スマホ wiki。 スマホを落としただけなのに

オバマス攻略Wiki|オーバーロードアプリ

スマホ wiki

, , , 種別 2. 0, v2, LGPLなど ウェブサイト Android(アンドロイド)は、主にやなどのモバイル機器向けに設計された、やその他のの改変版をベースとしたである。 Androidは、として知られる開発者のコンソーシアムによって開発されており、主な貢献と商業的な販売はが担っている。 当初は2005年にGoogleが買収したAndroid Inc. が開発していたが、2007年にAndroidが発表され、2008年9月にが発売された。 2020年5月現在の安定版はAndroid 10で、2019年9月3日にリリースされた。 Androidのコアとなるソースコードは、Androidオープンソースプロジェクト(AOSP)として知られており、主にの下でライセンスされている。 これにより、Androidの派生版は、、、などの他の様々な電子機器向けに開発され、それぞれに特化したユーザーインターフェースを持つようになっている。 よく知られている派生製品には、テレビ用のやウェアラブル用のなどがあるが、いずれもGoogleが開発したものである。 Androidのソースコードはさまざまなエコシステムの基礎として使用されてきたが、最も注目すべきはGoogleのそれで、Google Mobile Services GMS と呼ばれるスイートに関連付けられており、頻繁にプレインストールされている端末に付属している。 これには、などのコアアプリ、プラットフォームの、関連するGoogle Play Services開発プラットフォーム、そして通常はウェブブラウザなどのアプリが含まれる。 これらのアプリは、Googleが課した基準に基づいて認定されたAndroidデバイスのメーカーによってライセンスされている。 他の競合するAndroidエコシステムには、のやなどがある。 ソフトウェアの配布は、一般的にストアやストアのようなプロプライエタリなアプリケーションストア、またはAPK形式でソフトウェアパッケージを使用してAptoideやのようなオープンソースのプラットフォームを介して提供されている。 Androidは、スマートフォンでは2011年以降、タブレットでは2013年以降、世界で最も売れているOSである。 2017年5月現在、月間アクティブユーザー数は20億人を超え、OSの中では最大のインストールベースとなっており、2020年1月現在、Google Playストアには290万本以上のアプリが登録されている。 特徴 [ ] この節では、から発表されている標準のAndroid(AOSP)について記述する。 サードパーティが独自に追加(カスタマイズ)した機能は含まない。 ユーザーインターフェース [ ] Androidの UI はサードパーティの端末メーカーによるカスタマイズが許可されており、通例メーカーごとに独自のUIが搭載されている。 カスタマイズが施されていない標準のAndroidは通称AOSP版と言われ、Android Open Source Projectのから直接ビルドしたものを指す。 また、メーカーやサードパーティが開発したものはカスタムROMと言われている。 Androidの基本操作はタッチインターフェースとなっており、指を使って直感的な操作ができるようになっている。 表示されたボタン類を押すタップ、長押しタップ(つまむ)、画面端からタップスライドしてメニュー類を表示するスワイプ、によるピンチや回転などができるようになっている。 画面をタップした際に、ボタンを押したという感覚を起こさせるために、本体をバイブで振動させる機能を持ち合わせる。 や、などのをサポートしており 、アプリケーション側からそれらにアクセスして活用する事もある。 ジャイロスコープは端末を縦向きから横向きに変更する際に使われる事が多い。 の例ではで車を操作する際、端末を傾けてハンドル操作に当てはめるものがある。 ホームスクリーン上には、の画面のようにアプリケーションのが並び、アプリをインストールするとホームスクリーン上に自動的に配置される。 また長押しタップでアイコンを移動したり、を作成して格納する機能を持つ。 これに加えてを配置できるようになっている。 ウィジェットは、やなどのライブ情報などがあり、ホームスクリーンから直接見ることが出来る。 ホームスクリーンは画面外にも複数用意されており、画面を左右にスワイプすることで複数のホームスクリーン間を移動出来る。 画面上部にはが配置されている。 ステータスバーは、新着やを受信したりデバイスを接続した時に、に作業を中断させることなく知らせるシステムとして使われる。 また、多くのAndroid端末には、通信の切り替え、、システム設定など、頻繁に使われる機能も、この通知バーに格納されているものが多くある。 日本国内では通称として通知バーと呼ばれている。 画面下部には「戻る」ボタン/「ホーム」ボタン/「マルチタスク」(アプリケーションリスト)ボタンによる各操作を実行できるナビゲーションバーが、Android 3. x、および4. 0以降から配置されている。 これ以前のバージョンでは、ハードウェアキー(物理ボタン)方式が主流であった。 Android 9. 0 Pieでは「ホーム」ボタンと「マルチタスク」ボタンが削除され、スワイプジェスチャーに置き換えられた。 