厚生 年金 国民 年金 重複。 国民年金と厚生年金の保険料を重複して納付した場合の扱いと手続き

国民年金を前納した後に厚生年金に切り替える時の注意点

厚生 年金 国民 年金 重複

>その月は、月初めに派遣で働き始め、月の途中で退職しました。 月末の状態は国民年金の状態ですので、厚生年金は引かれなくてもよいのではないでしょうか? ・この場合は、同月得喪(同じ月に資格取得、喪失をした場合)により保険料は発生します (退職後、同月に再就職して厚生年金に再度加入した場合は、再加入の方のみ徴収されます この場合、前会社から徴収された分の返還は可能です:厚生年金保険法第19条第2項) ・健康保険に関しても同様です (こちらの場合は再就職後の保険料も徴収されるので二重払いになります) ・尚、徴収された厚生年金分は老齢厚生年金分に充当されます、国民年金分は老齢基礎年金分に充当されます >このままの状態で問題ありませんか? ・問題有りません・・適正な処理ですから FP2級の資格しかありませんので、本の内容を引用します。 >被保険者期間の計算 2 資格取得日が月の初日であっても末日であってもその月は1カ月とし、資格喪失日が月の初日であっても末日であってもその月は計算しない。 3 資格を取得した月に資格を喪失した場合はその月は1カ月として計算する。 その後、さらに資格を取得した時は、後の取得した期間のみを1カ月として計算する。 >種別の変更 1 被保険者の種別に変更があった時は変更後の種別の被保険者であった月とみなす。 2 同一の月に2回以上の種別の変更があった月は最後の種別の被保険者であった月とみなす。 上記は、「年金相談の実務」鈴江一恵著と言う本からの抜粋です。 会社の事務処理から言いますと、 社員が採用された場合、「健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届」を5日以内に作成し、年金事務所[昔は、社会保険事務所]に提出が義務付けられております。 ところが、雇用保険は当月分を給与から差し引くのですが、健康保険・厚生年金保険料は、前月分を給与から差し引く形なので、あなたの記憶通りだとしたらに採用された月の給与から当月分を差し引いたとなります。 それでしたら、会社の事務処理ミスですね。 でも、年金加入と言うことで考えれば、厚生年金の加入月が1月でも多くなることの方がラッキーです。 国民年金の国庫負担分は平成21年4月分より2分の1となりましたので、それ以降の月の全額免除期間は2分の1が年金額として支給されます。 分かりやすく言うと、全額免除の期間が平成21年4月以降なら、年間約2万円支給される年金の半分が年金保険料を支払っていなくても=全額免除されている訳ですから、つまり、1万円が支給されるんです。 ところで、本当に<免除>ですか?それとも<猶予>ですか? あなたの場合だと種別変更が月に2度あったと言うことですね。 ただ、お金が戻ってくると言う問題ではありません。 A ベストアンサー お礼をつけてくださり、ありがとうございます。 急いで打っていたので誤変換等が多々あり、読み辛くはありませんでしたか? 世間では条文を都合のいいように解釈し「2か月経ないとと加入できない」「試用期間中の者は何か月経っても加入できない」「週30時間又は月120時間労働 という労働契約 でなければ加入できない」と信じ込んでいる経営者[某大手小売店は公式の場で発言]や事務責任者がまたまだ存在します。 一方で、『やる気はあるが人手が足りない』事業所だと「社会保険労務士」又は「労働事務組合 労働組合ではありません 」に手続きを委託しており、加入手続き終了の連絡に2週間から1か月を要することがありますね。 A ベストアンサー 平成27年10月分以降の厚生年金保険料は、同月得喪のときは、当月分を徴収しません。 一方、健康保険料・介護保険料については、同月得喪のときでも、当月分を徴収します。 そのため、ある月のお給料で実際に天引きされたのは何月分なのか、ということをしっかり把握して下さい。 また、全額免除になっていたのは「国保(国民健康保険)」ではなくて「国民年金」の保険料でしょう? 国保、と書くとぜんぜん別のものになってしまいますから、くれぐれも注意する必要があると思います。 平成27年9月分まででしたら、同月得喪であっても、当月分は厚生年金保険料が必要です。 ということは、その当月は、国民年金保険料の全額免除の対象でもなくなっています。 その場合には、厚生年金保険に入ることが必須になっているわけですから、当然、還付は受けられません。 逆に、平成27年10月分以降では、同月得喪のときは、当月分は厚生年金保険の対象ではありません。 言い替えると、国民年金に入って、国民年金保険料を納めないといけません。 ということは、ダブって厚生年金保険料が天引きされてしまったのなら、当然、それは還付されます。 ということで、いつの分の同月得喪なのでしょう? もう少しわかりやすく、そのへんをしっかり書いたほうがちゃんとした答えが付くと思います。 平成27年10月分以降の厚生年金保険料は、同月得喪のときは、当月分を徴収しません。 一方、健康保険料・介護保険料については、同月得喪のときでも、当月分を徴収します。 そのため、ある月のお給料で実際に天引きされたのは何月分なのか、ということをしっかり把握して下さい。 また、全額免除になっていたの...

