure ナツアキ名義• いいからトマト食え -ナツアキ名義(SDN卒業後) 作品 映像作品• 奈津子(2007年9月21日、) - 1stイメージDVD• 奈津子・亜希子 with (2007年12月21日、リバプール) - 亜希子と共演のDVD• ザ・プロローグ ぬくみ〜ず7(2008年7月25日)- メイキング、インタビュー有り• 日テレジェニック2008奈津子(2008年9月26日、)- ソロイメージDVD• 萌えナツ!! (2011年7月14日、グラッソ) 出演 SDN48のコンサートについては「」を、SDN48のグループとしての出演(CM・イベント含む)については「」を参照 テレビドラマ• 「」(2005年10月 - 12月) - 野村明美 役• NTV「」(2006年4月 - 6月) - スミレ 役• 「」(2006年7月 - 9月) - 篠塚ナツ 役• 「」(2006年10月 - 12月) - 桂ゆず 役• TBS「」(2007年6月 - 8月) - 平田佐緒里 役• 「 」 (2008年2月11日)- 一条右京 役• NTV「」(2008年8月1日) - 役• NTV「」(2008年8月25日) - 佐藤千代 役• 「」(2010年1月 - 2月) - 日野よしみ 役• TBS「eのスピリット」 2014年1月 - 2015年2月、音楽バラエティ「オトナの!」 -本人 役 バラエティ• 「Presents 記憶の力II」(2005年6月25日)• 「」(2006年 - 2007年) - レギュラー• 「」(2007年)• NTV「」(2007年)• TBS「」(2007年)• CX「」(2007年)• TBS「」(2007年)• 「」(2007年) - マジ歌選手権第1回目ゲスト。 「熱血! ホビースタジアム」(2007年4月 - 2008年3月、)- レギュラー• NTV「」(2008年6月4日・19日)• NTV「」(2008年8月3日・31日)• TVK「 〜神泉編〜」(2009年)• 「」(2010年6月30日・8月4日・11日)• CX「」(2013年) - 本人密着取材• CX「」 2015年9月14日 - マイコ役• NHK「」(2015年11月25日) - 本人密着取材• TX「」(2016年10月 - ) - 出張鑑定アシスタント レギュラー• TX「」(2016年12月11日)- ゲスト出演• 「2」(2017年12月5日) - ゲスト出演• CX「運命の一問」(2018年1月4日) - ゲスト出演、と共演• CX「魔女に言われたい夜-正直すぎる品定め」 2019年7月1日、9月2日、11月18日、12月5日、2020年1月6日、3月31日、6月30日 - ゲスト出演。 CX「ウワサのお客様」 2020年7月17日 - ゲスト出演。 (2007年) - 亜紗美 役• (2008年10月)- 由紀 役• クハナ! (2016年9月) 舞台• GO,JET! (2011年)• ベロニカは死ぬことにした(2012年1月31日 - 2月5日、俳優座劇場)• Kiss Me You〜がんばったシンプー達へ〜(新国立劇場)• MOTHER〜特攻の母 鳥濱トメ物語〜(新国立劇場)• ダウト!国立公安女子校(六行会ホール)• 月下のオーケストラ 2012年4月11日 - 17日、) - 亜希子とダブルキャスト。 (2012年6月22日、品川・六行会ホール) - 日替わりゲスト 時空刑事アルシオーネ 役。 GO,JET! Vol. 5 〜涙のドライマティーニ ガールズにライバル出現!? 〜(2012年7月18日 - 29日、アクアスタジオ)• ブスの魔法使いと決め神様(2013年、サンモールスタジオ)• 音楽朗読劇 未熟な、ふるんちゅ(2014年、下北沢亭)• RED〜新説・垢太郎物語〜(2014年、北沢タウンホール) - ヒロイン・夜月 役• 神と遊べば(2014年、小劇場b1)• 才能がない!(2014年、上野ストアハウス) CM• 「書中見舞い」(2007年)• (2012年) と共演• 「スマートパス」(2013年)• 佐世保映像社(2015年)• イメージタレント(2015年)• 「進撃のゲオキャンペーン 海のカップル篇」(2015年7月)• 湘南美容外科「しょうなんです。 