ただし、端末メーカーによっては従来のナビゲーションバーを採用しているものや、設定によって従来のナビゲーションバーを利用できるようになるものもある。 Android 10では「戻る」ボタンも削除された。 文字の入力 [ ] Androidには文字入力のためのを搭載しており、や検索ボックスなどの入力エリアをタップするなどしてフォーカスを当てると画面上にが表示される。 この仮想キーボードを、タップやスワイプ操作することによって文字を入力できるようになっている。 IMEはサービスアプリケーションとして動作し、エンドユーザーが自由にサードパーティ製のIMEをインストールすることも可能になっている。 IMEとハードウェアが対応していれば、や接続の外付けを接続して入力することができる。 また発声によって文字入力を行う音声入力システムも備える。 Googleあるいはサードパーティ製の手書き入力アプリを利用して、指やスタイラスペンなどで書いた文字を認識させることもできる。 なお2018年現在、Android OSには標準で日本語入力用のIMEが搭載されていない。 そのため、日本語入力を行うには、やなどのサードパーティ製IMEをインストールする必要がある。 日本国内で販売されている端末は、最初から日本語入力できるように、、、、などが、メーカーによって搭載されている。 一部のAndroidデバイスでは、Google純正の新たなIMEであるGboardが最初から搭載されており 、また2017年11月にはGboardが日本語に対応し、追加の言語およびキーボードレイアウトをダウンロードするだけで日本語入力ができるようになった。 アプリケーション [ ] Googleの認可を受けた端末には、アプリケーションマーケットとして(旧 Androidマーケット)がインストールされている。 多くの端末では、このからアプリコンテンツをダウンロードして使えるようになっている。 2019年9月時点のGoogle Play内では、280万本を超えるアプリケーションが提供されている。 GoogleはGoogle Playを経由しないアプリ配布も認めており、から直接インストールできるようになっており 、それらのアプリは野良アプリと呼ばれる。 ただし一見普通のアプリに見える悪質なアプリ()も存在するため、公式マーケット以外からのダウンロードには細心の注意が必要である。 構成 [ ] Androidは、からミドルウェア、、、電話帳などの標準的なアプリケーション・ソフトウェア群までを1つのパッケージにして提供されている。 カーネルにはLinuxの関連技術が使用されているが、その他の部分は様々な技術が用いられており、例えば libc の ()はのlibcとのlibcを組み合わせたものをベースにしている。 Androidのアーキテクチャ。 3まではベース)。 この機能は、他のアプリケーションからも利用可能である。 メール SMS 及び MMS が利用可能である。 Android 5. 0以降では標準の仮想マシンがAndroid Runtime ART に変更された。 アプリケーションマーケット Googleにより、Android用アプリケーションを配布、販売する Storeが運営されている。 マルチタッチ ネイティブに対応しており、HTC Heroなどの機種でサポートされている。 ただし、による特許訴訟を避けるため、2010年2月までは、初期的にはカーネルレベルで無効化されていた。 データストレージAPI データ保存用にが組み込まれている。 フォント フォントライブラリ により、、、などのフォント形式に対応している。 アプリケーションとアプリケーション・フレームワークは、Google独自に構築した仮想マシンであるDalvik仮想マシンまたは ART 上の「 Java SE のサブセット+Android拡張」環境で記述する。 されたアプリ、エンドユーザーが後からインストールするアプリを問わず、共通の仮想マシンおよびフレームワークを使用する。 対応CPU [ ] Googleが公式サポートしているCPUは(ARMv5以降)、、である。 ARM以外の環境はAndroid 2. 3から対応した。 端末シェアの多くはARMv7とARMv8が占めているが、日本においては2014年3月に大手家電量販店のが自社ブランド製品として搭載のタブレットを発売 するなど、x86による製品もあった。 仮想マシン [ ] Android 4. 4以前のバージョンで動作するアプリケーションは、基本的には VM 上で動作する。 DalvikはJavaのオープン実装であるをベースとしているが、Java APIセットからはやなどが除去され、Android専用のUIフレームワークや独自ライブラリなどが追加されている。 Java のAPIは、全てではないが、概ね含まれている。 なお、(旧)Javaの互換性テストを通過していないため、正式なJavaではない。 APIセットは Java ME とも異なる。 Android 7. 0 Nougat以降はJava APIライブラリの実装がベースになった。 Android 2. また、互換環境の1つであるもAndroidに対応しており、とを利用することで、. Android 4. 4 KitKat からは、デベロッパー向けに新たな仮想マシン ART が実装された。 