次の

厚生年金と国民年金、重複して払うとどうなりますか?

厚生 年金 国民 年金 重複

国民年金などの 公的年金は、20歳になると必ず加入しなければなりません。 保険料は納付書が送られてくるので、自分で支払うか自動引き落としで支払わなければなりませんが、年金を受け取る際は受給開始年齢になったら、自分で手続を行わなければ年金をもらうことができません。 国は「年金を受け取れる時期ですよ。 」と郵便物で教えてくれますが、請求書を返信して自分で受け取る意思表示をする必要があるのです。 このページでは、国が法律にもとづいて管理運営している 「公的年金」の種類を紹介しながら、年金の受け取り方や手続の方法を解説しています。 公的年金の種類 (引用:厚生労働省) 国が管理している 「公的年金」には、 「国民年金」と 「厚生年金保険」があります。 公的年金は3階建ての制度になっており「国民年金」が1階、「厚生年金保険」が2階にあたります。 3階部分は会社員の「企業年金」や公務員の「年金払い退職給付」になります。 国民年金(基礎年金) 国民年金は、20歳から60歳の人が必ず加入する社会保障制度です。 外国籍の人や、無収入の人も加入対象となり、これを 国民皆年金と呼びます。 2階建て住宅の1階の基礎となる部分の年金です。 20歳になると年金を納める義務が発生して、65歳になると年金を受け取ることが可能です。 国民年金から支給される年金を 「老齢基礎年金」と呼びます。 主に個人事業主などの自営業者、農林漁業者、弁護士や会計士などの士業、アルバイトやパートタイムの方などの、第1号被保険者が加入しています。 国民年金の受給要件 国民年金を受給するには、3つの条件をクリアする必要があります。 65歳になっていること 2017年8月1日までの受給資格は、最低25年間の加入が義務付けられていましたが、現在は10年の加入期間で受給資格を得ることができます。 保険料納付済期間、または保険料免除期間があること 国民年金の保険料を納めていた期間と、20歳から60歳までの間に厚生年金保険に加入していた期間も含まれます。 受給資格期間を満たしていること 保険料納付済期間、保険料免除期間および猶予期間の、合算対象期間すべての期間を合計して10年以上あることが必要です。 国民年金の受け取り方 老齢基礎年金は、受給資格を満たした上で65歳になると受け取ることができます。 しかし、早めにもらいたい方には 「繰上げ受給」、もう少し後からもらいたいという方は 「繰下げ受給」の制度を利用することができます。 年金の繰上げ受給 老齢基礎年金の受給資格を満たしている人は、60歳以上65歳未満の間で早く年金を受け取ることが可能です。 早くもらえるメリットがありますが、早ければ早いほど本当は受け取る予定だった年金額よりも減額された金額を、一生受け取るデメリットがあります。 繰上げ受給では65歳を基準として、受給を一ヶ月早めるたびに年金額が0. 5%ずつ減額され、最大60歳からの繰上げ受給を行うと、本来受け取る金額の70%を受け取る事になります。 仮に、65歳から満額の年間779,300円を受け取る予定だった年金を、60歳から繰上げ受給を行うと年間545,510円しか受け取ることができなくなるのです。 また、繰り上げ受給を受けると、65歳前に年金を受け取っているので、国民年金に加入していた夫が亡くなった際に妻の生活保障を支えるために支給される寡婦年金や、障害基礎年金などをもらうことができません。 受給開始年齢 老齢基礎年金の支給率 60歳 70% 61歳 76% 62歳 82% 63歳 88% 64歳 94% 繰り上げた場合のお金の計算 年金を繰り上げ受給した場合、1ヶ月早めるごとに0. 5%減額されて、5年早めて60歳からもらうと30%の減額になります。 早く年金を受け取ることが「得か損か」は、自分の寿命次第になります。 仮に寿命が67歳だった場合は、繰り上げて60歳からもらった方が総受給額が多くて得です。 しかし、人の寿命は予測ができません。 