まんびきかそぐ。 万引き家族 : 作品情報

【万引き家族】最後のシーンで意見が食い違い嫁と大喧嘩した話し。

まんびきかそぐ

解説 「三度目の殺人」「海街diary」の是枝裕和監督が、家族ぐるみで軽犯罪を重ねる一家の姿を通して、人と人とのつながりを描いたヒューマンドラマ。 2018年・第71回カンヌ国際映画祭で、日本映画としては1997年の「うなぎ」以来21年ぶりとなる最高賞のパルムドールを受賞したほか、第91回アカデミー賞では日本映画では10年ぶりとなる外国語映画賞ノミネートを果たすなど、海外でも高い評価を獲得。 第42回日本アカデミー賞では最優秀作品賞を含む8部門で最優秀賞を受賞した。 東京の下町。 高層マンションの谷間に取り残されたように建つ古い平屋に、家主である初枝の年金を目当てに、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀が暮らしていた。 彼らは初枝の年金では足りない生活費を万引きで稼ぐという、社会の底辺にいるような一家だったが、いつも笑いが絶えない日々を送っている。 そんなある冬の日、近所の団地の廊下で震えていた幼い女の子を見かねた治が家に連れ帰り、信代が娘として育てることに。 そして、ある事件をきっかけに仲の良かった家族はバラバラになっていき、それぞれが抱える秘密や願いが明らかになっていく。 息子とともに万引きを繰り返す父親・治にリリー・フランキー、初枝役に樹木希林と是枝組常連のキャストに加え、信江役の安藤サクラ、信江の妹・亜紀役の松岡茉優らが是枝作品に初参加した。 2018年製作/120分/PG12/日本 配給:ギャガ スタッフ・キャスト ケン・ローチ監督と同様、是枝裕和監督は貧困の問題をたびたび扱ってきた。 共通するのは、低所得ないし無所得の庶民の視点から制度の不備や社会の非情を明らかにしつつ、家族やコミュニティの非力だが確かな思いやりと絆に希望をつなぐ点だ。 この「万引き家族」に、元々内包されていたが今のコロナの時代に観るとより鮮明になる要素があるとすれば、彼らを貧困状態に追い込む制度も社会も問題だらけだが、そうした状況を温存させているのは民主主義社会を構成する有権者の私たち一人一人という不都合な真実だ。 万引き家族たちは可哀想だが健気に助け合って感動!ではなく、こんな社会を保つのも変えるのも自分なのだ、という視点を持ちたい。 家族とは何か、という問いはあまりにも多くなされているものだが、是枝監督の描く家族は常にその存在に揺らぎがある。 家族であるかどうかギリギリの線を常についてくるというか。 それによって家族とは何かという輪郭を浮かび上がらせる。 家族であることが自明ではない共同体が、家族としてもし機能するなら、それにはどんなことが必要なのか。 『誰も知らない』の母親は子ども達を見捨てたが、なおも彼らは家族であるのか。 『そして父になる』は育てた子どもが実は血のつながらない他人だった、それは家族であるのか。 あるいは『ディスタンス』で浅野忠信が演じた元新興宗教団体の信者は、教祖はお父さんみたいな人だったと言う。 家族と単なる共同体の違いはなんだろうか。 経済的困窮という理由で一緒に暮らす本作の家族は、ふとしたきっかけでバラバラにされてしまう。 彼らは家族だったのか、ただの共同体だったのか。 問いに答えはなく、監督は見つめるのに。 安易に答えを出せないことが監督の誠実さの現れだ。 多くの人が口をそろえて言う通り、安藤サクラはすげえなあ。 ほかのキャストもツワモノ揃いでみごとだと思う。 ただ、どこかに作品が、セリフのひとつひとつが、演者に頼りすぎているような違和感も覚えた。 世の中から見向きもされない人たちに光を当てている意図はわかるのだが、さすがに名演技に、映画的なロケーションと撮影に、役者そのものの魅力に負い過ぎてはいないだろうか。 例えば風俗に通い詰める聾唖の男性が池松壮亮だと分かったあのシーンで、自分は引いてしまった。 あそこにナイーブ風な男前が現れてしまった時点で、見栄えのいいファンタジーになってしまっていないか。 それが映画だもの、と言われてしまえばそれまでだが、社会的に阻害されている者を描くには作品自体がカッコよすぎないか。 好みの問題でしかないかも知れないが、どこかしっくりしないものを抱えて劇場を出ました。