ARTは、Dalvikよりもアプリケーションの動作効率などを向上させることを目的に開発された。 Dalvikの場合、多様なハードウェアに対応できるよう、アプリを中間コードの状態で保管しておき、実行直前にネイティブコードに変換して動作させる方式が採用されている。 一方でART仮想マシンは、予め最初からネイティブコードに変換しておくため ahead-of-time; AOT 、実行速度や動作速度が向上する。 Android 7. 0以降のARTではAOTとインタープリタとJITをミックスしたハイブリッド手法が採用された。 なお、Android 4. 4では依然としてDalvikが標準となっており、ARTを用いるためには開発者向けオプションで設定が必要である。 ただし、アプリケーションによってはART上では正常動作しないものもあり、Dalvikとの完全互換は保証されていない。 Android 5. 0からは、ART仮想マシンが標準となった。 0に搭載されたバッテリー改善システムと、ARTの効率性の良さという組み合わせによって、バッテリー持続時間がAndroid 4. 4と比較して1. 37倍と大幅に伸びた。 ブートローダー [ ] ブートローダー bootloader とは、デバイスの電源を入れた際にフラッシュメモリ上にインストールされたLinuxカーネルを読み込み、そこからAndroidを起動させるシステムである。 パソコンで例えると、という部分に相当する。 ブートローダーのは、一部の端末でアクセス可能である。 多くの場合は、電源ボタンと音量ダウンボタンを同時押ししながら電源を入れて起動させる事ができる。 起動後に表示されるインターフェースは、fastbootモードとも呼ばれる。 ほとんどの携帯端末ではブートローダーにUBootが使用される。 開発環境 [ ] アプリケーション開発用にはAndroid SDK Software Development Kit が、ランタイムとライブラリの開発用には Native Development Kit が無償提供されている。 SDKとツール類は後述のAndroid Studioに含まれているほか、単独のコマンドラインツールも利用可能である。 Googleが有償で提供するSIMロックフリーの開発専用携帯電話機や他社の専用の携帯電話機でないと、低レベルのランタイムとライブラリを書き換えることはできない。 は、が推奨されている。 Android Studioの実行環境つまりホストとして対応しているOSは、、、 など 、である。 、など他のもAndroid開発に対応しているものがある。 当初はアプリケーション開発にと専用プラグイン ; ADT が利用されていた。 これはIntelliJ IDEAをベースにしたによるAndroid専用の開発環境であり、ビルドツールとして従来のではなくを採用している。 また、レイアウトのデザインもよりグラフィカルで端末実機のイメージに近くなるとされる。 に正式版1. 0がリリースされた。 これに伴い、Eclipse用プラグインのサポートは2015年に終了した。 Android SDKでは、Android Virtual Device AVD と呼ばれるPC上で動作する仮想デバイスを用いることができる。 対応CPUと同様にARM、MIPS、x86の3種類のアーキテクチャをエミュレーションするソフトウェアがSDKに同梱されており、これにロードされるシステムイメージもAndroidバージョンごとにそれぞれ提供されている。 ユーザーがこれらを選択して、任意のAndroidバージョンとCPUエミュレータの組み合わせによるAVDを作成する。 ただし、一般的なエミュレータと同様、他のコンピュータシステムをエミュレーションするために動作が非常に重く、快適なデバッグを行うことは難しい。 これをカバーするため、支援機能をサポートしているx86アーキテクチャのCPUが搭載されたホストマシン上では、x86システムイメージによるAVDを高速化することができる。 WindowsおよびmacOSにおいては、が提供するIntel Hardware Accelerated Execution Manager HAXM によってによるサポートを有効にすることができる。 また、Linux版のSDKにおいては、x86エミュレータ自体が上で動作させることが可能となっており、Intel VTまたはAMD-Vによるサポートによって高速化することができる。 Google Mobile Service [ ] ほとんどのAndroid端末には、のGoogle Mobile Service GMS アプリがされている。 、マップ、ギャラリー、カレンダー、、トークなどが含まれる。 GMSアプリの搭載は互換性テストのCompatibility Test Suite CTS を通過し、Googleにライセンスを与えられた端末のみ認められている。 エミュレーション・モデル [ ] 基本ハードウェアを「goldfish」と定義しており、SDKのエミュレータはそれを踏襲している。 サポートしているスペックは下記の通り。 ただし、2007年10月当時のスペックである。 goldfishモデル• メインメモリ:96MB• VRAM:8MB• 5から9までは頭文字がバージョンの発表順にCからPまでのアルファベット順で始まる菓子の名前が付けられており、Androidロボットが各コードネームの菓子に扮していた。 