繰り上げ受給が得か損かを、受給総額で比較してみましょう。 繰り上げ受給した人が、基準どおりの65歳で受給した人に受給総額が追い越されるのは約16年8ヶ月後です。 これを踏まえると、60歳で受給した場合、65歳から受給した人には76歳8ヶ月の時点で受給総額を追い越される計算になります。 つまり、76歳8ヶ月以上に長生きする場合は、65歳から受給したほうが得になるのです。 受給開始年齢 老齢基礎年金の支給率 受給額が同じになる年齢 60歳 70% 76歳8ヶ月 61歳 76% 77歳8ヶ月 62歳 82% 78歳8ヶ月 63歳 88% 79歳8ヶ月 64歳 94% 80歳8ヶ月 年金の繰下げ受給 繰上げ受給とは逆に、65歳で年金の受け取りを開始しないで、66歳以降70歳までの間で遅らせて年金を受け取ることも可能です。 年金を受け取る年齢が70歳に近づけば近づくほど、本来受け取る予定だった年金額よりも増額された金額を、一生受け取ることができるメリットがあります。 繰下げ支給では65歳を基準として、受給を一ヶ月遅らせるたびに年金額が0. 7%ずつ増額されます。 最大70歳からの繰下げ受給を行うと、本来受け取る金額の142%を受け取る事ができます。 例えば、65歳から満額の年間779,300円を受け取る予定だった年金を、70歳から繰下げ受給をすると年間1,106,606円も受け取ることができるのです。 受給開始年齢 老齢基礎年金の支給率 66歳 108. 4% 67歳 116. 8% 68歳 125. 2% 69歳 133. 6% 70歳 142. 0% デメリットとしては、受取人がいつ亡くなるのかがあります。 受け取り開始後、すぐに亡くなってしまった場合は、繰下げ受給の意味がなくなってしまうのです。 繰り下げた場合のお金の計算 65歳以降、支給年齢を一ヶ月遅らせるごとに0. 7%の増額、5年遅らせて70歳から受給する場合は42%増額された年金を受け取ることができます。 70歳まで繰り下げ受給した人が、基準の65歳で受給した人よりも受給総額で上回るのは約11年10ヶ月後です。 つまり、81歳10ヵ月以上に長生きする場合は、70歳から受給したほうが得になるのです。 増額された年金は一生涯続きますので、長生きをすればするほど得になる計算となります。 年金の請求 受給要件を満たしていれば65歳からだれでも老齢年金を受け取ることができますが、年金を受け取るためには自分で請求の手続きをしなければなりません。 年金支給開始年齢の誕生日3ヶ月前になると、日本年金機構から 「年金裁定請求書」と 「案内文章」が郵送されます。 年金請求書には、基礎年金番号、氏名、生年月日、性別、住所、年金加入記録があらかじめ印字されています。 内容に間違いがないかを必ず確認しましょう。 年金の加入記録に漏れている期間がないかは、とくにチェックが必要です。 年金を請求する際には、年金請求書の他に戸籍抄本や住民票などの添付書類が必要となります。 家族構成や年金の加入状況によって、添付書類が変わるので注意しましょう。 添付書類がわからない場合は、年金事務所に問い合わせて確認できます。 請求書を提出後、1~2ヶ月後に 「年金証書」と 「年金決定通知書」が送付されます。 さらに、1~2ヶ月後に 「年金振込通知」の案内が届いて、年金の支給が開始となります。 金融機関に相談して手続きできる 裁定請求の手続きは記入するだけでは手間がかかりませんが、加入履歴などの記載で悩むケースが多くあります。 難しく感じた場合は、社労士に問い合わせるか、最寄りの金融機関の窓口で相談するとよいでしょう。 金融機関によっては、年金の受け取り口座に指定することで、裁定請求の手続きを無料で代行してくれる場合もあります。 年金の受取口座は書類1枚だけでいつでも変更できるので、まずは近隣の金融機関を利用する方法も一つの方法です。 請求を忘れて5年が経過すると時効になり、もらえるはずの年金が受け取れなくなりますので注意しましょう。 年金の振込先 各年金は金融機関で受け取ることができます。 