次の

見逃してはならない誇り高い内部告発|Real Sound|リアルサウンド 映画部

まんびきかそぐ

映画「万引き家族」に登場する柴田亜紀とは? 出典元:予告動画 演:松岡茉優 柴田亜紀を演じるのは、今や大人気女優の松岡茉優さんです! 「あまちゃん」や「真田丸」などの大ヒットドラマに出演されているので、ご存知のかたも多いのではないでしょうか? そんな彼女が「万引き家族」で演じたのは、実際の家族から必要とされず、初江に引き取られる形で柴田家で暮らすことになった亜紀です。 家族全員が何かしらあまりよろしくないことに手を染めている亜紀ですが、彼女はまだ比較的マシかも知れません。 マシっていう表現が正しいかはわかりませんが、職種はともかくとして普通に働いていますからね。 ですが、 お店では残念ながらあまり人気はないようです。 というよりは、若干わざと人気が出ないようにしているみたいですね。 それについてなぜなのか、次で少しご紹介します。 スポンサーリンク 亜紀の源氏名は「さやか」 亜紀のお店での名前は 「さやか」という名前となっています。 至って普通の名前で、源氏名って言うともっとかっこいいというか、きらびやかな名前をつけることが多いですよね? ある程度選び放題の中で彼女があえて「さやか」を選んだのはなぜなのかというと、ちょっとした復讐みたいな感じなんですよね。 さやかというのは亜紀の実の妹の名前で、さやかの方は家族からの期待をたくさん受けていて、亜紀の方はいらない子扱いでした。 そんなさやかの名前を使い、さやかの名前で人気が出ないことで、亜紀の心の闇を少し晴らしていたのでしょう。 少し複雑ですが、さやかの名前で人気がないことで少し憂さ晴らししていたのだと思われます。 ただ、これについては明言はされてないのであくまで想像の範疇ですが・・・。 com 亜紀はお店では決して人気はありませんが、それでも少ない常連客はいます。 その中の一人が「4番さん」と呼ばれる人ですね〜! 4番さんは発話障害で会話をすることができず、亜紀とは基本筆談となっていて、最初はあくまでお客さんの一人でした。 しかし、何度も来てくれるうちに、4番さんにも心の傷があると知っていき、徐々に打ち解けていきます。 2人はかなりいい関係だったのは間違いないですが、 亜紀が本当の家に帰ることになって以降は描かれておらず、残念ながらどうなったかは不明ですね。 亜紀は警察に事情聴取を受けていましたので、そのままこの仕事を続けるのは難しいんじゃないかなと個人的には感じています。 (事情聴取の間もバイトはできないんじゃないかなと。 ) なので、亜紀と4番さんは亜紀が事情聴取される直前まで普通にスタッフとお客さんという関係で、それ以降は残念ながら接点がなくなってしまい、 お互いに会うことができなくなってしまったと予想しています〜。 個人的には、亜紀と4番さんはいい感じだったので、再会できてると良いなとは思いますが・・・。 まぁLINEなどの連絡先を交換していたら、バイト先を通さないで2人で会うことはできるかもしれませんね。 祥太とりんに関しては事情聴取後の生活が少し描かれていましたが、亜紀に関しては何もありませんでしたので、ちょっと今後が心配ですよね。 4番さんが彼氏までいかなくても、友人として語り合える存在として亜紀のそばにいればと、しみじみ感じています。