10からはそのようなコードネームは付けられなくなった。 シェア [ ] スマートフォン [ ] 世界でのスマートフォンの販売台数のシェアの推移は以下の通り。 時期 総数 Android iOS Symbian BlackBerry Bada Microsoft その他 2009年第2四半期 40,971,800 1. 時期 総数 Android iOS iPhone Microsoft その他 調査会社 2010年6月 435,000 2,557,000 2,144,000 コムスコア 2010年9月 5,702,000 841,000 3,347,000 1,475,000 39,000 コムスコア 2010年12月 6,975,000 2,174,000 3,787,000 831,000 183,000 コムスコア 2011年3月 9,764,000 4,601,000 3,906,000 1,257,000 コムスコア 2011年11月 15,100,000 61. 02% ウェブレッジ 2020年5月 39. 4% BCN タブレット [ ] 世界のタブレット出荷台数(電子書籍端末を除く) 時期 総数 Android iOS Windows その他 調査会社 2010年第4四半期 10,700,000 29. バージョン コードネーム リリース シェア 4. 3 - 4. 4 Ice Cream Sandwich 000000002011-10-18-0000 2011年10月18日 15 0. 1 Jelly Bean 000000002012-07-09-0000 2012年7月9日 16 0. 2 000000002012-11-13-0000 2012年11月13日 17 0. 3 000000002013-07-24-0000 2013年7月24日 18 0. 4 KitKat 000000002013-10-31-0000 2013年10月31日 19 4. 0 Lollipop 000000002014-11-03-0000 2014年11月3日 21 1. 1 000000002015-03-09-0000 2015年3月9日 22 7. 0 Marshmallow 000000002015-10-05-0000 2015年10月5日 23 11. 0 Nougat 000000002016-08-23-0000 2016年8月23日 24 7. 1 000000002016-12-05-0000 2016年12月5日 25 5. 0 Oreo 000000002017-08-21-0000 2017年8月21日 26 7. 1 000000002017-12-05-0000 2017年12月5日 27 14. 0 Pie 000000002018-08-06-0000 2018年8月6日 28 31. 0 - 000000002019-09-03-0000 2019年9月3日 29 8. 基本的にAndroidのソースコードのライセンスは、Apache License 2. 0に準じるため、Androidを採用した企業・個人が改変部や付加部分をGPLのように公開する必要はない。 ただし、WebKitのライセンスはであり、カーネルとそのライブラリなどのLinuxに基づく部分のライセンスはであるため、公開が求められる。 Gmail、Googleマップ、Google検索、Google Playなどの一部のGoogle製アプリケーションは、Androidと密に連携しているがなライセンスで提供されている。 これらのGoogle製アプリケーションはGoogle Mobile Service認証をGoogleから受けた端末に対してのみ供給され、それらの端末でのみ動作が認められる。 したがってカスタマイズしたAndroidに、これらのアプリケーションを載せるためには、カスタマイズを施したプロジェクトが個別にGoogleの許諾を得る必要がある。 なお、アプリケーションをGoogle提供のファームウェアからバックアップし、権利を侵害していないカスタム版に再インストールする(カスタム版にはアプリケーションをしない)手法が説明される場合もあるが、Google Mobile Service認証を経ておらず、ライセンス違反の行為となる。 タブレット向けのバージョンであるAndroid 3. xはスマートフォンへの対応が不完全であるということを理由としてソースコードの公開が見送られていた が、4. 1から再度公開に戻った。 ただし、3. xのソースコードはの履歴の中に存在するだけで、Gitのタグとしては割り振られていない。 Android 9. 0 PieベースのOne UI 1. 1を搭載した Galaxy S10 歴史 [ ] が設立したプラットフォームベンダーである米Android社を、にGoogleが買収 したことから一時はGoogleが「gPhone」と呼ばれる独自の携帯電話端末の開発を進めているという憶測が流れた。 11月に「」(オープン・ハンドセット・アライアンス、以下OHAと表記)を通じて新規プラットフォームの概要のみが発表される結果となった。 