ホテル 三日月 コロナ。 武漢からの帰国者が滞在するのはホテル三日月!選定理由は?【新型肺炎】

陽性者の部屋を防護服で消毒 ホテル三日月、畳も交換 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

ホテル 三日月 コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎で封鎖された中国湖北省武漢市から帰国した邦人191人が宿泊する、千葉県勝浦市の「勝浦ホテル三日月」を励ます声が相次いでいる。 昨年10月に台風19号が同県を直撃した際にも、同ホテルを含むグループの3ホテルが、停電、断水の被害に遭った人々に大浴場を無料開放しており、社会貢献への姿勢が評価されている。 厚労省は30日、29日に帰国した206人のうち、3人が検査で陽性になったと発表した。 「無料入浴や炊き出しをしてくれた」と台風19号の際の対応に感謝するツイートもあった。 ホテル関係者によると、28日午後に、政府から要請を受けた小高芳宗社長から、帰国した邦人を受け入れる方針が伝えられた。 他にも宿泊予約は入っていたが、予約客には政府の要請で危機状況の対応施設になった旨だけ伝え、車で約20分離れた隣の鴨川市の、鴨川スパホテル三日月への振り替え宿泊を依頼した。 191人を受け入れたものの部屋は177室しかなく一部、相部屋になっているが、邦人は風呂とトイレは部屋に備え付けのものを使用し室外には出ていない。 食事や飲み物は、ホテル側が弁当と3種類の飲み物、果物を朝、昼、夜と1日3回、各部屋の前に置く配給制を取っており、邦人とホテル職員の接触はない。 医療体制も、地域で可能な限りの体制が敷かれている。 車で40分ほど離れた鴨川市の亀田総合病院の看護師がホテルに常駐。 同院は感染症科があり、医師は何か問題があれば駆け付けることになっている。 「千葉の誇り」など、称賛される一方で「観光地だから心配」など、風評被害を含めた地元住民から不安そうな声もあるが、同ホテルが受け入れた背景には、小高社長の祖父で17年に亡くなった創業者の芳男会長が掲げた経営理念の1つ「地域貢献」がある。 祖父の遺志を継ぐ小高社長は「皆さんが大変な時に助けてあげなければ意味がない。 何のためのホテルだ」と職員を鼓舞したという。 ホテル関係者は「(称賛の声は)すごくありがたいお言葉です」と感謝した。 当初は10室からのスタートだった。 同年、鴨川市に「鴨川スパホテル三日月」を開業。 木更津市の「龍宮城スパホテル三日月 龍宮亭」は、舛添要一前東京都知事が会議と称して家族で宿泊したことで話題に。 栃木県内でホテル1軒、ゴルフ場とレジャー施設も運営し、ベトナム・ダナンに120億円を投じた複合リゾート計画を進行中。 千葉県内で5カ所のメガソーラー発電所も運営。 「ゆったり たっぷり の~んびり」で始まるCMソングも人気。