編」(2015年10月 - )• ゲームアプリ「ぼくとドラゴン」(2016年6月 - ) - 花嫁 役 ラジオ• WALOPP放送局「ナツアキサンデーサプリ」(2011年から2年間) - 亜希子と共に番組MC• 「」 - レギュラー• 「MOZAIKU NIGHT」(2015年2月)• 「手賀沼ジュンのウナンサッタリパンツ」(2015年6月7日)• 「commons10」(2016年4月9日、) - に関するトークでクラムボン・と公開生収録• 50周年企画「家電争奪!スマートマスタークイズ」(2017年10月2日 - 27日) - と共演• 「lovely Day」(2017年10月19日) - ゲスト出演• J-WAVE「STEP ONE」(2019年10月30日) - ゲスト出演 イベント出演• 消費生活講演会「知って得する家電トーク」(2017年3月27日、北海道帯広市) - 初の単独講演会• 日経BP社主催「TREND EXPO2017」(2017年11月3日、ベルサール東京日本橋) - 最新家電をテーマにしたトークショーでと出演• 株式会社ピクセラ「4Kスマートチューナー」イベント(11月3日・4日、軽井沢・プリンスショッピングプラザ) - 近藤千尋らとお家大好きタレントとしてトークショー出演• 「サンキュ!見つける変わる私の暮らしセミナー2019」トークショー出演• 「幼なじみ」(2008年6月配信)- 杉野有紀 役• 「THE BOY IN WONDERLAND」(「ザ・プロローグぬくみ〜ず7 2008年6月20日 - 7月20日)- サラ 役• 「(松島瑠美のMONDAY NIGHT 20! )」(2011年2月21日)• 「ニュース」(2015年11月11日) - キャスター• 「C CHANNEL」(2017年10月) - 家電女優・奈津子のイチオシ家電としてヤーマンの美容家電を紹介• 「Gunosy Live」(2018年3月21日) - "Wowma!presents オススメ家電 生プレゼン対決"でとと共演。 「LUCRA トレンドラボ」(2020年1月20日)-「プチプラ美容家電」 - ゲスト出演 書籍 写真集• futari(2006年4月26日、、撮影:木村晴)- 雑誌• 2006年3月6日 - 表紙• 「NEW GOODS LABOLATORY」(、2015年よりレギュラー連載)• InRed• デジモノステーション• (晋遊舎)• (晋遊舎)• ゲットナビ(学研)• (小学館)• BOOKS「餃子グランプリ」• 月刊(株式会社アスクラスト)• (光文社)• LDK The Beauty• プレジデントウーマン• 脚注 [] 注釈• - NHKオンライン(2011年12月31日)• - しらべぇ(2015年1月1日)• - ザテレビジョン(2011年12月30日)• - オリコンニュース(2011年12月31日)• - SDN48オフィシャルブログ• - 本人公式ブログ(2014年10月1日)• - 本人公式ブログ(2015年10月9日)• - 本人Instagram 2016年10月4日• - 一般財団法人家電製品協会• - 一般財団法人家電製品協会• - 本人公式ブログ(2018年12月8日)• - オリコンニュース(2018年12月8日)• - 本人インスタグラム(2020年1月13日)• - 東洋経済オンライン(2019年12月13日)• - 本人インスタグラム(2018年1月15日)• - 本人インスタグラム(2018年1月5日、25日、2月16日)• - Rakuten Infoseek News(2019年11月16日)• - 本人Instagram 2019年7月14日• - 本人Twitter 2020年6月15日• - 本人Instagram 2020年3月24日• - 本人Instagram 2020年7月1日• - 本人Instagram 2020年7月6日• - TREND EXPO2017公式サイト• - 本人インスタグラム 10月26日• - 家電製品協会(2019年9月19日)• - Wowma!presents春の激推しアイテム祭り• - SHOJIInstagram 2020年7月7日• - 本人Instagram 2020年2月4日• - 本人Instagram 2020年3月30日• - 本人Instagram 2020年7月2日• - 本人Instagram 2020年6月19日 外部リンク• - Amebaオフィシャル(2009年7月18日より)• - 本人公式YouTubeチャンネル• (毎月5日20日更新)• 朝日新聞社の運営するMoovooの動画連載• 連載中• 連載中.

次の