2007年11月5日、携帯電話用ソフトウェアのプラットフォームであるAndroidを、米検索最大手Google、米、通信キャリアの(T-Mobile International)などが中心となり設立した規格団体 OHAが発表した。 2008年• 9月23日 - 米T-Mobile USA社は世界初の商用Android搭載端末としてを発表した。 OHAはソフトウェア開発キット(SDK)の正式版「Android 1. 0 SDK, Release 1」を発表した。 OHAはAndroidの全ての動作環境を、中にライセンスの1つである Ver. 0の下で公開する方針だとしている。 OHAには上記の企業以外にも、日本の、、などのや、米、韓国、などの携帯端末メーカー、米、、、、などの半導体メーカーなど、大手企業が合わせて34社も参加している。 10月22日 - 世界初のAndroid搭載、「」がから全米向けに発売された。 同時に、Googleはアプリケーションを販売するためのマーケット「Android Market」を開設した。 12月9日 - 新たに、、、、、、、、、などの14社がOHAに加わった事が発表された。 2009年• 6月24日 - ソフトフロント、Android上で双方向通話に成功を発表。 9月 「Android 1. 6 SDK」の提供を開始。 10月23日 - HT-03Aで Android 1. 6が提供開始。 11月8日 - 米国のより製 Android 2. 0搭載のスマートフォン、「」がアメリカで販売される。 2010年• 1月5日 - Googleより、世界初の Android 2. 1を搭載したが発売された。 12月16日 - Googleより、世界初の Android 2. 3を搭載したが米国で発売された。 2011年• 2月24日 - より、世界初の Android 3. 0を搭載したが米国で発売された。 11月17日 - Googleより、世界初の Android 4. 0を搭載したの(GT-i9250)が欧州で発売された。 2012年• 7月10日 - Android 4. 1が公開された。 最初に、、のグローバルモデル向けにアップデートを開始した。 11月13日 - Android 4. 2が公開された。 とに標準搭載されて発売された。 2013年• 7月24日 - Android 4. 3が公開された。 、、向けのアップデートを開始。 11月1日 - Googleより、世界初の Android 4. 4を搭載したが発売された。 2014年• 3月18日 - スマートウォッチ向けにカスタマイズされたをリリース。 6月25日 - カーナビゲーションシステムのを発表。 6月26日 - Android Lのデベロッパープレビュー版を、と向けに提供開始。 9月15日 - Googleより、新興国市場向け低価格帯スマートフォンのが発表された。 10月15日 - Android Lの正式版となる Android 5. 0が発表された。 11月3日 - Android 5. 0の正式版を公開。 2015年• 3月10日 - Android 5. 1の正式版を公開。 10月6日 - Android 6. 0の正式版を公開。 2016年• 3月10日 - Android 7. 0の公開ベータ版をリリース。 当初コードネームがなく、Android Nとして発表された。 8月23日 - Android 7. 0の正式版を公開。 10月4日 - Android 7. 1の正式版を公開。 12月5日 - Android 7. 1の正式版を公開。 2017年• 4月4日 - Android 7. 2の正式版を公開。 8月21日 - Android 8. 0の正式版を公開。 11月27日 - Android 8. 1の正式版を公開。 2018年• 8月6日 - Android 9. 0の正式版を公開。 2019年• 9月3日 - Android 10の正式版を公開。 世界での発売端末 [ ] Android 6. 0 以降の権限管理画面。 1 以前と比べ、個別に権限を管理することができる。 Androidのアプリケーションは、スーパーユーザー権限(root)を要求する一部のアプリを除き、システムの重要領域やユーザー情報にアクセスできないようサンドボックスで動作する。 権限に関してはユーザーに視覚的にわかるように、アプリをインストールする際、必要な権限のリストを表示する機能がある。 例えば「」の場合は、位置情報の読み取り(へのアクセス)があり、「」だと、によるなどの権限がリストに表示される。 この機能によって、アプリケーションに無関係な怪しい権限を要求された際には、ユーザーが確認できる。 Android 4. 3ではアプリ毎に権限を設定できる機能が実験的に追加されたが、アプリケーションの互換性を損なう恐れがあるという理由で4. 4では無効になった。 端末をスリープ解除する際には、ロック画面にPINコードやパターンロックを割り当てる事もできる。 これに加えてAndroid 5. 0以降では、自宅にいる時、スマートウォッチが接続されている時などの条件に応じて自動でロック解除できる機能もある。 盗難などで不正にファクトリーリセットされた端末は、Android Device Protection(アンドロイド デバイスプロテクション)という保護機能が働く。 