次の

勝浦ホテル三日月が声明「同じ日本人として、帰国者のため決断」 武漢チャーター機の191人受け入れ: J

ホテル 三日月 コロナ

ホテル三日月 男気の詳細 詳しい記事はこちら 中国で感染が拡大し、世界へと広がりつつある新型コロナウイルスによる肺炎。 政府は武漢市を中心とした湖北省に滞在する日本人について、希望者全員をチャーター機で帰国させることを決め、きょうまでに3便が飛んだ。 チャーター機の第1便は、大急ぎで行われた調整の末に、1月28日午後8時すぎ羽田空港を飛び立ち武漢に向かった。 しかし実はこの時点では、武漢から帰国し発熱などの症状のなかった人たちがどこに向かうか、その滞在先は決まっていなかったのだ。 政府は、チャーター機派遣を決めた直後は、帰国後の検査で症状のない人は帰宅させる方針だった。 しかし自民党などから感染拡大防止に万全を期すため、症状のない人も当面は特定の場所で待機してもらうべきだとの声が強まったのを受け、急遽、滞在場所を確保する必要に迫られたのだ。 首相官邸や観光庁などを中心に滞在場所の選定が進められる中、いくつかの民間のホテルが候補にあがった。 しかし政府関係者の「従業員が難色を示しているんだよね」という声が物語るように、交渉はなかなか前に進まなかった。 観光庁が藁にもすがる思いで頼ったのがホテル三日月のワケ そしてチャーター機の離陸予定時刻のわずか数時間前。 観光庁の担当者が藁にもすがる思いで頼ったのが千葉県勝浦市にある「勝浦ホテル三日月」だった。 実は「ホテル三日月グループ」を30代で率いる若き社長・小高芳宗氏は、自民党幹部の海外視察の際に経済界の一員として参加したこともあり、政府や自民党と接点があった。 そして、観光庁の担当者もこの海外視察に同行していたため、小高社長と知己があり、アプローチを試みたのだ。 政府関係者によると、「勝浦ホテル三日月」は、宿泊予定者を千葉県内の2つのグループのホテルへ移すことも可能なことなど条件が最良だった上、去年の台風15号で被災した地元住民に大浴場を無料開放した例もあったため、「政府は彼の男気にかけた面もあった」のだという。 「想定と違う中での苦渋の選択だった」…なぜ相部屋になってしまったのか? 政府からの依頼をうけたホテル三日月は、千葉県庁や勝浦市に、受け入れについての確認を求めた。 勝浦市側は、土屋市長が「(滞在先が)決まっていないのは予想していなかった」(31日の記者会見)と明かしているように、突然の要請に対し時間の制約がある中での受け入れ決断となった。 受け入れ当日となる29日、ホテル三日月は従業員への説明を行うことにした。 しかしまだ政府からの受け入れに関する要請書が手元になかった。 政府も多忙をきわめる混乱の中だったのだろう。 そのことを官邸関係者に確認すると、「会議で(滞在先が)三日月であることは総理が了承している。 従業員には総理からの要請ですと伝えてほしい」と口頭で回答があったという。 一方で、受け入れる帰国者の人数については、想定外の事態が起きた。 当初の予定は100人前後だった。 ホテル側は、収容人数の関係上、最大でも177部屋しかないことは伝えてあったという。 実際にホテルに到着したのはバス7台で191人、当初の予定のおよそ2倍にのぼった。 それを受けてホテルへ向かうバスの中では、従業員や政府関係者が帰国者に対し、約3時間をかけて相部屋への協力をお願いした。 そして日が暮れた夜、バスはホテルに到着し、帰国者たちはホテルへと入っていった。 関係者は、「ホテルもそもそもの想定と違う中で苦渋の選択になった」と明かす。 帰国者を受け入れたホテル三日月は公式サイトで声明を発表し、「政府、千葉県、勝浦市及び関係諸機関との緊密な連携を取りながら感染予防対策等を行っている」とした上で、最後にこう結んだ 「様々な困難があることも予想されましたが、当社は、同じ日本人として、帰国者のために、政府の要請に応えることを決断しました。 当社は、本件の受け入れのみならず、これからも地域、日本の繁栄のために邁進していく所存です」 一方で、滞在が長期化する中、ホテル側が通常時とは違う異例の対応に、疲弊してきているとも伝えられる。 ホテルの今後の営業に影響が出る可能性も否定できない。 こうした状況に、安倍首相は関係者を通じて「なんでも要望を聞きます」とホテルを支援する考えを伝え、関係者はホテル側に「もう少しこらえてくれ」と切に頼み込んだという。 ホテル関係者に対し心ない言葉が…求められる冷静かつ適切な対応 一方で、衝撃的な話を聞いた。 ホテル三日月の受け入れ以後、他の民間施設で受け入れを表明した施設はまだない。 従業員の安全などを考えればそれも一つの判断と言える。 地域住民が不安を覚えるのもわかる。 それでもホテル関係者に心無い言葉を向けることなど絶対にあってはいけないだろう。 そして国や自治体は、今回のホテル三日月の英断と、関係者や従業員の奮闘、不安をこらえている地域住民に対して、きめ細やかな支援を行うことが求められているのではないか。 yahoo. この事を一日本人としてどれほど感動したでありましょうか ? 更に、そのような状況下においても 「この状況により、 キャンセルをされたお客様には、 深くお詫び申し上げます」と ホテルマンとしての心意気も伝わり、尚一層感動させて頂きました。 世知辛いニュースが飛び交う昨今、 まだまだ日本は捨てたものでは無いと心を強く持てましたし、 感謝の気持ちが未だにふつふつと沸いて来る次第です。 ホテル三日月さんが英断してくれたおかげで、隔離対応することが出来たのですよね。 隔離終了後は、 1 建物全体の消毒対応(費用は政府持ち、風評被害があることが予想される)、 2 今後政府関係でこの地域に宿泊する際には積極的に利用する、 3 今回隔離対応したことによる実際の宿泊費用、及び今後半年程度の宿泊費の何割かを負担 一般客が戻るのには時間が掛かると予想 、 4 今回ホテル三日月の英断に対しての表彰の実施 イメージ回復のため 最低でもこの4つの対応は必要でしょうね。

次の

新型コロナウイルス

ホテル 三日月 コロナ

武漢帰国者の滞在ホテルは千葉勝浦のどこ? 勝浦のホテル三日月が政府から緊急対策要請をうけたので、予約を変更させてほしいと連絡が。 武漢からの帰国者を隔離しておくんだね。 だから勝浦なんだね。 三日月さんも亀田病院のみなさんもガンバレ!荏原病院のコメントも「万全期し対応」「ご安心ください」って、頼もしい…さすが日本の医療。 — コマ komakomappp ホテル三日月勝浦がコロナウイルスの問題で武漢帰りの患者用隔離施設になったらしく、予約入れてた客をキャンセルさせてる模様。 なお軽く戒厳令は敷かれてる様で従業員は口をつぐむ。 わすの愛する勝浦がラグーンシティみたいな事にならないか不安だな。 そのホテルはどこなのか?と気になりましたが、勝浦の「ホテル三日月」でほぼ間違いないようです。 千葉県は29日、中国・武漢市から帰国した邦人が経過観察で勝浦市内のホテルに滞在する間、亀田総合病院(鴨川市)や県の保健所が全面的にバックアップすると発表した。 日経新聞より 武漢からの帰国者で、自宅待機では家族への感染や近所に迷惑だとして、ホテル待機を希望した方々は、千葉県勝浦市のホテル三日月が受け入れ。 経営上のリスク、風評被害、その間の他の観光客の受け入れ(多分休業状態か?) 従業員の新型肺炎の感染リスクなど苦悩もあったでしょう。 賛否両論もあるかもしれませんが、見守っていきたいです! — Murphy74@豆乳派 Murphy74Chiba ホテル三日月は、千葉を台風が襲い断水が続いた時には、入浴支援をするなど、災害時の対応で定評があり、今回もさすが!と賞賛の声が上がっていますね。 賛否両論あると思いますが、ホテル三日月の受け入れ申し出は大英断と言っていいのではないでしょうか。 その一方で、第1便帰国者の2名が検査拒否をしたのはとても残念です。 一番に返してもらったのにね・・.

次の