主な対象金融機関は下記になります。 銀行、ゆうちょ銀行(郵便局)、ネット銀行、信用金庫、農協、信用組合、労働金庫 年金の支払い月は、2月、4月、6月、8月、10月、12月の年6回偶数月となっています。 各支給額は前2ヶ月分、年金額を6等分した計算で金融機関に自動で振込されます。 金融機関への振込みは、該当月の15日です。 15日が土曜日、日曜日、祝日の場合には、その前の営業日が支払日になります。 老齢基礎年金と老齢厚生年金を、別々の金融機関に振り込むことはできませんので注意しましょう。 厚生年金保険 厚生年金は3階建て住宅の2階にあたる部分の年金で、加入者は1階部分にあたる国民年金も同時に加入しています。 厚生年金保険は、適用事業所となっている企業で働いている、70歳未満の人が加入対象となる年金制度です。 主に、民間企業に努めている会社員、公務員、教職員などの第2号被保険者が対象となっています。 会社に務める正社員以外でも、条件次第ではパートタイマーも加入する事ができます。 老齢厚生年金の受給要件 老齢厚生年金を受給するには、3つの条件をクリアする必要があります。 1ヶ月以上の被保険者期間がある 厚生年金の加入期間が1ヶ月以上あることが必要です 2. 老齢基礎年金を受けるために必要な資格期間を満たしている 年金の一階部分である、老齢基礎年金の資格期間を満たしている必要があります 3. 65歳以上である 受給開始年齢である65歳になっていること 年金の受け取り方 老齢厚生年金は、老齢基礎年金と同様に 原則65歳から受け取る事ができます。 「繰上げ受給」 老齢厚生年金も繰上げ受給を請求することができますが、生年月日によって対象者が限定されていますので注意しましょう。 繰り上げることによる減額率も、老齢基礎年金と同様です。 「繰下げ受給」 老齢厚生年金も繰下げ受給を請求することができますが、平成19年4月1日(施行日)以前に老齢厚生年金の受給権がある人は繰り下げ受給ができません。 繰り下げることによる増額率も、老齢基礎年金と同様です。 特別支給の老齢厚生年金 老齢厚生年金は1985年の法改正までは、男性が60歳、女性が55歳から、定額部分と報酬比例分を合わせて支給されていました。 法改正後は65歳からの支給に変更されましたが、60歳で定年退職してしまう方が年金を受け取ることができなくなってしまいます。 その対応策として、しばらくの間、60歳から特別に厚生年金を支給する制度ができ、徐々に支給年齢を引き上げることになっているのです。 これを 「特別支給の老齢厚生年金」といいます。 受給要件は下記の3つです ・老齢基礎年金のみを繰り上げ、繰り下げ。 ・老齢厚生年金のみを繰り上げ、繰り下げ。 ・老齢基礎年金と老齢厚生年金を同時に繰り上げ、繰り下げ。 特別支給の老齢厚生年金の請求 現在、特別支給の老齢厚生年金の支給が行われながら、支給階支援例の引き上げも行われています。 特別支給の年金には、繰り上げ、繰り下げの支給がありませんので、受給開始年齢になった場合にはすぐに手続きをして受け取りましょう。 国民年金・厚生年金の受け取り方 まとめ 国民年金、厚生年金の両方共、基本的な受給開始年齢は65歳となっています。 65歳から通常通りに受給もできますし、繰り上げ受給・繰り下げ受給といった制度も利用することができます。 定年の年齢が徐々に引き上げられており、働いて収入を得られる機会も増えているのが現状です。 生活にいくらのお金が必要なのかをしっかりと把握して、年金の受け取りを調整することで、お得な受け取り方が可能になります。 日本政府は「70歳で支給開始」、さらには「75歳から支給開始」議論まで行われていますので、若者世代が何歳から受給できるかは変わることがあることが予想されます。 年金関連のニュースは定期的にチェックしておきましょう。 以上、「国民年金・厚生年金の受け取り方 繰り上げ・繰り下げで得する受給方法」でした。 下記のページでは、年金を受け取る際にお得になるサービスを提供している金融機関の選び方を紹介しています。