デバイスプロテクションが作動すると、直前オーナーのGoogleアカウントにログインしなければ全ての機能が使えないようロックされる。 その他に、端末の位置を逆探知したりリモートロックできる(ADM、スマートフォンを探す)も提供されており、盗難や置き忘れの対応策のひとつとされている。 日本でのセキュリティ [ ] トレンドマイクロ社によると、2012年(平成24年)1月から3月の間に、Androidの不正アプリが約5,000種発見されたとしている。 また、同社では、2012年(平成24年)4月に人気アプリである写真共有サービス「Instagram」や、アクションパズルゲーム「Angry Birds Space」などの偽アプリ配布サイトが存在し、特定のWebサイトにアクセスし、モバイル端末に他のファイルをダウンロードするなど、不正な動作を行う偽アプリがダウンロード出来るようになっていたことを確認している。 「Google Play(旧Android Market)」などの公式サイトにおいて偽アプリが確認されるケースもある。 このような課題に早急に対応していくために、日本は、2011年(平成23年)10月に「スマートフォン・クラウドセキュリティ研究会」を設置し、スマートフォンを狙うマルウェア等に対する事業者等における対策の在り方や、利用者への情報セキュリティ対策の啓発の必要性について検討を進めてきた。 同研究会では、同年12月の中間報告で、スマートフォン利用者が最低限取るべき情報セキュリティ対策として、「スマートフォン情報セキュリティ3か条」33を提唱し、2012年(平成24年)6月に最終報告を取りまとめた。 また、2011年(平成23年)12月に「利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会」において「スマートフォンを経由した利用者情報の取扱いに関するWG」が開催され、スマートフォンにおける利用者情報が安心・安全な形で活用され、利便性の高いサービス提供につながるよう、諸外国の動向を含む現状と課題を把握し、利用者情報の取扱いに関して必要な対応等の検討が進められている。 2012年(平成24年)4月には、スマートフォンを巡るサービス構造、利用者情報の取扱いに関する現状、利用者情報の管理等の在り方及び利用者に対する周知の在り方等の今後の論点を取りまとめた中間取りまとめ及び利用者自身が注意すべき事項を整理した「スマートフォンプライバシーガイド」34が公表された。 (参照:平成24年総務省「情報通信白書」) 組み込み用Android [ ] "" OESF がAndroidを基に、機能を追加した組み込み用プラットフォームを開発中である。 OESFのWebには2005年からのがある。 日本のOESFはWebによると2009年2月12日に設立された。 2011年3月現在のバージョンは、Android 2. 2を基にし EM3 OESF Embedded Master 3 と呼ばれる。 2011年3月にオープンソースとして一般向けに公開された。 IP電話、デジタルテレビ、マルチメディア、DLNA、Bluetooth、リモートコントロール、ポインティング・デバイス、ネットワーク管理、ユーザーインターフェース、SDKなどの機能拡張を行ってアプリケーション・フレームワークより上位のAPIから使用する。 EM1の機能拡張は全てではないと推測されるが、Linuxカーネル部分と同じ深さでハードウェア上に直接載る低レベルで実装される。 EM2は、Android 2. 0を元に開発され、2010年10月に公開された。 Androidそのものが軽量化を意図して設計されているが、OESF版ではさらに基本コンポーネントだけに絞り、必要な機能を選んで追加できる。 メモリーやストレージが少ないローエンド端末でもAndroidが効率的に動作するように設計されており、Android 8. 1 Oreoで動作するメモリー1GB以下のデバイス向けに最適化されている。 マスコット [ ] Androidのロゴには緑色のロボットのマスコットキャラクターが使われており、正式名称は「Android ロボット」 Android robot だが、日本では「ドロイド君」の愛称で呼ばれている。 海外ではBugdroidという愛称が使われることもある。 Androidロボットのアートワークはに基づいて配布されているが、商標権はGoogleが保有する。 イースターエッグ [ ] Androidのイースターエッグ 以降からは、ジョークの画像やアニメーションを表示する機能が隠されている。 いわゆると呼ばれるものである。 この機能にアクセスするには、端末の設定情報から端末情報を開き、一覧にある Androidのバージョンを3回連続でタップすると表示される。 なおAndroidのバージョンによって、表示される内容が異なる。 3() - の群れ中にAndroidのロボットが表示される。 このイラストは、多くのゾンビアートを手がけるジャック・ラーソンによって描かれた。 x() - Androidのロボットを、のにしたイラスト。 0() - 黒いに包まれた状のロボットイラスト。 ロングタップすると、デザインのロボットが無数に飛び交うに移動する。 1-4. 3() - ゼリービーンズの形をする笑ったAndroidロボットが表示される。 ロングタップすると、それが無数に飛び交うアニメーションに切り替わる。 