次の

万引き家族》意味や伏線・家族構成の解説!結末のネタバレや感想まで

まんびきかそぐ

CONTENTS• 「見る」ことを突き詰めた編集 C 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. 本作『万引き家族』で 大切なキーワードは、見るという行為です。 それが理由となるのは、映画上映後に鑑賞した観客の顔が一同に、 映画のラスト結末で描かれた意味を読み取ることができなかったという、不安げな顔を見せていました。 それは、 これまでの是枝作品が、非常に分かり易い傾向にあったからです。 そのことを 『万引き家族』では、一切潔く排除しました。 それが伺えるのが 監督自ら行った潔い編集作業に見て取れます。 これまでとは違うテンポとリズムで切られた編集段階での演出は、編集のみを専門で行うプロの編集マンでも、日本人に出来るスタッフはいないのではないかというと些か言い過ぎでしょうか。 唯一、すぐに思い浮かべるとすれば、すでに2008年にお亡くなりになった、映画 『復讐するは我にあり』などの編集を担当した浦岡敬一に匹敵するといっても良い、面白い編集を是枝監督は見せていました。 そのことにより、近作を例に挙げれば、『海街diary』にあった映画の緩さの排除、『そして父になる』の浪花節調な泣かせは封印。 Discover the 8 personalities who will award the Prize list under the presidency of Cate Blanchett on Saturday, May 19 during the Closing Ceremony. 2018年のカンヌ国際映画祭で、 女優のケイト・ブランシェット審査委員長が務めた際に惜しみない賞賛を述べていましたが、パルムドール(最高賞)に値する快心作です。 さて、そんな海外向けな編集のほかにも、削ぎ落としたものがあります、それは作品タイトルです。 当初、題名は『声に出して呼んで』でしたが、是枝節好きとしては共感を抱きますが、こちらは少し感傷的過ぎます。 本作が 犯罪映画であり、例えるなら「日本版の『オーシャンズ11』だ」ということも察しがつきます。 海外向けに配慮したタイトルの改題(編集)だといってよいでしょう。 しかし、タイトルのストレートさに比べ、作品内容は日本の観客から見れば、一般的にやや難解に思われた方も多かったことでしょう。 次に『万引き家族』に描かれていた「見る」という行為をヒントに、映画を少しづつ紐解いていきましょう。 「見る」という行為は、なぜ大切なのか? C 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. 万引きという行為は、「人の目を盗んで行う」ことだからです。 「人の目を盗む」非常に面白い言葉ですね。 goo辞書ではこのように記載されていました。 「人に見つからないように、こっそりする」 また、Weblio辞書類語辞典で「人の目を盗んで」を調べると、意義要素をこうあります。 「他人に見られないように密かに行うさま」 そして、類語はこのように並べられています。 「人目を盗んで、人目を避けて、人目を忍んで、こっそりと、秘密裏に、隠れて、人の目を盗んで、衆目を避けて、誰も見ていないところで、誰も見ていないうちに、陰で、目をかすめて、隙を突いて、裏で、裏側で、人目に付かない様に、ばれないように、目を盗んで、ひっそりと、おしのびで、人目をはばかって、こそこそと、こそっと、人に気づかれないように」 このひとつ1つについて、 個々の言葉から映画『万引き家族』を振り返ってみると、 柴田一家それぞれのキャラクターの様子やエピソードを鮮明に思い出すでしょう。 もちろん、そのほかにも登場した、独居老人を見回る民生員、万引きを黙認する駄菓子屋の粋な川戸のオッサン、4番さんというキャラクターまで、「人目を盗み」行う、「見る」というものと関連づけられるはずです。 学校で勉強する奴は馬鹿だ! 擬似家族である一員の柴田祥太は、千葉県松戸で 「人さらい」にあった子どもです。 現在、荒川区か足立区という界隈に住む父親的役割を務める柴田治が、パチンコ屋に停めてあった自動車の車上荒らしをした際に、 拉致してきました。 また、自分の本名を与えた息子のような存在で、治自身が捨てきれない 夢や希望といった身代わりを少年に背をわせてもいました。 かつて、治は、信代の店に出入りをするようになって、人目を忍び不倫関係になった末に、信代の亭主を殺害しました。 劇中には描かれていませんが、信代の夫を殺害したのは実は信代の方で、その際には愛するが故に治が身代わりになったのでしょう。 だから今回は彼女の方が服役したということです。 治に「あんたは5年の執行猶予があるから」と言い、今回の拉致事件の身代わりになりますが、その執行猶予が真の理由ではありません。 愛の応答です。 何をするにも行動的なのは、治ではなく信代の方でしたね。 さて、そんな2人の信代の夫殺害事件の犯行が警察に見つかって裁判を受け、治は執行猶予5年の刑になっています。 祥太は小学校高学年だとすれば、この5年内の小学校2年生の時に拉致されたのでしょう。 彼はもともと小学校に通っていたごく普通の少年です。 「学校で勉強する奴は馬鹿だ!」と、新しく人さらい(拉致)をおこなった妹ゆりに言いますが、その言葉の裏では、 祥太の本心は小学校に通いたかったのです。 ゆりに翔太は真意を吐露し、やがて、ゆりに同じように拉致された自分の存在を見ていくようになります。 