次の

厚生年金と国民年金、重複して払った場合はどうする? 還付金請求、確定申告……

厚生 年金 国民 年金 重複

受給資格期間を満たさず、年金が受け取れない恐れも 厳しい財務状況が続いて将来が不安視されている年金制度、また大きな問題が発覚しました。 国民年金や厚生年金の加入者全員には、加入や支払い状況を把握するため、基礎年金番号が与えられています。 本来は加入者1人につき1つ与えられるはずのこの番号ですが、一部の加入者や受給者に2つ以上の複数番号が発行されているという事実が見つかったのです。 2012年4月頭現在、複数の番号が発行されていると判明したのは受給者7万人、加入者13万人の計20万人。 これは全体の約0. 2%にあたるといわれています。 覚えている方も多いと思いますが、2007年には「消えた年金」問題が浮上しました。 これは年金記録などがデータから消えていた問題であり、今回の基礎年金番号重複問題とは別です。 ただし、当時も重複していた番号が2万件見つかっており、それが「消えた年金」問題の原因の1つであったと推測されています。 なぜ重複してしまったのか? なぜこのような重複番号の発行が起こってしまったのでしょうか? 1つの例として、若い時点で加入した場合が挙げられます。 ある人が20歳になる前に就職し、その時点で厚生年金に加入。 そして20歳になった時点で、厚生年金に加入している事実を本人や年金事務所が確認せず、そのまま国民年金にも加入。 このように厚生年金と国民年金に重複して加入し、基礎年金番号もそれぞれふられるという事態が起こったわけです。 それ以外にも、国民年金、厚生年金、共済年金という複数の制度に(就職などの都合で)それぞれ加入してしまった場合、番号の重複が起こっていると考えられます。 平成9年(1997年)、現在の基礎年金番号に移行した段階で起こったミスも多いといわれています。 平成8年以前は、国民年金、厚生年金、共済年金など、それぞれの制度に対して個別の年金番号が発行されていました。 その混乱を防ぐため、平成9年からは統一された現在の基礎年金番号制度が導入されています。 しかし、平成9年の移行段階でスムーズに移行できず、結果として2つ以上の基礎年金番号が発行されてしまった人が多いとも考えられています。

次の