ロボットはタップして移動したり弾き飛ばす事ができる。 4() - の K 殆どの端末ではビルド番号の頭文字か数字 が表示され、左右をタップすると回転する。 数回タップする事で、キットカットのロゴデザインを象ったAndroidロゴが表示される。 ここからロングタップすると、4. 4以前で全ての歴代バージョンのアイコンが型のインターフェースで表示される デザートケースの画面に移る。 x() - が表示され、キャンディの部分をタップすると色が変化する。 そこから何回かタップして更にロングタップすると、 ()に似たゲームで遊べる。 JRummy Appsによって難易度調整機能が付いた『Lollipop Land』のゲームアプリが公開されている。 L(デベロッパービルド) - Android Lの開発者プレビュー版は、なと大きさをしたが表示され、下部にビルド番号が表示される。 ロングタップすると、4. 4と同じくタイル型のインターフェースが表示される。 0() - が表示され、ロリポップとは違いマシュマロの部分をタップしても色は変化しない。 ロングタップすると、 ()に似たゲームで遊べるのは同一だが一つの端末で最大6人までのマルチプレイに対応したりタップ位置が表示されるようにもなった。 x() - アルファベットの Nが表示され、タップしても変化しない。 ロングタップすると、猫のアイコンが表示され、クイック設定の編集を押すと猫のアイコンで「???? 」のメニューが追加される。 猫のアイコンをクイック設定に追加すると皿のアイコンに変化し、皿のアイコンをタップするとに似たゲームで遊べる。 x()- スワイプするとタコが画面内でスワイプした方向に合わせて泳ぎ回る。 0()- 簡易的なでお絵描きをすることができる。 x -「0」と「1」を重ねて「Q」を作り、作成した「Q」をすると、を遊ぶことができる。 システム領域のカスタマイズ [ ] root化 [ ] 「」を参照 Androidでも、セキュリティ等の理由からユーザーやアプリケーションがある階層以上にしかアクセスできないように制限がなされている。 その制限を解除し最低階層にアクセスできるようにすることを、 root化(rooting)、 root権を取るという。 これにより、より高度な動作をするソフトウェアが実行可能になるが、ほとんどの場合販売元との規約に反するため、サポートを受けられないなどのデメリットが生じる。 でのに近い。 ただ、AndroidセキュリティチームのNick Kralevichによれば、Googleはroot化を認めている。 root化はユーザーの権利の一つであり、一方でユーザーの責任でそれに伴う不利益を受けることは仕方ないという見解を示している。 またroot化によってアプリケーションや各種コンテンツの開発者、キャリア会社の権利は侵害されないとしている。 ブートローダーのアンロック [ ] Androidのアップデートは、このブートローダーを経由してアップデートされるが、大半の端末ではブートローダーがロックされている。 ブートローダーがロックされていると、メーカーの電子署名が入ったアップデートしか受け付けないようになっている。 これに対して、ユーザーが自由にカスタムROMをインストール出来るように、一部の端末ではブートローダーをアンロックする方法がGoogleによって公開されている。 これらは改造行為となり保証外になるのが通常だが、中にはこの行為前提で初めからブートローダーがアンロックされた状態で出荷される端末もある。 fastbootモード [ ] fastbootモード(ファーストブートモード)とは、PC側のコマンド操作によってシステム領域の書き換えやパーティション操作を行うための機能である。 fastbootのコマンド機能は前述に加え、ブート、リブート、アプリのアンインストール、ファイルの転送、システムのバックアップ、ブートローダのアンロックなど様々なコマンドに対応する。 問題点 [ ] 脆弱性 [ ] 2019年の1年間で、2019年に報告されたOS別の脆弱性の数で最も多い、414件の脆弱性が発見された。 2019年11月、一部のAndroidに個人情報の流出につながる脆弱性が新たに146件見つかった。 2020年5月、ほぼすべてのAndroidデバイスを乗っ取ることが可能な脆弱性が存在することが発見された。 プライバシー [ ] 2011年04月、(Web版)が、Androidは個人情報(Android利用者の氏名や場所、付近のネットワークの信号強度や位置情報)を取得・蓄積し、Googleに送信していると報じた。 セキュリティ専門家が台湾製のAndroidスマートフォンを調べた際に、これらの情報を少なくとも1時間に数回、Googleに送信していたことが確認されたという。 この報道に対し、GoogleはAndroid搭載端末から位置情報を収集していることは認めたが、すべてあらかじめユーザーの同意を得た上で行っており、また収集したデータは匿名化された形でGoogleのサーバーに送られていることから、プライバシー上問題はないと主張している。 2011年05月、は、Android利用者の位置情報を無断収集した疑いで、米Google韓国法人のGoogle Koreaを家宅捜索し、位置情報の収集に関するデータを押収した。 