ぼくがみんなの「目」になる 参考映像:『スイミー』(*原画はレオ・レオニによるものではありません) 小学生だった祥太は、 教科書に載っていたレオ・レオニ原作の『スイミー』をとても大切にしていました。 『スイミー』の原作者である絵本作家のレオは、オランダ出身のアメリカ人で、『スイミー』を1963年に発表しました。 原作を日本で翻訳したのは、詩人の谷川俊太郎。 ちなみに、1977年から光村図書出版が発行する小学校2年生用の国語教科書に、『スイミー』は掲載されていましたから、習い覚えたことを記憶している人は多いはずです。 治に祥太がスイミーの話を告白するのは、ゆりの存在にヤキモチ(あるいは負の連鎖の気づき)を焼いた祥太が反抗して、自ら作った秘密基地(廃車)のある空き地です。 あの場面では誰も知らないような夜を演出し、俯瞰のロング・ショットで撮影され、優しく描かれていました。 決して是枝監督は登場人物に近づくことなく、巧みな距離感で、彼らの会話を必要以上に語らせておらず、映画らしい素敵な場面でした。 C 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. そのことを『万引き家族』では、物語の終盤で父親越えする瞬間を南千住行きのバスに乗って施設に戻っていくという、名シーンの翔太の表情で見せています。 ゆりのためにわざと捕まったと治に告白した祥太。 彼は見せた覚悟は、自分がスイミーになるという決意なのです。 大きなマグロは、今の見て見ぬ振りや無関心という社会。 そう読み取れば、 安藤サクラ名演技で見せた母親になりたかった信代が、 警察の一方的な世間体や、印象という価値基準で攻め続けられた取り調べて見せた表情と、大きく関連付けもできるでしょう。 翔太は柴田家という小さな魚たちの「目」になるスイミーなのです。 近藤龍人の視線のカメラワーク C 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. 治と別れの一夜をともにした祥太。 あの晩の深夜に降り積もった雪で雪だるまを作り遊ぶシーンは、是枝監督の『三度目の殺人』で象徴的に登場した、雪に寝そべった重盛、三隅、山中咲江という、奇妙な擬似親子とシンクロするイメージです。 『万引き家族』を観ながら、そのことを思い出した是枝ファンも多かったことでしょう。 翌日なり、雪だるまが解けることで、治と祥太の関係も消えていくということを暗に示唆させた訳です。 しかし、何といって択一なのは、そのすぐ後に、 祥太がバスに乗り込み、それを治が追いかけるシークエンスです。 バスに追いつけず、 下手にフレームアウトしていくリリー・フランキーの切なさのある治の表情も確かに見事でしたが、あの タイミングというか、絶妙にフレームに収めきるという感性は、撮影担当した近藤龍人の力量あってのことです。 ここだけでなく、近藤カメラマンは随所にセンスの良いカメラワークを見せています。 例えば、テレビ放映されたメイキング映像の番組では、 足を怪我した治とゆりが河原を歩くシーンで、フレーム手前に祥太なめの平行移動した際に、全ての人物をフレームに捉え撮影した近藤カメラマンのカメラワークを是枝監督は高く評価して、唸っていました。 そして、2018年の是枝作品『万引き家族』となります。 正直、 治と信代が柴田家の居間でソーメンを食べ、遠雷に欲していく場面は、かつてよく見たの日本映画の色調。 しかし、 安藤サクラとリリー・フランキーをフレームに撮り切ったのは、近藤カメラマンが長年経てきた実力なのは言うほかありません。 1976年生まれのカメラマン近藤龍人は、映画ファンなら覚えておくべき逸材だと言えます。 まとめ C 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. 本作『万引き家族』に登場する 柴田一家は犯罪を犯し、人目を避けて人生の裏を生きている擬似家族たちです。 だからこそ彼ら弱者は、一般的なものを恐れながら、 一般的な常識や世間体に生きようとする「一般人」をよくよく観察する(見る)のです。 弱い者、臆病な者は常に大いなる観察者です。 そのように用心深くしていないと、強い者に消されてしまう存在だからです。 それこそが是枝裕和監督があぶり出そうした、 光に輝く表社会の闇(大きな黒いマグロ)があるのです。 本作は、 映画のラスト結末の読みを、それぞれ観客の各自にさせています。 しかし、『三度目の殺人』の時のように、重盛が三度目の殺人を犯すことで背負っていく事柄を、観客に想像させて読ませるような単調なラストではありません。 観客はそれらを人物たちの表情を頭の中でモンタージュすることで、この映画のラストを理解しなければなりません。 まさしく、これこそが本作 『万引き家族』の大きな特徴であり、カンヌ国際映画祭で パルムドールを受賞するだけの価値があるのだと言えます。 例えば、女優松岡茉優が、安藤サクラにも劣らぬ名演技を見せた 柴田亜紀。 彼女は柴田家に戻り、いったい何者を見たのでしょう? また映画のラスト・ショットは、佐々木みゆが演じた虐待を今も受ける少女ゆり。 彼女の絶望の淵、あの何も変わらない状況の視線の先を、観客のあなたはどう読み解きますか? 弱い小さな魚たちは、バラバラになるのでしょうか。 何よりも是枝監督の円熟を、外国映画でしか見られらような演出方法で描き、艶のある日本映画らしい作品に仕上げたことは大きく評価できることです。 ドキュメンタリー出身の監督として、自らの基盤を育んできたことで、 現在の社会に絶望と希望の両面を見ている観察者でもあるのでしょう。

次の