警察関係者は「携帯電話向け広告を扱うGoogle子会社のアドモブが、利用者の同意なくスマートフォン向けアプリケーションを通じて個人の位置情報を収集した疑いがある。 押収物を分析し、個人情報の収集量や収集方法を把握する」と話している。 2018年10月、米メディアの金融情報番組内で、の取締役ロジャー・マクナミーは「Androidユーザーは、価格の安さと引き換えに、自分の個人情報の権利をすべて放棄していることに気づくべきだ」と発言している。 Google Play Storeの問題 [ ] 2019年12月、がGoogle Play Storeで配布されている、3000個以上のアプリで既知の脆弱性が修正されてないことを発見した。 2020年1月、がAndroidの脆弱性を利用した、不正なアプリがGoogle Play Storeに混入していることを発見した。 2020年2月、がで提供されているTOP100のアプリのうち、約半数に脆弱性があることを発見した。 独占禁止法違反 [ ] 2019年4月18日、独占禁止法に違反しているという欧州委員会(EC)の裁定を受け、欧州の「Android」ユーザーに対して検索アプリとブラウザーの選択肢を提示するという計画の概要を発表。 またECは3月、Googleに対して14億9000万ユーロ(約1900億円)の制裁金を科している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ] 出典 [ ]• Google 2019年9月3日. 2020年7月4日閲覧。 Android Open Source Project. 2008年10月22日閲覧。 MakeUseOf. 2020年6月15日閲覧。 Statista. 2020年1月22日閲覧。 Statista. 2019年10月25日閲覧。 47-69• Musil, Steven 2009年2月11日. CNET News. 2009年9月3日閲覧。 - マイナビニュース• [ ]• - Android Developers• 2020年7月17日閲覧。 BCN+R. BCN+R. 2020年7月17日閲覧。 2016年8月12日閲覧。 2016年8月12日閲覧。 2016年8月12日閲覧。 2016年8月12日閲覧。 2016年8月12日閲覧。 2020年5月7日閲覧。 ICS is coming to AOSP - Android Building - Google グループ]• CNET JAPAN. 2012年9月29日閲覧。 - ケータイWatch• 2012年9月29日閲覧。 道本健二 『組み込み向けAndroidは2010年2月に公開 OESFがロードマップを発表』 日経エレクトロニクス 2009年9月21日号 p. ライブドアニュース. 2020年7月17日閲覧。 CNJ. WIRED. 2020年7月17日閲覧。 マイナビニュース 2020年5月29日. 2020年7月17日閲覧。 iPhone Mania. 2020年7月20日閲覧。 blog. trendmicro. 2020年7月17日閲覧。 ITmedia エンタープライズ. 2020年7月17日閲覧。 iPhone Mania. 2020年7月17日閲覧。 2019年4月19日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 関連製品• - Android端末と車両を接続して使用する• - スマートウォッチ用のOS• - や用のOS• 派生OS• 競合OS• 開発環境• 外部リンク [ ]• (英語)• (英語).

次の

黒い砂漠モバイル(スマホ)攻略まとめWiki

スマホ wiki

当wikiは著作権法第32条に基づき画像を引用しております。 著作権は権利者様側へ帰属しておりますので画像の転載・流用はご遠慮下さい。 また、権利者様側からの画像等の削除の依頼や警告は速やかに対処いたします。 そんな対魔忍たちの集う五車学園。 由緒正しき対魔忍の家・ふうま宗家に生まれながら、忍法を使えない主人公は、ここで無為な学生生活を送っていた。 しかしある日、五車学園が襲撃される事件が起こり、彼の運命は大きく動き出す。 アサギから独立遊撃隊の指揮を任された彼は、新たな仲間たちとともに、事件の真相に挑む! 対魔忍RPG攻略 Wikiについて 当wikiは、DMM GAMESが運営する「対魔忍RPG」の攻略情報をまとめたWikiです。 ユーザの皆様のご協力により情報更新・編集を行っております。 どなたでも自由にページの作成、編集を行っていただいて構いません。 wikiの情報が誤っている場合は、情報の修正をしていただくか、もしくは該当ページのコメントフォームにてご指摘いただけますと管理人が修正いたします。 項目荒らし、ページ削除などの荒らし行為は、編集規制をさせていただきますのでご了承ください。 当wikiはリンクフリーです。

次の

スマートフォン

スマホ wiki

ー ー 更新情報• ランキング関連 最強ランキング• 属性別クエスト最強ランキング• 属性別バトル向け最強ランキング• イベント関連 最新イベント情報• ガチャイベント情報• キャラクター評価一覧 最新キャラクター情報• 属性別キャラ一覧• タイプ別キャラ一覧• レア度別キャラ一覧• その他の一覧• クエスト攻略情報• 初心者向けお役立ち情報•

次の